メタモ さん プロフィール

  •  
メタモさん: メタモのボクシング観戦記
ハンドル名メタモ さん
ブログタイトルメタモのボクシング観戦記
ブログURLhttp://box1ng.blog86.fc2.com/
サイト紹介文ボクシング観戦記や動画、ニュース、チケット情報等を公開!
自由文山中、三浦、五十嵐トリプル世界戦!ドネア×リゴンドーも迫る!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/03/22 10:19

メタモ さんのブログ記事

  • 岩佐V2戦 結果
  • IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ王者:岩佐亮佑(セレス) vs. 1位:TJ・ドヘニー(アイルランド)1Rお互い右を差しながら左のタイミングを伺うといった展開終盤にドヘニーは岩佐の左(?)で右の頬をカットしかなり出血、岩佐は右フックも引っ掛け好スタートドヘニーは多少もらってもガンガン距離を詰め左を当てようとするので集中したい4Rあたりから揉み合うシーンが多くなり両者ともに攻めあぐねている印象岩佐は時折良いボデ [続きを読む]
  • 岩佐亮佑V2戦 山中との対談・生中継有り
  • IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ王者:岩佐亮佑(セレス) vs. 1位:TJ・ドヘニー(アイルランド)明日後楽園ホールで行われる岩佐亮佑の2度目の防衛戦。ESPN+で全米にライブ配信されることが決まっているなど、ただの指名戦ではなく世界進出に向けても重要な一戦となる。初防衛戦は下位ランカーを完全にコントロールしたが、今回は指名挑戦者のドヘニー。左を思い切り打ち込んでくるタイプの選手で、19戦全勝(14KO)の数字が [続きを読む]
  • ハードディスクが…
  • ようやくゆっくり時間が取れるので2週間遅れで伊藤の試合など溜まった録画を見ようとしたらハードディスクがニュースやワイドショーだらけ…「ボクシング」でキーワード予約している人は同じ様な感じになっているかもしれません。ボクシング界において自分でカリスマって言う奴に…wちょっと前に整理していたから良かったですが、危うく容量が足りなくなるところでしたわ。。 [続きを読む]
  • WBSS組み合わせ決定!井上尚弥の相手は…
  • 井上尚弥 1回戦は元WBAスーパー王者パヤノと対戦 WBSS組み合わせ決定 https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/07/21/kiji/20180721s00021000132000c.html今秋開幕予定の「ワールド・ボクシング・スーパーシリーズ(WBSS)」バンタム級トーナメントの組み合わせ抽選会が20日(日本時間21日)、ロシアのモスクワで行われ、WBA王者・井上尚弥(25=大橋)の1回戦の対戦相手は元WBAスーパー王者フア [続きを読む]
  • 井岡一翔が現役復帰
  • 井岡一翔が米国で現役復帰 9・8「Superfly3」参戦 4階級制覇目指す https://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/07/20/kiji/20180720s00021000213000c.html ボクシングの元3階級制覇王者・井岡一翔(29)が20日、東京都内で会見し、現役復帰を発表した。復帰戦として9月8日、ロサンゼルスでのSuperfly3に参戦する。また、SANKYO所属となることも発表した。 昨年の大晦日に引退を表明した元 [続きを読む]
  • パッキャオ1年ぶりの再起戦 結果
  • WBA世界ウェルター級タイトルマッチ王者:ルーカス・マティセ(アルゼンチン) vs. 6階級制覇王者:マニー・パッキャオ(フィリピン)1Rからパッキャオは丁寧かつ積極的にジャブからストレートと打ち込んでいくマティセの入り際に右フックやいきなりの左も効果的マティセは右のフック気味のパンチは重たそうだが後手気味で前半は苦労しそうな立ち上がり3R開始早々パッキャオの左アッパーでマティセダウンマティセは立ち上がりダメージ [続きを読む]
  • 井上尚弥&拳四朗ダブル世界タイトルマッチ 結果
  • WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ王者:拳四朗(BMB) vs. 前王者:ガニガン・ロペス(メキシコ)静かなスタートだが拳四朗はロペスの踏み込んでの左ボディを脚で交わしてよく見えている。2R拳四朗が徐々に右を出してくる。ロペスは振り回すも拳四朗はよく見えているので危なげはない2R1分過ぎペースを握り始めた拳四朗の踏み込んで右ボディストレートがグサリロペスは苦悶の表情を浮かべへたり込みそのままカウントアウトで拳四朗 [続きを読む]
  • WBA&IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ 結果
  • WBA&IBF世界ライトフライ級タイトルマッチ王者:田口良一(ワタナベ) vs. 元ミニマム級王者:ヘッキー・ブドラー(南アフリカ)1Rブトラーが思ったよりも出てくる田口は様子見だがちょっと硬いか田口も徐々に接近戦でボディを増やし応戦、ブドラーはかなり手数が旺盛でサイドの動きなど運動量が多い田口は3Rに鼻血を出すなど序盤はペースを奪われてしまった。テンポの早いボクシングに後手になってしまっている。4Rブドラーの右ボデ [続きを読む]
  • ボクシングの日
  • 本日5月19日は、故・白井義男氏が日本で初めての世界チャンピオンになった日という事で、2010年からボクシングの日と定められている日です。以前は後楽園ホールでイベントなど行われていましたね。2014年には八重樫東×井上尚弥のスパーや世界王者のミット打ち、トークショー、チャリティーオークションなど現役チャンピオン31人来場で盛り上がりました。明日世界戦も行われますし公開計量なんかやったら面白かったと思います。#田 [続きを読む]
  • リナレス×ロマチェンコ 結果
  • WBA世界ライト級タイトルマッチ王者:ホルヘ・リナレス(帝拳) vs. 2階級制覇王者:ワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)ロマチェンコがプレッシャーをかけるがリナレスも上下打ち分けに打ち終わりの右様子見でありながら息詰まる立ち上がり2Rロマチェンコの動きが躍動するがリナレスも外してのアッパーなどボディを狙うリナレスはロマチェンコの動きに対応はしているけど後手な分ポイントは取られるか小さい差が重なってペースがロマ [続きを読む]
  • リナレス×ロマチェンコ オッズ
  • いよいよ明日行われるWBA世界ライト級タイトルマッチホルヘ・リナレスとワシル・ロマチェンコの一戦先程計量が行われ、共に134.6ポンドでクリアしあとは明日のゴングを待つだけとなっています。リナレス ロマチェンコ戦での棄権はない!「自分は他の対戦相手とは違う」 「ノーマスはしない」こんな記事が出てしまうほど最近のロマチェンコの強さは凄まじく、1試合持つだけで称賛されてしまいそうな勢いだ。ブックメーカーのオッズ [続きを読む]
  • あしたのジョー展
  • ゴールデンウィークも後半ですが、予定が無いという方は「あしたのジョー展」に行ってみてはいかがでしょう。ボクシング漫画の名作である「あしたのジョー」は連載開始から50周年で、それを記念した展覧会が東京ソラマチの5Fスペース634で5月6日まで開催中です。ジョーVS力石戦など高森朝雄・ちばてつや両氏がピックアップした名場面やカラー原画がコメント付きで展示されていたり、アニメの現存する生原稿などが多数展示されてい [続きを読む]
  • 尾川ドーピングで王座剥奪
  • 尾川 ドーピング違反で資格停止6カ月 世界王座獲得認められずhttp://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/04/20/kiji/20180420s00003000017000c.html米ネバダ州コミッションは18日、昨年12月に同州ラスベガスでボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦に判定勝ちしながら試合前検査でのドーピング違反が判明した尾川堅一(30=帝拳)に、6カ月の資格停止処分を科した。帝拳ジムが19日、発表した。試合は [続きを読む]
  • 村田&比嘉W世界戦
  • WBC世界フライ級タイトルマッチ前王者:比嘉大吾(白井・具志堅S) vs. 2位:クリストファー・ロサレス(ニカラグア)前日計量をクリアできずに王座剥奪となった比嘉は当日の計量とドクターチェックはクリアし試合は行われることに。入場、リング上における陣営の雰囲気も暗く、心身共に試合前から重荷を背負った比嘉。試合序盤からロサレスの長身から繰り出されるジャブが有効で、手数も多く比嘉は後手に回る。戦前の予想に反して [続きを読む]
  • 村田諒太×峰竜太
  • 明日WBAミドル級王座の初防衛戦に挑むWBAミドル級王者の村田諒太とSGレーサーの峰竜太の対談が公開されていますので、まだ見たことのない方は明日の防衛戦に向け読んでみてはいかがでしょうか。村田諒太×峰竜太 対談 折れない心と誇り- Road to Winどこまで本気かわからないが今年の冬にはゴロフキンと東京ドームで試合という話も出ている村田。まずは明日の試合をきっちりクリアして欲しい。#マカオなど海外に行ったりでようや [続きを読む]
  • 井上尚弥世界最速3階級制覇へ!
  • 井上尚弥 5・25WBAバンタム級王者と激突!世界最速3階級制覇に自信http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/03/06/kiji/20180306s00021000131000c.htmlボクシングの大橋ジムは6日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、2階級制覇王者の井上尚弥(24=大橋)が5月25日、東京・大田区総合体育館でWBA世界バンタム級王者のジェイミー・マクドネル(31=英国)に挑戦すると発表した。2階級制覇王者 [続きを読む]
  • プロフェッショナル 仕事の流儀「山中慎介」
  • 引退を表明した元WBC世界バンタム級王者の山中慎介に密着したプロフェッショナルが本日NHKで22時25分から放送されます。昨年8月にも山中慎介の回がありましたが、岩佐亮佑との試合の時のことなど非常に濃い内容の放送でした。今回は1日の試合に向けた道程の密着のようで見るのがツライかもしれないですが、あの試合に向けて山中がどのような準備をしてきたのかを見たいですね。再戦へ 秘めた決意プロボクサー・山中慎介昨年8月、 [続きを読む]
  • W世界戦&粟生
  • ノンタイトル8回戦粟生隆寛(帝拳) vs. ガマリエル・ディアス(メキシコ)2年10ヵ月ぶりのリングとなった粟生1R早々にディアスの左フックを喰い若干ふらつくなどブランクを感じさせるスタート試合を進めるに連れ徐々に硬さも取れていき3R終了間際にはワンツーでダウンを奪う。ディアスはダウンをしても前進を止めず粟生も打撃戦を選択する。粟生も良いパンチを当てるシーンはあるがディアスのパンチをチョコチョコ軽くだがもらい完 [続きを読む]
  • 山中慎介リマッチは変則タイトルマッチ
  • WBC世界バンタム級タイトルマッチ前王者:ルイス・ネリ(メキシコ) vs. 元王者:山中慎介(帝拳)昨年13度目の防衛戦でタイトルを奪われた山中慎介のリマッチ。前回の試合後のドーピング疑惑(牛一頭分?の禁止薬物)に加えて今回はネリの体重超過で王座剥奪。山中が勝った場合のみタイトル獲得となる変則タイトルマッチだが、確信犯的な体重超過でありこれは勝敗云々ではなくなってしまったような気がする。山中のメンタル面が心配だが [続きを読む]
  • 松本亮世界初挑戦
  • WBA世界スーパーバンタム級タイトルマッチ王者:ダニエル・ローマン(アメリカ) vs. 同級11位:松本亮(大橋)本日、後楽園ホールで世界初挑戦に挑む大橋ジムの松本亮身長で約11センチ、リーチで約2センチ上回る松本だが、ローマンにとってはそれほど気にはならないのかもしれないタイトルを奪った久保隼も長身でリーチも長い選手だったが、プレッシャーをどんどん強めて何もさせずにKOしている。ただ久保よりも松本の方がパワーは上 [続きを読む]
  • 山中×ネリ番宣番組 & 岩佐・粟生の放送
  • 前売りチケットも完売で当日券の販売もなしと満員間違い無しの3月1日山中慎介のリマッチ番宣番組が25日 05:05〜26日 03:55〜に5分番組で放送されます。また、テレビ観戦の方は3月1日山中慎介の試合は地上波の日テレで19:56〜ですが、BS日テレの方でダブル世界戦の岩佐亮佑の初防衛戦、粟生隆寛の復帰戦が18:00〜19:55に放送されます。テレビ観戦の方はもちろんですが、会場に行くという方も録画予約漏れがないように気をつけてく [続きを読む]
  • 粟生隆寛がリングに帰ってくる!
  • 元WBC世界スーパーフェザー級・フェザー級の2階級制覇王者の粟生隆寛の復帰戦が決定!所属する帝拳ジムのHP上で粟生の再起戦が山中慎介と岩佐亮佑のW世界戦のアンダーで決まったことが発表されました。対戦相手はWBC世界スーパーフェザー級王者のガマリエル・ディアスで、ディアスは2012年10月に粟生からWBC世界スーパーフェザー級タイトルを奪った元WBC世界スーパーフェザー級王者です。三浦隆司に初防衛戦でタイトルを奪われた後 [続きを読む]
  • 比嘉大吾×フエンテス
  • WBC世界フライ級タイトルマッチ比嘉大吾(白井具志堅) vs. モイセス・フエンテス(メキシコ)15連続KOの記録がかかった比嘉の防衛戦は37年ぶりの沖縄での一戦となった。1Rスタートから比嘉もフエンテスも積極的に出てきた。フエンテスは比嘉の打ち終わりに右を被せて来て一発当たってしまったが比嘉は冷静。1分半過ぎに右のクロスでフエンテスがグラつき比嘉が詰めに行くが時には引いて冷静さも保てていた。2分過ぎに左ボディフックか [続きを読む]
  • 山中慎介リマッチのチケット発売開始は明日
  • 前WBC世界バンタム級王者の山中慎介と、IBF世界スーパーバンタム級王者の岩佐亮佑が登場するダブル世界戦「ワールドプレミアムボクシング 27」のチケット発売が明日開始となります。毎回山中慎介のチケットはなかなか取るのが難しいことで有名ですので、希望の券種がある方や絶対に観に行きたいという方は早めにチケット購入した方がいいでしょう。2018/3/1(木)16:30 開演(15:30 開場)両国国技館WBC世界バンタム級タイトルマッチル [続きを読む]
  • 村田諒太の初防衛戦はブランダムラ
  • 村田諒太、4・15初防衛戦!敵は“ハングリーさ”「勝たないと先はない」 http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2018/01/22/kiji/20180122s00021000149000c.htmlボクシングの帝拳ジムは22日、東京・九段のホテルグランドパレスで会見を開き、WBA世界ミドル級王者・村田諒太(32=帝拳)が4月15日、横浜アリーナで同級10位(WBC、IBF同級7位)のエマヌエーレ・ブランダムラ(38=イタリア)を相手に初防衛 [続きを読む]