あわぞう さん プロフィール

  •  
あわぞうさん: うっかりユーザーのパソコン奮闘記
ハンドル名あわぞう さん
ブログタイトルうっかりユーザーのパソコン奮闘記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/awazoh
サイト紹介文パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/22 20:20

あわぞう さんのブログ記事

  • こんなことも:12 マニュアル:2
  • 世の中には、知っていてどうするというようなことを知りたがる人がいます。旅客機操縦マニュアルという、熟知趣味向けの本もあります。パソコンのソフトにも、マニュアルをたびたび見なければうまく使えないものがあります。熟知趣味の人が、アプリを作るとそうなるのでしょうか。勘で使えない人が多い場合、それはダメシステムだと思うのですが。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:11 マニュアル
  • パソコンの構造は、そのメーカーでなければ型別にはっきりした説明はできません。何がどこに入っているのか、部品の位置を知りたいときには、メーカーのハードウエアマニュアルを Web で型名を指定して検索すれば見ることができます。これには裏技も何もないので、識者の話に頼る必要はありません。Web にハードウエアマニュアルを載せてないメーカーは、頼りにできないということでしょう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:9 オヤ?
  • だいぶ前に教えてもらった Youtube の見方で、いきなり全画面という方法がありました。URLから " watch?v=" という表記を消しておくとすぐ全画面になるというものでした。そのときに試してどうだったのか、記憶がありませんが、いまやってみると、結果はオヤ?さてどういうことなのでしょうか。どなたか教えてください、よろしくお願いします。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:8 異国語
  • 外国人と話すとき、顔つきや手まねで通じなければ翻訳ソフトという手もあるようです。音声翻訳ソフトただし誤訳誤解が起きているかどうかは、感覚に頼るしかないでしょう。出会った人が善人である確率は、国によって違います。ガイドの仕事の優劣は、だまして利を得ることの成否と、正の相関というひどい国もあります。騙されないような用心もしっかりと。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:7 忘れたキー
  • アプリをインストールして使い慣れてしまえば、はじめの手続きのことにはもう用がなくなります。用のないことを忘れずにいるには、"控え"という手段があっても、仕事上で事務処理手続きに全く縁がなかった人は、控えを取ることさえ思いつかないかもしれません。CDのパッケージやカードでも、3年も経てばゴミ扱いにもなり得ます。しかし、入力に面倒だったあの桁の多いプロダクトキーやシリアルナンバーは、パソコンの引っ越しや [続きを読む]
  • こんなことも:6 乾燥期
  • Sさんのフェイスブックに、こんな記事を見かけました。「今日は朝からプリンターのインクの出が悪いのか、印刷が霞む、苦戦。ようやく 原因を発見、空気が乾燥するのか、インクのヘッドも乾燥してましたー対処方法、濡れティッシュを30分ヘッドに充てて置いたら直りましたープリンターも乾燥に弱いんですねー」そう、ドライヤーと逆のことをすればよかったのですー。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:5 PCとOS
  • 古いPCと新しいOSの関係について考えてみました。OSの起動は、新しいバージョンにすれば速くなるものと、誰もが常識のように信じているでしょう。確かに、同じPCでOSを新しくすれば、そのときは速くなります。ところが、OS入れ替えのときから、環境はどんどん変わっていきます。最初に実験したときの環境を、維持し続けることはできません。いちばん大きな変化は「更新プログラムのインストール」で、これによってPCの負荷はガクガ [続きを読む]
  • こんなことも:4 店選び
  • はんこ屋さんと本屋さん、いま、どちらが多いでしょうか。ふとこんなことを思いついて、「はんこ屋 本屋 どちらが多い」で検索したら、はんこ屋さんのサイトがずらっと並びました。その中に「印鑑を購入する際のお店の選び方」というのがあったので、それではと「本を購入する際のお店の選び方」で検索した結果には、本屋さんは顔を出してきません。はんこ屋さんと並んで出てきたのは、なんと服屋さんです。家の近くの本屋さんも [続きを読む]
  • こんなことも:3 たためる画面
  • 大きな表は、画面の現れる部分を拡大すると読みやすくなりますが、シートの端の項目の列や行が見えなくなります。そんなときには、画面を分割して、離れた見たいところを同時に見られるようにすると、たいそう便利です。「表示」-「分割」 この手を使えばそれができます。あれ? それは「ウィンドウ枠の固定」じゃないの、見たいところを見るのと、見なくてもよいところを隠すのと、どう違うのかなあ。にほんブログ村 [続きを読む]
  • こんなことも:2 Googleマップ-2
  • Googleマップでは、近くにありながら知る機会のなかったところを見つけることができます。駅から散歩にちょうど好さそうな距離を決めて円を描き、その範囲で探してみるのも一興です。その場所が公的施設で、別段新しいところでなくても、自分にとっては"発見"の気分が味わえます。去年の秋に、こんなところを見つけました。「吊り雛のある家」市立万代会館 という名です。いつも乗っている電車の近くの駅のすぐ近くにありました。 [続きを読む]
  • こんなことも:1 Googleマップ
  • 地図は見るもの、それだけと思っていれば、それだけで終わります。Googleマップのいろいろな利用法を探ったり考えたりしてみるのも、脳のもみほぐしによいかもしれません。ヒントをお望みなら、こちらをどうぞ。 Googleマップの基本操作から、路線検索など各機能の使い方までを解説にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何かのときに:31 大紙面
  • 大きな紙面に引き伸ばして印刷したい、プリンターはA4までしか使えない、それでも自分で何とかしたい、そんなときに面倒なページ割りをやってくれるソフトがあります。ズバリ巨大プリント PLUSもちろん貼り合わせはしなければなりませんが、継ぎ目の位置やのりしろもちゃんと計算してやってくれます。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何かのときに:29 タテヨコ比
  • 画像のタテヨコ比を変えたいとき、画像編集用ソフトを操作して行うのが正道でしょう。しかし、正道には得てして回りくどさが付きまとうもので、変形の状態を見ながらこのくらいでと見当をつけられるいちばんのお手軽ソフトは Word でした。画像を挿入しておいて 、編集対象になったら [Shift]+ドラッグ、至極簡単です。その後どうするか、また画像データにする方法はどうぞご自由に。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何かのときに:28 スマートスピーカー
  • 生きもののペットでもなく、人間以外の話し相手になってくれるスマートスピーカーというものがはやりだしたようです。話しかければ、時の報らせ、天気のこと、できごとのニュース、楽しみたい音楽を聞かせてくれます。家電などの簡単操作もやってもらえるとなれば、くたくたに疲れて体は言うことをきかないがおしゃべりならできるというときにもたいそう便利です。ところが、あまりにも気が利きすぎて、困ったこともしでかしてくれ [続きを読む]
  • 何かのときに:27 アイコン画像
  • 前にも書いたような気がしますが、デスクトップにすぐ開きたいファイルのショートカット・アイコンを置くと便利なので、好みの画像をアイコンに仕立てて、目につきやすいところに配置してあります。別のアイコンを追加する場合、ビットマップで作った小型画像を .ico という拡張子で保存すれば使えるようになります。その場合保存場所をどこにするかが悩ましいところです。何が悩ましいかというと、前に決めておいた場所がどこだっ [続きを読む]
  • 何かのときに:26 グラフ
  • グラフづくりはパソコンの得意技の一つです。数表をつくれば、さまざまな形のグラフが一瞬で作れます。グラフには、見るグラフと見せるグラフがあって、目的に沿った作り方をしなければ、役に立ちません。そうでなければ、グラフ化してみたというだけになります。テンプレート頼みのグラフづくりでは、見てどうすることも、見せてどうなることもなく終わってしまいます。この"どうする"、"どうなる"を論議の話題にしなければ、会議 [続きを読む]
  • 何かのときに:25 謹賀新年
  • みなさま 明けましておめでとうございます。初日の出は雲の中でした。これは2年前の写真です。隠れている太陽は、このときと同じです。本当に同じでしょうか、いいえ違います。いつまでも同じように、元旦には初日の出を拝めると思うのは暢気過ぎます。どこが暢気か"過ぎ"なのか、今年は何かが変わりそうなのです。今年は、過ぎてゆく時間を、とにかくだいじにしたいと思います。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何かのときに:24 マニュアル
  • マニュアルには、それぞれ性格を持った型があります。1.先にまず読んでおいたほうがよいもの2.さあどうしようというときに読めばよいもの全体が2.の型に作られていて、1.の型の部分を1枚の紙の裏表ぐらいにまとめたものもあります。1.さえも目もくれずに、すぐに実践に入るカンのよい人もいます。読み方と使い方、読みやすさと役立つ度合いも、またそれぞれですが、どんな人にも合う万能マニュアルというものはなさそう [続きを読む]
  • 何かのときに:23 見せる力
  • フォントには、画面向きのものと印刷向きのものがあるのではないかと一昨日書きましたが、印刷向きのフォントが美しく心地よく見えるには、紙の力も大いに手伝うものと思います。紙に印刷されたものには、ディスプレイ用のデバイス上では気付きにくい何かがあるのです。印刷された絵画は、またさらに、実物の絵画には太刀打ちできません。地球の裏側に近いところからやってきて、さあ見てくれという絵画には、印刷ものにはない何か [続きを読む]
  • 何かのときに:21 フォント
  • フォントには、画面向きのものと印刷向きのものがあるのではないかと、ふと思いました。画面はそのときだけ、見安さ優先でよいのですが、印刷では、紙面から美しさ、優しさ、ときには激しさなど、さまざまな情感を見る人に与え続ける何かの力が必要です。こんなサイトもありました。フォントオタクなデザイナーが本気で選んだ「美しいフォント」20選【フリー&有償】にほんブログ村 [続きを読む]
  • 何かのときに:20 連動
  • Twitter と facebook は、別々のSNSで、性格が多少違います。その両方に同じことを載せたい場合には、それぞれに投稿すればよいのですが、繰り返しが面倒となれば、自動投稿という手もあるようです。こんなご案内サイトがありました。Twitterのつぶやきをfacebookへ連動するにほんブログ村 [続きを読む]