大串博志 さん プロフィール

  •  
大串博志さん: 大串ひろしブログ・民主党 衆議院議員
ハンドル名大串博志 さん
ブログタイトル大串ひろしブログ・民主党 衆議院議員
ブログURLhttp://oogushi.ldblog.jp/
サイト紹介文衆議員議員 大串博志(民主党)のオフィシャルブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供348回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/03/04 15:24

大串博志 さんのブログ記事

  • 国益を害した安倍総理
  • 日米首脳会談の中で、トランプ大統領は安倍総理に対して二国間の貿易交渉を求めてきました。トランプ氏が、農業問題を始めTPPで決めたラインを超えて、さらなる譲歩を日本に求めてくることは明らかです。なぜ、2018年の秋、大統領選に勝ったばかりのトランプ氏がTPPからの離脱を言っているにもかかわらず、安倍総理はなぜ見切り発車のようにTPPの国会承認を強行したのか。TPPを国会で通してしまうと、そこが今度はスタートランとし [続きを読む]
  • 柳瀬元総理秘書官はいよいよ「記憶にない」とは言えないはず
  • 愛媛県、今治市、加計学園関係者が2015年4月に総理官邸を訪問し、柳瀬総理秘書官を訪問したという件に関して、内閣府から文科省に対して、2015年4月2日午後3時に一行が官邸に行って柳瀬氏に会う、ということをメールで事前通告していたということが、数日前に報道されていました。果たして、今日、林文科大臣が発表したところでは、確かにそのようなメールが文科省に残っていたということが明らかになりました。これを作成した職員 [続きを読む]
  • 麻生氏は財務大臣たり得ず
  • 森友学園に関する文書改ざん、そして福田次官のセクハラ発言と、財務省の不祥事には言葉もありません。国税庁長官、そして事務次官と、事務方のツートップが引責辞任するという事態となり、しかもこれだけ大きな信頼の失墜を招いている今、私は組織のトップたる麻生大臣の責任は免れないし、財務大臣としての職にとどまることはあり得ないと思います。仮に麻生大臣が職にとどまったとして、例えば、麻生氏は来たる消費税引き上げの [続きを読む]
  • 福田氏の罪深さ
  • セクハラ発言報道があった。数日経って対応し、完全否定。あわせて常識外の「被害者は名乗り出ろ」という調査方法を発表した。もう少し早く判断すべきであったのに、いよいよ進退極まってから辞任会見。その場でもセクハラ発言を否定し、しかしながらその数時間後には、被害を受けた女性が名乗り出たことが明らかに・・・福田氏が行なったことは、一体何だったんだという思いしかありません。ひとえに財務省に対しする信用の毀損。 [続きを読む]
  • 何だ?この麻生大臣の発言は!
  • ・・5年前より今の方が悪いという人は、よほど運がなかったか、経営能力に難があるか、なにかですよ・・今晩の、自民党議員のパーティーでの麻生大臣の言葉だそうです。アベノミクスの成果を実感していない人は運がないか、能力がないか。それが麻生大臣の判断だそうです。こんな判断をする人が一国の経済運営をつかさどる財務大臣であっていいはずがないと、私は思います。即刻辞めてもらいたいと思います。 [続きを読む]
  • セクハラへの調査はこれでいいのか
  • 財務省福田事務次官が、セクハラ発言をしたする報道があり、今日、財務省は、福田氏からの聴取結果として、報道のようなことはなかったと否定するコメントを文書として発表しました。それはそれで分かりました。ただ、私が非常に違和感を覚えたのが、事実関係を財務省としてもこれから調査するというくだりの中で、「福田事務次官からの聴取だけでは、事実関係の解明は困難であることから・・財務省の記者クラブ(財政研究会)の加 [続きを読む]
  • トランプ氏は安倍総理に通商問題で何と言ってくるか
  • 今週安倍総理は訪米し、トランプ大統領との首脳会談に臨みます。北朝鮮、シリア問題等と安全保障上の難しい論点がありますが、通商問題も注目されます。特にトランプ大統領は数日前に突然、TPPに復帰する場合の条件を検討するよう政府部内に指示を出しました。米国にとってかなりよい条件になるのであればということのようです。首脳会談でこのような提案がなされた時、安倍総理はどう対応するのか。トランプ大統領のこの方針転換 [続きを読む]
  • 対シリア攻撃
  • 米英仏によるシリアへの攻撃。アサド政権によって化学兵器が使用されていたとすると、これは明らかに世界全体への脅威であり、絶対に認められるものではありません。無辜の市民の、これ以上の被害は食い止めていかなければなりません。一方で、化学兵器を使用したということを証明する、そしてこれを外に向けて明らかに説明していくことも極めて重要です。このバランスが難しいところです。 [続きを読む]
  • 農水省の愛媛県文書
  • 加計学園問題について、愛媛県が作成した文書が農水省内で見つかりました。文書が政府内で見つかったことで、それ自体の信ぴょう性は高まったと言わざるを得ません。総理官邸で加計学園関係者らと面会し、「首相案件」と述べたとされる柳瀬総理秘書官(当時)も、さすがに「記憶にない」とばかり言っているわけにはいかなくなってきています。ただ、農水省も何か奥歯にものがはさまった感じです。この文書を受け取った職員は、受け [続きを読む]
  • 「記憶にない」ではもはやかわせない
  • 加計学園問題で、愛媛県等の地元行政関係者と学園関係者が、柳瀬総理補佐官(当時)と会ったとされる件について、今日、この面会の出席者のひとりが報道に対して「首相案件」という柳瀬秘書官の発言は確かにあったと述べたとのこと。 報道にもこのような証言が出てくるに至っては、事の信ぴょう性は非常に高まってきます。 そんな中、柳瀬氏は「記憶にない」という言葉だけでしのぎきれると思っているのだろうか。 「記憶にない」と [続きを読む]
  • 安倍総理と「1月20日」
  • 加計学園問題について、私が安倍総理を追及した昨年7月。安倍総理は、私の問いに対して、加計理事長が獣医学部新設を特区申請していること知ったのは、これがまさに認可された昨年1月20日だと答弁しました。加計理事長は、安倍総理の腹心の友であり、第2次安倍内閣になって14回もゴルフ・食事をともにしていたにもかかわらず。今回明らかになった愛媛県の文書においては、それよりずっと前に安倍総理はそのこと知っていたことが書 [続きを読む]
  • 加計学園問題‥柳瀬総理秘書官(当時)には真実を語ってもらいたい
  • 加計学園問題について、2015年4月に、愛媛県、今治市とともに学園関係者が要望に訪れた先は、やはり総理官邸の、柳瀬総理秘書官(当時)だった‥‥この問題は、昨年夏の予算委員会でも、私も含めて取り上げ、当時国会に呼ばれた経産省の柳瀬氏は、「記憶にございません」を連発しました。しかしながら今朝の報道で、やはり面会したのは柳瀬氏で、その際柳瀬氏は、加計学園問題を「総理案件だ」と述べたということであり、そのこ [続きを読む]
  • 財務省が「口裏合わせ」依頼とは
  • 今日の国会論戦を聞いていて、私が最も強い衝撃を覚えたのは、森友学園問題に関して、財務省の担当者が、森友学園に対して昨年、「トラック何千台分ものゴミが出たと説明したらどうか」という、「口裏合わせ」の提案をしたということが事実であったと、財務省自身が認めたことでした。私の知っている財務省はこんなことはさすがにしないだろうと思っていましたが、事実だったとは。残念であると同時に、許されることでは絶対にあり [続きを読む]
  • みんなで頑張るぞ!
  • 地元の武雄市議会選挙、有田町議会選挙の結果が出ました。民進党公認で武雄市議会に2期目の挑戦の池田ひろきさんは見事当選。加えて、武雄、有田をあわせて民進党のサポーターからの議員数は一人増という結果。少しずつですが、仲間を増やしていくことが大切だと思っています。皆さんすばらしい戦いぶりでした。みんなで頑張るぞ! [続きを読む]
  • 池田ひろきさん、最後の訴え!!
  • 地元武雄市の市議会選挙最終日。民進党公認で2期目の挑戦の池田ひろきさんと今日も走り回りました。つい先日までの陽気から一転、今日は佐賀でも山間部ではみぞれが降ったと言われるほどの寒さでしたが、ものともせず、熱く訴えます。市議として、しがらみ、既得権益、癒着といった悪弊と徹底的に戦ってきた池田ひろきさん。どうか、最後の最後まで、池田ひろきさんへのご支援を宜しくお願いします! [続きを読む]
  • 今こそ「文民統制」が問われる
  • 日報隠しは、防衛省・自衛隊の問題、だけか。これから調査が行われるところですから、その原因、背景を予断はできません。もちろん、防衛省・自衛隊の組織としての問題も問われるでしょう。しかし、防衛省・自衛隊の場合は、政治の責任がより大きく問われます。なぜなら「文民統制(シビリアンコントロール)」が欠かせない組織だからです。戦時中「軍部の独走」ということが言われました。その反省に立ち、軍事組織に対して国民の [続きを読む]
  • まさか、口裏合わせまでか
  • 森友学園問題について、昨年2月、財務省がトラック何千台分ものゴミが出たと言ってくれと、森友学園側に「口裏合わせ」のための要請をしていた??本当でしょうか?麻生大臣は今日の国会で調査すると述べましたが、私には信じられない思いです。国会であれだけ問題になっていた案件。それを隠すために、そんなあからさまな工作を、いやしくも政府の一機関が行うだろうか?ただ、防衛省・自衛隊の日報隠しも信じられないようなこと [続きを読む]
  • 衝撃 これは隠蔽と言わざるを得ない
  • 自衛隊イラク派遣時の日報が、実はあったと防衛大臣が先日発表した直後の今日、再び防衛大臣が会見し、その日報が昨年3月には残っていることが確認されていたことを認めました。衝撃の発表でした。つまり、1年間もの長きにわたって、日報の存在を大臣にも報告せずに隠していたということ。しかもあれだけ日報の公表問題が争点となっていた最中に。加えて、この短期間のうちになぜこんなに説明が変わるのか。普通の感覚では理解でき [続きを読む]
  • 自衛隊日報問題・・防衛省・自衛隊の体質は変わらないのか
  • ない、とされていた自衛隊イラク派遣時の日報が、実は防衛省・自衛隊に残っていたという事実には驚きました。しかも、実はあったということが今年1月にわかってから、大臣に報告されるまで2ヶ月半。稲田前大臣のもとであれだけ大問題になった南スーダンPKO日報問題の反省が何も生かされていないじゃないか!!それに、イラク派遣時の日報は、あの安保法制の審議の時にも、あるいはその前にも、PKO活動における、いわゆる「武力攻撃 [続きを読む]
  • 労働監督行政のトップがこれでいいのか
  • 厚生労働省東京労働局長の勝田氏が、記者会見で、記者らに対して「何なら皆さんのところに行って是正勧告をしてもいいんだ」と、労働行政の監督処分権限をチラつかせて圧力をかけているともとれるようなことを言ったと。今日厚労省はこれを陳謝し、勝田氏を厳重注意処分にしたということです。具体的な事案の詳細は分かりませんが、この勝田氏の発言を見る限りでは、行政マンとして恣意的に権限を乱用するものであり、そして、報道 [続きを読む]
  • 頑張れ池田ひろきさん!
  • 地元の武雄市議会議員選挙が今日スタート。民進党公認で2期目の挑戦、池田ひろきさんの出発を激励してきました。地方議会の中でも、自民党色の強い武雄市議会の中で、私たちの仲間の議員として1期4年、頑張ってこられました。問題意識をしっかり持った立場からの、行政の鋭いチェック役としての仕事ぶりは、私から見ても見事なものです。何としても当選してもらわねば!応援よろしくお願いします! [続きを読む]
  • だらしない野党!?
  • 「森友学園問題で、しっかり安倍政権を追い詰めきれなかったら、今度は野党が『だらしない』と批判を受けるぞ」今日、そのような率直なアドバイスをくださった方がいらっしゃいました。私もそう思います。しかし、今の野党においては、そのように追い詰め切れる体制がないことは明らか。残念です。本当に何とかしないと。 [続きを読む]
  • 「新党」
  • 民進党が、元民進党議員の糾合を図って呼びかけを行い、新党結成を目指す。その方向性が、今日の民進党両院議員総会で了承されたとのこと。これを受けて、民進党からは希望の党や立憲民主党に対して呼びかけがあるのでしょう。立憲民主党はこれを受けない様子ですが、希望の党では議論が行われることになると思われます。水面上でやっと始まったばかりの動きなので、「新党」 なるものが、どのようなものとして立ち上がっていくの [続きを読む]
  • 麻生大臣の低レベルな発言
  • 参議院財政金融委員会での、麻生大臣の発言には心底驚きました。日本の新聞のレベルが低いとマスコミ批判。理由はTPP11が署名された時に、TPP11のことは一行も書かないで森友学園問題ばかり報道していたと。自分が所管する省庁の職員が、公文書の改ざんに関して地検の捜査を受けることになるような事態を招いておきながら、全く反省なしの様子。しかも、実は当時、TPP11のことは各紙が報じていました。事実も確認しないで、思い込 [続きを読む]
  • 予算案審議が終わった今
  • 今日、参議院で来年度予算案が通過したので、予算案は成立しました。国会での予算委員会を舞台とした議論は一旦区切りを迎えます。しかし、森友学園問題について、昨日の佐川氏の証人喚問では事実が解明されたとは到底言えません。むしろ、佐川氏が自分のことについては「訴追の恐れあり、答弁を差し控える」と連発した一方で、総理官邸の関与についてだけははっきりとこれを否定した不自然さから、疑惑は深まった感すらあります。 [続きを読む]