スエスオ さん プロフィール

  •  
スエスオさん: 多次元飛行船
ハンドル名スエスオ さん
ブログタイトル多次元飛行船
ブログURLhttps://suesuo.blog.fc2.com/
サイト紹介文ゲームの考察と、音楽と詩、書評、DVD紹介などの「読みもの」ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供197回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2013/03/06 23:46

スエスオ さんのブログ記事

  • 成長のカギは「勇気と真実」:タイプ6
  • 日本に欠乏しているものは何か。それは富ではない。知識ではない。才知ある計略でもない。愛国心でもない。道徳でもないだろう。日本に欠けているのは「生きた確信」である。真理そのものを愛する「情熱」である。この確信、この情熱からくる無限の歓喜と満足である。? 内村鑑三 ■唯一の安全は勇気である。? ラ・ロシュフーコー 勇敢になることは、タイプ6にとって素晴らしい成果であり、それは、なぜ彼らの最も健全な状態 [続きを読む]
  • 瞳の中の秘密:タイプ6の著名人
  • 内向的感情が優越している人に当てはまるのは「止水は深し」という諺である。たいてい物静かで近寄りがたく、ミステリアスで、しばしば子どもっぽかったり、平凡な仮面の陰に隠れていることもあるが、目立たずにいて、人前に出ることを好まない。もっぱら主観的な感情に左右されているため、真の動機は隠されたままになっている。外に対しては協調的で常に控えめで、物腰柔らかく相手に共感する態度を示し、他人を操作したり変えよ [続きを読む]
  • ニクソンとマッカーシー:タイプ6の猜疑心
  • ユング「タイプ論」みすず書房より ? ところがこの減圧装置としての思考を完全に抑圧してしまうと、無意識的な思考が自我に対して反旗を翻す。劣等機能としての外向的思考は、見下していた客体の威力や重大さを、思い知らせるように作用する。意識が「邪推」を始めるのである。 この場合の「他人の考えていること」はあらゆる卑劣な行為や悪だくみであり、真実であるかどうかは問題にならない。主導権を奪い返すために、予防の [続きを読む]
  • 権力に対する盲従
  • 人殺しは必ず、幽霊を恐れる。? ジョン・フィルポット・カラン (アイルランドの議員、司祭)「クリミナル・マインド」より魔女狩りを行う人は「自分には腹黒いところがない」と考えようとするため、、歪んだ正義感を持つようになる。本人は自分には腹黒いところがないと信じたがり、また他人ににもそう思わせたがっているが、実際には自分の腹黒さが極度に不快なのだ。頭の中でそれに抵抗し、否定し、捨て去ろうとするが、当然そ [続きを読む]
  • 自由を恐れる人
  • 自由は山嶺の空気に似ている。どちらも弱い者には、耐えることはできない。? 芥川龍之介 昔は、ロックをやるなら犠牲を払わなければならなかった。町から追い出されるかも知れなかったし、崖から突き落とされるかもしれなかった。? ボブ・ディラン アメリカはいい国だった。どうなっちまったんだ?「臆病になったのさ。二流のモーテルさえ泊まらせてくれないんだ。何をビビってやがるんだ?」怖がってるのは・・・君 [続きを読む]
  • 不安が攻撃へと反転する
  • ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より ? 自分の疑いと不安を自覚して解消しようとするよりむしろ、通常のタイプ6(忠実な人・安全を求め慎重に行動する人)はそれらに反発して、その行動をもう一つの反転へと変える。 彼らは自分自身が、<不安であり><優柔不断であり><人に依存している>ということを認めることができず、そういう人間ではないことを証明しようとする。つまり、自分自身及び他人に対して非 [続きを読む]
  • 安全第一主義の閉塞感
  • 安全と安定こそが人生の第一条件だという人は、信念を持つことができない。防御システムをつくりあげ、その中に閉じこもり、自分の所有するものにしがみついて安全を計ろうとする人は、自分で自分を囚人にしてしまう。? エーリッヒ・フロム ドン・リチャード・リソ「性格のタイプ」春秋社より ? 彼らは、安全を他人の善意と支持に求めるために、健全なタイプ6であっても、何らかの不安を常に感じている。その結果、健全なタ [続きを読む]
  • 心配性大国の不安な人
  • 現代ビジネスhttp://gendai.ismedia.jp/ 2013.06.10/血液型より正確!? あなたの性格はDNAで決まっていた ? セロトニンを取り込む働きを持つ『セロトニン・トランスポーター』の性質を決める遺伝子には、LとSの2種類がある。 L遺伝子を持つ人はセロトニンの影響が出にくく、ブレーキが弱いので楽観的。逆にS遺伝子を持つ人は、ブレーキが強く慎重派。 セロトニンに関する遺伝子を比較してみると、アメリカ人では、セロトニン [続きを読む]
  • 不安であることが不安
  • ログミーlogmi/中野信子「ヒトの認知機能と神経伝達物質」上智大学での講義より ? このセロトニントランスポーターの数が人によって違う。リサイクルポンプの数が違うというわけですね。 リサイクルポンプの数が多い人と少ない人と、中ぐらいの人がいます。 セロトニントランスポーターに関しては、 これを多く作りなさいよと命令する遺伝子Lと、少なく作りなさいよと命令する遺伝子Sがあって、その組み合わせで、その人の [続きを読む]
  • Sweet Dreams:Eurythmics
  • 幻想とはこういうこと 抵抗する私とは一体誰? 七つの海を旅して 誰もが何かを探してる 誰かがあなたを支配しようとする 誰かがあなたに支配されたがってる 誰かがあなたを虐げようとする 誰かがあなたに虐げられたい 幻想とはこういうこと 抵抗する私とは一体誰? 七つの海を旅して 誰もが何かを探してる 顔を上げてゆけ 顔を上げたまま進め 顔を上げてゆけ 顔を上げたまま進め 誰かがあなたを支配しようとする [続きを読む]
  • Trouble Town:Jake Bugg
  • 行き止まりのガラクタの町 ここにはトラブルしかない 逃げるが勝ちと誰もが思う 視界を遮る 高い塀 得られるのは失業手当だけ それで どうにか暮らしてる このトラブルタウンは トラブルだらけだ トラブルタウンでは 悪い噂が拡散する イライラしたら誰か蹴飛ばす 麻の煙草で目が充血する ヘンプシードが弾けた 吹き溜まりにサイレンが響き ライトが顔に当てられる 運が悪けりゃ逮捕される このトラブルタウ [続きを読む]
  • お見事キャプテン
  • ■デヴォン・ウッドコム、 おみごとキャプテンエリーの婚約者。医大に入学したその日にエリーと出会って以来ずっと一緒で、現在もエリーと同じ病院に勤めている。専門は心胸外科。ハンサムな医師で、スポーツもフロスも筋肉も何でもパーフェクトな「みごと」な男であることから、チャックがつけたあだ名は「お見事キャプテン」 Captain Awesome。海外ドラマ専門チャンネル・スーパードラマTVhttp://www.superdramatv.com/lin [続きを読む]
  • 「OCD」のメカニズム
  • 生田哲「脳と心をあやつる物質」講談社ブルーバックスより ? 脳には神経の調子を整えるサイクルがある。このサイクルでは、神経シグナルが前頭葉→線条体→黒質・淡蒼球→視床→前頭葉の順に流れる。強迫性障害(OCD)は、このサイクルの活動が活発になりすぎ、視床が興奮しすぎて発症する。 このサイクルでは、黒質・淡蒼球が視床へ抑制シグナルを送り、視床の興奮を抑える役目(ブレーキ)をしているが、前頭葉に強い興奮性 [続きを読む]
  • マクベス夫人と強迫性障害
  • 図:貝谷久宜「脳内不安物質」講談社ブルーバックスより http://howto-cat.com/grooming/ 「猫がいる生活」より 猫はポーカーフェイスが上手です。相手に不安な心を悟られないために、毛づくろいをすることがあります。緊張感や不安感などを紛らわせる効果があるからです。このことを「転移行動」と言います。 自分のテリトリー内に何かが入ってきて、不安な気持ちを抱えているときなど、さまざまなストレスを感じていると [続きを読む]
  • 収まらない怒り:ロードレイジ
  • ダニエル・G・エイメン「愛と憂鬱の生まれる場所」はまの出版より ■帯状回に問題が生じると、心配性や強迫観念が起こる 心配性、過去の傷を根に持つ、思考に囚われる(強迫観念)、行動に囚われる(強迫症)、反抗的態度、理屈っぽい、協調性がない=無意識に「いや」という傾向がある、中毒症の症状(アルコール、麻薬)慢性痛、認知的柔軟性がない、強迫性障害(OCD)、OCDスペクトラム障害、摂食障害、ロードレイジ(運転 [続きを読む]
  • Riders On The Storm:The Doors
  • 小羊が第四の封印を解いた時、第四の生き物が「きたれ」と言う声を、私は聞いた。 そこで見ていると、見よ、青白い馬が出てきた。それに乗っている者の名は「死」と言い、それに黄泉が従っていた。彼らには、地の四分の一を支配する権威、及び、剣と飢饉と死と、地の獣らとによって、人を殺す権威とが与えられた。 ? ヨハネの黙示録[6:7][6:8] 嵐のなかのライダー 嵐のなかのライダー この家に生まれた俺たちは この世界へ投 [続きを読む]
  • Tulsa Time:Sheryl Crow & Eric Claptom
  • 70年代の天才ギタリストみたいに弾こうと思ったら、10年間ぐらい練習しないといけない。だから先ず、演奏してしまうことから始めた。? マーティ・フリードマン オクラホマを離れ ポンティアックに乗って あいまいな気分で アリゾナとか カリフォルニアあたりを目指す 人が元気に生きられる場所へ ママは「頭がおかしい」といい 彼は私を「怠け者」という この際二人にも教えてあげよう 私はふざけてるわけじゃない 学校なん [続きを読む]
  • 自由に生きる言葉
  • 紙メディアはネットと打って変わって実に平和な世界が広がっています。コピペができなかったり、買わないと読めないものなので、あまり炎上しないからです。そんなわけで、TV Bros.で連載を続けていくうちに、だんだんいろいろ考えないようになって、好き勝手なことばかりを書いてしまうようになってしまいました。そのまんまの素の私がここにいます。『日本人よ、もっと自由になれ! 』と伝えたい。一度だけの人生です。この時代の [続きを読む]
  • 自由からの逃走
  • 我々のデモクラシーに対する容易ならぬ脅威は、外国に全体主義国家が存在するということではない。外的な権威や規律や統一、また指導者への依存などが勝ちをしめた諸条件が、まさに我々自身の態度の中にも、我々自身の制度の中にも存在するということである。したがって戦場はここに、我々自身と我々の制度の中に存在している。 ? ジョン・デューイ マガジン9:言葉の海へ 第34回:高齢者ネット右翼が増えている? より 最近 [続きを読む]
  • 性格と遺伝子:別役実「虫たちの日」
  • このことには我々の知識がまだ及んでいない原因<最終的には生理的な原因>が関わっているのかもしれない。そうである可能性は私の見る限り、かなり高いようである。? ユング「タイプ論」[高画質で再生]ステレオドラマ・別役実作「虫たちの日」.mp4[広告] VPS■https://irorio.jp/natsukirio/20140929/164825/(イロリオ・2014年9月29日)日本人はサッカーに向いてない?脳科学が解明する驚きの特性に原因が!「脳科学から看るサ [続きを読む]
  • The Times They Are A-Changin':Simon & Garfunkel
  • ぼくの歌はどれも、「懐かしのあの時、あの歌」という種類のものじゃないよ。 ? ボブ・ディラン「自由に生きる言葉」イーストプレスより お集りの皆さん どこもかしこも 水かさが増しているのを認めなさい そうでないと まもなく すぐに 体の芯まで ずぶ濡れになりますよ あなたの時間が価値のあるものならば 泳ぎ始めた方がいい そうでないと 石のように沈んでしまうでしょう 時代は常に変化するものだから ペン [続きを読む]
  • May It Be:Enya
  • 深淵をのぞくとき、深淵もまたあなたを見ている。? ニーチェ 宵の明星が輝く限り 暗闇が訪れても あなたの心が真実であるなら あなたが一人ぼっちで 故郷から遠く離れていようと 闇の中を歩くとも 信念を失わないなら 道を失うことはない 深淵に落ちたとしても 希望はいつも傍にいます 闇の誘惑を退けるなら あなたの旅は光に包まれる 夜が退いて あなたは 太陽を見つけるために立ち上がる 闇の中を歩くとも 信 [続きを読む]
  • The Skye Boat Song:Ella Roberts
  • 急げボートよ 海を渡る燕のように 「進め、進め」船乗りが叫ぶ 王になる定めの若者を乗せ 海を超え スカイ島へ 風は吠え 波がうねる 雷鳴が大気を引き裂く 我らの敵は呆然と岸に佇む 追えるものなら追ってみなさい 急げボートよ 海を渡る燕のように 「進め、進め」船乗りが叫ぶ 王になる定めの若者を乗せ 海を超え スカイ島へ あの日 多くの若者が闘った ハイランダーの剣を振るい 夜が来て 静かに横たわる カ [続きを読む]
  • 隙間の洞:DS2/非接触型安心理論_2
  • [高画質で再生]隙間の洞.mp4[広告] VPSお前さんも、そう聞いてきたんだろ? さあて、出来るかね、お前さんに。出来るといいねぇ。 お前さん、ソウルを落っことすんじゃないよ。 そのたびに、お前さんは亡者に近づくんだからね。 ? 倒されるとソウルを落とし、外見が崩れ、HPの総量が減る。 隙間の洞はキャラクターメイクとチュートリアルのステージです。安心理論では素性「魔術師」を選択。最初はHP回復のためのエスト瓶が少 [続きを読む]
  • 自分自身の意思の表現
  • フレーミングは審判を騙すためのものではありません。ストライクをストライクと判定してもらうためのスキルです。 ? タイラー・フラワーズ 重要なのは、外から押しつけられたように修練するのではなく、規律が自分自身の意思の表現となり、楽しいと感じられ、それをやめると物足りなく感じられるようになることだ。 西洋における不幸の一つは、規律の練習が辛いと考えられ、しかも辛いから重要だと思われていることだ。東 [続きを読む]