J-Poper さん プロフィール

  •  
J-Poperさん: E.S.Cheers!! -ユーロビジョン応援ブログ-
ハンドル名J-Poper さん
ブログタイトルE.S.Cheers!! -ユーロビジョン応援ブログ-
ブログURLhttp://escheers.blog.jp/
サイト紹介文ヨーロッパで開催される年に一度の音楽祭ユーロビジョン・ソングコンテストの最新情報をお届けします。
自由文ユーロビジョンをご存じですか? 1956年からヨーロッパで毎年開催されている音楽祭で、言わば「歌のUEFAチャンピオンズカップ」。過去にはABBAやジンギスカン、セリーヌ・デュオン等も登場したこの大会の最新情報やアーティスト情報をお送りします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/21 17:24

J-Poper さんのブログ記事

  • 【朗報】アジア版ユーロビジョン ついに始動
  • 〈その名もEurovision Asia Song Contest〉EBU(欧州放送連合)はユーロビジョン公式ホームページEurovision.tvで、アジア太平洋地域版のソングコンテスト「Eurovision Asia Song Contest」の開催を発表しました。この番組は、オーストラリアの公共放送局で、長年ユーロビジョンの放送を行っていたSBSの番組制作会社Blink TVが、EBUから番組フォーマットを導入して制作するもので、公式ホームページなどでは20の国と地域が参加を表 [続きを読む]
  • ユーロビジョン2017 決勝開催!
  • 〈決勝の舞台はキエフ〉ユーロビジョン2017の決勝がいよいよ今晩(日本時間:早朝)に迫りました。決勝の舞台は、「ロシア・ウクライナ文化の中心」とも称されるウクライナの首都・キエフ。5/9、5/11の各準決勝を勝ち抜いた20カ国のアーティストに加え、Big5(イギリス、イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)とホスト国ウクライナの総計26カ国のアーティストたちが、国際エキシビジョンセンターのステージで火花を散らします。2 [続きを読む]
  • 【ESC2017】準決勝2日目 決勝進出者決定
  • ユーロビジョン2017キエフ大会の準決勝2日目が終了しました。どのアーティストも圧巻のステージでしたね。今回18カ国が参加した準決勝2日目。決勝進出を決めたのはこちらの方々です。1.ブルガリア Kristian Kostov 「Beautiful Mess」 2.ベラルーシ Naviband 「Story of My Life」 3.クロアチア Jacques Houdek 「My Friend」 4.ハンガリー Joci Pápai 「Origo」 5.デンマーク Anja 「Where I Am」 6.イスラエル  [続きを読む]
  • 【ESC2017】準決勝2日目 開催迫る
  • 〈準決勝2日目 今晩(日本時間:早朝)開催!〉ユーロビジョン2017キエフ大会準決勝2日目の開催が、いよいよ今晩(明朝)に迫りました。ヨーロッパ中央時間(夏時間)では今晩5月11日夜9時から、日本時間では明日5月12日早朝4時から始まります。 今回も日本での放送予定はありませんが、以下のリンク先で視聴することができます。 ・YouTube (Eurovision公式チャンネル)YouTubeではお手元のスマートフォンで楽しむことができ [続きを読む]
  • 【ESC2017】準決勝1日目 決勝進出者決定!
  • ユーロビジョン2017キエフ大会の準決勝1日目が終了しました。どのアーティストも圧巻のステージでしたね。今回18カ国が参加した準決勝1日目。決勝進出を決めたのはこちらの方々です。1.モルドバ  Sunstroke Project 「Hey Mamma」 2.アゼルバイジャン  Dihaj 「Skeletons」 3.ギリシャ Demy 「This is Love」 4.スウェーデン Robin Bengtsson 「I Can't Go On」 5.ポルトガル Salvador Sobral 「Amar Pelos Dois」 [続きを読む]
  • 【ESC2017】いよいよ開幕! ユーロビジョン2017準決勝1日目
  • 〈まもなく準決勝1日目開催!〉ユーロビジョン2017キエフ大会準決勝1日目の開催が、いよいよ今晩(明朝)に迫りました。ヨーロッパ中央時間(夏時間)では今晩5月9日夜9時から、日本時間では明日5月10日早朝4時から始まります。 今回も日本での放送予定はありませんが、以下のリンク先で視聴することができます。 ・YouTube (Eurovision公式チャンネル)YouTubeではお手元のスマートフォンで楽しむことができるほか、YouTube対 [続きを読む]
  • 【ESC2017】ウクライナ:ロックバンドO.Torvald登場
  • ユーロビジョン2017ウクライナ代表はO.Torvaldの「Time」に決まりました。「暴力のない場所を探そうじゃないか」「静寂の本当の意味を聞いてみようじゃないか」と歌詞で投げかけているこのロックナンバーは、O.TorvaldのメンバーであるHalych YevhenとDenys Miziukが制作しています。ちなみに、このバンドは普段ウクライナ語で作詞をするそうなのですが、今回は全編英語詞でのエントリーとなっています。国内予選でのライブパフォ [続きを読む]
  • 【ESC2017】クロアチア:Mr. Voice Jacques Houdek登場
  • ユーロビジョン2017クロアチア代表はJacques Houdekの「My Friend」に決まりました。この楽曲は、この世に生を受けた命、そしてその生命との出会いや一生を「奇蹟」と讃え、日々を懸命に生きるすべての人を「友人」の様に親身に応援するバラードナンバーです。この曲の大きな特徴は、歌詞が英語とイタリア語に書き分けられており、さらに歌い方も「ポップス調のハイトーンボイス」と「オペラ調のバリトンボイス」の二通りに歌い分 [続きを読む]
  • 【ESC2017】セルビア:恋に果てなく落ちていく… 「In Too Deep」
  • ユーロビジョン2017セルビア代表はTijana Bogićevićの「In Too Deep」に決まりました。ふとしたきっかけで始まった恋にどんどん落ちていく気持ちを歌い上げたこの曲は、セルビアの過去の代表曲とはまた違ったモダンでアップテンポな楽曲に仕上がっています。個人的には、Aメロで聞こえてくるマリンバのリフがお気に入りです。楽曲制作にはBorislav Milanov(2016年ブルガリア代表曲「If Love Was A Crime」ほか)、Joacim Perss [続きを読む]
  • 【ESC2017】チェコ:若き実力派ジャズシンガー登場
  • ユーロビジョン2017チェコ代表はMartina Bártaの「My Turn」に決まりました。長い間一緒に暮らしていた家族やパートナーが突然倒れてしまった時、「今度は私があなたを支える番(=My Turn)」と歌うこの曲は、音楽制作グループDWB MusicとソングライターのKyler Nikoにより制作されました。DWB MusicはKylie Minogueやユーロビジョン2006ベルギー代表を務めたKate Ryanへ楽曲提供しているほか、東方神起や少女時代等のK-POPアー [続きを読む]
  • 【ESC2017】ロシア:出場辞退決定 消された「炎」
  • 〈Channel 1 ユーロビジョン2017の放送取りやめ〉ユーロビジョンを主催するEBUは3/14に、ロシアがユーロビジョン2017の出場を辞退する事を発表しました。(過去記事:ロシア代表 ウクライナへの入国禁止参照)EBUの声明によると、ウクライナ当局がロシア代表の選ばれた歌手Julia Samoylovaの入国禁止を決めたことを受け、EBUはロシアの放送局Channel 1に「衛星中継での出演」か「アーティストの変更」を提案したものの、いずれも [続きを読む]
  • 【ESC2017】エストニア:ベテラン二人組のデュエットバラード
  • ユーロビジョン2017エストニア代表は、Koit Toome & Lauraの「Verona」に決まりました。個人的にはユーロビジョンに欠かせないジャンルだと思っているデュエットバラードですが、今年のデュエットバラードはエストニアを代表するプロデューサーで、Vanira NinjaやUrban Symphonyなどエストニアを代表するアーティストへの楽曲提供も行っているSven Lõhmusが制作しました。彼の楽曲は度々ユーロビジョンのエストニア代表楽曲にも [続きを読む]
  • 【ESC2017】ベルギー:味のあるThe Voice Blanche
  • ユーロビジョン2017ベルギー代表は、Blancheの「City Lights」に決まりました。フラマン語圏(ベルギー北部)とワロン語圏(ベルギー南部)の各放送局が一年交代で代表を選出しているベルギーですが、今年はワロン語圏の放送局RTBFの内部選考で選ばれました。2015年に「ユーロビジョンらしくない」と言われていた楽曲「Rhythm Inside」で見事決勝進出を決めたRTBFらしい選曲センスが今年も光っています。「儚く、気だるさを感じさ [続きを読む]