RISENBITE さん プロフィール

  •  
RISENBITEさん: 最新ルアー学
ハンドル名RISENBITE さん
ブログタイトル最新ルアー学
ブログURLhttp://risenbite.blogspot.jp/
サイト紹介文ルアーとルアーフィッシングの最新情報満載のブログです✩
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2013/03/24 21:05

RISENBITE さんのブログ記事

  • 玉網(タモ、ランディングネット)を自作する方法【100均】
  • 鯉のルアー釣りが密かな人気を高めている昨今、「鯉釣りをしたくても鯉をすくえるような大きなランディングネットなんて無いよ」「そんな大きなタモは高くて買えない」と嘆いている方も多いはず。そんな方たちのために、YOUTUBEのライゼンバイト公式チャンネルでは、「100均で買えるものを使って玉網(タモ、ランディングネット)を自作する方法」を公開しました。本稿では、同動画に触れつつ、動画内で紹介した玉網の自作方法に関 [続きを読む]
  • ルアーで鯉を釣るための公式入門講座動画が公開!
  • YOUTUBEのライゼンバイト公式チャンネルで、ルアーで鯉を釣るためのビギナー向け入門講座を公開されました。ひそかな人気を呼びつつある、鯉のルアー釣り。動画内では、そのルアーを使った鯉釣りに必要なタックルの説明から、鯉釣りに適した釣り場や天候・時間帯に関したトーク、さらには実際の釣りを通したハウトゥーまでを紹介しています。単純なハウトゥー映像だけでなく、爆釣っぷりをお見せできているので、是非一度ご覧くだ [続きを読む]
  • 鯉用ルアー「リメット」が大ヒット、連日注文殺到中。
  • ライゼンバイトが開発した鯉釣り専用ルアー「リメット」が今、売れに売れてます。鯉用ルアー「リメット」に注文殺到どこかの情報誌かブログか、はたまたYOUTUBEなどでご紹介頂いたのか、とにかく連日注文が殺到中。一度に10個以上買われるお客様が何人も出てきており、「鯉のルアー釣り」への注目度が確実に高まっている事が日々感じられます。元々発売後、着実に加速してきていたリメットの売り上げですが、ここにきて飛躍 [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|鯉をリアクションバイトさせる方法
  • 他のゲームフィッシュ相手では、とても重要なテクニックでもあるリアクションバイトの誘発。ここでは、鯉のリアクションバイトについて触れよう。 鯉とリアクションバイトは無縁ではない 鯉は臆病な性格もあって、他のゲームフィッシュに見られるようなリアクションバイト(反射食い)など起こすようには思えないかもしれない。そもそもリアクションバイトとは、強い狩猟本能によるものだと考えられており、鯉の性質的に [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|フッキングのコツ
  • 鯉を釣ろうと思うと、口の形状や向きなどの関係で、フッキングにコツを必要とする場合がある。ここでは、そんな鯉釣りでのフッキングについて触れてみよう。 ロッドによる即アワセはフッキングミスが多発する可能性大 鯉釣りに使うルアーは軽量である事が多く、ロッドで強くアワセてもたるんだラインが張られる力でルアーが引っぱられ、鯉の口から抜けてしまい、すっぽ抜けによるフッキングミスが発生しやすい。 [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|ファイティングやランディングのコツ
  • 鯉釣りのファイティングは、強烈な引きで非常にエキサイティングなもの。ただ、その一方で近くに障害物があると、ファイト中の魚は障害物の中に潜ろうとする傾向があるので、ファイティングのテクニックを要求される場合もある。そんな鯉釣りでのファイティングとランディングまでコツを紹介しよう。 鯉とのファイティングには本格的なポンピングが必要 まず、鯉とのファイティングには本格的なポンピングな必要になっ [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|状態別に見る鯉の釣り方
  • ルアーによる鯉釣りでは、鯉の状態によってルアーへの反応の良さ(=釣りやすさ)やア、取るべきアプローチの方法が異なってくる。ここでは、それら状態別の鯉の釣り方やアプローチの仕方に触れてみよう。なお、以下に出てくる『チャンス度』とは、ルアーへの良い反応が期待できる度合いを5段階評価で表したものなので、参考にしてみて欲しい。 鯉が水底をついばんでいる時(マディング時):チャンス度★★★★☆ 鯉 [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|”釣れる”おすすめのキャスト方法
  • ルアーでの鯉釣りは、警戒心が強い鯉をサイトフィッシングで釣るというスタイルから、キャスティングには少しテクニックやコツが必要。テクニックやコツと言っても難しいものではないので、覚えて自分の釣りに活かしてみよう。 まず一投必中が理想 バスフィッシングなど他のルアーフィッシングでは、キャスティングを繰り返して手数で魚を見つけ出す傾向がある。しかし鯉を狙う場合は一投必中が理想的だ。 とい [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|鯉に近づく際の注意点とコツ
  • ルアーでの鯉釣りは、サイトフィッシングが前提。しかも鯉は非常に警戒心が強い。不用意に近づけば十中八九逃げられる事になるだろう。ここでは、鯉に接近する際に気を付けるべき事や、そのコツを伝授しよう。 近づきすぎない 鯉をサイトフィッシングで釣る際は、こちらから魚を視認できて、なおかつ鯉に見つからないギリギリの距離や姿勢を保つのが基本。あくまで近づきすぎないようにしよう。 足音や物音に気をつ [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|フィールド別ポイントの選び&おすすめのポイント
  • ルアーによる鯉釣りではサイトフィッシングが基本となるので、まず魚を見つけないと話にならない。ここではフィールド別に鯉が比較的多く見られるオススメのポイントなどを紹介しよう。ルアーによる鯉釣りではサイトフィッシングが基本となるので、まず魚を見つけないと話にならない。ここではフィールド別に鯉が比較的多く見られるオススメのポイントなどを紹介しよう。 湖の場合【おすすめのポイント】ボトムが見えるような浅い [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|季節別に見る鯉の行動
  • 次は季節別に鯉の行動を見てみよう。鯉は季節によって居場所や行動が大きく異なる事があるので、ここでしっかり覚えて攻略していこう。目次春夏秋冬 春 春になり、産卵期を迎えると鯉はシャローに集まる。オスとメスがバシャバシャと賑やかに交尾を行ったりするので、見た目には鯉の魚影が濃く見える季節ではあるが、『スポーン状態の鯉は絶対に釣れない』というのはフライフィッシャーの間でも有名な話。 春は [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|天候別に見る鯉の行動
  • バスフィッシングなど他のルアーフィッシングと同様、鯉をルアーで狙う場合においても天候は重要な条件となってくる。ここでは、鯉の行動を天候別に見ながら対処法などをご紹介しよう。目次晴れ曇り雨風雪 晴れ 春・秋・冬の間は、晴れの日は好条件と言える。特に冬は、日光浴などによって体温が温まらないと鯉たちは活発にならないので、冬の間は晴れている日を選びたいところ。 逆に夏の日中は、日光が強くな [続きを読む]
  • 鯉の特性│本能的に仲間の後を追う鯉の習性(同種間追尾性)
  • 鯉を釣る上で知っておくべき知識の一つ、それが鯉が持つ同種間における本能的な追尾性だ。これがなかなかの厄介さで、釣り人を困らせてくれる。釣果をあげるためにもぜひ覚えておこう。 近くを通った仲間の後を本能的に追う習性 鯉は近くを通る仲間の後を本能的に追う習性を持っている。 ここでは仮に同種間追尾性と呼ぶが、鯉はこの習性が非常に強い。魚が逃げる時に近くの仲間の後を追って逃げる事は普通に見られる事 [続きを読む]
  • 鯉の特性│地域差や個体差が激しい鯉の性格とルアーへの反応
  • 実際に鯉を釣りに行く前に、これだけは知っておくべきという事がいくつかある。それが鯉特有とも言える彼らの性質だ。これを知っているのと、いないのとでは、釣果に雲泥の差が出る事は間違いない。ここでは、そんな鯉特有の性質の一つ、「地域性による違いや個体差」について触れてみたいと思う。 驚くほど異なる地域性や個体差 他の記事でも何度か触れてきた通り、鯉は地域や個体によって好む餌の傾向や性格などに著 [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り│釣果を良くする服装と悪くする服装
  • 警戒心が高い鯉を狙うとなると、様々なことに気をつけないといけない。その一つが服装だ。ここでは、そんな”ルアーでの鯉釣り”で気をつけるべき服装について触れてみよう。 鯉釣りでは服装にも要注意 ルアーによる鯉釣りでは、服装が釣果を大きく左右する可能性がある。 というのも、鯉は極めて警戒心の強い魚であるため、サイトフィッシングをする際、魚を警戒させるような服装をしていると、近づく時に逃げ [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|あると便利な道具たち
  • 鯉釣りに必要なタックルシステムや、鯉釣りにおすすめなルアーなどには既に触れてきたが、ここでは鯉を釣るにあたって、持っておくと便利なものや、おおよそ必須と呼べる道具について触れてみよう。 偏光サングラス ルアーでの鯉釣りはサイトフィッシングが基本。釣りをする時間の長さに関係なく、サイトフィッシングのみでの釣りとなると、どうしても『水面の乱反射で魚が見えず、狙う事ができない』とい [続きを読む]
  • 鯉釣りにオススメのルアー&ルアー選びの注意点
  • 鯉をルアーで釣ろうとした場合、最も重要なのは”どんなルアーを使うか”だ。なぜなら、鯉が反応するルアーは極めて限られているからである。ここでは鯉が釣れる数少ないルアーを紹介しよう。 『リメット』 ライゼンバイトが開発した世界初の鯉専用ルアー。形状から、着水音、フォールスピード、水中姿勢、フッキング性能に至るまで、徹底して鯉専用に設計されているのが特徴。 ラバージグなどの釣りと [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|必要なロッド、リール、ライン
  • 強烈な引きでも知られる、川の王者の異名を持つ鯉をターゲットにしたカープフィッシング。ルアーによる鯉釣りでも、さぞかし大がかりなタックルが必要なのだろうと思われるかもしれないが、実はまったくそんな事はない。ここでは、そんなルアーによる鯉釣りに必要なタックルシステムについて詳しく触れてみよう。 目次 1.基本のタックルシステム 2.最適なロッド 3.最適なリール 4.最適なラ [続きを読む]
  • ルアーで鯉釣り|鯉釣りの魅力とメリット
  • 本稿では、ルアーを使った鯉釣りの魅力とメリットについて触れてみよう。鯉を狙ったルアーフィッシングは、単純に釣りとして面白いだけでなく、ルアーアングラーにとってもメリットのある釣りなので、本稿を読んで少しでも良さに気づいて頂ければ幸いだ。 <その1>日本全国どこにでもいるから釣り場に困らない 鯉は日本全国、至るところにいる。広大な川や湖だけでなく、野池や街中の小さな水路まで広く生息しており [続きを読む]
  • 【誤認注意】コイとニゴイの違い
  • これから鯉を狙った釣りを始めるというアングラーの方に、先ずしっかりと覚えておいて欲しいのが鯉とニゴイの違い。なぜなら、釣り人による鯉とニゴイを混同した誤情報が非常に多いからだ。誤ったターゲットを狙ってしまわないよう、そして、「鯉を釣った」と言ってニゴイの写真を見せてカッコ悪いことにならないよう、鯉とニゴイの違いをしっかりと理解し、見分けられるようになっておこう。 鯉とニゴイの違い [続きを読む]
  • 鯉(コイ)|釣魚としての基礎知識
  • 密かに人気が高まりつつあるルアーでの鯉釣り。自分も始めてみようかと思っている方もいるはず。魚を釣るためには、まず対象となる魚の事を知る事も大切なので、釣魚としての鯉の基本的な知識を知ってみよう。目次 1.名前 2.種としての分類 3.釣れる季節 4.分布 5.食性 6.性格 7.鯉の視覚 8.鯉の嗅覚 9.鯉の聴覚 名前 和名:コイ、または漢字で鯉と表される。英名はCarp (カー [続きを読む]
  • 冬のバス釣りで絶対に使いたいオススメ釣りテクニック
  • 本格的に寒さが強まってきた近頃、そろそろ本気で真冬の釣りを意識した攻め方をしないと、釣果をあげるのは厳しくなってくる。そこで本稿では、冬のバス釣りに使える超オススメ釣りテクニックをサクッとお届け。ぜひ活用して、厳しい冬のバス釣りで少しでも良い思いをして欲しい。 冬の必釣テク「ロングシェイク&バンプ」 本稿で紹介したい釣りテクニックは、ワームの釣りで使うテクニックの一つ、ロングシェイク&バ [続きを読む]
  • ロッドの感度を活かす握り方・殺す握り方
  • アングラーであれば、より感度の良いロッドが欲しいと思うのは当然かと思う。しかし、どんなに感度が優れるロッドを買ったとしても、握り方が悪いとロッドの感度が活かしきれなくなる事をご存知だろうか。今回の最新ルアー学では、そんなロッドの感度とロッドの握り方について触れてみよう。 1.あなたの握力がロッドの感度を殺す ロッドを伝わる魚のアタリとは、一種の振動である。という事は、強く握り過ぎてしまうと [続きを読む]
  • 魚がルアーにスレる3大要因と注意点
  • ルアーで釣りをしていると決して避けられない"魚がルアーに対してスレる現象"。しかし実は、この「魚がルアーにスレる現象」というものを深く理解している人は意外と多くない。今この記事を読んでいる人の中にも、魚のスレを漠然と捉えている方もいるはずだ。だが、この「スレる」という現象をしっかりと理解することは、実は釣果アップにも影響する事だったりする。今回の最新ルアー学では、そんな魚のスレについて掘り下げてみよ [続きを読む]