Mor さん プロフィール

  •  
Morさん: じっちゃんの「空」
ハンドル名Mor さん
ブログタイトルじっちゃんの「空」
ブログURLhttps://ameblo.jp/morskyblue2013/
サイト紹介文カナダで、父の「遠距離介護」をしながらママ学生になり、念願の介護士として、日々奮闘中です!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供257回 / 365日(平均4.9回/週) - 参加 2013/03/18 01:05

Mor さんのブログ記事

  • 遺言書
  • 45歳までに、どうしても済ませたかった案件、念願の自分達の「遺言書」をコンプリートさせた。弁護士と2回ミーティングをして、弁護士とWitnessの前で無事にサイン。自分達二人以外にカナダに家族がいないMarimo、もちろん元気に長生きしてあげたいけど、世の中何が起こるか分からない。カナダは日本より「遺言書」は重要。残される人のために、色々やっておかないと....一つ心配事が片付き安心したら、無性に甘いものが食べたく [続きを読む]
  • 誕生日
  • 45歳の誕生日を、昨日迎えた。朝からイブニングのシフトをカバーして欲しいって電話....誕生日ギフトと思って取ったけど週末には仲間達からのサプライズの祝い、家族からの心温まるギフト、親友達からの泣けるメッセージ、そして職場でもBDソングを歌ってもらい、レジデント達からもお祝いハグをもらい、幸せもんです、私 生かされていく残りの人生も、Health Care Assistant として、世のため、人のため、大切な人達のため、一生 [続きを読む]
  • 10月1日、Blog、またボチボチ
  • 7月以来、すっかりBlogの更新を怠っていた。心配のメッセージまで頂いてしまって、恐縮で申し訳なかったです。と同時に嬉しかったです、とっても!ありがとうございます最愛の父親と親友を一度に失ったインパクトは、やっぱりデカかった。平静を取り戻しているようでも、ジワリジワリと来るもんです。色々な感情と共存しながらも、1日1日大切に過ごした夏でした。そして気が付けば、秋へと季節変わる....また心の赴くままに、ゆっ [続きを読む]
  • 切なくなる贈り物
  • Marimo達は夏休みを利用して、もうすぐ里帰りスーツケースをロッカーから出してきた。自分とFarに軽くて丈夫なモノをと、じっちゃんが買ってくれたスーツケース。旅行が大好きだったじっちゃん。まだまだ色々手配して、連れて行きたかった場所があった。「こりゃあ、軽くていいわ」購入した時に喜んでくれた笑顔が懐かしい。「ただいま〜!」3人で里帰りすると、「はい、お疲れさん!」と長旅をねぎらいながら、スーツケースをき [続きを読む]
  • まだまだ近寄れないな....
  • 友達から夏祭りに行くか聞かれた。祭りの開催場所は親友が暮らしていた街。たくさん通った場所一緒に笑った場所一緒に怒った場所足を踏み入れることを想像するだけで、動悸で苦しくなる。去年の今頃は、日本の病院での再会をお互い楽しみにしながら、LINEで予定を打ち合わせしてた。空を今は見上げることしか出来ない。まだまだ近寄れないな.... [続きを読む]
  • どうしたもんだか....
  • 膨満感胃の不快感ゲップ続くんだよな今日も歩いてたら急に気分悪くなって、ストアのトイレを借りた。トイレに駆け込めない状況だと不安になり、冷や汗動悸息切れトイレに行けると気分が落ち着いてくる。姪がずっと過敏性腸症候群に悩ませられてる。もしかして自分もそっち系のストレス的なものなのか???来週2月から待ちわびた?胃の内視鏡検査がある。しっかり原因を究明したい。 [続きを読む]
  • 日課
  • 夏休み、普段とは違う時間が流れてる。ダラダラも良かろう、やることさえやっちゃえばね〜。Marimo朝御飯の皿洗いピアノの練習日本語学校の宿題この3つは最低でも日課だね。自分ジムとストレッチで1時間汗流す外せない日課 [続きを読む]
  • 専業主婦
  • 今週は土曜まで今のところシフトがない。コールインシックがあれば、もちろんシフトは取るつもりだけど、しばしMarimoとゆっくり過ごせる夏休みだから学校の宿題に追われることもなく、なんて贅沢な時間だろう!専業主婦の頃は、こう言う気持ちにならなかった、なれなかった気がする。どっかで専業主婦でいることが、Farの、いや社会の引け目を感じていたのだと思う。趣味が無いわけじゃないけど、育児や趣味に没頭出来ない自分が [続きを読む]
  • グラノーラバー 48個
  • 先週話題にした、 仲良しご近所さんのとこでホームステイしている日本からの15歳の女の子、 滞在して1週間目が終わろうとしているが、結構大変なことになっているらしい。 仲良しご近所さんは、 最初は日本人だから礼儀正しくお世話も楽なはずと期待していた。 ところがどっこい、 食べた物はリビング、ベッドルームに食い散らかしてあるし、 電気はそこらじゅう付けっ放し、 トイレも既に詰まらせてしまったらしい [続きを読む]
  • 寿命は6年
  • 子供のカーシートの寿命は、どのメーカーも製造日から6年〜9年としている。ずっとMarimoが手放すことを躊躇してたもんだから、リセールのチャンスを逃してしまった。とってもきれいに使っていたから、すぐに買い手は見つかったし、50ドル以上で売れたはずだ。ゴミ置き場に不法投棄したくないし、リサイクルストアに持って行ったら、今のご時世仕方ないけど、5ドルチャージされた今度は早め早めに売りに出そうね〜 [続きを読む]
  • 1週間が終わって....
  • 夏休み1週間が瞬く間に過ぎていった。お泊まりプレイデイト部屋の大掃除ヘアサロンMarimo今年は初めてフルタイムデイケアもサマークラスもレジスターしなかったけど、日々やることたくさん天気も安定して気持ちいいし仕事も幸か、不幸かコールがない。手の掛からなくなった娘と一緒に過ごせるのも、たまには良いもんである。ランチを作る時間が早くやってきて、ちと面倒臭いが [続きを読む]
  • ガスが溜まりやすい
  • 近頃、ずっと膨満感だ。ゲップが多いのも気になる。「早飯、早糞は、添乗員の基本だぞ!」今から20年以上前に、旅行会社勤務で添乗に出る時、よく先輩同僚に言われていた。そのせいか今でも割りと早食い一緒に空気も飲み込んじゃってるのかな?これと言ってガスが発生しやすい食事ばかりじゃないし....一度断食を数日して、身体を空にしてみたい。「ママは食べること大好きだから、無理でしょ!」10歳の娘に苦笑いされた。たっ、 [続きを読む]
  • 5分保留が廃止
  • コールインシックで電話がある時、今まではスケジューラーは電話を取り損ねても、5分以内に留守電のメッセージを聞いて折り返せば、次の下のセニョリティのスタッフに電話せず、シフトを保留にしていてくれた。しかし、これからは規則が改定され、この5分保留ルールが廃止になった。セニョリティ順にどんどん電話を掛けていき、最初に回答した人が働くチャンス獲得になる。昨日は電波が届かないベースメントのロッカールームを片 [続きを読む]
  • 匂いに敏感
  • Health Care Assistant、 介護スタッフとして働くようになって、 嗅覚が更に発達した気がする。 排泄物はもちろん、 体臭、口臭すべての匂いに敏感になった。 レジデンツの異常をすぐに発覚するうえで重要なことだけど、 時たまツライ 各部屋の匂いを嗅ぐだけで、 誰の部屋か目隠しでも分かると思う。 今朝のジムで体臭がキツイ人がいた。 ランニングマシーンを使って発汗したら、 もっと匂いがジム中に充満 [続きを読む]
  • 久しぶりの
  • Marimoと親友の家にお泊まりして、お泊まりを幸いに、まったりお酒を飲めた。子供達も遅くまで遊べて大喜びだし、自分達も日頃溜まったストレスを、おしゃべりとお酒で発散出来て、至福の時だった。仕事もコールされないように、ブロックしていた。久しぶりのこんな時間、絶対必要子供のデザートと自分達のつまみ持参 [続きを読む]
  • 15の夏
  • 初めて一人海外でホームステイしたのが、 15歳の夏だった。 仲良しご近所さんが、 15歳の日本からの女の子のホストファミリーになった。 早速、その学生を紹介された。 到着したばかりで緊張していて、 とっても初々しかった。 懐かしいな、 自分も最初は期待と不安でいっぱいのホームステイだった。 そして日本から移民して英語を話す人がかっこよく、 かなり眩しく見えた。 長い年月が経ち、 いざ自分が [続きを読む]
  • Happy Birthday CANADA !!!
  • 2017年7月1日(土)は、カナダ建国150周年の記念日であるCanada Day 18歳の時に初めてカナダの地を踏んで、25年以上カナダと関わり続けていると思うと、本当に感慨深い。まさかカナダに自分が永住し、カナダで結婚して、カナダで子供まで出産すると夢にも思わなかった。まだまだ大きく自分と家族の人生に関わっていくと思われる、CANADA これからも移民が暮らしやすい、いつまでも平和な国でいて下さい [続きを読む]
  • 2017年半年が過ぎ....
  • 2017年、今年も瞬く間に半年が過ぎた。自分にとって、本当に本当に濃い半年間だった。じっちゃんとの別れ、親友との別れ、レジデンツとの別れ、心身共に、久々に重くガツンときた。信じたくない現実、受け入れ難い彼等がいない未来、彼等の分まで生きますなんて、彼等が悲しむから笑顔でいますなんて、そんなすぐ言える精神状態じゃなかった。励ましのつもりで投げかけてくれた友達の言葉でさえ、激しく傷付き、背を向けたことも [続きを読む]
  • ”朝の一服とお許しを”
  • 居ても立っても居られないとき、 私はブログが1つの支えになってます。 皆様のコメントやこころの在りようを表す事で少しだけ気を取り戻せるような気もするのです。すごく共感出来る気持ち。ママ学生時代に超忙しくてストレス溜まっていた時、大切な人と死別した時、とにかく人生で辛く苦しかった時こそ、SNSやブログで心を文字で表して整理することが、自分の冷静さを保ち、またモチベーションを上げる手段だったから。その習 [続きを読む]
  • ”ありがとうの話”
  • じっちゃんが他界し、 葬式を済ませカナダに戻ってきた頃、 彼女のブログを読んで、 自分と同じような心境を綴っていて、 はっとしたことがあった。 死別したことも、 悲しみも悔しさも、 全てに意味があると、 「ありがとう」じっちゃんが母親が代わりまでもして、大切に育ててくれたこと、 病で倒れるまでしずばあが、いつも優しく愛情たっぷりで育ててくれたこと、 大切な家族や同僚、友達が側にいてくれることに [続きを読む]
  • 食べれなくてゴメン
  • 日本人のレジデントの部屋に行くと、忙しそうにキッチンに立って、白菜の漬け物を作っていた。「ちょっと白菜が古くなったから、漬け物にしてみたの。ちょっと食べてごらん!」菜箸に白菜を取って、自分に勧める。咄嗟に自分、「ごめん、ごめん、自分、白菜苦手なの〜」両手を口元で振って味見を断った。「なんだい、(白菜嫌いなんて)珍しい。嫌いかね?」白菜大好き、漬け物大好きの自分だが、古くなった白菜はもちろん、汚れた [続きを読む]
  • じっちゃんの「空」
  • このブログを開設した2013年春から、ブログのタイトルにもなっている、「空」を見上げることが多くなった。季節ごとに「空」は変化し、季節が変わるごとに大切な人を失った。今は生きていることが自分でではなく、誰かに生かされている気がする。与えられた生きていられる時間に感謝し、家族が健康に生きていてくれることに感謝し、仕事があって働けて、家族を養えることに、この上なく有り難く感じる日々。1日うちでも表情をどん [続きを読む]
  • こんなモチベーションの時もある
  • 昨晩コールインシック(病欠)の電話が、職場からあった週末で家族と楽しく遊んだ後だったので、仕事モードになるのは一苦労。「今日遊んだミュージアムの3人分の入場料、飲み食い代、このシフト入ればチャラになって、お釣りもくるんだぞ〜!」もう一人の自分が頭の中で励ましていた。「Yes, I can work !」働く大きな目標は他にあるんだけど、よっぽどLazy気分の時は、目先の支出した分を取り返すモチベーションで、ケツ叩いて頑 [続きを読む]
  • 親の死に目
  • この2日間友達の日本にいるお父さんが危篤になり、そのサポートに時間を費やしていた。友達はどのくらい危険か分からなく、日本へ帰国のタイミングを決めかねていたが、あっという間に急変することも起こりうるから、とにかく飛行機のシートが確保出来るなら、すぐにでも飛べと背中を押した。自分のように冷たくなった父親に再会するほど、悲しいものはない。仕事だって、カナダのことだって、巻き返すチャンスはある。巻き返せな [続きを読む]