ジュエル さん プロフィール

  •  
ジュエルさん: フレンチシックな輸入住宅を目指して!
ハンドル名ジュエル さん
ブログタイトルフレンチシックな輸入住宅を目指して!
ブログURLhttps://ameblo.jp/louis517/
サイト紹介文フレンチエレガントなお家が完成!”3mあるダイニングテーブル”でワインパーティをするのが夢です。
自由文エレガントで美しい物、薔薇、わんこ、インテリアが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2013/03/22 00:05

ジュエル さんのブログ記事

  • 輸入住宅  いつからGが出るの?
  • またもやの虫ネタです。苦手な方はスルーしてください。 新築の家にはオバケとGは出ないです。オバケはともかく、Gのやつらは、いったいどこから入ってくるのでしょうか。 引越しや宅配便のダンボール、なにかの入用でスーパーなどからもらってきたダンボールを家の中に保管しておくのはおすすめできません。必要のないダンボールは極力、処分してしまうのがいいでしょう。 あとは、外に置いた植木を室内に入れる時。 意外に [続きを読む]
  • 輸入住宅  吹き抜けとカブトムシの関係
  • ノアデザインインクさんに、フレンチな輸入住宅を建てていただきました。完成して5年目の夏です。 親子でカブトムシのお世話をしています。ついこの間までモクモクした可愛い幼虫だったのが、一匹、また一匹と成虫になって出てくるのは、毎年の楽しみです。 今年は無事に14匹。明け方までガサゴソ・ブンブン動き回っている夜行性なので朝目が覚めると 1匹いない!! などは日常茶飯事(^^;)子供がうっかり蓋を閉め忘れたり、 [続きを読む]
  • フレンチドアに網戸はあるのか その2
  • フレンチドアの網戸を探して、日夜ネットの世界を彷徨いました。 見つかったのは ①カーテンタイプ。窓枠にマジックテープやマグネットを貼りつけ、カーテンのように開け閉めする。お安い通販などでも売られて、玄関ドアにも使えます。 ②雨戸の戸袋のようなものを作って、そこに収納する雨戸のように開け閉めするタイプ ③レールタイプ床に金属のレールを固定し、ジャバラ状態の網戸を開け閉めする普段は網戸は折りたたんで、窓 [続きを読む]
  • フレンチドアに網戸はあるのか?
  • 輸入住宅の謎に壮大な構図で鋭く切り込む! 毎回大好評の企画、輸入住宅ミステリーハンター今回のテーマは 「網戸」 外国の窓に網戸はあるのか。さあ、謎に迫りましょう。 ディズニーランドに蚊はいないそうです。なぜって?そこは夢の国だからです。夢の国だから、蚊はいないのです。いったい何をどうすると、最近熱帯気候になりつつある蒸し暑い海沿いの地域に蚊がいないのか。こちらも謎です。 輸入住宅の、綺麗な格子付きの [続きを読む]
  • 収納ってどのくらい必要?
  • 家を作る時、収納をどのくらい作るか気になりますよね。 若い頃は「収納!」「収納!!」って、いつも思っていました。いざ引越しする時に驚いたのは、 前に引越ししてきた荷物が、手つかずのままタイムカプセルになっていた事 要するに、とりあえず収納に入れたまま、荷ほどきが面倒でそのまま20年忘れていた、と言う事です。収納が多すぎると、 とりあえずしまっちゃおう と、その後忘れるか、どこにしまったかわからなくなって [続きを読む]
  • 輸入住宅雑誌  ただ今発売中♪
  • 輸入住宅の世界では、美しい家を建てるので有名な、ノアデザインインクさん。そのノアデザインさんに、夢を形にしていただいた我家です。 その後の輸入住宅でのセレブな暮らしを四季折々に綴るブログ ・・・・・・・にしたいと(願望) ええ、常日頃思っているのですが。 雑誌に載せていただくくらいに素敵に建てていただいたのですが、ブログでその良さをなかなか表現できません。素敵記事は、是非書店でお手に取ってご覧く [続きを読む]
  • 楽天お買い物マラソン  ついに完走!!
  • ノアデザインインクさんで、フレンチな輸入住宅を建てていただきました。「うちは本物のアメリカの家を建てていますから!(きっぱり)」とスタッフの方が仰っていて、その意気込みとプロ魂に感心しました。 ・・・・、すみません、それなのにフランスの家を無理に建てさせてしまいました・・・・・(^^;) さらに、シャビーすぎるのは嫌だとか、もうちょっとエレガントにだとか、おまけにシックな雰囲気も追加で♪などと、我 [続きを読む]
  • 庭のバラ トゲの無いつるバラ
  • 先日雑誌の取材に来ていただいた時より、ずっとお庭が賑やかになってきました。 我家で一番見事に咲くのは、トゲ無しのつるバラ。毎朝バケツを持って花柄を100輪ほど摘み取りますが、まだまだ咲いてくれます。香りもとっても良くて、もう 薔薇の海にダイビングしたいっ♪ と思ってしまうほど。 ビサンテネール・ドゥ・ギヨー一枝でこんなに咲いてくれます。我家の淡いライムストーンのお色を引き立てて、似合いすぎ♪ 色々お友達 [続きを読む]
  • 消し忘れても安心。タイマー付きキャンドル!?
  • キャンドルが好きです。でも、普通のパラフィンキャンドルは何となく消した時の臭いが苦手です。 今までずっと、フェイロニアン蜜蝋キャンドルを愛用していましたが、工場が閉鎖してしまってもう今ある限りの販売だそうです。1本で200時間以上燃焼できる、巨大なキャンドルです。 その他にもインテリアとして、お部屋にキャンドルを飾っています。 玄関のインテリアには、LEDのフェイクキャンドルを利用しています。 電池式な [続きを読む]
  • 朝から撮影準備
  • お天気にもめぐまれ、早起きして玄関前のお掃除。 リビングは、普段物を置かないようにしているのでお掃除だけで済むのだが、台所の生活感が気になる。庭のバラも咲き始め、取材には一番綺麗な時期でよかった。 見慣れたリビングだが、撮影用に色々小物をセッティングしていくうちに、素敵な空間になってきた。マントルピースの上も、普段はどう置いてよいか分からないので何にも載っていないが、小物の置き方で洋書に出てくるよ [続きを読む]
  • 撮影前日
  • とにかく、お掃除♪台所もまさかの撮影に備えて、シンクも磨く。 お花屋さんに来てもらい、部屋の雰囲気に合わせてその場で活けてもらいました。 いつもお世話になっている、スカーレットブーケさん。今は店舗を持たず、電話で配達をしてくださいます。 うちにあるスモークツリーや、ヒューケラもあしらって、フレンチシックなアレンジにしていただきました。 明日の撮影に向けて早く寝ようとしたが、台所のガスレンジの汚れが気 [続きを読む]
  • 輸入住宅雑誌 撮影までの流れ
  • 平和にのんびり暮していたある日、お世話になっているビルダーさんからの1通のメール。 内覧の依頼かしら?と思ったら、輸入住宅雑誌へ掲載の依頼でした。前回のリクルートさんの取材の時は、 施主支給のシャンデリアが未だに届いていなかった!!! 外溝も間に合うかギリギリだった!!! と言う、胃の痛くなるような、意識が遠のきそうな状況でした。今回は、シャンデリアが付いているのさっ(ドヤ顔)さあ来いっ!!カモン [続きを読む]
  • 実は明日取材で。。。。
  • ノアデザインインクさんで建てた輸入住宅のブログです。 このようなお家ですが・・・・・実は明日雑誌の取材が来ます。前回は、シャンデリアがフランスから届かなくて、急遽撮影のためにノアデザインさんよりお借りしました。 明日取材なので、お掃除してます。 お花は、ご近所の花屋さんに来ていただいて、お部屋の雰囲気に合わせてライブでアレンジを作っていただきました。足りないグリーンは、お庭から調達。ロシアンオリーブ [続きを読む]
  • リアル内覧会の依頼 ノアデザインインクさん
  • 我家は、輸入住宅ファンなら誰でも憧れる、ノアデザインインクさんで建てていただきました。 クイーンアンスタイルの、塔屋框(かまち)の無い吹き抜けの玄関輸入キッチン婦女子の憧れ、輸入住宅ライフを心から楽しんでいます。 住宅展示場のように、○億円かけて建てた広い豪邸ではありませんが、予算内で本当にうまくやりくりしていただいて、自分のこだわりを見事に形にしていただきました。 その、ノアデザインさんから、お [続きを読む]
  • 洋書のようなインテリア 美しい収納の落とし穴
  • 洋書のようなインテリア。有テク展示場のような家。あこがれの輸入住宅にも、気を抜くと「開かずの間」ができていたりします。 シューズクローゼットを片付ける。玄関を片付けるのは、その家の主人の運気が上がるそうです。(やっぱり、片付いていなかったからなのだろうか・・・・・ぼそ) お値段以上の物が売っている素敵なお店で、収納ボックスを大人買い。本当はもっとお洒落なものにしたかったのですが、数を買うとなると出 [続きを読む]
  • ウォークイン・シューズクローゼット
  • 昔、ある男が山奥で迷っていると、一軒の家があった。一晩泊まっていこうと思い、足を踏み入れた。綺麗な女が出迎え、酒やごちそうを用意してくれた。後に女は「ここには3つの戸ががありますが、決して3番目の戸は開けてはいけませんよ」と言い残して外出した。 昔話に良くある開かずの間。輸入住宅にだって、開かずの間はある。さて、お客が決して開けてはいけない戸の向こうは。。。。。 ウォークイン・シューズクローゼット [続きを読む]
  • 玄関フロアのメダリオン
  • 玄関はその家の格式が現れる、大事な場所。お客様の第一印象が決まります。 我家はケチなので、リビングの吹き抜けはやめました。冷暖房の効率にかかわりますし、何より私が寒がりなので、冬に足元が寒いのは我慢できなかったのです。 その代わりに、玄関を吹き抜けにしました。 吹き抜けの高い天井には、フランスから輸入した、木製のシャンデリアです。 あえて、壁紙は使いません。ドライウォールで、やわらかい陰を演出。 メダ [続きを読む]
  • フレンチシックなお部屋の小道具に
  • 我家のペット、鹿ちゃん。名前は、ヤックル。もちろん、背中に乗る事ができます。 フレンチシックなお部屋には、リアルな動物のオブジェが似合います。海外の雑誌などを見ても、正体不明、意味不明の置物が多いですよね。 この鹿ちゃんは、実は イス なのです。体重80キロの人まで使えます。 シャビーな鉢カバーはブランドジュリエさんブランディボワールのラグは、サラグレースさんで購入しました。ざっくりしたリネンのソフ [続きを読む]
  • 雑巾が俺に もっと輝けと囁いている By雅須 蓮司 
  • ガスレンジのような、油汚れのひどい場所のお掃除。結局、舶来物のクロスを長持ちさせたい場合は、使い捨ての雑巾である程度きれいにして、仕上げにクロスで拭くのが一番良さそうだ。 1300円のクロスは残念なほど汚くなってしまったが、キッチンは綺麗になった。次は濃い目の色を買おう。 深谷かおる「夜回り猫」より 水道の金具、人工大理石のトップ、冷蔵庫内、などのお掃除には最高に良い。マクドナルドで使われている [続きを読む]
  • 1枚1300円(税抜き)の雑巾を使ってみる
  • お掃除は嫌いだ。それでも拭かなくてはならない場合が多くある。 つい、通販の耳に優しいキャッチコピーに釣られて、雑巾を購入してしまう。ブランド品を買いあさるより、被害は少ないから良いのだが。 先日思いきって、1枚1300円の舶来品の雑巾を買ってしまった。拭き心地、期待してしまいます!! あら、以外に薄手だわ。画像の見本より白っぽい。白い新品の雑巾は、使うのにためらいます。。。。 さて、使い心地は?! [続きを読む]
  • フランフランの表紙みたいなインテリアに
  • 住んで4年。家具の位置が決まらず、たまに模様替えしています。図面上、脳内3Dで考えていました。実際に目の高さ、その家の動線、素材の質感、空気感でイメージが何か違うと感じます。 輸入住宅であこがれの塔屋。クイーンアンスタイルと言うとわかりやすいでしょうか。その、張り出し部分にソファーを置いてみました。 あら?フランフランの表紙みたいになった??? [続きを読む]
  • 炊飯器の無い生活ってどうよ?  
  • 昨年末、あまりに汚れた炊飯器に我慢できず、水で丸洗いした。 電源が入らなくなった(^^;) 夕飯に、いざスイッチを入れようとした時、その事に気がついた。しかし、主婦暦25年のワタクシ、これも予定通りといった何食わぬ顔で、鍋で炊いた。ところが、ご飯のあまりの美味しさに、家族全員大喜び。なるほど、そういう手もあったか。 土鍋はしっかり乾燥させるために、常に出しっぱなしになる。よし、今夜も圧力鍋で炊こ [続きを読む]