pandako さん プロフィール

  •  
pandakoさん: ささのはのささ
ハンドル名pandako さん
ブログタイトルささのはのささ
ブログURLhttps://ameblo.jp/pandakobanda/
サイト紹介文とび森の事や他のゲームの事や犬の事や・・・ なんかどーでも良いような事を書いていきます(*゚ェ゚*)
自由文とび森をはじめてどっぷり村長生活にハマっています。
それ以外のゲームも好きな良い年こいた大人です(-ω-)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 112日(平均1.1回/週) - 参加 2013/03/16 08:38

pandako さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 誕生日を迎えた弟犬様
  • 先日弟犬様が誕生日を迎えました八歳。すっかりシニアなはずなのにいつまでたっても「あは〜」という感じのベイビー感。だからついつい甘やかしちゃうのですが…すっかり痛みもなくなり調子に乗った弟犬様。飼い主の制止も聞かず「アハハ〜ヾ(@゜▽゜@)ノ」とはしゃぎ回り、結果また「イターッ!」となります…わかってる。わかってるんだ。今までで甘やかしすぎた結果なんだー??言うことききゃーしねぇ。怒っても「えへへー。」 [続きを読む]
  • およよ?
  • お犬様の新しい経口薬ももう三回終了。副作用でゲリゲリしていたのは一回目の次の日だけその後はモリモリするけれど普通の固さで一安心。というよりもむしろ弟犬様と競い合うかのように「腹へったけど〜?なんかくれよー!」と騒いでいる始末。あれれ?食欲無くなる予定は??…すげーな。ビックリするよ。その生命力こりゃとーぶん元気でいてくれそうだね [続きを読む]
  • 何を隠そう弟犬様も。
  • 病院通いの日々なのです。事の始まりは九月の下旬の土曜日。突然ハヒハヒ呼吸(パンディング)が止まらなくなり甘えたちゃんに。抱っこしたりまとわりついたりしてたと思うと突然「ギャン!!」と鳴く。どこか痛いのかと色んな所を触っても痛がらない。でもやっぱり突然鳴く…月曜日になっても変わらずで、鳴く回数はどんどん増える。ハヒハヒもとまらない。ヨダレもダブダブたらしながらハヒハヒ、ハヒハヒ。寝ていて起きた時やちょ [続きを読む]
  • あぁ…
  • しばらく変化のない日々を過ごしておりました。数回の点滴を行いましたが腫瘍が大きくなってきたみたいで、経口薬へと変更になったお犬様。昨日一回目の薬を飲みました。薬はパラディア錠。一日おきに飲む薬。副作用として、食欲不振、下痢など胃腸の障害があるらしい。扱いには色々な決まり事があって、排せつ物、嘔吐物は素手で処理しないとか、濡れた手で薬をさわらないとか。人体に薬の成分が取り込まれると危ないってこと?い [続きを読む]
  • ハッピーバースデーお犬様(*´∀`)
  • お犬様が誕生日を迎えました。めでたく9歳になりました。そして、その誕生日の日に2回目の抗がん剤治療。お犬様からしたら何の嫌がらせだよって感じのタイミングになっちゃいました??なのて、お祝いは前もってやったのだ。と言っても、人が焼き肉食べてケーキも食べて。と言う完璧なる便乗ご馳走お犬様にはお肉をすこーしお裾分け。あとは犬用のケーキも差し上げました。もちろん弟犬様も便乗プレゼントは、お揃いの洋服で。さ [続きを読む]
  • もう少し落ち着いてはいただけませんか…?
  • お犬様は毎日、絶好調である。朝もはよから「出しやがれ!」コールに勤しみご飯の度に「オイコラ!お前の餌もヨコセヤ!」と弟犬様に吠えかかり、腹ごなしに弟犬様とガウガウ遊びにいそしむ…ほんとおまえうるせーな…もうちょっと声を出さずに遊べぬものか…声と言えば…ときたますれ違うワンコは声がでない。口は「わん」と言っているのに出てくる音は「ハフッ!」である。ただ単に静にしか鳴かない子なのか?と思ったのだが二頭 [続きを読む]
  • 便りがないのは元気な証拠
  • とは良く言ったものでして。元気で何の問題もないと何の話題もないという…お犬様は元気です。副作用もさっぱりなく、抗がん剤やったことさえ忘れてしまいそうになるほどに…朝もはよから「ゲージから出せやゴラァ!」と騒いでおります……静かにしろやっ!!!元気な事は良き事。でもうるさすぎるのは勘弁やーっウルセーナ。オレタチネテンダ。シズカニシロ。(人を起こしておきながら再びすぐに寝に入る不届きものたち) [続きを読む]
  • なんてあっさりとした結末。
  • 昨日のブログを書いて数分後。あっさりと「待ちうんにょーさん来たる」でした??いやはや参った。骨折り損のくたびれ儲け。ってこういうときに使うのか?!本日もお犬様は抗がん剤の副作用もなく元気もりもり、もりもり。ご飯ももりもり食して、うんにょーさんも三度ももりもり。でも寝ている時間は長いかなー。でも同じくらい弟犬様も寝てるしなー…寝方もお腹を丸めているわけではなくだらっと横向きで寝ているので、ただただ気持 [続きを読む]
  • うんにょーさん、出っておいでー‼
  • ※お食事中の方、この先キケン??カレーを食べてる方はよりいっそうキケン??(ってか、もうタイトルでアウトか??)お犬様はうんにょが出にくい。肛門と腸に広まったガンのせいで、出ても変形している。(片方が平たくなって出てくる)もし、この先うんにょーさんがもっと出にくくなったら、出やすくする薬も飲まねばならぬ。皮膚の痒み止めの薬も飲んでいるので、これ以上薬のお世話にはなりたくない…しかも、薬でも出なくなった [続きを読む]
  • パゲ、パゲ〜
  • 本日、お犬様初めての抗がん剤治療にいきました。血液検査とレントゲンの後お犬様は一人病院に置いてきぼり。頑張るのだ!夕方、再会を果たしたお犬様はお手ての一部がパゲに!点滴のためにジョリジョリされたんだって(*´∀`)さわり心地がいーんだ!これが!副作用の方は今のところなにもなく、至って元気でございます。今後、時間と共に白血球が減って体調悪くなることもあるそうだけど…こればっかりは時間がたってみないとわ [続きを読む]
  • 調子悪い…の⁉
  • 昨日、お犬様は二度ゲロリンパしたのです。お腹痛いのかな?苦しいのかな?大丈夫かな?…なーんて心配をよそに弟犬様とガウリンチョ遊びに興じておりますがな‼そして、メシヨコセー‼とうるせー!…げ、元気なことはよろしいことですよ(T^T)ニーちゃんと遊んでやったんだぜっ! [続きを読む]
  • 先生…よ、よくわかりません。
  • 地元の病院に戻り、先生と今後についての話し合いが持たれました。治療の選択肢は2つ。点滴の抗がん剤か、投薬の抗がん剤か。途中先生からホワイトボードを使って抗がん剤についての説明がありました。でも、話の途中で呼び出される先生。ホワイトボードには丸一つ。あ。戻ってきた。あ。またいっちゃった。あ。戻ってきた。あれ?先生ペンどっかに置いてきちゃったよ( ´,_ゝ`)丸一つで説明を再開する先生。…丸の後、何が書きた [続きを読む]
  • やっぱり現実なんですね…
  • 実は旦那が一度家に戻ってきたとき、ガンだって言う話なんだけど…と、ちらっと聞いていました。それでも、またまたぁー。だって良性って言われてたじゃーん。誰かのカルテと間違えちゃったんじゃない??みたいな感じで、全然現実味がなくて、でも考えると泣きそうで、あえて考え無いようにしながら弟犬様とじゃれ合いながら病院に向かったのです。先生の話を聞いて、あと一年かも?と言う現実が耳に入った瞬間涙と嗚咽が止まらな [続きを読む]
  • ついに明かされる病名。
  • 大学病院について暫し待つ。その間、弟犬様は飽きもせずにヒャーヒャー言っておりました。…おいてくれば良かったな。モウ、オイラツカレタヨ。いよいよ病室に呼ばれCT画像を見ながら説明が始まりました。要約するとガンであること。お腹の中の広範囲に転移していること。リンパにも転移が見られること。手術ではもうどうにもならない。抗がん剤治療をしてこれ以上腫瘍が大きくならないことにかけるしかないこと。抗がん剤をしたら [続きを読む]
  • お前が緊張してどうする。
  • 大学病院に行く日。旦那が車でお犬様を連れていってくれました。私は仕事だったのでお迎えに行くときに合流。しかし問題が一つ。子犬様(いや。もう全然子犬じゃないんだけど…弟犬様にするか…)弟犬様は今まで長時間ひとりぼっちで留守番をしたことがないのです。今まで常にお犬様と一緒だったし…お犬様も心配だけども弟犬様も心配…もうこうなったら‼旦那に一度家に帰ってもらい私も家に寄ってから弟犬様をピックアップして大学 [続きを読む]
  • 大学病院ってなんだかドキドキ〜
  • うんP変形については先生にお話ししました。先生は一応検査をしてくれました。「多分良性だとは思うけどうんPが出にくくなっちゃったなら手術でとった方が良い。プックリが中でどこまで広がってるか詳しく見るにはCT撮らないと駄目。大学病院まで行ってきて。」との事。このときはまだ「大学病院なんてなんかドキドキ〜!麻酔するのだけちょっと心配…」位の気持ちだったのです。 [続きを読む]
  • いつの間にやら悪性⁉
  • お犬様のおしりにプックリとした腫れを見つけたのはかれこれもう2年ほど前でした。気になったので予防注射のためだったか、皮膚の様子を見てもらったときだったかに、病院で見てもらいました。結果。「良性だべさー。わざわざ取るもんでもないっしょー。」的な。一安心ですよ。えぇ。ちょっと見映えが悪いけど良性ならわざわざ麻酔して取ることもないならほっとけばよい。麻酔して下手に心臓に負担をかけるのもキャバリアには怖い [続きを読む]
  • とんでもなく久しぶりに更新
  • もう何年も更新してないブログ。存在さえ忘れかけてたし…(;´_ゝ`)しかーし!この度また少し更新しようかと思い立ちました。なぜなら…お犬様(もうすぐ9歳)にガンが見つかったからです。「肛門嚢アポクリン腺ガン」とかなんとか言うものでした。闘病するにあたっての記録になればと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …