jun さん プロフィール

  •  
junさん: 山野草・還風庵junのブログ
ハンドル名jun さん
ブログタイトル山野草・還風庵junのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/graciasken/
サイト紹介文兵庫県山崎の小茅野(こがいの)アウトドアランドの一角で 平成14年より山野草を育てています。
自由文5回目の巳年(2001年60歳)に兵庫県山崎町小茅野(こがいの)に自然林の一角(約400坪)をお借りし、里山の整備を兼ねて各種山野草を育てています。
中に「還風庵」と名付けた掘っ立て小屋を造り、又山の仲間(フォレスターズ)と炭焼き窯を造ったりしています。
村の元気作戦に参加し、ビオトープ造り、もち米・蕎麦作り等も始めています。2025年7度目の巳年を目指します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供412回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2013/03/14 14:35

jun さんのブログ記事

  • 寄せ植え(ゼンマイ、ヨシノソウ、カタヒバ、苔リンドウ)
  • 2017年10月21日       10月17日撮る 〜寄せ植え(ゼンマイ、ヨシノソウ、カタヒバ、苔リンドウ)〜 植えつけ後、2年目です 少し落ち着いてきました。もう2〜3年後を楽しみにしています。 539、ゼンマイ 山野に生える。水気の多いところを好み、渓流のそばや水路の脇などによく出現する。根茎は短く斜めから立つ。葉は高さ0.5〜1メートル、新芽はきれいなうずまき状で、その表面は綿毛で覆われているが、成長すると全く毛 [続きを読む]
  • カラタチバナ  化粧鉢に鉢替えです
  • 2017年10月21日       10月12日撮る 161、カラタチバナ(ヤブコウジ科ヤブコウジ属) 暖地の林内に自生する。茎は直立し0,2〜1?になる。枝分かれしない。葉は互生し濃緑色で質は厚い。7月頃、葉や鱗片に葉のわきから長さ3〜6?の花序をだし、直径7〜8?の花を散房状に開く。花冠は白色で5深裂する。果実は6〜7?の球形で赤く熟す。 2013年春先に実生からです。3年目には確実に結実します 後は毎年結実です。素焼き鉢に [続きを読む]
  • オケラ(赤花) 植え替えです
  • 2017年10月20日       10月15日撮る 10月15日 朝からよく降っています。用土作りの後植え替えを少し・・・ 152、オケラ(キク科オケラ属) 日当たりのよい乾いた草地に生える多年草。花を囲む苞葉が、魚の骨を並べたようで人目を引く。葉は固く、ふちに細やかな刺状の鋸葉があるのも特徴である若芽のうちは綿毛をかぶっていてやわらかく、食用にされる。根は胃の薬とするほか、昔はいぶして湿気やカビを防いだ。花期は9〜 [続きを読む]
  • 用土作り
  • 2017年10月19日       10月15日撮る 10月15日 朝からよく降っています。配合用土が少なくなってきましたので早い目の作り置きです。 〜配合用土作り〜 ① いつも使用する配合用土です。使用する用土は 赤玉土2+桐生砂1、朝明砂1の混合です。 粒子は3?前後ですの ② 上記の三種の用土を混合です ③ 篩に掛けます   一番に3?の篩にかけ3?以上の粒子を取り出します。   二番目に1?の篩にかけ1〜3?の粒子を取 [続きを読む]
  • 木漏れ日草 植え付けです
  • 2017年10月19日       10月14日撮る 10月14日、時間を見ながら植え替え作業や鉢掃除です。楽しくやっています。 516、 木漏れ日草  別名;フィランサス フェアリー トウダイグサ科の非耐寒性多年草です。こぼれ種で毎年 楽しめるそうです 銅葉で葉の裏が赤く日に当たると キラキラ輝いて見えるらしいねむの木のように 夜になると葉を閉じ 朝になると葉を開くそうです。 (確認せねば・・・)葉の裏と言うか茎の裏 [続きを読む]
  • 寄せ植え (細葉柊ナンテン、イワガサ、ダイモンジソウ)
  • 2017年10月18日       10月14日撮る 10月14日、時間を見ながら植え替え作業や鉢掃除です。楽しくやっています。 〜寄せ植え (細葉柊ナンテン、イワガサ、ダイモンジソウ)〜 537、細葉柊ナンテン (メギ科柊ナンテン属)明治初期に渡来したと言われる。高さ1〜2?になる。葉は奇数羽状複葉。葉柄の基部は鞘状になって基部を抱く。小葉は2〜4対あり、長さ7〜13?の狭長楕円形で先はとがる。ふちには浅い鋸葉があり、鋸葉 [続きを読む]
  • イワカガミ  何とか育ってほしい
  • 2017年10月18日       10月14日撮る 10月14日、時間を見ながら植え替え作業や鉢掃除です。楽しくやっています。 90、イワカガミ(イワウメ科 イワカガミ属)高山や深山の草地、岩場等にに群生する常緑の多年草。葉は長い葉柄があり、根もとから群がって出る。葉身は円形で長さ幅とも3〜6?、革室で表面に光沢がある。先端はまるいか、わずかにへこみ、基部は浅い心形でふちには鋸葉がある。春から初夏にかけて、長さ10? [続きを読む]
  • ツワブキ  もう直ぐ開花です
  • 2017年10月17日       10月14日撮る 10月14日、時間を見ながら植え替え作業や鉢掃除です。楽しくやっています。 363、ツワブキ(キク科ツワブキ属)            海岸や海辺の山などに生える30〜70?の常緑の多年草。花や葉が美しいので良く庭に植えられている。径5?ほどの頭花を散房状に漬ける。葉はフキに似て厚く、表面につやがあるのでこの名がある。古くから、綿毛を被った若い葉柄を佃煮にするが、こ [続きを読む]
  • センボンギク  お疲れ様です
  • 2017年10月17日       10月14日撮る 10月14日、時間を見ながら植え替え作業や鉢掃除です。楽しくやっています。 527、センボンギク (キク科シオン属)  冬支度です 千本菊(センボンギク)はキク科シオン属の多年草である。宮城県から九州にかけて分布し、山地の河岸の岩場などに生える。草丈は10センチから40センチくらいである。茎は細く、束生をする。葉は線形で、互い違いに生える(互生)。葉の表面には疎らに毛が [続きを読む]
  • 紀伊ジョウロウホトトギス
  • 2017年10月16日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 212、キイジョウロウホトトギス(ユリ科ホトトギス科) ユリ科 の多年草 。茎は高さ40〜80センチメートルで、垂れ下がって生育するの [続きを読む]
  • キヨスミ(清澄)シラヤマギク
  • 2017年10月16日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 514、キヨスミシラヤマギク(キク科シオン属) キヨスミシラヤマギク(キヨスミコンギク)は、千葉県の清澄山周辺で発見されたノコン [続きを読む]
  • バイカカラマツ  ほんの少し咲いています
  • 2017年10月15日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 506、バイカカラマツ (バイカカラマツソウ属) 今日開花が見つかりました???どうも狂い咲きですね 可愛そうですが、昨日 花は [続きを読む]
  • 見返り草 咲きました
  • 2017年10月15日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 55、ミカエリソウ(しそ科テンニンソウ属)  別名/イトカケソウ  山地の林内に群生する。茎は叢生して高さ1?になる。若枝には [続きを読む]
  • 岩シャジン  又、来年です
  • 2017年10月14日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 39、岩シャジン(キキョウ科ツリガネニンジン属) 中部地方から関東地方の山地の湿った岩石の間などに生える 多年草。茎は細く長さ2 [続きを読む]
  • 日高ミセバヤ 彼方此方で・・・
  • 2017年10月14日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 335、日高ミセバヤ (ベンケイソウ科ムラサキベンケイソウ属) 多肉質の葉が対生して生えます。葉の縁がほんのり赤味を帯びます。夏 [続きを読む]
  • ホトトギス(白花)
  • 2017年10月14日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 213、ホトトギスの白花(ユリ科ホトトギス属) ホトトギスといえば、紫色の斑点が特徴だが、こちらは純白。自然の変異というのは、複 [続きを読む]
  • リンドウ
  • 2017年10月13日       10月11日撮る 少しづつですが、定番の秋の山野草が咲いています。順次アップします。今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 262、リンドウ(リンドウ科リンドウ属) 秋の山を代表する20〜100?の多年草。根茎は太くない、葉は対生し卵状披針形で、ふちに細か [続きを読む]
  • [コピー]? 池を造る(その三) 完成その後
  • 2017年10月13日2013/3/2 ブログアップの記事です 撮影日が特定できないのですが2005〜2009年ころです。 〜池を造る(その三) 完成その後〜2009年春の画像です。コナラ、アベマキ、クリ等の落葉で池が埋まるくらいになります。住み着いている小生物を気にしながら落ち葉は適当に除去します。落ち葉はじめ泥の除去はヒシャクで掬い取ります。住んでいる小生物(アメンボ、各種のヤゴ、カエル、オタマジャクシ、黒メダカ、マツモ [続きを読む]
  • ツルイワギリソウ 初めての開花です。
  • 2017年10月12日       10月11日撮る 今日、10/11日は朝から実物(千両、万両、カラタチバナ、ヤブコウジ等)の鳥類(殆どヒヨドリ)の防御に魚釣り用のテグスを張りました。何年か続けていますが効果は十分あります。 536、ツルイワギリソウ (イワタバコ科イワギリソウ属) 蔓岩桐草(ツルイワギリソウ)はイワタバコ科イワギリソウ属の多年草である。原産地は中国と・・・同じイワタバコ科のキリタ属ではないかとする見 [続きを読む]
  • 葉隠れツリフネソウ 苔玉です
  • 2017年10月12日       9月29日撮る 352,葉隠れツリフネソウ (ツリフネソウ科ツリフネソウ属) 山地の林内に生える1年草。高さ30〜80?になる。高さ30〜80?になる。葉は菱状楕円形で脈上に白色の縮れ毛がある。花序は葉のわきから出て、葉の裏に隠れるように垂れる。花は淡紅紫色で、距は前の方に曲がり、渦巻き状にならない。花期は7〜10月。 昨年6月頃に葉隠れツリフネソウを苔玉にしました。「還風庵」で掘り起こし、配 [続きを読む]
  • イトラッキョ (植木鉢の清掃)
  • 2017年10月11日       9月29日撮る お天気を見ながら少しでもと思いながら鉢の手入れです。 428,イトラッキョウ(ユリ科ネギ属) アサツキの仲間が春咲きなのに対しヤマラッキョウ(イトラッキョウ)の仲間は秋咲きです。河川の近くにある崖上や日当たりのよい草原など、湿度があって水はけのよい涼しい場所で生育します。葉茎は15?内外に伸びて曲線を描き、柔らかい感じです。他のラッキョウの葉は中空ですがイトラッキ [続きを読む]
  • [コピー]? 池を造る(その二) 石組み防水シート、通水早速住人現る
  • 2017年10月11日2013/3/6 ブログアップの記事です 撮影日が特定できないのですが2005年頃です。〜池を造る(その二) 石組み防水シート、通水早速住人現る〜東側の水場よりの導入水路を造りました。丁度傾斜地になっていますので、勾配を利用しながら水路に防水シートを引き、その周辺を小石を置き景観をととのえました。結果的には周辺の草木のおおせいな茂り方と土砂の流入でメンテに手間が掛っています。この頃も楽しい時期で [続きを読む]