生田修平 さん プロフィール

  •  
生田修平さん: 閉じた僕の世界
ハンドル名生田修平 さん
ブログタイトル閉じた僕の世界
ブログURLhttp://cmy.sblo.jp/
サイト紹介文アニメを見たり、漫画を読んだり、ラノベを読んだり。のんきに生きています。
自由文思い浮かぶキーワードは、
けいおん!/君に届け/ガールズ&パンツァー/中二病でも恋がしたい/マヴラブ/神様はじめました/日常/よつばと!/化物語/ラストエグザイル/青の祓魔師/ガンダムUC/好きっていいなよ/はいたい七葉/となりの怪物くん/恋と選挙とチョコレート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供354回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/03/14 12:07

生田修平 さんのブログ記事

  • Fire HD 8
  • パソコンの横にiPadを置いて、Amazon Prime VideoやPrime Musicなどを見たり聞いたりしていたのですが、資料の本などをiPadで見るときに中断されるのでちょっと面倒臭かったです。というわけでPrime会員ならば4,000円OFFで買えるFire 8を購入です。HDMI経由でディスプレイに出力できるとより良かったのですが、それはできないそうです。まあ小型のテレビを買ったと思えば安いかなと。 [続きを読む]
  • 映画「デッドプール」
  • 全世界まさかの記録的大ヒット!自己チュウで無責任な"R指定"ヒーロー降臨!望まぬ人体改造を施した組織への復讐と愛する彼女を守るために、不死身の男デッドプールの華麗なアクションが炸裂する!--下品だけど憎めないキャラクターですね。友人になると面倒そうですが、はたから見ている分には楽しい。アクションシーンもきりっと格好いいです。X-MENシリーズも見てみようかしら。 [続きを読む]
  • 映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」
  • 魔法使いのニュート・スキャマンダーは、優秀だけどおっちょこちょい、そして魔法動物をこよなく愛する変わり者──。世界中を旅しては魔法動物を集め、不思議なトランクに詰め込んでいる。ある時ニュートは、旅の途中でニューヨークへ立ち寄ったが、そこでひょんなことから自分のトランクが普通の人間のトランクと入れ替わってしまう!トランクの中から魔法動物たちは逃げ出してしまい、ニューヨーク中を巻き込む大騒動に!そこで [続きを読む]
  • 映画「EX MACHINA -APPLESEED SAGA-」
  • 大戦後の2138年、中立都市オリュンポスの特殊部隊所属の戦士デュナンとブリアレオスは固いきずなで結ばれた戦友であり、私生活では恋人同士でもあった。ある日、ブリアレオスは戦闘中にデュナンをかばい重傷を負い、一命はとりとめたものの昏睡状態になってしまう。そんな折、デュナンの元に新しいパートナーが配属される。 [続きを読む]
  • 映画「APPLESEED」
  • 世界を壊滅状態に追い込んだ非核大戦が終結した。伝説の女性戦士デュナン・ナッツは町を彷徨(さまよ)いながら、かつての恋人ブリアレオスを想っていた。そこへ突如、ヘリが現れ美しい女性ヒトミが降りて来た……。 [続きを読む]
  • 笑喫茶☆つっちー
  • 新宿の喧騒から少し離れたひっそりと佇む、昔ながらの風情を持つ喫茶店「笑喫茶☆つっちー」。この店唯一の常連客と言えば隣にある演芸場「レフカダ亭」に出演する芸人達ばかり。彼らにとって唯一の楽しみがこの喫茶店で、お笑い好きのマスター(土田晃之)との笑いの絶えない語らいの時間。番組は毎回ひと組のゲストが、この店に来店するところから始まり、ゲストの結成秘話やネタ作りの苦労、後輩からの暴露話などなど、地上波で [続きを読む]
  • ワカコ酒
  • 美味しいお酒と食べ物が何より大好きな26歳OL村崎ワカコ。ワカコの最高の癒しは仕事のあとに1人であっちこっち美味しく飲み歩くこと。偶然見つけたお店もためらうことなく暖簾をくぐる。食べたい肴とお酒がぴったり合わさった至福の瞬間ワカコの口からぷしゅーと幸せ吐息がこぼれおちる。さて今夜はどこに飲みにいこう♪--一人酒の楽しさよ。 [続きを読む]
  • 映画「コラテラル」
  • 平凡なタクシー運転手マックス。だがそんな彼が乗せた客は、夜明けまでに5人の殺しを依頼された冷酷非情なプロの殺し屋ヴィンセント。2人の関係は、やがて、互いの運命とプライドを賭けた男と男の戦いに発展する…。--「コラテラル」とは「従犯」という意味だそうで、不運にも殺し屋の運転手を務めることになるマックスにぴったりで。ドンパチありの映画ではありますが、ドライブシーンの会話などでタクシー運転手のマックスと殺し [続きを読む]
  • 映画「リスボンに誘われて」
  • 名もなき作家の<この世に100冊しか存在しない本>に導かれ、いま魂の旅が始まる。--人生を振り返る時間を与えられるということは、幸せなことなのだろうか。人と比べて、自分の人生が意義あるものだったと言い得る人は幸いなのかもしれないですね。退屈な人間。退屈な人生。そんな中に大切な輝きはあるものですが、見失ってしまったりするもので。歳を取ることで、変化を起こせなくなることはままあることですが、リスボンに誘わ [続きを読む]
  • 映画「コララインとボタンの魔女」
  • 11歳の少女コララインは、引越ししたばかりの家で、封印された小さなドアを見つける。それは、驚くべき“もう1つの世界”への入り口だった―。ドアのむこうでコララインを待っていたのは、花が咲き誇る美しい庭、心踊るサーカス、そしてコララインの願いを何でも叶えてくれる“別の”ママとパパ。ただ1つ奇妙なのは、ママもパパも目がボタン…。ここが気に入った?ずっ と居ていいのよ。ただ1つだけ条件があるの。目をボタンにしま [続きを読む]
  • 映画「スペル」
  • きっかけは老婆へのほんの小さな不親切、逆怨みで言い渡されたある「呪文」が"無辜の銀行員の平穏な日常"を跡形もなく変えていく。何故?どうしたら?映画史にその名を刻むであろう「怪婆」の理不尽な脅威に怯えながら、主人公と辿る「恐怖の3日間」。タイムリミットの72時間で、あなたはその「言葉」の呪いを解いて生き残ることができるか?--ロマの「呪い」がキーワードなのですが、なんだか笑えるところが多く、あまり怖くあ [続きを読む]
  • 映画「コレクター」
  • ニューヨーク州バッファロー市警は、3年間も“謎の娼婦失踪事件”を追っていた。担当刑事マイクと相棒のケルシーは、新たな被害者の知らせを聞き驚愕する。それはマイクの17歳になる愛娘アビー。拉致誘拐事件の被害者生存率は発生後24時間以内が70%、48時間以内が50%、それ以降は極めて低くなる。刑事生命を懸け、すさまじい執念で犯人に迫るマイク。そのころアビーは、監禁された地下室で犯人の恐るべき目的を知り、凍りつく… [続きを読む]
  • 映画「ヘンゼル&グレーテル」
  • ヘンゼルとグレーテルが"お菓子の家"に迷い込んでから15年。成長して魔女退治専門の賞金稼ぎとなった兄妹を描く。--ヘンゼルとグレーテルは最後は家に帰ったように記憶していたのですが、本作ではウィッチ・ハンターになりました。スピード感のあるアクションシーンは見ものです。ヘンゼルもグレーテルもよく戦います。ジェレミー・レナー格好いい。しかし、凡人には魔女と戦うのは難しそうです。ガジェット感満載の武器たちにも注 [続きを読む]
  • 映画「ダイバージェント」
  • 最終戦争から150年後の近未来。全人類は、たった一度の適正検査により性格別に5つの属性―【勇敢】、【高潔】、【平和】、【無欲】、【博学】に振り分けられ、そこで一生過ごすことが義務づけられていた。トリスはそのいずれにも属さないと判定されるが、判定を偽り【勇敢】へ加入。厳しい訓練を続けタフな戦士へと成長していく。反逆者として命を狙われるトリスは、その管理システムの裏にいる真の敵に立ち向かう!--見応えはあっ [続きを読む]