ヨットきらり さん プロフィール

  •  
ヨットきらりさん: ヨットきらりのブログ
ハンドル名ヨットきらり さん
ブログタイトルヨットきらりのブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/yachtkirari/
サイト紹介文AH24ヨットきらりのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供92回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/03/10 09:12

ヨットきらり さんのブログ記事

  • きらり1のスピン
  • 久しぶりにきらり1に乗せてもらった。2〜3mの風でスピンファーラーを使ってスピンをあげる。ジブの展開とスピンファーラーの関係をテストしてもらった。1、スピンを揚げる時は、ジブを巻くのと同時並行できればいいが少人数では難しいかも。2、スピンを巻くときは、ジ... [続きを読む]
  • きらり2にスピンを 5
  • 預かっている27feet用のスピンを揚げてみた。風が強いので展開はしなかった。大きさは同じ27feetなのでちょうどぐらいだったが、展開してみないと何とも言えない。タッカーの高さを調整するシートに使うカムクリートをつけた。 [続きを読む]
  • きらり2にスピンを4
  • クルージングスピンをあげてテストしてみた。実際にやってみるといろいろなことが分かった1、24フィート用では小さい。2、スナッファーでスピンをたたむとき、途中でタックを外すとスムーズに降りてくる。4、スピンハリのトップがこのマストシーブの位置でも、ジャイブが... [続きを読む]
  • 台風対策解除
  • ヨットハーバーへ台風対策を解除しに行った。台風が来たときは、潮がかなり高くなったそうである。今日も風がまだ強くビミニやドジャーもまだ付けなかった。スピンのテストもしたかったが、時折強い風が吹いていたのでやめた。その代りフェンダーカバーを付け替えた。新しい... [続きを読む]
  • マストトップのメインハリシーブ
  • マストに上がった時、メンハリのシーブの横に同じようなシーブがついていた。つまりメンハリを2つにすることができそうだ。でも2つにする必要性はあるだろうか。1、メンハリにトラブルが起きたときの予備用2、ストームトライスルをあげる時に使うこの2点ぐらいかな [続きを読む]
  • 「これからの改善点」を振り返る
  • 2年前やっておきたいと思っていたことが次のことだった。1、 トイレの海水ポンプアップが できないので要修理。済   新しいポンプ部品を交換したがなおらず、給水管にゴミが詰まっていた。2、 ブームの2ポンシステムの復活 済   ブームの中のシステムが1ポンしか... [続きを読む]
  • 採尿器
  • クルージングをして、小便をしたくなったら、2人以上いればいいのだが、シングルハンドではトイレに簡単にいくことができない。見張りをしなければいけないからだ。今まであったやり方は、操縦をオートパイロットに任せて、周囲の見張りをしながらスターンから立って済ます方... [続きを読む]
  • きらり2にスピンを3 ハリヤード設置
  • マストトップのシーブに、やっとスピンハリを設置した。マスト登りは今日で4回目。長い道のりだった。2回目は、スピンハリをシーブ穴に突っ込んでも途中までしか行かず断念、3回目は、ジブハリに道糸をつけて、マスト中を通して出てきた道糸にスピンハリをつけたらいいと考え... [続きを読む]
  • レース艇考1
  • 最近のモノハルのレース艇の傾向についてみていると、紡錘形のハル、ツインラダー、台形の大きなメインセール、バウスプリットかバウポール、コード0のファーリングシステム、ジェネカーのファーリングシステム、B&Gのナビゲーションシステム、カンティングキール、foil(水中... [続きを読む]
  • きらり2にスピンを 2
  • スナッファーとタッカーを使ってスピンを展開するつもりだ。スピンのタックをトリムするために、タッカーからシートをコクピットリードする。問題はシングルハンドでの運用だ。2人以上であれば問題ない。つまり、スナッファーからスピンが出ると当然風ではらむ。スピンシート... [続きを読む]
  • きらり2にスピンを1
  • きらり2にもスピンをつけたいと思い、いろいろ研究している。マストに登って、スピンハリをつけることができないか見てみた。ジブハリをつけている横にもう一つシーブがあったのでそこに付けてみることにした。ただ相当シーブが傷んでいるのでうまく回るかやってみないと分か... [続きを読む]
  • ソフトシャックル制作
  • 以前購入していたハイテクロープでソフトシャックルを作った。久しぶりで作り方を忘れてしまったので、ユーチューブを見ながらの制作だ。3mm、6mm、8mm、10mm、12mmと作った。どんな場面で使うかは今後考えていきたい。 [続きを読む]
  • 別府温泉クルーズ12帰路 弓削
  • 上蒲刈から弓削まで、鼻栗の瀬戸までが霧が濃く、本船航路も近く大変だった。いつものスマホAISをみながら進んでいった。3隻の僚艇の姿が見えなくなってしまった。VHFで連絡を取るも霧のため全く見えない。近くを通っている本船も見えない。ホンを鳴らして近くにいることだけ... [続きを読む]
  • 別府温泉クルーズ9帰路 姫島へ
  • 別府は当初2泊3日の予定であったが、霧が濃く出航を1日伸ばした。しかし次の日も霧が出ていて不安であったが徐々に晴れてきたので助かった。姫島まで、霧がちでスマホのAISを見ながら注意して航行した。姫島付近は本船が多く通るので注意が必要だ。姫島港は、JAおおいた... [続きを読む]