デジ画職人 さん プロフィール

  •  
デジ画職人さん: デジ画の日々
ハンドル名デジ画職人 さん
ブログタイトルデジ画の日々
ブログURLhttp://degiga-blog.jp/
サイト紹介文ストックフォトCGクリエイターのひとりごと
自由文国内大手のストックフォト販売代理店数社と契約し、収入はストックフォトの上がりのみで今日までどうにか家族を養えています。(専業):
詳細は、www.degiga.jpでチェック!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供86回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/03/02 09:21

デジ画職人 さんのブログ記事

  • 実写素材最新作『つくばの梅』本日公開!
  • 梅の名所『筑波山梅林公園』を活写このところ猛暑あり台風ありの連続でほとほと気力も失せがちですが、多くは明日からでしょうかお盆休みに入ります。高速道の長い渋滞を抜けて帰省する家族、もちろんUターン時にもそんな大混雑を覚悟しなければなりません。休みは大方16日まで辺りで賞味五日間はわざわざ疲れるためにあるような気もしてなりませんが皆さんの境遇はさて如何に。くれぐれも事故に巻き揉まれない運転を心がけて短い [続きを読む]
  • ストックフォト素材 “最新作予告”第二弾
  • 前回予告から早一週間が経ちました。現在のところ預け入れした代理店の全てで当新作が公開されている状況にはなく、さてこちらの目論見通りに事が運ぶかは未だ定かではありませんが、もしも今月10日を過ぎても進展しない場合は勿体ぶっていつまでも引っ張れないので一応の正式公開に踏み切ろうと思っています。正確な公開日はその時点で決めるつもりですが兎に角は新作予告第二弾としまして今新作(実写)素材の内容を一部ご説明 [続きを読む]
  • ストックフォト素材 “最新作予告”
  • 地域によってもはや40度越えが常態化し日々命の危険が叫ばれる異常な酷暑に見舞われる最中、そこへ今度は意表をついて逆走する台風12号の襲来が重なって今まさに日本列島は前代未聞の自然災害の真っ只中にあります。気象専門家の予測では今後その極端な気象変化が更に顕著化しより巨大勢力を帯びた台風が何度となく我が国に襲いかかる可能性があるとここ数日盛んに警鐘を鳴らし続けています。特に今回の台風のコースに伴ってエリア [続きを読む]
  • ストックフォト講座『より伝わるコンセプトで勝ち抜け!』
  • CG素材の使用事例:あるじゃん(ALL About マネー)記事より生意気にも『講座』と銘打った今回の投稿内容ですが、ガンガン売れてる作家が言うならまだしも大した実績も上げられていない私ごときですが何卒お許しください。より掘り下げて解説します>さて実に『講座』と言ってもこれまでに何度となくそれなりにストックフォトで売り上げアップ「こんな工夫はいかが?」的な記事を書いてきたと思います。そのひとつと思っていただけ [続きを読む]
  • 地球滅亡の序曲か
  • 今日から数日間、日本全土を灼熱地獄が襲う。気象庁の予報では内陸地域を中心に40度を超える場合があると警鐘を鳴らしている。上空の大気が異常な形で温められる事でそれに伴って真下に位置する地上がその影響をもろに受けるという。確か高度1500メートル付近が21度あると地上は35度、同24度で40度に達するというデータがあるらしい。もはや砂漠地帯にも匹敵する高温という訳だ。過去これを世界の民は異常気象の一時の稀な現象と受 [続きを読む]
  • 代理店が欲しがるネタとユーザー思考
  • 一週間ぶりのご無沙汰です。前回は『既存ストックフォトの打開策』についてより具体的なマクロ視点で迫ってみましたが如何だったでしょうか。確かにこんなご時世ですからユーザー思考はより様々てんでんばらばらであり何か一つが大当たりするという可能性は皆無に等しい訳です。なので今以上に価値あるネタを絞り込んで集中してその周辺を徹底的に確率重視で攻めてみるとか、代理店関係者との結びつきを強化してみたりと、できる事 [続きを読む]
  • 既存型ストックフォトの厳しい現状とその打開策について第二弾
  • 打開策をマクロ化>本日より本格的な夏の入り口7月が始まりました。それにしてもここ関東一円はかつてない6月中の『梅雨明け宣言』もあり兎に角毎日が猛暑続きで気力も体力もはや限界というほどに嘆きの仕事現場もきっと多いのではないでしょうか。無理をせず水分補給も頻繁に何卒お身体お気遣いあられますようお祈り申し上げます。さて今回のテーマですが、実は当タイトルは一昨年2016年11月28日このブログにて一度扱った内容でし [続きを読む]
  • 『好きな事で生きていく』は幻想
  • リアルな現実を見つめよう>今回のタイトル “『好きな事で生きていく』は幻想 ” ですが、正直皆さんの中で好きな事やって生活できている人が何人居るでしょうか。このタイトルって...はてどこかで以前聞いたような?そうです、かのYouTube動画で見かけたより多くの投稿会員を募る広告バナーに書かれた言葉です。そんな画像バナーを するとこれまでYouTubeの視聴数に貢献した今や日本を代表するであろう有名ユーチューバー [続きを読む]
  • ストックフォトに於けるブランディングの重要性
  • ご無沙汰してます>ここ最近は当サイトDEGIGA.JP上の更新も一段落といった状況で、次期新作についてまだ語る段階でもない事からこちらのブログ『デジ画の日々』投稿のペースが低調になって恐縮です。いいネタでもあればそそくさと書いてはいるので何か気になるテーマに思い当たりましたら今後とも是非お読みいただければ幸いです。勿論内容は相変わらず陳腐と思いますが何卒ご了承ください。ブランディング戦略>さて今回は『スト [続きを読む]
  • 最近は『売れるストックフォト素材』がよく分からなくなった。
  • 表紙で使われたぞ!>上掲画像ですが、こちらはあの国内大手ストックフォト代理店の有名ブランド『Aflo』(アフロ)サイトのトップページで、先日イメージ画像の更新が行われその際に私のCG画像を今回チョイスして頂きました。赤枠の画像がそれです。運がいいといいますか、あまり間を置かず年間を通して作品を納品している事の謂わば代償と言う結果なのかも知れませんが、そこはできる限り『優等生』で頑張り続ける事は重要ではな [続きを読む]
  • これは使える!直リン画像素材 #050『日本の行方』
  • 今更比較しても答えの出ない異常気象>このところ日本全国30度越えの夏日が続いていますが、体調の方はいかがでしょうか。先日もある中学校の体育の時間に熱中症を訴える生徒が続出し救急車で搬送される騒ぎがありました。かろうじて命に別条はないようで安心しましたが、この調子で高温多湿が続けばその極端な温度変化に耐えられず極めてそんな遺憾な症状に見舞われてもおかしくありません。しかしこれは日本のみならず地球全土で [続きを読む]
  • CG画像素材の最新作『craftone』が実に愉快だ!
  • craftoneが新登場!>お待たせいたしました。いよいよCG画像素材新作の登場です。前回のこのブログでもご紹介しておりますが、タイトルはアルファベット小文字の『craftone』(クラフトーン)になります。3DCG生成時に敢えてそれぞれ独自のテクスチャは無視し表面をエンボス調に加工。あたかも石膏か白い紙を形取って仕上げられたかのような趣を醸しています。背景色も淡いブルーの単色にしつらえて画面全体にフラット感を与えてい [続きを読む]
  • 自身のこれまでのストックフォト戦略を振り返る
  • 現在未公開のCG素材新作『craftone』より抜粋 ※近日公開予定この先どうなるやら>なんか久々な投稿になりました。最後の投稿が今月頭の5月1日で、本日までかれこれ2週間が経ってしまいました。何せゴールデンウィークのしょっぱなという事もあったせいか『新緑』の追い込み撮影やらでちょこちょこと出ずっぱりになり、四月から東京での就業がスタートした子供の引越し作業も重なってブログを書く気力がなくなっていたのがまず一 [続きを読む]
  • DEGIGA.JPトップページの『直リンお試し』に花火動画登場!
  • 花火動画にチェンジ!>本日お昼過ぎとやや遅いサイト更新となりましたが、DEGIGA.JPサイトのトップページ『直リンお試し』部分に季節の折と言いますか『花火動画』をアップしてみました。既にご存知と思われますが、ビジュアル横の直リンボタン(代理店名)を押しますと寄り道する事なく預け入れ先当該詳細ページに一気にジャンプするという優れものです。こちらのボタンを押したら即料金が請求される詐欺的行為ではありませんの [続きを読む]
  • DEGIGA.JPサイト利用の導線をより明確化
  • DEGIGAサイトがまたもや進化>当PRサイトのDEGIGA.JPトップページをもっと充実させられないかという構想からつい先日就寝中にふと思い立ったのですが、「兎にも角にも取り敢えずやってみようか」という訳で早速手をつけてみました。ここ数日は前回までのブログ記事でも書いています通り、連日に渡る内容変更で事切れた感はありつつも、何か不備が見つかるとついつい気ばかりが焦ってしまいます。我ながらどんな性格なんでしょうか [続きを読む]
  • 動画サンプルがスマホで視聴できま〜す!
  • スマホで見たい時もあります>前回のブログでもお話し致しておりました当PRサイトDEGIGA.JP掲載の動画素材サンプルですが、スマホ及びタブレット端末でも視聴できるようになりました。上掲画像で示します手順でご視聴いただければと思います。既にご自宅(事務所内)のノート(デスクトップ)PCにてご覧になられている場合は特に目新しさはございませんのでご了承ください。上記視聴可能データファイルへの入れ替え作業が幾分難航 [続きを読む]
  • DEGIGA.JPトップページ掲載『直リンお試し』に動画が初登場!
  • ウェブに手動で動画載せるの大変でした>週が明けて本日は結構な日和となっています。週末は夏日も予想されるので体調管理には何卒ご自愛ください。さて、既に当ブログにて何度か告知もしておりますDEGIGA.JPサイトトップページに掲載される便利なあの『直リンボタンのお試し企画』はご存知でしょうか。素材は季節柄を考慮しこれまで2回更新しておりますが、たまにはCG素材もいいのではないか、それも動画はどうかという構想から [続きを読む]
  • imagenaviサイトで紹介されました!
  • DEGIGA.JP作品見てください!>昨日ふとイメージナビさんのサイトを覗いてみたところトップページ中段付近に私の名前を発見。最新作合わせて総数12000点超預け入れるRF・RM全ての作品が紹介されていました。先月でしたか、新作をアップロードした際のメールやり取りの中でご担当の方から「近々あなたの作品を紹介する予定です。」と言う事でしたので殊の外早い時点での掲載となって大変感謝している次第です。ご興味がございました [続きを読む]
  • ストックフォト・広報宣伝の難しさ
  • メリットの伝え方に問題あり!>前々回に書きました『成功者は概ね頭がいい』というタイトル記事ですが、私のような無名のそれも相当マイナーであろうストックフォトクリエーター(単なる裏方さん)となるとその立場ゆえに、現状から察すればそこは自らが自身の作品群を直接かつ積極的に宣伝している割には世間に広くまた短時間にその思いがきちんと伝わるところまでは今なお至っておりません。通常このような商売では制作者たる私 [続きを読む]
  • これは使える!直リン画像素材 #049『娯楽はもはや行き着いた感』
  • 90年代中盤辺りから急激に広まったインターネット網ですが、当時から比べてその速度が格段に上回った現在ではフルハイビジョンサイズどころか4K8Kをもものともせず、さらなる大容量転送技術は今後もより進化する筈です。それではその電送されるそれこそビジネスに欠かせない重要なコアコンテンツですが、BtoB(企業間取引)で扱われるお堅い内容はともかくとして一般にはBtoC(消費者との直接取引)上で最も必要とされるのが所謂 [続きを読む]
  • 直接リンク行為と『直リンボタン』の決定的な違い
  • 直接リンクって何?>先日、アマナイメージズさんのサイトで驚きの表記を発見しました。サイトのあらゆるページにその表記は現れます。それは何かと申しますと『直接リンクは禁止』なる文言で、アマナさんに限らず多分皆さんもその都度何処かのサイト中で目にしている言葉かも知れません。現在私のささやかなサービスと言いますか、素材探しの際販売代理店の通常の検索経路を完全に無視する形でつまりは私の作品サンプルページに私 [続きを読む]
  • 成功者たる人は概ね頭がいいと思う
  • 証人喚問大外れ>昨日の前理財局長(佐川氏)への喚問は誠にお粗末でした。本人が言う「訴追される云々」答弁の繰り返しに共産党の小池議員が途中呆れて質問を躊躇する場面もありましたが、午前午後と衆参各党による喚問は結果的に全くの空振りに終わったと言えます。佐川氏にすれば何が何でもここは固守する構えであり、基本個人的な都合というよりは政府与党を守り抜く強いては国民生活への懸念の払拭もそこに投影されていたかも [続きを読む]
  • RF1社独占素材を『逆張り検索』してみませんか?
  • 重要なお知らせ>前回ブログの新作『ELEMENTS EX PROJECT』大公開&販売スタートのご報告に次ぐ今回がその関連記事第2弾となります。心の片隅とはいえお客様が次期購入をご検討した場合、そこをアピールする私側として書き足りない何かを感じたので再びこの場をお借りして追記させて頂きました。ご存知の通りこちらの製品計523点全てがDEGIGA.JPサイト掲載初の『ロイヤリティフリー1社独占素材』という訳で、それはある意味希少性 [続きを読む]
  • 一社独占RF素材の3社競演『ELEMENTS EX PROJECT』が大公開!
  • 驚きの独占RF素材が遂に登場!突然で恐縮ですが、最新作『ELEMENTS EX PROJECT』(エレメンツ・イーエックス・プロジェクト)を本日公開いたしました。2ヶ月ほど前あたりに当ブログ内で何度か予告についての記述もありましたが、その後別件で立て込んだ事もあってご無沙汰しておりました。この日唐突に発表とあって「いきなりかよ」と思われた方などそれなりに驚かれたかも知れません。今回の作品群(タイトル)の狙いは何かと申 [続きを読む]