酒呑童子 さん プロフィール

  •  
酒呑童子さん: 一人ぽっちの断酒闘争
ハンドル名酒呑童子 さん
ブログタイトル一人ぽっちの断酒闘争
ブログURLhttp://syutendoji.doorblog.jp/
サイト紹介文自助会に頼らず、一人ぽっちで人生おそらく最期の断酒に挑む
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/03/10 21:42

酒呑童子 さんのブログ記事

  • 再挑戦 断100日目
  • 断酒のことではない。実は、ブログでは秘かに触れないようにしていたのであるが、1年前のブログ記事『もうひとつの依存症』で、「依存性物質への傾注は、精神的逃避に他ならない。 この弱さを克服せずして、いったい何をや興こせざらん。」と猛々しく宣言しときながら、1週間も持たずにへたっていたのである。断煙の事である。『断酒に遅ればせながら、4年あまり。 断煙も追加して、依存症体質から完全脱皮するぞ!』と雄叫び [続きを読む]
  • 健康診断で大騒動
  • 童子が以前勤めていた会社を退職してからは、健康保険は会社加入の保険組合の任意継続であったのだが、1年半を経過すると、国民健康保険の方が安いと解り、保険を解約し国民健康保険に切り替えた。会社の保険組合では毎年の人間ドックの費用を会社員時代は全額、任意継続中は半額を負担してくれてたのだが、国民健康保険では、そうはいかないらしい。積年の目に余る不養生は、数年断酒したくらいでは、お天道様は時効や恩赦で容赦 [続きを読む]
  • 北海道・・・掘立小屋の怪人
  • アルコール性痴呆症の進行のせいかどうかは解らないが、最近(否、大分と前から)、めっきりと物忘れが酷くなった。北海道の旅程を思い出そうにも、困難を極めているのだ。北海道には、おそらく6日間位の滞在で、小樽〜札幌から道央の大地を横断して知床半島まで。帰りは苫小牧まで戻り、仙台行のフェリーに乗った。仙台から東京まで高速を走り、多分上野あたりの安宿で1泊。東名に乗り京都まで辿り着いた事までは覚えているもの [続きを読む]
  • 北海道・・・フェリーの怪人
  • 北海道の大地では、まだ8月とはいえ下旬になると野宿ができない状況であると始めて悟った童子達は、次の日、フェリーで出会った北海道の若者の家に電話を入れてみた。彼は、舞鶴からのフェリーでの三等客室の同じ部屋(というより区画)で出会った青年である。話は旅の出発日に遡る。童子と友人は、初めてのフェリー旅という事で幾分高揚していた。(^∀^)甲板での彷徨にも飽きたところで、客室に戻り早速宴を開いたのだ。そう [続きを読む]
  • 北海道…じゃがいも畑の怪人
  • ススキノ近くの安宿で一夜を過ごした童子様御一行(2名だが)は、前夜の梯子酒による二日酔いの痛む頭をかかえて、なんとか十一時ギリギリのチェックアウト。(T_T)折角の札幌なので、ホテルのマネージャーに頼み込み、車をホテルの駐車場に暫く置かせてもらい、初めての札幌の市内観光を楽しもうと出掛けたのだ。ポプラ並木。時計台。地場の△△百貨店。今でも微〜かに、断片的に記憶に残っている。しかし、野郎二人では流石 [続きを読む]
  • 北海道…ススキノの怪人
  • ず〜と、ず〜と、昔の昔。学生時代の事である。普通は4年で終わるものを、学業に励み過ぎて(?)6年に及んだ。(別の言い方では、留年とか云うようだ。φ(.. )ガーン!)童子は、長い長い学生生活の最後の記念にと思い、同じ穴の貉であった2留の友人と、北海道旅行の計画を立てたのだ。当時、童子が乗っていたホンダのポンコツクーペで、フェリーに乗って、舞鶴港を出発する。小樽までの船旅から北海道横断のスタートを切る [続きを読む]
  • 依存症の自覚の難しさ
  • 投稿をサボっており、少し前の話題となりましたが、前回の記事のコメントにて、TOKIOの山口メンバーについてどう思うか、という質問をいただきました。実の所、童子は芸能界には滅法疎いのですが、たまたま、昼間のテレビ放送(念のため、国営放送ではありません)で、TOKIOの4人のメンバーによる記者会見を見ていました。それまで、童子はTOKIOのメンバーというと長瀬くらいしか知らず、何人編成のグループかもよく知らないレベ [続きを読む]
  • 日本の素晴らしき三協会
  • 童子が、まだ汚れなき10代の若かりし頃、高校の運動会か何かのイベントかは忘れたが、確か20代後半の青年体育教師が校庭の檀上で講評を行っていた最中に、急に具合が悪くなって、病院に搬送された事件があった。当時何処にもAEDなんて機器は設置されておらず、心臓マッサージとかが、なされていたかも記憶がない。そして、なんと、その翌朝には衝撃的な訃報を聞いたのである。この一件を思い出させてくれたのは、某国技協会の [続きを読む]
  • 続々・タイでの恐怖
  • タイの話の続編です。前々回の、バンコク市内まで社用車で出掛けた話の時刻まで遡り戻ります。市街は渋滞を極め、のろのろ運転で気分が優れなかった童子であるが、タニヤのあたりで車から降りると、ようやくアルコールを浴びる事ができると思えば、少しは気分が晴れてきました。日本人向けの店が立ち並ぶストリートで、二谷英明(本名は失念)部長に案内されて着いたのは、カンバンが『築地』という和食割烹のような店。メニューの [続きを読む]
  • 気づけば断酒5年かな
  • 忘れてました。5年前の3月1日未明。人生感ずる所ありて、断酒を真剣に覚悟。気づいて見れば、実に丸5年の歳月が経過してました。(・ω・ノ)短いような、長いような。よくぞ、1滴もやらずに生き永らえたものだ。数十年来の連続飲酒生活からは奇跡のような話。動機はと問われれば、綺麗な言葉で言うなら、こういう事だ。一生涯飲み続けて、いよいよ三途の河を渡る段になった時に、おそらく、とてつもなく歩んだ人生を後悔する事に [続きを読む]
  • 続・タイでの恐怖
  • (前回から続く)工場近くの郊外では、社用車の運転手のF1レーサーまがいの走行で、後部座席で足を踏ん張り、恐怖で引き攣っていた童子と同僚であったが、バンコク市街が近づけば、どんどんと車線は混みだして、カーチェイス走行は物理的にできなくなってしまったのだ。それどころか、勤労者たちの退社時間帯に差し掛かると、バンコク市街では、歩いた方が余程早い位の渋滞に陥り、いらつく程のノロノロ運転。それに、前日の過飲で [続きを読む]
  • タイでの恐怖
  • 去年のニュースになりますが、タイで観光客4人がマイクロバスで移動中に、運転手の居眠りが原因でトラックに追突し命を落とされたという事故がありました。昨日、仕事関係の知人との会話中、タイの交通事情が話題となり、件のニュースと、以前仕事でタイに行った時の記憶が急に蘇って来たのです。相当以前に勤めていた会社での出張時の出来事です。何の仕事で行ったのかも、良く覚えておりません。多分、マレーシア工場での仕事の [続きを読む]
  • 師走のアメ横
  • 昨日、とある要件があって、東京の中野まで行ってきました。要件は、大したことは無くて、昼までに終わり、サンモール商店街のアーケードを通って駅に向かう途中、腹が減って、ふらりと看板につられて入った日高屋。この店は、自宅近くにもあるのだが、入ったのは初めて。なかなかリーズブルな値段にびっくり。かた焼きそばを頼みましたが、ボリュームもそこそこ。バックヤードは見えませんでしたが、店内の店員さんは全て外国人。 [続きを読む]
  • 大相撲騒動で思う事
  • ここ暫くのマスコミ報道を眺めていると、横綱日馬富士関の暴行事件に関する記事で、テレビのワイドショーもネットも、大騒動である。童子は、相撲ファンではないが、新聞報道やTVのコメンテーターやネットのコメントを見ては、様々な憶測と其々の立場による意見をすこぶる冷静な眼で観察していたのである。記事情報によれば、・横綱であろうと、暴力行為は断じてゆるせない。・相撲協会の闇と膿云々の話・白鵬も酒席に同席してい [続きを読む]
  • もうひとつの依存症
  • 日本国関係当局やサイバー警察の検閲を怖れて、ずう〜〜とブログ記事には書けなかった事がある。実は、童子は、アルコール依存症に加えて、もうひとつの依存症で苦しんでいたのである。φ(.. )ついに、この場を借りてカミングアウトする日が来たのだ。それは、白い粉状ではなく葉っぱ物であるが、所謂大麻ではない。大麻は、昔、学生時代に一回だけやった事がある。(もう時効。多分。)医学部の友人(アッキーとは無関係)が、 [続きを読む]
  • 驚きの官憲不祥事!!
  • 最近のニュースを見てて、やたらと警察関係者の事件が多いと感じるのは童子一人の、長年培われた官憲に対する偏見と邪推のせいなのであろうか?ここ一週間足らずの間で、眼に止まった記事を引用してみれば。【警察官が朝まで飲酒しパトカー運転 福岡県警】2017年9月21日 福岡市の交番に勤務していた警察官が、先月、朝方まで酒を飲んだあと勤務に就き、パトカーを運転していたことがわかりました。飲酒運転の基準を超えていたかど [続きを読む]
  • 断酒四年半での煩悩
  • 今日で、断酒4年半を迎えました。もうひと踏ん張りで5年だなあ(・◇・)ゞ断酒してから思い立つ事ありて、一昨年末からジム通いを始め、1ヶ月間に、フルマラソンコース3回分ものランニングをこなして、更に筋トレ、ストレッチ、サウナの成果もあって、飲酒時最高三桁に届きかけた体重は、いよいよ標準BMIに突入。20代後半の体重に到達も、あと僅か。(*゚∀゚)っ食事も日に三度三度、きちんと摂取する習慣が保たれ、ビール [続きを読む]
  • なんとか起業はしたものの
  • 2ヶ月延長となった失業給付金も先月で切れて、ようやく人生一度のハローワーク生活も終了。さてさて、そろそろ稼がねばと、気だけは焦るもののなかなか、生来怠け者の童子は気合いが今ひとつ。(´・ω・`)以前の記事にも書いたと思いますが、実はある商材のネット販売を目指していたのです。数年前の在職中から、収支計算を当時は緻密に行って、高利益率で在庫リスクがない商材に目を付けていたのです。5月には、商材メーカーの営 [続きを読む]
  • 数十年ぶりの授賞式
  • 一流ホテルの大広間のような華やかなスペース。報道関係らしき風体の輩も多数詰めかけている。ビデオカメラも数台設置されているようだ。何かのレセプションらしき会場にいた。表彰されるのは、どうやら紛れもなく、酒呑童子本人らしい。一体、何の。。。思い当たる節は全くないのだが。そうこうしてると、見るからにキャリアウーマンぽい明らかに職業慣れした、垢抜けた美貌の女性が現われ、マイクを片手に、レセプションの司会進 [続きを読む]
  • クリニック通院を勝手に解除
  • 断酒開始と共に、かれこれ4年間あまり通院したアル専クリニック。先週、2ヶ月ぶりの通院日でしたが、うっかり失念しておりました。数十回もの通院で、通院日を忘れたのは、これが初めての事。まっ、それだけクリニックの存在価値が乏しくなったって事かな。でも、通院は断酒継続の儀式でもあるし、やはり予約を取り直すかな。それとも、いっその事、もうそろそろ卒業にするかな。優柔不断な童子は、う〜〜んと考え込みました。φ [続きを読む]
  • 木の芽時は脱したものの。。。
  • ようやく木の芽時の憂鬱感を克服しつつある童子です。さわやかな五月晴れの感覚も近づいてまいりました。しかし、予定の失業給付期間5ヶ月が今月で切れて、いよいよ真剣に金子を稼ぐ手立てをと重い腰を上げて気合いを入れ直せねばなりません。最終期限の給付金申請にハローワークに赴き待って居ると、「酒呑童子様(もちろん本名で)はいらっしょいますか?」と通常とは場所の違う窓口から呼び出されました。御存じの方もいらっし [続きを読む]
  • 昔の自分を取り戻せ!
  • 以前のブログ記事に何度か書いておりますが、春先の木の芽時のせいか、精神状態が芳しくありません。φ(.. )どうも、気分がすっきりしない日々が続いております。こういう時は、家に閉じ籠ってじっとしてないで、体を動かして汗をかこうと、ジムに行くべし!と、確かに、ランニングをやっている間は、目標10?をこなす事に90%の集中力を凝縮して、よけいな煩悩が嫌でも思考から飛んでいき、残り10%の脳の回路でポジティ [続きを読む]
  • 復活の日。気付けば断酒4年かな。
  • ようやく退院できたけれど、やたらに慎重な新米青年医師に掛かったせいか、退院まで相当な日々を費やしてしまいました。3週間に及ぶ点滴生活と食事制限のせいで、退院後も暫く精神的なバランスを崩しておりました。(T_T)なんとか、起業の準備期間に穴を空けまいと、病室まで自宅のパソコンを持ち込み、単純作業などをこなしていたのですが、なにせ絶飲絶食の状態では、まともな力は出ず、大した進捗は期待できませんでした。 [続きを読む]
  • 入院その後
  • 未だに入院生活を余儀なくされている童子であります。本日で入院15日目と相成りました。長年の飲酒の弊害が未だに祟ってるのでしょうか、いやはや、大変な年初になりました。(´・ω・`)二週間前の未明に救急車で搬送されて緊急入院。入院後2日目にしても、下血は止まる気配を見せず、内視鏡検査を行う破目になりました。事前準備に、看護婦(敢えて看護師とは言いません)さんの手で、一回300?もの温水で、手際よく2回も凌辱 [続きを読む]
  • 緊急入院しました(泣)
  • そろそろ、明けましておめでとうございますなどとブログ記事で 書かねばと思っていたのですが・・・新年の挨拶をサボっていたのが祟ったのか。断酒ブログの更新を怠っているのが祟ったのか。はたまた、今年は未だに初詣に行ってないのが祟ったのか。本日未明に緊急入院いたしました。決して年末年始からの連続飲酒発作ではありません。先般のブログ記事に、断酒後4年のあいだ、大腸からの下血疾患が無くなったと書いた矢先の出来 [続きを読む]