オカザキッチン さん プロフィール

  •  
オカザキッチンさん: 東京オカザキッチン
ハンドル名オカザキッチン さん
ブログタイトル東京オカザキッチン
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/okazakitchen/
サイト紹介文33才社会人男子による、料理と趣味でつづるWebカフェ。
自由文31歳独身、大都会東京の片隅で生きるサラリーマン。

料理、音楽、旅行、カメラ、映画、読書、雑貨……好きなものを好きなように!

料理やライフスタイルを通して同じ世代、同じ環境の皆さんと楽しいこと共有できたらいいなと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供350回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/03/19 00:44

オカザキッチン さんのブログ記事

  • RICOHのGX200/【recipe】納豆オムレツ
  • 今回、香川ひとり旅に僕は、RICOH GX200 というカメラを持っていっていました。直島 海岸いまや割りかし当たり前になっている「高級コンデジ」というジャンルがあるわけですが、これは、今から10年位前、「デジタル一眼レフカメラ」が値段的にも機能的にも一般人向けに裾野を広げてきた一方で、それまでのいわゆるデジカメ「コンパクトデジタルカメラ(コンデジ)」が劣勢になっていった背景の中で出てきた [続きを読む]
  • 直島の本村エリア/【recipe】焼き葱の明太のせ
  • 直島の「本村」という地域では、「家プロジェクト」なるアート展開をしています。古民家や商店など人々の暮らしが今も普通にそこに存在している中にあって、家屋の中にアート作品が展示されているという、生活に密着したプロジェクトになっています。他にも、直島が有名になりだして以降に出来たと思われる、古民家改造型のカフェやゲストハウスなどがちらほら見られ、個人的には結構惹かれるところのあるエリ [続きを読む]
  • 直島報告続きます/【recipe】牡蠣のオイスターオイル漬け
  • さて、香川ひとり旅の報告が続いているわけですが、昨日お届けしました直島の地中美術館からぐるっと道を北東の方面に向かう途中に、ベネッセの美術館兼宿泊施設だったり屋外アート作品が多数展示されているエリアがあります。草間彌生御大の黄カボチャもありますよ。赤カボチャよりも僕はこっちの方が好きですね。しかし屋外で自然と一体化したアートはいいですね。屋内作品で完結しているより個人的には風景 [続きを読む]
  • 地中美術館/【recipe】イカ肝とトマトのパスタ
  • 街を歩くと段々クリスマスモードになってきています。クリスマスを彼女と最後に祝ったのなんて…… 7,8年前な気がします。それでのうのうと生きている自分が怖い。高級レストランでシャンパン片手に彼女と「メリークリスマス」とか言ってはにかみたいお年頃、東京オカザキッチン(35)です。生きていてすいません。さて、ひとりに慣れきっているわたくしですが、先日香川県直島を一人で巡業してまいりまし [続きを読む]
  • 直島に行ってきました/【recipe】豆乳鍋
  • 先日、直島に行ってきました。ひとりで。う、うぅっ……。直島……、ベネッセのバックアップを受けたアートの島ですね。安藤忠雄の手がけた地中美術館、草間彌生のかぼちゃのオブジェなどが有名でしょうか。しかし驚いたのは、直島の観光客比率は、冗談抜きで、日本人:外国人=3:7くらいでした。要所要所の係員は皆英語を不自由なく話すことができ、英語表記も結構整っていましたし、インバウンド観光整備 [続きを読む]
  • うどん天国/【recipe】大阪イカ焼き
  • はぁ〜〜!!なんでこんなに香川県のうどんって美味しいんですか!さすが空港の椅子がうどんなだけのことはあるよ!なんというか、誇りやソウルを感じますね。香川にうどんあり、と。蕎麦は全国あらゆる土地がしのぎを削っていますが、うどん=香川県、となるあたり流石と言わざるを得ません。この旅行で4回うどん食いましたよ。1.2.3.4.どや!!思い出しただけでよだれが出そうです。うますぎてむし [続きを読む]
  • 香川県いってきちゃった/【recipe】ブリ塩串
  • さて、この週末は、貯まりすぎたマイルの消費のため、ちょっとうどん県に行ってきました。ひとりで。しくしく。ついに国内一人旅に手を出してしまった。直島とかひとりで行きましたが。かなり寂しかったです。なんでしょうね。つい先日、イランを一人旅しておきながら寂しいとか無いだろう、と皆さんお思いかもしれませんが、海外一人旅と国内一人旅は僕の中では全然違いますね、僕の中では。分析するに、海外 [続きを読む]
  • SingStreetに学ぶ/【recipe】チーズのイカ肝和え
  • 去年見た映画の中でも指折りに良かった作品で「Sing Street」というものがありました。アイルランドの青春バンド映画です、というひとことで片づけられる映画なんですが、その瑞々しさとテンポの良さ、時にコメディ、時にラブストーリー、時に家族愛とテーマを変えながら突き進んでいくまっすぐな映画でした。時間も無限にあるわけではないので、昔見た映画をまた見るってことはそうそうないのですが、先日久 [続きを読む]
  • タイツお姉さん/【recipe】さつまいもごはん
  • この前会社行くときに電車乗ってたわけですよ。そしたら某駅で、すっごいキレイなお姉さんが乗ってきたんですね。スタイルも良く背格好も165くらいスラッと。髪もちょっと薄めの茶色でサラッサラ。思わず見とれてしまうレベルのお姉さんでした。着ている服もおしゃれに見えました。「お姉さん、僕と行きませんか、今夜月の見える丘に」と、渾身のギャグで望んだのですが、無視されました。お姉さんは黒のタイ [続きを読む]
  • 九州焦土と化すか/【recipe】イカのゴロ焼き
  • 先日福岡に出張に行った時に思ったのですが、博多ガールは本当に美人ですね。素晴らしいと言わざるを得ません。九州の宝です。1割とはいいません。0.5割だけでいいからオカザキッチンハーレムに来ていただきたい。そして仕事で、とある女子大に行ったわけですが、この福岡からまた遠い地にある僻地とまでは言いませんが地方のいち女子大に何百何千人という美女がいてね、この子たちはかの北九州の土地でずー [続きを読む]
  • 紅葉を見ました/【recipe】豚ロースの西京漬け
  • 昨日は、早朝から九州に飛び、博多でハードMTGを行ったのちに、昼飯も取らずに新幹線で小倉に急ぎ別の仕事をし、また博多に戻ってきて飛行機で東京に飛ぶという、火曜日なのに日帰り九州というなかなか苦行のような日でした。帰り道、羽田から新宿に向かう途中で、「まだ火曜かいぃ!」とひとり突っ込みました。しかし行きの飛行機で、山梨上空当たりから見た山々の景色は大変素晴らしかったです。山が秋の [続きを読む]
  • アップし忘れてすいません/【recipe】ラムともやしの塩レモン炒め
  • ちゃんと書いてあったのですよ。予約アップし忘れてましたー、すみません!!自民圧勝効果か、トランプ効果か、何なのかわかりませんが、日経平均絶好調にあわせて我が株たちもイイ感じです。やはり資産の調子がいいと人は調子に乗りますね。キャバクラで豪遊してしまうところでした。そんな本日東京オカザキッチン、福岡出張にてお送りしております。こう言うと、「いいなあ!」「おいしいもの沢山じゃん!」 [続きを読む]
  • 徳を積む/【recipe】レンコンとエリンギのきんぴら
  • 三連休が明けてしまい、瀕死の東京オカザキッチンです。まぁでも良いのです。これもまた世の常。この三連休も、うち2回は友人を家に招いてせっせと御飯をふるまうということをさせていただきました。何も得るものは特にありません。いや、そんなことはない。見返りなんかを求めているわけではなく、ただ僕は来世に向けて徳を積んでいるのです。……。来世に向けて徳積んでどうすんじゃ!!今やろ!! 効果は [続きを読む]
  • 走馬灯株式会社/【recipe】冷やしたぬきそば
  • 以前より「良い」と聞いていながら読む機会のなかった「走馬灯株式会社」という漫画を一気読みしました。インパクトのあるタイトルですね。全10巻、一連のストーリーではなくて、短編集。人生で何らかのキーポイントを迎えている各話の主人公が、走馬灯株式会社に迷い込むという共通テンポレートを持っています。走馬灯株式会社では、産まれてから現在に至るまでの主人公の映像をDVDで見返すことができ、それ [続きを読む]
  • アーリーレッドさん/【recipe】鮭のポトフ
  • ちょっと前に友人がうちにメシを食いに来てですね、その御礼とのことで、実家で作っているというたまねぎがダンボールで送られてきたんですよ。10kgとか。ひとり暮らしの私の家に。ここ数ヶ月はたまねぎを買っていない僕ですが、ようやく使い切りそうな段階までやってきました。非常に長い道のりでした、タマネギロード。そんなたまねぎダンボールの中に、2つだけ何故かアーリーレッドという別種のたまねぎ [続きを読む]
  • 町医者のたくらみ/【recipe】カリフラワーのサブジ
  • 春先に、激しい胃潰瘍に襲われ慢性胃炎と診断されてから、まぁ慎重な先生でして、もう大丈夫だと思っているのですが、いまだに定期的に病院に通院しております。自宅から歩いて5分位のとこにある町の内科って感じで、先生も本当に穏やかで優しい人でして、お医者さんなんだからもっと偉そうにしててもいいと思うんですけど、まーーイイ人なんですね。あれですかね、医者ってのもいまやサービス業ということな [続きを読む]
  • ひとりイカ祭りを開催しました/【recipe】炙り親子丼
  • 台風一過で秋晴れ、おめでとうございます。しかしながら肝心の土日が毎週雨模様ということで、ストレスたまってしまっている人もいるのではないでしょうか。そんな時は、東京オカザキッチン開始日から全部一気読みをおすすめします。私に対する、こいつやばいなという気持ちが増すと思います。そんなわたくしオカザキッチン、この週末はイカ祭りを開催しました。ひとりです。圧倒的にひとりです。ひとりイカ祭 [続きを読む]
  • 【travel】イラン土産
  • さて、イランのお土産です。数年前に料理に開眼してから、世界各地の食器を買ってくる、というのはもはや旅の醍醐味のひとつかなと思っています。今回もお皿買ってきました。センスが良すぎて涙が出そうです。自分のね。しかし結構ちゃんと料理映えますね。選んでる時はこの緑がどうなるか未知数ではあったんですけど、なかなかいい感じだと思います。このお皿で是非料理が食べてみたいって女子は是非お声掛け [続きを読む]
  • 【travel/イラン編番外】カタールのドーハ
  • 今回、カタール航空を利用していたため、帰りにマサ君の家に寄ってきました。かつて三本の矢の一画として名を馳せた彼も、現在は結婚、一児のパパ。商社勤めの彼は、20代のうちに一度も海外転勤にならず日本で皆と散々遊び呆け、30代になり周囲が遊べなくなってきた頃にカタールのドーハ勤務を命じられるという、ある意味理想的な商社マン生活を送っています。つい1ヶ月ほど前にお子が産まれたとのことで、今 [続きを読む]
  • 【travel/イラン編】首都テヘラン
  • さて長らくお届けしておりましたイラン編ですが、最後に首都テヘランについて少しだけ。イランの首都テヘランは、1,270万からの人が暮らす中近東を代表する大都市です。東京都人口が1,300万人以上という規模感ですから、その巨大さがわかるかと思います。皆さんの記憶にあります、イラン・イラク戦争や湾岸戦争時の報道では、ものものしい映像と緊張した面持ちのアナウンサーが「以上、首都のテヘランからお送 [続きを読む]
  • 【travel/イラン編】マスレ村
  • そろそろ旅行系記事も佳境ですが、「えーーーーーっ!!!」わかりますよ。皆さんの悲しみの声、わかります。でもね、忘れていると思いますが、皆さん、ここは料理ブログなんです。どこかで戻らないといけません。さて、僕はガイドブックにも載っていないラシュトという町に何故行ったかといいますと、ラシュト自体には全然興味はなく、そこを拠点にさらに先にある「マスレ」という村に興味がありました。マス [続きを読む]
  • 【travel/イラン編】イランメシ
  • さてまぁイランのごはん事情ですが、ここ数日間の僕のブログを読んで、「イランって結構ステキな国なんじゃない!?」って思っていただけているのであればとても幸いです。人よし、見どころよし、交通よし、世界観よし、しかしここまで言ってこなかったことがあります。それは、メシは微妙。いや、ごめんなさい。決して微妙というわけではないですし、美味しいは美味しいです。煮込みだって、ケバブだって、美 [続きを読む]