ntoka さん プロフィール

  •  
ntokaさん: 将棋アプリを作ってみたり
ハンドル名ntoka さん
ブログタイトル将棋アプリを作ってみたり
ブログURLhttp://papaussagi.blog.fc2.com/
サイト紹介文趣味で将棋アプリ(ゲーム)を作ろうとして試行錯誤したり、日記を書いたりしています。
自由文将棋に関する雑記、将棋ゲーム作りで行き詰ったことなどを書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/03/06 09:09

ntoka さんのブログ記事

  • 中飛車からの向かい飛車
  • 里見香奈女流四冠の最近の勢いがすごいですね。先月の女流王座は手放したものの、そこから男性棋士を相手に3連勝!続く叡王戦予選では残念ながら敗れてしまいましたが、粘り強さを感じさせる将棋でした。里見さんといえば昔から中飛車のイメージが強いですが、最近の中飛車から向かい飛車に振りなおすという将棋が面白いと思っています。中飛車から八筋の歩をつくのでバレバレなのですが、そこから向かい飛車で勝つというのがかっ [続きを読む]
  • 次の一手とソフト指しについて
  • 少し前にコメントで次の一手を教えてくれる機能のご要望をいただいたのですが、中身がそこまで強くないためこれについては難しく、すみませんがさしあたり局面の検討用としてはもっと有力なソフトを使っていただければ、と思います。ところで個人的には、子どもでも初心者でもあまり経験が伴っていない状態で次の一手を教えてもらいながら指すことは将棋の上達の妨げになる可能性があると思っています。将棋ウォーズを始める前、DS [続きを読む]
  • 第76期名人戦第6局の感想
  • 第76期名人戦第6局、名人戦なので当然と言えば当然なのですが、素晴らしい内容の将棋でした。79手目に天彦名人が2二歩を打つ前からニコ生の実況で見ましたが、二日目の夜だというのに形勢はほぼ互角。この時点ではどうなるか分からないという局面でしたが渡辺棋王の解説も分かりやすく、最近のソフトの手についての話も興味深く聞ききながらワクワクしながら観戦することができました。終盤にかけてもとにかく両者譲らない展開とい [続きを読む]
  • 名人戦第4局と藤井七段誕生
  • 先週は名人戦第4局と藤井六段が七段昇段を決めた対舩江六段の竜王戦ランキング戦という注目の対局がありました。藤井七段についてはいくら強い強いと言っても足りないのではないかという印象もありますが、ソフトの評価値が詰みを示す以前の23手詰めを読んだという話もあり、まさに破竹の勢いで驚異的な実力を見せ続けています。このまま竜王、棋王、王座のタイトルを獲得することも現実味を帯びているわけですが、そうすると八段 [続きを読む]
  • いろいろ更新
  • んとか将棋を久々に更新し、中将棋を追加したりレイアウトを修正したりしました。中将棋は取った駒こそ使えませんが太子が玉の代わりになったり獅子に足がついている(将棋でいうひもがついているような状態)と獅子で取れないとか取り返すときはどうなるとかいろいろと複雑なルールも多く、一局にすごい時間がかかりそうな印象です。とりあえず歩を進めていって下段の方の駒を動かせるようにするだけでも一苦労な感があります…中 [続きを読む]
  • 名人戦第一局の感想
  • 名人戦第一局は二日目も目が離せない展開でした。最後まで緊張感のある名局でしたね。初日の2一飛成から荒れそうな気がしましたが、進んでみると本当に最後まで一進一退の高度な攻防が続き、これが名人戦か…としみじみ思ってしまうほど濃密な進行が楽しめました。名人がぐったり(?)する姿も何度か見られましたし、局面が難解だったこともあって解説もすごくよかったです。羽生さんの1400勝という記録も素晴らしいですよね。終わ [続きを読む]
  • 名人戦開幕〜第一局一日目
  • 羽生さんが優勝すればタイトル100期目となる名人戦が始まりました。「佐藤天彦名人対羽生善治竜王」というともはや将棋界の頂上対決みたいな印象があります。とはいっても、藤井六段もこの辺りに仲間入りするのは間違いない感じですね…とても近い将来。さて第一局の一日目でしたが、横歩取り。ちょうど最近横歩を指していて少し分かるようになって来たところだったので嬉しい展開。ですが、まだ序盤かと思っていたら先手2六飛から [続きを読む]
  • 失礼しました(中将棋)
  • いま「はじめての中将棋」を読んでるんですけど、中将棋、難しいですね…盤面が広くて駒の種類が多いだけじゃなく、動きがそれぞれトリッキーというか複雑。5五の龍に変則将棋で獅子王が出てきましたが、実際駒の動きを覚えて動かすだけでも一苦労な感じです。まあ面白いですけどね、最初に大山康晴が「中将棋のおもしろさ」を書いていてそれも面白い。失礼しましたって言うやつとか、太子がいれば王手飛車で飛車が逃げても大丈夫 [続きを読む]
  • 相変わらずすごい…13連勝
  • 藤井六段、すごいとしか言いようがないですね。ここへきての13連勝…本当にすごい。で、話は変わって将棋の遊び部屋を更新しました。①香落ち〜六枚落ちまでの駒落ち対局ができます。駒落ちってなかなか指す機会がないと思いますので、もし興味があればぜひ。うまく勝たせてあげるようにした方が練習になるかもしれません。②練習問題の解答を作ってみました。相手が全駒持っているわけでもなく純粋に詰め将棋ではないのですが、詰 [続きを読む]
  • 第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝〜決勝!
  • 藤井五段(六段!!)優勝おめでとうございます!珍しく棋譜だけじゃなくニコ生で全部観られました。すごかったです…対局前は羽生さん勝つかな…とか漠然と思ってはいたんですが、藤井五段から対局中からもう強者の貫禄がにじみ出てるように感じました。持ち時間を先に使い切ったのに羽生さんを相手に勝ち切るってすごいしか言えませんよね。決勝戦でも落ち着いた指しまわしで勝つべくして勝ったといった感じ。もう面白いようにど [続きを読む]
  • ローソンのあきこ将棋が強すぎる
  • 今日2月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝で羽生竜王と藤井聡太五段が対局します。それが楽しみなのは当たり前なんですけど、LINEのローソン公式アカウントからローソンクルーのあきこさんと将棋ができる企画が始まりましたね!何局も指しましたが、勝てないどころか完封されまくりで逆に面白くなってしまいました…もはやいい勝負に持ってける気さえしません。中身がPONANZAだそうなので、強いのは当たり前なのですが、実際 [続きを読む]
  • 勝手に成ったり成れなかったりする不具合修正など
  • 誤タップ修正将棋の遊び部屋で、成りたいときに成れないことがあるというご指摘をいただきました。選択ウィンドウを出すようにしたのですが、駒の移動先を選択する と成り不成りを選択するボタンに対する が重なってしまい、移動した瞬間に不成が選択されている、という不具合だと思います。実際練習問題でも同様だったのでスマホ利用時にかなり不便だったと思います。ご迷惑をおかけしました。先ほど修正しましたの [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます(遅い)
  • 羽生さんの国民栄誉賞受賞はもちろんのこと、藤井四段が佐藤天彦名人を破っての朝日杯将棋オープン戦準決勝により羽生さんとの対局が決まり、年明け早々メインイベントが到来した感じです。年明け早々のハイライトと言えば、将棋と全く関係ないんですけど1月2日はスーパームーンでしたね。スーパームーンという言葉自体を去年12月に初めて知り、「一年に一回しかないのかすごい!」と思った直後に「来年は1月2日」と書いてあるのを [続きを読む]
  • 知性の汎用性
  • 若干遅いですが、羽生さんの永世七冠、ほんとすごいですね……これだけ長い間トップを走り続け、ここで大記録を更新とかほんと感心するほかありません。国民栄誉賞あげない理由がもはやないと思います。ところで12月9,10日のAI竜星戦2017ではアルファ碁ゼロが不参加でしたが、客観的に見て一言で人工知能と言ってもGoogleとその他では非常に大きな隔たりがあるように感じます。人工知能が発展することの危険性を指摘する人たちがい [続きを読む]
  • 音声データを用意しないでjavascriptで音声を喋らせる
  • 特にうまくいったとは思えない音声読み上げ機能ですが、せっかくだから一応解説を、と思ったので書いておきます。 ブラウザで音声を再生したいとき、speechSynthesisを使うとテキストの読み上げが簡単にできるということを知ったので(今更感)、試してみようと思ったのがきっかけです。 音声データを用意しなくてもテキストを読み上げてくれるって便利ですよね! …と思ったんですけど、実は日本語が対応しているブラウザが [続きを読む]
  • ブラウザによる不具合?
  • 最近IE11で動作しなくなったというコメントをいただきました。ありがとうございます。10月25日に読み上げ機能を追加した際、ブラウザによって使用可能な言語が異なっていたため、不具合が起こっていました。具体的には、なんとなく言語配列の2番目を指定してしまったのですが、1個しか使用可能な言語がないブラウザもあり、その場合にはエラーで動作が止まっていました。ただ、IEはwindow.speechSynthesisの時点ではじかれると予 [続きを読む]
  • 教師なし学習の進化がすごい
  • アルファ碁ゼロのニュース、派手ですね…すでに異次元の強さだった旧アルファ碁に百戦百勝とか、どこのラーメンマンかと。しかも3日の学習でってもはやAI研究の最先端は完全に魔界ですよね。ほんとすごい。…だけど、見上げてばっかりいないでちょっとでもついていきたいところ。CourseraのMachine Learning、途中で投げ出したけどもっかいちゃんとやってみようかな、と思う今日この頃。そして寒い。 [続きを読む]
  • androidでのcanvas選択時のちらつき解消
  • 将棋の遊び部屋で、iPhoneのsafariだと普通に動いていたのですが、androidのchromeだと盤面をタップした時に画面全体が一瞬青くなっては戻る、という気持ちの悪い動作をしていました。androidからアクセスしていただいた方、長いこと気づかずに放置してしまい、すみませんでした。先ほど修正しましたので、もう大丈夫なはずです。ちなみに将棋盤をcanvasに描画しているのですが、タップ時にcanvas上の画像が選択(?)され、ハイラ [続きを読む]
  • 京都将棋
  • 今日ふらっと書店に寄ったら、9マス将棋の隣に京都将棋(初見)を見つけました。ぱっと見5×5なだけの将棋かと思ったら、一手ごとに進めた駒をひっくり返すという斬新なルール。ふーんこんなんもできたのか…と思って今調べたら昔からあったんですね。恥ずかしい。京都将棋(Wikipedia)将棋に慣れてると逆になかなか混乱しそうですが、面白そう! [続きを読む]
  • プログラマーの日だったらしい
  • もう過ぎちゃいましたけど、9月13日ってプログラマーの日だったんですね…知らんかった。そしてなぜにロシアの祝日なんでしょう。9月13日はどうしてかと思ったら1月1日から数えて1バイトで表現できる日の末日とか。てことは今日(14日)はまた0になったんですね。そうか今日は元旦か…めでたい(←違う)でもどうせならプログラマー歴を作った方が面白そうかも。そしたら1月が2日まで、2月が4日までで、7月が128日。7月末日が大晦 [続きを読む]
  • カスパロフ期間限定復帰
  • チェスの元チャンピオン、カスパロフ氏が5日間の限定で公式戦に復帰しています。カスパロフ氏といえば、15年間にわたってチャンピオンを保持し続けた伝説のプレイヤーであると同時に、1997年、コンピュータチェス、ディープブルーに敗れた歴史的なチャンピオンでもあります。2014年羽生さんともチェスで対局を行い、2連勝しています。そんなプレイヤーの復帰とあって、チェス会は大きく盛り上がっているようです。チェスはすでにコ [続きを読む]
  • 29連勝とAI流
  • はじめに、まあスポニチのAI流ってのが定着するかどうかは知りませんが。藤井聡太四段の29連勝、すごかったですね。一気に将棋界隈が盛り上がっていてうれしい限り。藤井四段が愛用していたというNEWスタディ将棋やキュボロが大人気になるなど関連グッズの人気もすごかったみたいですし、将棋もまだまだ安泰ですね。連勝が途切れた後のことが若干心配だったりもしましたが、その後の対局を見ても杞憂だったようです。これからも頑 [続きを読む]
  • 電王戦の終わり
  • 第2期電王戦第2局。最後の電王戦。第1局では悪手と言われたPONANZAの初手3八金を、結局は名人をもってしてとがめることができませんでした。この一点だけ見ても、将棋という文化が培ってきた実用性に裏付けられた様式美ともいえる定跡が、単なる様式美であったことを認めざるを得ないのかもしれません。そして第2局、名人の初手2六歩に対してPONANZAの応手は4二玉。第1局の初手3八金に続き、少なくともこれまでの将棋の常識 [続きを読む]
  • 初手3八金の意味するところ
  • 最後の電王戦第1局、初手3八金。一般的な初手は居飛車なら2八歩、振り飛車なら7六歩といったところで、中飛車決め打ちの5六歩でさえあまり良くないと言われるところ、3八金。振り飛車を好まない棋風だとしても、人には指せない手だろうと思います。しかも名人相手の大舞台。この初手を見て、名人の勝利を予想した人も多かったのではないでしょうか。ところが、この3八金は終局までこの位置で右の守りの要として大きな存在感 [続きを読む]