papasanmazan さん プロフィール

  •  
papasanmazanさん: 制作の合間に
ハンドル名papasanmazan さん
ブログタイトル制作の合間に
ブログURLhttp://artakaya.exblog.jp/
サイト紹介文南仏プロヴァンスの大自然に囲まれて制作を続けています。制作で感じたことをメモ代わりに書いています。
自由文フランスに滞在して25年になりました。南仏プロヴァンスに移って10年になります。南仏の大自然に囲まれて制作を続けています。フランスの風景はどこか心を癒してくれる柔らかさがあります。光あふれる南フランスで制作を続けられる幸せを感じながら毎日描き続けています。
ここ数年、毎年日本でも個展をするようになりました。
サイトを通じて一人でも多くの方にご覧いただける機会があれば幸いです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供85回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/03/13 14:36

papasanmazan さんのブログ記事

  • 冬のヴァントゥー山
  • 久しぶりのF30 号の制作である。我が家から二分ほど歩いたところの原っぱの中にイーゼルを立てたのはいいが、とにかく風との戦いである。ミストラルが吹きまくると30号の大きさになるととても描いてはいられない。キャンバスを固定したイーゼルごと吹き倒されてしまうので、制作できる日を選んでいかなくてはならない。奥のほうに大きなヴァントゥー山が控えているのだが、手前には... [続きを読む]
  • 冬の野の風景
  • 昨年の春見つけた少し段々になった畑と農家の構図が気に入って、すぐにも描こうと思ったのだが、その時はすでに若葉が芽生えてきてやがて緑一面になるのが分かっていたので今年の冬まで一年間待っていた。この景色は冬の枯れた色で描きたかった。その風景が安定したのでさっそくP8 号のキャンバスに始めてみた。背の高い白樺の木が何本かあって、それで垂直性はすぐに得られる。その高... [続きを読む]
  • 冬の木々
  • 冬になると葉を落とした木々の姿が美しく空間に映えてくる。毎年のようにそんな姿を制作しているが、今年もF20号の大きさで油絵にしてみた。今までは木々を通して遠景に家やその他の道具立てになるようなものを取り入れて絵にしていたのだが、今回はまったくそういった飾り立てはなく、まったくの木々の姿だけである。つまり絵にするという意図ではなく、ほとんどが自由な生成にしたがって、自分... [続きを読む]
  • ヴナスクの村遠望
  • ヴナスクの村をかなり離れたところから見た風景である。季節を変えてこの風景を幾枚かは描いてきたが真冬の色彩がなかなかきれいである。手前にはサクランボウの果樹園が連なって、葉っぱを落とした枝々が赤く広がった色面が魅力的である。これが夏ともなると緑の連続で、色彩的には冬のほうが多彩である。今回はM10号のキャンバスを使った。制作に関してこのごろ自分ながらに変... [続きを読む]
  • 彫刻と花
  • F12 号のキャンバスにカルポーの彫刻、ふくれっつらと、アトリエに咲いている鉢植えのポインセチアを使って静物画を一枚考えてみた。ふくれっつらを置いてある机の面も利用することにし、上下の動きをつけるために机の前に小さな台を設置して、そこに植木鉢を布とともに構成し、布の模様も使っていくことにする。それだけではまだ構成が不足しているので、ざくろやレモン、青い小さなビン、白い花瓶など... [続きを読む]
  • 赤い森の中の岩
  • 先日もこのブログに投稿した赤い岩の絵と同じ場所で、少し角度を変えて、キャンバスも大きくF25号、縦型に使った構図でもう一枚制作してみた。繰り返し言うことだが、一枚の制作を終えるとその同じような主題でもっと追求してみたくなるのが造形意欲というものかもしれない。この赤い岩などもその表れで、繰り返し自分の感覚を試したい気持ちになる。岩の組み合わせによる垂直感を考えてみた。そこに木の幹や枝がか... [続きを読む]
  • 白い岩
  • 赤い森の中の岩も制作の題材に格好だが、石を切り出した後の白い岩も絵心をそそる。久しぶりに大きな白い岩の場所にイーゼルを立てて、冬の寒い中ではあるがF15号のキャンバスに描いた油彩である。絵を描く角度も少し違えば出来上がってくるものも表情がかわってきて、それに筆使いなども以前よりは軽くなってきたのかもしれないが、全体の感じとしては楽な印象になってきているのではない... [続きを読む]
  • 白い岩
  • 赤い森の中の岩も制作の題材に格好だが、石を切り出した後の白い岩も絵心をそそる。久しぶりに大きな白い岩の場所にイーゼルを立てて、冬の寒い中ではあるがF15号のキャンバスに描いた油彩である。絵を描く角度も少し違えば出来上がってくるものも表情がかわってきて、それに筆使いなども以前よりは軽くなってきたのかもしれないが、全体の感じとしては楽な印象になってきているのではない... [続きを読む]
  • 冬のヴァントゥー山と白樺林
  • 芭蕉の発句も難しいが連句となるとなかなかとっつきにくく、大変に好きなのだが時間をかけて少しづつ慣れるようにしている。最近はそれでもかなり面白さが分かってきたようである。そのなかでも芭蕉七部集の幸田露伴の評釈が大変に勉強に役立ってくれる。今秋の一時帰国した折に日本から持ち帰った本のなかにつめていたものである。七部集のそれぞれの名前もいいが、今の季節を踏まえて〔冬の日〕... [続きを読む]
  • リンゴと湯のみ
  • フランスサイズのF2号の大きさに静物を構成してみた。日本ではあまり2号という大きさのキャンバスを使用しないし、またフランスサイズと日本サイズとは若干寸法が違ってくる。それで日本で額縁を調達する時にフランスサイズのキャンバスを用いていると大変面倒なことになる。これは戦前、日本が尺貫法を採用していたのを戦後メートル法に換わって、変わったのはいいとしてかつての実寸をそのま... [続きを読む]
  • 秋色のこぎり山
  • 日本での個展がおわってフランスに戻ってみると、まだ秋の景色である。例年よりもかなり早い時期に見る晩秋の色彩はなにか悲しみを感じさせるような美しさである。こころなき身にも哀れは知られけり、鴫立つ沢の秋の夕暮れ   西行以前からこのような秋の、とくに晩秋の色を強調した絵を描いてみたいと思っていた、はからずも家に帰ってすぐに目にした風景がまさしく思わくど... [続きを読む]
  • 赤土の森
  • 日本での個展を無事に終え、今年は例年よりもはやくフランスに戻ってきた。個展ではたくさんの方にご高覧いただき有難うございました。ご意見なども参考にまた、新たな制作につなげていきたいと思っています、よろしくお願いいたします。 年齢とともにとにかくフランスに戻ってからの時差がきつくなって、日本から持ち帰った本なども読んでいるうちにすぐに眠くなってかなわない。よ... [続きを読む]
  • 個展も無事終了し、南フランスに戻りました。
  • 11月2日〜8日まで兵庫県 芦屋市にある ぎゃらりー藤で 個展をしました。お天気に恵まれ 沢山の方にご高覧頂きありがとうございました。フランスから持って行ったノートパソコンは携帯用の小さなもので写真を取り込むための器具が必要でした。そのことをついうっかり忘れていて個展開催中の写真や出来事をアップする機会を無くしていました。 南仏に戻りましたので今頃写真を出しています。会場入り口の様子で... [続きを読む]
  • =個展の準備が整いました=
  • 個展の準備期間があるのでいつも2週間ほどまえに日本に一時帰国しています。今回はその間に二度も台風を体験しました。すごい雨、風に驚かされ、川が氾濫するのではないかと夜な夜な心配でした。 台風の雨に邪魔されながらもフランスから持ってきた絵を額に収める作業は順調に進みホッとしています。注文していた額が台風で届かなかったりするのではないかとひやひやしましたが、宅配業所の方々は雨の中も時間ど... [続きを読む]
  • 五つのザクロ
  • やはり大好きなザクロを五つ集めて、花瓶や花柄のカップ、それに布を合わせた静物画を描いてみた。F6号の大きさで、最初はかなりのペースで進みだし、この分だと比較的軽い仕上がりのものになるだろうと思っていた、ところが途中から筆はどんどん入っていくのだが肝心の画面がどうにも気に入らない。 こういったことは時としてあることだが、よほど気をつけないと駄目である。ただ上っ... [続きを読む]
  • ベドワン街道の松
  • そろそろ日本での個展の時期に近づき、一時帰国するための用意のためになんとなくあわただしいが、制作のほうはそれとは関係なく続けている。いつものことだが個展の出品作に追われるということは皆無である。 久しぶりにベドワンの街道沿いの松をF12号に描いてみた。ここの道沿いの松は背が高くて、姿も美しくそろっていたのでマザンに引っ越してきて以来すぐに描き始めたのだが,久しぶ... [続きを読む]
  • =2017年秋の展覧会のご案内=
  • 兵庫県・芦屋での個展が11月2日(木曜)からはじまります。沢山の方に見に来ていただけると幸いです。2017年 11月2日(木)〜11月8日(水)南仏プロヴァンスの輝き 高屋 修 絵画展芦屋(兵庫県)Ashiya Gallery FUJI ぎゃらりー藤 にて住所:〒659−0084 兵庫県芦屋市月若町8−6    TEL: 0797−22−3826プロヴァンスの風景を中心に油彩... [続きを読む]
  • サリニャックの城
  • フランスのお城巡りといえばロワール川周辺が有名だが、ドルードーニュのあたりもなかなかのものである。ロワールほど観光地ではないので洗練されているとはいえないが、野生的で古い時代のよさが残っているような印象がある。それに城の数も小さなものまで含めるとロワールよりもずっと多く、車で走っていてもいたるところに個性的な建築物が残されている。 そのようなあまり有名ではないかも... [続きを読む]
  • ザクロと梨
  • F3号のキャンバスに描いたザクロと梨の絵、白い布と金銀地の布を背景やテーブルにおいてみた。梨はその形が好きでよく静物画のモチーフに使うのだが、秋になるとザクロにとくに魅かれる。もちろん実の赤さや、はじけた姿もいいが、緑の葉っぱとの対照で木にたわわになっているところもいい。 自分の経験としては絵画の道を開いてくれたザクロの木である。おぼろげに画面を構成していくという... [続きを読む]
  • サン・シル・ラポピー
  • ドルドーニュはしっとりと美しい風景であるが霧も多い地方である。今回の滞在ではロカマドールを水彩で描こうと思っていたのだが、二度とも霧でまったく仕事にならなかった。またそこに向かう車中からもあちこちに雲海がただよい、それはそれで美しいのだが制作するのには大いに邪魔立てになってくれた。 しかたなくロカマドールをあきらめて宿泊地に戻ろうとしたら家内がサン・シル・ラポピ... [続きを読む]
  • ドルドーニュの城(ベイナック)
  • 春、秋、の一週間ずつヴァカンスに出かけるようにしているが、今回はいつもの地中海とは場所を変えてドルドーニュ地方に行ってきた。かなり以前に家族で訪れてことがあって、その時はマルテルという町を中心に巡礼地で有名なロカマドールなどをパステルでたくさん描いたのだが、今回はドルドーニュの川をはさんだ城などをモチーフに油彩一点、水彩二点を描きあげた。 私たちの住むプロヴァン... [続きを読む]
  • モン・ブラン・レ・バンの村
  • ちょうどヴァントゥー山を中にはさんでマザンの裏側にモン・ブラン・レ・バンの村がある。レ・バンつまりお風呂という意味で英語のバースと同義、温泉地である。その村の自治体が経営している温泉のプールがあって、そこから見下ろせる村全体は景観である。 そのプールの近代的な施設はエステや健康ずくりのジムなどを取り入れて最近はとみに人気の施設になってきた。以前と比べると入館者... [続きを読む]
  • モルモワロン風景
  • 今年の五月の中旬にモルモワロンを見おろしながらヴァントゥー山の全景を捉えられるような新しい絵の制作場所をみつけて、夏の間はほとんど毎日といっていいほどそこで風景を描いていた。M40号やF15号などのヴァントゥー山を入れたものや、丘やモルモワロンの教会を主にしたものなどかなりの数の作品が出来上がった。 そしてもう秋の季節になってきたのだが、今年の11月の日本での個展... [続きを読む]
  • 少女の像
  • F10号の静物、お気に入りの少女像を置いて、後は果物、ビンなどで、背景に金銀模様の布を配してみた。全体としていつもながらの静物の配置で変わり映えしないはずなのだが、どうも制作していて感じが違ったのである。 ひとつには背景の布から来ているのだと思う、軽いのだか重いのだかも分からないのだが、なぜか全体のつながりが以前とは違う。描くのが難しいというのではなく描けば描く... [続きを読む]
  • 新しいマザン
  • F4号に描いたマザンの教会を先日このブログに投稿したばかりだが、同じくこの景色をもっと切り詰めてF0号の小さなキャンバスにおさめてみた。描いている場所は少し違って、道一つ隔ててもっと低いところである。視点が変わると表現の意欲も変わってくる。 そういうことは当然なのだろうがやはり新鮮さというのは大切なものである。前のF4号のものより締まった気持ちでこのF0号に取り... [続きを読む]