亀次郎 さん プロフィール

  •  
亀次郎さん: 55歳からの自転車乗り
ハンドル名亀次郎 さん
ブログタイトル55歳からの自転車乗り
ブログURLhttp://555555go.blog.fc2.com/
サイト紹介文昔憧れたランドナーとカンパとデローザへの想いをようやく実現。あちこち走る様子をまとめてみました。
自由文ランドナーやロードバイク購入までの道筋、ビンテージパーツへの想い、ランドナーやロードバイクでのツーリングの様子などをブログで綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供215回 / 365日(平均4.1回/週) - 参加 2013/02/23 08:26

亀次郎 さんのブログ記事

  • デローザで再々度食べに 長井の海鮮丼
  • 昨年末より二回程、三浦半島の長井港に在る長井水産の海鮮丼を食べたくてデローザで向かいますが、その度に売り切れていて、食べる事が出来ませんでした。なので三度目の正直、今回は有りつけるだろうと、デローザで向かいます。まずは、国道1号線で東神奈川迄走ります。来週、「グラン・ツールせとうち」のイベントが有るので、それの準備運動を兼ね、せとうちの橋の上り下りをイメージし、平坦な道の国道15線では無く、上り下 [続きを読む]
  • デローザのトークリップ 革巻きの交換
  • さてさて、これで「グラン・ツールせとうち」の準備も進んでいますが、これもついでも直しておきます。トークリップの革巻きも、1年半程履いていると、ボロボロになってきます。フレームの汚れを落とし綺麗にするのと同じくこちらも新しい革を巻き直して綺麗にしておきます。同じような色合いの革を切り出します。二本の針で手縫いで縫っていきます。こんな感じで縫い上げます。ペダルに着けて出来上がり。にほんブログ村"> [続きを読む]
  • デローサのホイール交換を試みてはみましたが・・・
  • さて、デローザではシャマルが使えないという事が判り、必然的に今の上り下りが多い「グラン・ツールせとうち」には、スプロケットが、23T のホイールを履いて向かう事となってしまいます。が、少しでも楽をしよう考える亀は、26T のスプロケットを付けているランドナーのホイールを、デローザに履いてしまおうかと思います。ランドナーのホイールは、ロードバイクのと違って650Aじゃ無いのと思われる方、そんな事も有ろうかと [続きを読む]
  • デローザで行く 見沼の桜と荒川サイクリング
  • さて、本日も桜を見にデローザで埼玉の見沼迄、桜を見に行って来ました。で、まずは川崎駅から大宮駅迄、輪行で向かいます。今までは、大宮駅に行くには京浜東北線しか無かったのですが、三年前に東京宇都宮ラインが繋がり、大宮駅に行くのがより便利になりました。で、今日はその東京宇都宮ラインで大宮駅迄向かいます。と、電車に乗ったものの日曜日の早朝にかかわらず、車内は結構混雑しています。以前、大宮駅に向かうのに京浜 [続きを読む]
  • デローザでお粥を食べに 横濱中華街へ
  • 江川のチューリップを愛でた後は、横濱中華街に向かいます。新横浜から東神奈川に出て、みなとみらいに進みます。これも毎回の定点撮影ポイント。久しぶりの山下公園で、横濱中華街でお昼ご飯。ここ、謝甜記で中華粥を頂きます。いや〜、20年振りに食べるここのお粥、昔と味は変わりません。トッピングの揚パンを千切ってお粥に入れて食べるのは北京風、そのまま手に持って浸して食べるのは、上海風なんだそうです。ちなみに、隣 [続きを読む]
  • デローザで再び行く 江川のチューリップ
  • 先週、チューリップを愛でに、デローザで江川迄行きましたが、残念ながらまだ咲き誇ってはいませんでした。なので、再度綺麗に咲いたチューリップを見に走ります。桜がまだ残っているうちに、桜と一緒に愛でられればと思います。併せて、先日9速のチェーンに交換したのでフロントギアの変速の調子の様子も兼ねて試し乗りで向かいます。いつものように、鶴見川沿いを新横浜迄。ここもまだまだ桜は綺麗です。フロントギアの変速の調 [続きを読む]
  • まだ続きます。デローザチェーントラブル
  • さて、デローザに着けている、なんちゃってスーパーレコードのリアディレーラーのテンションの調整は済みましたが、それでもまだ、フロントのギアの変速が上手く行きません。時々、フロントのアウターとインナーのギアの間にチェーンが、落ちてしまう事が有り、そうなると元に戻すのが大変です。ガチャガチャと何度か試していると、そのうちチェーンは、ギアに噛んでくれるのですが、上りでスピードが落ち止まってしまうと、一旦自 [続きを読む]
  • 楽しいタッチアップ デローザチェーンステイ
  • さて、チェーンとリアディレーラーの調子が悪くて、チェーンがデローザのチェーンステイに当たってしまったようで、塗装が、剥がれてきています。このロードバイク、スチールなので、このまま、放っておいたら、錆びが出てきてしまいます。なので、錆びが出ないうちにタッチアップします。で、時々行う、その楽しいタッチアップのお時間。このタッチアップ、タミヤのアクリル絵の具を合わせると、このデローザのピンクの色に近い色 [続きを読む]
  • デローザで行く 都内桜巡り
  • さてさて桜も満開、恒例の都内の桜を愛でにデローザで走ります。ここの所、デローザで走るのは、昨年参加した「グラン・ツールせとうち」に今年も参加するに当たり、沢山有る橋の上りに、26Tのシャマルで臨もうと思っているからであります。が、しかし、どうもチェーンの調子が悪かったり、リアディレーラーの調子が今一だったりで、上手く走れておりません。先日も、リアディレーラーのチェーンテンションの調子が、悪いので、リ [続きを読む]
  • デローザ リアディレーラーの調整
  • 先日、デローザのチェーンを10速用にと替えてみたのですが、今一調子が良く有りません。チェーンのテンションが緩いようです。これは10速のチェーンの長さは、今までのチェーンと同じ長さなので、チェーンのせいでは無いようです。あと2駒は短くする事が出来ます。でも2駒短くしたところで、きちんとテンションが保たれるとは思えません。となると考えられるのはリアディレーラー。数ヵ月前にパテントヌーボレコードから、な [続きを読む]
  • デローザもチェーンを交換
  • 4月の「グラン・ツールせとうち」に向け、デローザにシャマルチタニウムのホイールを履いて、三浦半島を走ってみましたが、どうも余り調子が良く有りません。リアのスプロケットをトップ側に入れると、チェーンの駒飛びが起きてしまいます。何でだろうと、メンテナンススタンドで変速の具合を試しながら、リアのスプロケットの様子を見ていると、どうやらスプロケットの歯と歯の間が狭く、チェーンが挟まり気味で、そのおかげで、 [続きを読む]
  • デローザで行く 武蔵野桜巡り
  • さて、今年は新たな桜を求めて、多摩川の向こう、武蔵野を目指します。で、最初の目的地は井の頭公園です。で、いつもは多摩川の土手沿いの道を進むのですが、今回は地図上で我が家から最短のルートで、井の頭公園に行ける道を選択します。まあ、この場合、最短ということは直線に近い道となります。と、いうことは、ご存じのように、必然的に地形に関係無く、丘が在ろうが、川が在ろうが、真っ直ぐに突き進む道となります。で、上 [続きを読む]
  • デローザで行く ご近所桜巡り
  • さあ、桜の季節となりました。桜といえばピンクのデローザ、このデローザで、身近の桜を愛でに行きます。で、まずは三ツ池公園。昨日、ランドナーで三ツ池公園の桜を愛でに行きましたが、今日はデローザで向かいます。ほんの1日違いですが、昨日ランドナーで行った時よりも、かなり桜の花は開いています。幸せそうな猫。柔らかい朝の光りの中の桜も、悪くはない風景でありました。さて、次は久しぶりの獅子ヶ谷です。三ツ池公園を [続きを読む]
  • デローザで海鮮丼を食べに長井まで
  • 昨年末、三浦半島を走って時の事です。長井漁協の売店で、名物のつみれ汁と海鮮丼を頂こうと立ち寄ったのですが、海鮮丼は売り切れで食べる事が出来ませんでした。レジにいた方に伺うと、午後1時前には売り切れでしまうそう。その時は、この近くで午後2時の待ち合わせだったので、長井漁協に着いたのが、午後1時半頃でした。まあ、お昼ご飯として売っているので、その時間には売り切れてはしまっていても仕方有りません。なので [続きを読む]
  • 桜ほころぶ 三ツ池公園
  • 今年の桜は開花は、例年よりもかなり早くなりました。あちこちで咲いている、桜の花見に行く予定が狂ってしまいますが、これも自然の成せる事なので、仕方がありません。なので、咲き始めの桜を愛でる為、我が家から一番近い場所で桜が見れる三ツ池公園へと向かいます。薄曇りの中、淡い桜の花が池の水面に映っています。池の周りは二分咲き程度、まだまだ桜はこれからです。ここは見事に咲いています。薄墨色の桜の花がちらほら咲 [続きを読む]
  • こちらも再開 三ツ池公園のラジオ体操
  • 朝ラン再開したので、こちらも再開致しました。三ツ池公園ラジオ体操。三ツ池公園でのラジオ体操は、どうも真冬でもやっているようです。ひょっとしたら、一年中、雨の日でも雪の日でも、やっているのかも知れませんが、真冬の真っ暗な中でのラジオ体操というのも、どうもゾンビの群れのように思えますし、雨や雪の中で自転車漕いで行く気にはなれません。なので、陽が昇り少し暖かくなった今頃の、朝ラン開始と共に亀のラジオ体操 [続きを読む]
  • ランドナーで行く 早春の霞ヶ浦
  • 3月とはいえ、まだ冬枯れの霞ヶ浦沿いの路を走ります。この路、リンリン何とかと言って、筑波山の方から霞ヶ浦一周を繋ぐサイクリングロードです。昨今の自転車ブームにあやかろうと、さらには、茨城県が力を入れて大々的にPRしているプロジェクトが有り、今月末には土浦駅の西口に、大きなサイクルステーションが完成するそう。ですが、本日はまだ完成していないので、霞ヶ浦に近い、東口に以前からある、こじんまりとしたサポ [続きを読む]
  • 朝ラン再開 鶴見川
  • 3月になったら、朝ラン再開しようと思っていたのですが、天気が悪かったり、朝の早い時間から仕事をしなくてはならない日々が、続いたりで、やっと3月10日に朝ランを再開する事が出来ました。とはいっても、大雨が降った翌日、まだ道は濡れています。こんな日はロードバイクでは走りたくな無いのですが、鶴見川の朝ランは、結構気合いを入れて走るので、ランドナーでのんびりと走る訳には行きません。なのでロードバイク。そし [続きを読む]
  • スリランカ 自転車事情 ベルワーラ
  • 自転車が定期的にメンテナンスを行う必要があるように、人間も定期的なメンテナンスが必要であります。ましてや還暦を迎える亀は、体のあちこちにガタが来ているので、早急なメンテナンスが必要であります。なので、本格的なメンテナンスを行う為に、アーユルベーダ治療を受けに、スリランカで二週間程入院をしてまいりました。 入院ついでに、スリランカの自転車事情を見てみようと思います。とはいっても、ここは都会では無く地 [続きを読む]
  • BAR DelSole
  • 亀にとってのサイクルカフェの条件とは?簡単に云えば、サイクリングの時気軽に安心して立ち寄れるお店(そのままですが・・・)もっと具体的に云うと、・駐輪場もしくはバイクラックなどの、自転車を停めるスペース が有る事。・テラス席、もしくは窓の広い席から停めた自転車が見えていて、 盗難の心配から解放されてくつろげるお店。・サンドイッチなどの軽食があって、サイクリング途中で小腹が、 空いた時に簡単に食べられ [続きを読む]
  • タイ 自転車事情 バンコク
  • タイのバンコク辺りは平坦な道が多く、また東南アジアの中では、比較的道路が整備されて走りやすいので、海外からの旅行客が、サイクリングをする機会が多い国と云われています。都市部では日本よりも道路が整備されています。でも自動車が多いので、渋滞は日常茶飯事です。ここは、日本の自動車工場が多い国なので、走っているのは殆どが日本車です。かわいいピンクのタクシー。予め料金が決まっているメーターが付いているタクシ [続きを読む]
  • BCCでお勉強 パターソンズハウス
  • かつて、「パターソンズハウス」というオーダーで旅行用自転車を作る工房が有ったそうです。最近、その名を知る事となったので、いったいどんな自転車屋さんだったのか知りたくてBCCへと向かいます。何故、BCCへ向かったかというと、ここは「ニューサイクリング」誌のバックナンバーが置いて有り、それを読み返してみる事で、昔の自転車事情が見えてきます。そして、事前に「ニューサイクリング」誌の記事のデータベースを見 [続きを読む]
  • ペルー 自転車事情 リマ
  • 南米インカ帝国の国、ペルーの自転車事情です。首都リマは、海に面したスペイン風の街並みが美しい都市です。自転車専用道路も整備されています。自転車に乗る事を振興しているのでしょうか?こんな看板が目に入りました。ついでに・・・どこの国でもTPPに反対している人はいます。クラシックな町乗り自転車や、マウンテンバイクが目立ちます。セグウェイでパトロールしています。自転車とは関係ないか?にほんブログ村"> [続きを読む]
  • チベット自転車事情
  • 空気の薄いチベットの中心地、ラサでは自転車で走っている人はあまりいません。が、ここでも、西寧や成都同様にレンタルサイ    クルのシステムはあります。また、川沿いの道は景色も良く、なだらかな傾斜の少ない道なので、自転車でも走りやすそうですが、標高は富士山の山頂よりも高い場所なので、すぐに息切れしてしまいそうです。しばし、美しい景色をご堪能下さい。空気が薄いので、携帯酸素ボンベが旅行者には配られます [続きを読む]
  • 中国 周辺地域自転車事情 成都
  • 次は成都、四川省の中心となる都市です。こちらは、チベットに隣接しているので、ここでの仕事を得る為、チベットからやってくる人が多いんだそうです。夏休みともなると、自転車で海抜5,000メートルを越える峠を越え、何百キロも掛けて、帰省する若者がいるんだそうです。凄いですね。排気ガスの影響を少しでも抑えようとの事なのか、見かけは普通のオートバイに見えますが、全てのバイクが電動バイクです。移動型の交番、こ [続きを読む]