オオカワアヤ さん プロフィール

  •  
オオカワアヤさん: イラストレーター オオカワアヤのBlog
ハンドル名オオカワアヤ さん
ブログタイトルイラストレーター オオカワアヤのBlog
ブログURLhttp://ayaokawa.hateblo.jp/
サイト紹介文デザイナー・イラストレーター オオカワアヤのブログです。 書籍・雑誌・広告・雑貨などで活躍中。
自由文イラストレーター・雑貨デザイナー。
イラストは淡く明るい色合いが特徴の水彩画タッチとフレンチカラーを用いた軽やかな優しいタッチのフレンチ線画です。
全国の雑貨店で展開する雑貨、ステーショナリー、広告、書籍、雑誌など、多岐にわたり大人の女性向けテイストの デザインとイラストを手掛けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 216日(平均2.3回/週) - 参加 2013/03/15 21:02

オオカワアヤ さんのブログ記事

  • お仕事受注につきまして
  • 平素よりお世話になっております。日頃お世話になっている皆様へ、2019年1月の近況報告です。昨年後半より長期休暇を取っておりますが、お仕事受注に関しまして最新情報を掲載いたします。クライアントの皆様お一人お一人にお知らせはしておりませんのでHP上のみでご確認頂く形となってしまいご迷惑をおかけいたしております。現在子育て中のため一部お仕事を中断しておりますが、お仕事内容(納期やボリュームなど)により [続きを読む]
  • HappyNewNear2019!
  • あけましておめでとうございます。 本年は喪中につき年賀状は失礼させていただきましたが、せめてこちらではご挨拶を… 育児で忙しく大晦日に寝込んでしまったのでおせちは少ししか作れませんでしたが十分でした。 我が家のウリ坊は初正月*昨年は人生の分岐点で新たな生き方のスタートであったと感じます。 母となり、もっと心を強く優しく家族を守っていけるよう成長していきたい。そしてお仕事も、みなさまの良きパートナーとし [続きを読む]
  • KOKUYOよりノートが発売です*
  • KOKUYOから今月より発売のノート表紙イラストを描きました*こちらは中国で発売です。既存のイラスト2点と新規のイラスト2点を採用していただきました。A4・B5サイズの展開です。昔から自分が使ってきたコクヨノートに自分がイラストを描く日がやってくるとは嬉しい限りです^^KOKUYOさんとっても柔軟な会社さんで感謝感謝です。中国は思い出深い国。大学の頃1ヶ月間だけ大連に短期留学して、大連外語学校の寮で暮らしたことが [続きを読む]
  • MerryChristmas*
  • 毎年ワクワクするイベントの一つがクリスマス。今年は平成最後なんですね。我が家はクリスマスディナーを食卓に並べたタイミングで息子のおトイレ大量事情もあり大変慌ただしいイヴでヘトヘトになりました。笑素敵なクリスマスになりますように…* [続きを読む]
  • 新作・2019年カレンダー*
  • 2019年のオリジナルカレンダーが出来上がりました*来年も今年に引き続きテキスタイル中心のカレンダーです。卓上はいろんな人から貰うから壁掛けが欲しい!と数名からアドバイスいただき、今年は初の壁掛け(A5サイズ)にしています。水彩画・線画・デジタルのタッチを融合、新作と個展で描いたイラストも使用しています。今年お世話になった方へは順次クリスマス前までに発送させていただきます。通販の準備も出来る限り進めてま [続きを読む]
  • 長期休暇のお知らせ(10/5更新)
  • 平素よりお世話になっております。日頃お世話になっている皆様へ、近況ご報告です。8月にご報告いたしました長期休暇の日程につきまして改めまして最新情報として掲載いたします。クライアントの皆様お一人お一人にお知らせはしておりませんのでHP上のみでご確認頂く形となってしまいご迷惑をおかけいたしております。お仕事のご依頼をご検討の方はスケジュールをご確認くださいませ。--------------------------------------- [続きを読む]
  • 軽いタッチの線画…*
  • さらに軽くて抜け感あるタッチを追求したいなと、ラクガキ。このタッチでテキスタイル柄(花柄)のノート表紙を5年前に描いたのを思い出して…今回オリジナルでもちょこちょこ描いています。水彩画タッチのは華やかだし感情を上手く伝えやすいとおもっていますが、線画も様々なシーンを的確に伝えることもできて描いていて楽しい。1cでの表現も可能だし、線画で描くのほうが好きかもしれません。私のタッチには・カフェ系やファ [続きを読む]
  • 株式会社ダスキン 会社案内パンフレット
  • ダスキン様の会社案内パンフレット表紙〜中面全体にイラストを描きました*今回はボリュームや納期のこともあり人物イラストはエージェントの方が描いてくださり、私は食品や小物や植物などを担当しています。一部をちらり。表紙のクローバーの中にダスキンの商品が沢山描いてありますが、当初の予定よりも小さくなっているので具体的にはわからないかも…クローバー・鳥は全ページに沢山掲載されています。ダスキンさんで一番今 [続きを読む]
  • JTBパンフレット挿絵
  • JTBシンガポールの旅パンフレットに線画イラストを計16点描きました。4月から発行しているとのことで随分遅い宣伝となってしまいましたが、1年間ご使用頂く予定です。(見本誌がないのでどれに掲載されていると言えないのですが…)友人が仕事でシンガポールに住んでいるので、いつか遊びにいけたらいいなあ。 [続きを読む]
  • 新発売・星座柄シリーズ イラスト&デザインを担当しました
  • 「シンプルで大人かわいい」をコンセプトにした星座柄アイテムが新発売です*ダイカットフレークシール・ダイカットふせんのデザインと、キッチンアイテム&文具がラインナップのTWINKLE Little Starロゴシリーズのデザインを担当しました。シール&ふせんは水彩画背景に箔押し星座モチーフがダイカットになり、手帳や手紙にたっぷり使えます。ロゴ入りシリーズも一部水彩画背景の上に手書き箔押しロゴと星を散りばめて華やかに。 [続きを読む]
  • 個展作品 『あなたを照らす星になる』
  • 去る命、残される命、新しい命。個展「Serendipity」には偶然の発見、幸福のテーマを主軸に「命」をテーマにした作品もいくつか出展しました。私がたとえこの世を去ったとしても、あなたが暗闇で迷わないよう道しるべを照らし、いつも希望があるようにあなたを照らす星として生きているよ。この作品は個展開催直前にふと、思いついて描いたのですが、その1週間前に99歳で父方の祖父が天寿を全うし、2ヶ月もしないうちに後を追う [続きを読む]
  • 個展作品 『POLKA』
  • チェコの民俗舞曲、POLKA。軽快なリズムに楽しい気持ちになり、ステップを上手く踏めずに踊り出す羊のこども。私のお気に入り作品の一つです。雑貨にもしてみたい。雑貨にするには四方の柄を上手く平均的に印刷する必要があるのでここが課題なのかな? [続きを読む]
  • ブライダルのギフトカタログパッケージイラスト
  • 株式会社大和様よりリリースされたブライダルのギフトカタログパッケージイラストを描きました。三つ折りダイカットパッケージの中にプラスチックのカードを差し込みます。このカード一枚で、引き出物・引き菓子・縁起物の3品をWEBから選べるという新規のサービスだそうです。表&裏のイラスト↓ブライダルなので上品に可愛すぎず。優しい印象に仕上げています。(今年6月リリースとのことで…すっかり宣伝を失念しておりました。 [続きを読む]
  • 改めて、ありがとうございました
  • 個展のお礼状を昨日やっと出しました。酷暑の中お越し下さいましてありがとうございました。住所の分かる方にお送りしております。個展が終わってから初めての新作イラストです。何人かに頂いた共通感想は、「柔らかいタッチで涼しくなった」「優しいイラストがいっぱいで癒された」でした。うれしいなぁ。 [続きを読む]
  • 長期休暇のお知らせ & 8月のお仕事受注空き状況
  • 8月は今現在までにお引き受けしている状況で一旦受注をストップさせていただきます。8/16あたりにまたお知らせをいたします。発注ご希望・ご検討の皆様、申し訳有りません。また年内のスケジュールのお知らせです。本年ははじめての長期休暇をいただくことになりますので、お仕事のご依頼をご検討の方はスケジュールをご確認くださいませ。●休暇日程●(訂正後の日程です)9/10〜12/10(前にずれる可能性有り)・事務作業は可 [続きを読む]
  • 個展作品 『少女から大人へ』
  • 『少女から大人へ』赤いリップ、赤いリンゴ、赤は鮮血の色、少女達が大人になっていく色。女性には少女だった自分と決別する瞬間があって、ショックだったり恥ずかしかったり、言葉にするには難しい経験をします。イラスト内に書いた「le nouveau moi」とは「 新しい私」という意味です。 [続きを読む]
  • 個展作品 『愛の行方を知らずに』『永遠のこども』
  • 「愛の行方を知らずに」東京装画賞で神様のボートを題材に描いた一次選考通過作品でオールデジタル。「永遠のこども」 亡くなったこどもだったり閉ざされた世界だったり、見る人により変わると思います。 今も私の中に住む、心を閉ざしながらも理解者を求めるこどもの頃の私でもあります。水彩画+デジタル。いづれも今回の個展用ではなく旧作ですが、このイラストを描き始めた頃からイラストの方向性が今までとは別の方向へシフ [続きを読む]