hime さん プロフィール

  •  
himeさん: つれづれなるままに
ハンドル名hime さん
ブログタイトルつれづれなるままに
ブログURLhttps://ameblo.jp/ariesaki/
サイト紹介文つれづれなるままに書いてます...
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供9回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/03/12 15:45

hime さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 胸を張って
  • 「しないではいられないことを続けなさい」目玉親父のあの可愛い声をふと思い出す。作家・水木しげるは、変わりものだったという。美味しいものは好きだし、漫画を読むのも好きだし、お酒飲むのも好きだし、お金を計算するのも好きだし、映画飲むのも好きだし、服を買うのも好きだし、旅行に出るのも好きだ。でも、一番やりたいことでは無くて。どれだけやってもなんだか満たされなくて。心の中にあるこの「物足りない感」を、何 [続きを読む]
  • 2017年七夕の願い事☆彡
  • 思わず手を伸ばしたくなるような満天の星空を、私はあと、何回見れるだろう。金平糖を散りばめたようなミルキーロードを挟んで、今年も織姫と彦星は逢瀬を重ねる。七夕に願い事を書くのは、彼らが、会えない時間もお互いを想うように、自分もその願いを叶えたいと思い続ければ叶えられると、教えてくれているのだと思う。あなたの願いはなんですか?私の願いは… [続きを読む]
  • やりたい事
  • 明日死ぬなら、なんて漠然としてるけど、同い年の人とか、自分より下の子が亡くなると、妙に現実的に感じて。あんなに元気だったのに、とか。まさかあの子が、とか。いつ、何が起こるかなんて分からない。誰かの名言であったな。「明日死ぬかもしれないと言う気持ちで、今日を生きなさい」と。仕事とかより、先にやらなきゃいけない事、伝えなきゃいけない事が、いつも目をそらしている事が、たくさんあるんだろうな。もし明日死 [続きを読む]
  • あたしを見て
  • 女の人と出かけたSNSなんか見たくないわ。去年はあたしだったのに。あなたの心を私以外が埋め尽くして行くのね。寂しくて虚しくて切なくて心苦しくて…あなたに会いたくてたまらないわ。許されないのに、関係ないのに。ごめん。ごめんね。あなたに会いたい。あなたの温もりに、香りに、優しさに。今すぐ抱かれたい。あなたが恋しくてたまらない。 [続きを読む]
  • 赤ワイン
  • 昔はその渋みが苦手だった赤ワイン、休前日の夜、一人ガラスを傾ける。今日は何があったかな。久しぶりに沢山話したな。お仕事だったけど…目も沢山あったな。業務上だけど…あの細い指はやっぱり優しそうだったな。もう触れることも叶わないけど…一つ一つが思い出になっていく。儚く、優しく、寂しい思い出に。それでも明日も貴方に会いたいと願わずにはいられない…その未来を選ばなかった代償を、私は払わなければいけない。 [続きを読む]
  • サヨナラ サヨナラ
  • 少し陰ってきた空のご機嫌をうかがいながらいつもとは違う散歩ルートに足を進めるキラキラしたものが溢れる世界路肩に咲くチューリップ乾いたアスファルトまだ少し肌寒い風なのに、何か物足りない左手が寂しいって言いながら揺れてるあの人と一緒ならもっと楽しかったのかな「ねぇ聞いて」そんな一言さえもう言えない「私だけの小さな足跡 どこまで続くのかな 明日も続くのかな [続きを読む]
  • 消えそうな青
  • エメラルドグリーンの輝きが瞳にゆらゆらと降り注ぐ春風に乗ってアスファルトの隅に集まったピンクの花びら空にはソーダを何倍にも薄めたような消えそうな青色が広がる昼下がり好きな音楽を聴いて好きな服を着て思うがままに歩いても私の心行く先は貴方との思い出の中ばかりそれでも私は歩く少しでも前に進みたくて [続きを読む]
  • 好きだ
  • あなたが好きあなたが好きな私が好きやっと気づいたあなたって存在の大きさもう、遅いけど好きよ傍にいきたい抱きしめて欲しいあなたの胸が恋しいわわかってるもう、間に合わないだからせめて想うだけは許してくれる?あなたが恋しいわ今も愛おしく想ってる [続きを読む]
  • 大切なもの
  • ひとつじゃない。ひとつどころじゃない。一番なんてない。決められるはずもない。なんで選ばなきゃいけないの?全てを手に入れたらいけないの?それが「物」なら、迷わず全てに手を伸ばしたのに。上手くいかない。選ばないといけない。どれかしか選べない自分を、恨めしく思う。未練も後悔も、抱く権利なんて無い。頑張るからね。ごめんね。ごめんね。 [続きを読む]
  • 臆病
  • よく傷ついた経験のある人は傷ついた経験のない人より人に優しくなれるって話を聞く。そうだなって思う。その逆で、人を傷つけたことがある人は人を傷つけたことがない人より人と接することに臆病になると思う。でもそれと同時に、人を傷つけ、人を傷つけたことに自分も傷つく経験は、傷つけられた経験よりずっと、人に優しくなれる気がする。もう、誰も傷つけないように。大切な人も。自分も。 [続きを読む]
  • 心を穏やかに  今を見つめる過去や未来を見ず「今」の自分を見つめるそうして涙する人はどれほどいるだろう望まぬ「今」を見つめ返したときそれでも変わらず「今」を過ごす人の多さに「今」があることの悲しさを憶える。自分もそんな一人であることが寂しくてたまらない [続きを読む]
  • Dear...
  •  I'd like to become first of your mind.How long do I need to wait? Sometimes, you love other things (Not me). 
    It gives me sadness.Dear my lover.Please come near right now, hug me powerfully. And kiss me passionately . [続きを読む]
  • 水色の心
  • 失恋曲が好き切ない曲が好き大切な何かの大切さを感じさせてくれるから寂しさを感じる時もっと寂しくなる曲を聴く貴方って可愛いそう  って誰かに慰められてる気持ちになるからああ今日も寂しい [続きを読む]
  • 粉雪
  • この季節になると思い出すあの歌が好きだあの切なさが好きだ大切なものを失う怖さと失った時の絶望感私はまだ味わっていないだから忘れないように切ない曲を聴く今幸せであることを忘れないために大切なものを失わないために [続きを読む]
  • 弱さ
  • どこかで耳にした名台詞「マスカラより    口紅をよごす男を愛しなさい。」マスカラをつけない私はただ枕を濡らす今日もまた私の想いを知らない彼の匂いを抱いて枕を濡らす [続きを読む]
  • 缶コーヒー
  • 年に1回買えば珍しかった缶コーヒー買った時の熱すぎる缶と15分も経たぬ間に冷めていく寂しさ慣れてしまったこの感覚に今は少し儚さも混じるまるで未来を先んじているみたいで冷めない缶コーヒー誰か開発してくれないかしらきっと売れないけど [続きを読む]
  • こころ
  • 時には掌から水滴が落ちるように時には積乱雲から雨が降るようにそんな風に堕ちる柔く脆くとても優しいそれは綿に包まれても春風に吹かれてもはたまた豆腐の角でも傷ついてしまう癒せるのは傷つけたのもだけ癒さなければどんどん崩れ堕ちるいつか気づくかな [続きを読む]
  • 寂寥
  • 独りカフェオレを飲みながら隣にいない寂しさを感じるさっきから何度も携帯を確認しては便りがない事に落胆し続けている精一杯の思いを端っこに隠して送ったありきたりな言葉に貴方はいつも通りありきたりな言葉を返してくる想いの大きさは比べるものじゃないそれでも想いの丈は比べる間も無く私の方が貴方へ伸びているいつか貴方は気づくかしら私の想いの大きさと寂しい心に [続きを読む]
  • 空はまるで
  • 私の心を見透かす心がいい気持ちの時は澄んだ薄水色に変わり、悩み苦しんでる時は闇が広がるように雨雲がやってくる。ならば、私がいつも優しい心でいれれば、世界はいつも晴れだ。願わくば、この幸せが、この空から、誰かの荒んだ心を変えてくれますように。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …