サリー さん プロフィール

  •  
サリーさん: さくらさく
ハンドル名サリー さん
ブログタイトルさくらさく
ブログURLhttp://sakurasaku0101.blog.fc2.com/
サイト紹介文40代、シングル、フリーランサー、パグの飼い主。 非浸潤性乳がんのこととか、パグ、日々のことなど…
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/02 16:11

サリー さんのブログ記事

  • 12/13 おかしな関係
  • 今日も母はぼんやりと、のそのそとベッドの上で過ごしていた。会話っぽい言葉のやりとりは二言、三言。脚のマッサージも分かっているのかいないのか。肩周りを触ると気持ち良さそうにしたのでしばらく続けたけれど、押したら壊れそうなほど華奢になっていた。今日も早めに仕事を切り上げたけれど私より早く姉が無言で家を出て行き、直後に「車は置いてある」とLINE。予定を聞くと一カ所寄ってから病院へ行くという。わんこのトイレ [続きを読む]
  • 12/12 病室移動。主治医の話
  • 仕事を早めに切り上げて面会が始まる15時に病院へ。病室に行くとベットが空。歩く力もないのにベットから出てようとして危険なので看護ステーション横の部屋に移されていた。病室の母は、さらに反応がにぶくなっていたし、私が到着した直後は口の中、歯も舌も青かった。何か周りにあるものを食べてしまったようで病院の方達もいろいろ確認して回ってくれたけれど原因はわからなかった。ベットの近くには点滴が置いてあり、これから [続きを読む]
  • 12/11 反応が鈍くなっている
  • 今日は仕事のあと病院へ。やはり反応が鈍くなっている。ほとんど眠そうにしていて会話はあまり成り立たず、記憶は曖昧。マッサージをしても足は差し出すがほぼ無反応。トイレの介助で看護士さんが来たときに、耳の横が痛いと訴えたので、アイスノンを持って来てくれた。どの辺に当てようかと耳の下あたりを軽く触ると、イタタタタとすぐに反応したのでかなり痛むのだろうか。急に痛くなったのだという。昨日、血圧が低かったので確 [続きを読む]
  • 12/10 母からの呼び出し。血圧低下と会話の変化。
  • 母のクリスマスプレゼントは確認を取り、クリスマスまでの間も楽しんでもらおうということになった。12/5に注文し12/7にはそれぞれの家に届いたと連絡があった。もらった方も送った方も楽しめて本当によかった。それから母は一仕事終えたように眠ってる時間が増えた。が、昨日はひと騒動。少し仕事の作業をしている間に、2階から大きな声。耳をすませてみると「いいから聞けって言ってんのっ!!!」と姉の声。静まったあと、母か [続きを読む]
  • 12/4 プレゼント
  • 今日は夜に30分ほど病院へ。母が送るプレゼントの最終確認のため。送るものはプリザーブドフラワー。いろいろなタイプから母が自分で好みのものを選んであった。好きな色も母に確認していた(本当かは謎)ので今日は考えた色の組み合わせを画像で確認。「かわいいねぇ、いい色だねぇ」とそれぞれに送るプレゼントがこれで決まった。配送日をいつにするか訪ねたら「24日」と言い、あとは注文するだけになった。「楽しみだねー。早く [続きを読む]
  • 12/3 家に帰りたい私
  • 今日、自宅からまた実家の方へ戻って来た。4日離れていたので戻ることを考えただけで気が重くなった。現実と向き合うからというのもあるけれど自分の家で生活したい、いつもの作業スペースで仕事したい、マイペースに過ごしたい、無駄にイライラしたくない…。強制的に居座ってると言ってもいいくらい自主的にここに居るのだけれど…。ちょくちょく病院に行かれるわけでもなく、万が一のために待機している訳でもない(少しはある [続きを読む]
  • 12/2 家に帰りたい母
  • 意思の疎通が取りにくくなってからの母はどんどん反応が鈍くなり、私が誰かもわからず、人がいることさえも分かっているのかどうか判断つかないほどになっていった。そこからの復調は無いように思えたが、三度復調してきた。ただ、点滴なし、食事できずの状態ではある。急下降してからは一番仲の良い叔母に来てもらったり、妹を施設から連れて帰ってお見舞いさせたりしたけれど、状態をキープできている。副作用のせいでおかしな事 [続きを読む]
  • 11/23 薬の副作用?
  • 昨日は点滴が入り、一昨日よりは調子が良さそうだった。今日は…また別人になっていた。私は自宅へ冬服やわんこの薬を取りに帰り、その間に姉が病院へ行き、私は自宅から戻る途中で病院へ寄ることにしていた。自宅を出た頃、「最初に行った時は爆睡していたから再び病院へ行く」と姉から連絡がきた。病室にいた母は眠っていたけど、すぐに目を覚まし、その後の会話はつながっているようでつながっていなかった。時間を教えても夜中 [続きを読む]
  • 外泊中止、母の体調
  • 先週末、再入院から2回目の外泊が決まっていましたが、体調を崩して母が自らキャンセルしていました。先週の金曜日、遅い時間に少しお見舞いに行くと、「遅いから来なくていいってライン送ったのに…“でも、会えて良かった”」と。気分転換にはなったようで、少しでも顔を出した甲斐がありました。特別調子が悪そうでもなく、やや不安を感じて外泊をやめたのだと、この時は思いました。週末は、妹の帰宅があったので、私は病院に [続きを読む]
  • 母、外泊
  • 再入院した母は、絶食後に腸の動きがやや回復し、一週間ほどでエンシュアリキッドが出され、その後食事が再開されました。その頃から私も実家の方へ移動して仕事をしています。二週間を過ぎた頃には主治医から退院を考えているという話も出ました。前回と違い歩行が困難なため、母がトイレの不便などを考えたようでとりあえずは外泊することになりました。ということで今週の水曜日からの外泊が急遽決まりました。病院から家に帰る [続きを読む]
  • 母、再入院
  • 一昨日の16日、母が再入院しました。2日に退院し、その週末と15日の日曜日は私も実家へ行っていました。15日は楽しみにしていたひ孫(血縁はない)と対面。私が実家に到着したときは一週間前より体調が悪そうでしたが、ひ孫達が来るとみるみる元気になり、抱っこしたり撫で回したりして2時間ほど楽しそうに過ごしていました。そんな時間を過ごした翌日の再入院だったので驚きました。ちょうど訪問看護の日で、吐き気と足が紫になる [続きを読む]
  • 母、退院
  • 今日、3ヵ月の入院を経て母が退院しました。退院の連絡を受けたのが昨日だったので久しぶりにお見舞いに行ってきました。度々会っていたときと違って久しぶりに会うといかにも病人という相貌に少し心が傷む。それでも抗がん剤で抜けた髪は伸びてきてました。食欲があまり無いらしく、腕には点滴。元気になって退院というわけにはいかないけれど、前と違うのは、家に帰りたいという気持ち。退院の話が出た頃は私以外喜ばず、家に帰 [続きを読む]
  • 外泊
  • 先週末、母は外泊で二ヵ月半ぶりに家へ帰ったそうです。家に入る前に段差で足を取られ転びそうになり、体力の低下に衝撃を受け、入院生活と日常生活の違いを実感したようです。病院に戻ったあと「家はどうだったか?」とLINEをしてみたら「やっぱり家は良い」と返信が。よかった。私は外泊中に一度電話で話しただけですが、部分入れ歯が壊れたのをずっと放置していて歯ごたえのあるものが食べられないと言っていたので早く直して栄 [続きを読む]
  • 9/9という日
  • 8月の終わりに一先ず実家から引き上げて、私は普段の生活に戻っています。今は、食欲にムラがあるのと便秘とお腹の張りが主な症状。家族の手を必要とする状態でもなく、今後の話も避けるので、私が今すべきことは無いのです。最近の母は大人である事も親である事も放棄していて妹の帰宅を一日減らしてでも自分の方へ来てもらいたいとか妹に会いたくないから病院に連れて来ないでとか退院も外泊もしたくないとか…体調が回復してき [続きを読む]
  • 8/29 病院からの電話ふたたび
  • 急変騒ぎから一ヵ月以上過ぎました。食事は絶食ではなく食べられるものは食べています。最近では体調よりも精神面の落ち込みが激しいです。今の状況について主治医と話したいと思っていたもののタイミングが合わずにいましたが今日病院から今後のことについて話したいと電話がありました。前回の呼び出しとは一転して、退院と今後の治療についての話でした。昨日の血液検査の結果、炎症反応も無く退院を目指し、CTの結果がよければ [続きを読む]
  • 8/22 「希望」
  • 山の日の8月11日〜15日まで、妹の夏休みでした。毎日一緒にお見舞いも行ったし、お出かけ中には実況中継のように写真を送っていたので母も病院にいながらも楽しんでいたと思います。遠いお出かけは出来なかったけれど良い夏休みになりました。私も先週自分の家に帰ってきました。例によって…シニアパグ、爆睡。留守番も多かったし、頑張った、頑張った。20日の日曜日、昼食時に差し入れを持って母の病院へ。しかし、朝食後から胃 [続きを読む]
  • 8/9 歩行練習とか輸血など
  • 昨日、ワンコ連れで実家から自分の家に一時的に戻りました。自分が一番頑張ったかのように昨日からワンコが爆睡(^_^;)目が見えていた時も実家から帰るといつもそうだったけど、頑張ったんだもんね。母は昨日ついに歩行練習をしたそうです。食事も出てるし、退院準備の話も出るようになり、少なくとも余命2週間は解除された…といいますか、2週間はもう過ぎています。貧血状態が続いていたので今日は輸血。うん、ずっと血尿だった [続きを読む]
  • 8/3 現在の母
  • あれから毎日母の病院へ行っています。週末に妹を施設から帰宅させるために先週の金曜日からは犬ごと実家の方へ移動してきました。先週聞いた主治医からのお話とても残酷なものでした。短くまとめるとおそらく癌性腹膜炎を起こしており腸の動きが悪く、おそらく動きを止めてしまうだろうと。急激な癌の悪化の症状がみられ治療の術も無く終末期…と。こちらから聞いたのですが、残された時間は一般的には2週間。あまりの短さに愕然 [続きを読む]
  • 7/26 母のお見舞い
  • 主治医からの説明を聞いてからまだ一日。信じられない。果てしない時間が過ぎたように感じてます。今日、叔母と一緒に母のお見舞いに行って来ました。10日前とは別人で、痛み止めのせいで少し朦朧としてて、私を看護師さんと間違えたり、会話が噛み合ない事もしばしば。それでも、思考や記憶がしっかりしていると感じることもありました。週末は実家に帰って妹を帰宅させることにしたのでそれを告げると、すぐさま顔の前に手を合わ [続きを読む]
  • 母の病院から呼出し
  • 今朝、珍しく姉から「電話出来たらして欲しい」とラインがきた。バタバタとしていたので1時間ほど待ってもらった。姉が電話? いつも午後まで寝てるのにこの時間に?緊急ではないけどよほどの事なのだろう。いま母が急変というのは考えられないけれど電話してみたらやはり母の事だった。今朝、病院から電話があり「今日撮ったCTの結果をみて本人以外の家族と話したいことがあるので明日の16時以降に来てほしい」とのこと。ブログ [続きを読む]
  • 婦人科受診
  • 今週は婦人科を受診してきました。3ヵ月間鉄剤を服用した結果を見るための血液検査です。ヘモグロビンではなくフェリチン(貯蔵鉄)の数値を見ます。体調としては、はじめて止血剤を出してもらっていたのでその効果が多少あったと思います。先生が、「もしそれでもまた増えるようなら無理せず子宮鏡で切れるうちに手術を・・・」と。子宮鏡での早めの手術の話が出ました。今までは、手術というと「子宮残したいですか?」「卵巣も [続きを読む]
  • 障害者きょうだいの会 7月
  • 週末、障害者きょうだいの集まりに参加してきてました。ひとくくりに障害者のきょうだいといっても様々な背景があります。先天性、後天性二人きょうだい、複数のきょうだい同居、別居重度、軽度異性、同性などなど障害者きょうだいあるある話は共通でもきょうだいや家族に対して持つ感情は様々。私は障害のある妹に愛着が持てたことは運がよかったという話をしましたが上手く説明できてなかったと思います…。障害があるきょうだい [続きを読む]
  • 母のお見舞い
  • 金曜日に母のお見舞いに行って来ました。去年は前向きに治療に望めるようにと考えながら病院に向かっていたな…ワンコの片目は見えていたからトイレの心配も無く帰りの時間は気にしなくて済んでたな…この1年でいろいろ変わったのだな。今年はどよーんとした気分で向かい、何がその一番の原因かも分からず、いや、考えるのも面倒くさく、気の向くままどよーんと向かいました。病室にいる間に主治医が来たので治療について確認する [続きを読む]
  • ワンコ、シャンプーと黄疸
  • 昨日は病院でワンコのシャンプー&診察をしてもらいました。なのに、今朝はウン○の香りで目が覚めた。ケージを見ると、既に踏みちらかし、更にベッドにはオ○ッコも…さっぱりピカピカになったのに、早速まみれてワンコもショックかと。一時間ほどかけて片付けていたらじわじわとせまり来る強めの生理痛…。ごはんを食べて痛み止めをと食事の準備をして運ぼうとしたら再び床にオ○ッコ&踏み散らかした跡発見…はぁ〜〜〜。お腹い [続きを読む]