あわぞう さん プロフィール

  •  
あわぞうさん: うっかりユーザーのパソコン奮闘記
ハンドル名あわぞう さん
ブログタイトルうっかりユーザーのパソコン奮闘記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/awazoh
サイト紹介文パソコンを使っていて感じたあんなこと、こんなこと、気ままに書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供367回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/03/22 20:20

あわぞう さんのブログ記事

  • そうだったのか:26 Web サイトをつくるには
  • 技術系の勉強をした人でなければ Web サイトをつくることはできないのか、そんなことはありません。どういう勉強が必要か、ご案内のサイトがあります。「非エンジニアがWebプログラミングで勉強すべき10のこと」10のことの中身は、およそこんなことです。1. UNIXのコマンド操作____真っ黒な画面でする仕事に慣れる2. HTML/CSS ____自分でWebサイトを作ってみる3. プログラミング言語 ____何かひとつプログラミング言語を使ってみる [続きを読む]
  • そうだったのか:25 Java とはなにもの
  • Java ってなんだ、と聞かれたとき、簡単に説明するにはどうしたらよいでしょうか。Java はプログラミング言語の名前です。名前の由来は、いろいろ勝手な説が唱えられていて、はっきりはわかりません。そう呼ぶものだと思っていれば、由来などどうでもよいので気にしないことにしましょう。コンピューターを動かすときには、コンピューターが読み取って理解させることのできる言葉を書き込んで命令しなければなりません。そ [続きを読む]
  • そうだったのか:24 サポートの効果は数でも水準でもない
  • 10人を相手に行われた何かのサポートに比べて、100人を相手に行われたサポートが、10倍の効果が出たと喜ぶのは、数値データの報告を集める人たちだけでしょう。「サポートとはさせること」と昨日書きましたが、10人の中から自分で何かをできるようになった人が5人いれば、100人の中から3人だけが何かを自力でできるようになった場合より、効果が出ていると言えるでしょう。サポートの効果は、向上の度合いなのです。 [続きを読む]
  • そうだったのか:23 サポートとはさせること
  • 街のスピーカーから、詐欺に掛からないようにと、ご注意放送がときどき流れます。同じ放送を家の中で聞ける、「緊急地震速報端末装置」という名のハコがあります。地震速報だけでなく、役所からの放送がみな聞こえます。FMラジオ放送も聞こえます。あるときから音が小さくなり、耳の遠い家人はよく聞こえないと言いはじめました。そこで、放送を配信している会社のサポートに電話でたずねました。「ラジオはよく聞こえるのに時報 [続きを読む]
  • そうだったのか:22 スペースの効果
  • 相手が立つ、百分の何秒かの間をおいてこちらが立つ、相手はマッタなのかと瞬間の気が緩む、そこに付け入って仕留めるという強者攻略法があります。この戦法の取り方は、巧まず自在でなければなりません。みえみえ、バレバレでは立ち合いが成功しても、観客の気をそぎます。この手に失敗して負けた横綱が、張り手までかましてしまったのに、マッタではないかと大見栄を切ったら、それが大恥になったのは先月のことです。このような [続きを読む]
  • そうだったのか:19 まだあった元に戻すキー
  • Word で、文字数が意外に増えてページ内や枠内に収まりきれないとき、「段落」の「インデントと行間隔」タブで、□「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」という、読みにくいので最後までは読まずに設定をはずして行間を詰める方法があります。しかし、そのとおりにしてみたら行間が詰まりすぎて、元に戻したいということもあるでしょう。このとき、また同じメニュタブを呼び出す回りくどい手続きのいらない方 [続きを読む]
  • そうだったのか:18 フォントを標準に戻すキー
  • Word で文書の編集中に、ある部分の文字を強調してみようとフォントを変えてみることがあります。それがちょっとやりすぎで、変えてみたらバランスがよくないということもときどきあります。そんなときには、変えた部分を範囲指定して戻します。この場合、「ホーム」の「フォント」タブにある「フォント変更」⇒「フォントサイズ変更」という回りくどい手続きのいらない方法があります。範囲指定したら [Ctrl]+[Space] 、この一瞬 [続きを読む]
  • そうだったのか:17 カスの持ち込み 可否は場次第
  • カスにもいろいろな種類があります。カスにはそれぞれの味わいもあって、舌を楽しませてくれます。今は肥料、昔は食糧だった苦い思い出をよみがえらせてくれるものもあります。永田町のだいじな場所にも、カスがしばしば登場します。国民の資格もなさそうなカスのような人が、バッジをつけ、質問という名をつけたいろいろなカスを持ち込んできます。あそこでは、投げ出されるカスをシャベルで混ぜ返す人もいれば、カスの扱いが気に [続きを読む]
  • そうだったのか:16 想定問答では不十分
  • パソコンの故障は、いつどういうふうに起きるのかわかりにくいものです。ユーザーが意識して操作した結果は、ほとんどの場合故障にはなりません。故障でも故障でなくても、パソコンが思うように動かなくなったという相談がよく持ち込まれます。一人ひとりで考えただけの想定問答では、まさかのことには知恵が回りかねるでしょう。その場検索で答の出そうなことばかりでなく、なんでもいらっしゃいと言えるために、パソコン故障のロ [続きを読む]
  • そうだったのか:15 安全という名のお邪魔ムシ
  • パソコンのユーザーにとってセキュリティとは、支障なく使える状態を継続して保てるということです。ネットに接続しないとき、セキュリティソフトには用がありません。セキュリティソフトは、ネット接続されるときに動作状態になればそれで結構なのです。ネットにつながずに単独で使っているとき、使用中のアプリの領域にまで乗り込んで動作不調を起こさせることがあったとしたら、大変な迷惑です。そのときセキュリティソフトは、 [続きを読む]
  • 見えた見つけた:26 ニュースの作り方
  • ニュースの3種類1.自社製・・・説明不要2.社外製・・・外注あるいはお仕着せ3.自社製風社外製・・・編集機能の中枢を乗っ取られて、自社製に見えても実態は社外製いちばん始末が悪いのは3番め<制作法の例>①持ち込まれた話を、持ち込み元を秘匿したまま話題の対象者に説明させ、その追及過程をニュースに仕立てる。②好都合な証言こそが真実とし、拾い集めた話に気ままに肉付けをしてニュースに仕立てる。にほんブログ村 [続きを読む]
  • そうだったのか:14 落ち着いて考えれば
  • 11月22日に、Excel で起きたリボン不調のことを書きましたが、その直前に I MEがうまく動いていなかったことを忘れていました。異常現象は一つではなかったのです。アプリで違う故障がごく短時間のうちに続いて起きたとき、アプリ本体にその原因はないという、ほぼあたりまえの想像に、あたまが働いていなかったのでした。何か気に入らない状態が起きると、誰かのせいだという思い込みはよくあることです。そうなると、ほ [続きを読む]
  • そうだったのか:13 両方向に利くオートフィル
  • オートフィルは、Excel のうちでも使う機会の多い便利な手法のひとつです。これが逆向きにも使えることを、講習会で教えてもらいました。連続セルのデータの削除は、通常は範囲指定後 [Delete] で行いますが、オートフィルを逆向きに行うと戻った分のセル内データが消去できます。電車が停車位置を越えてしまったとき、放送をせずに所定の位置を戻す操作に似ていますが、走らせ過ぎたオートフィルを戻すには、 [Delete] よりも早そ [続きを読む]
  • そうだったのか:12 ウイルス防止のおせっかい
  • 11月22日に「せめてこのくらいは:4」で、Excel のセル操作中にリボンの操作が受け付けられなくなった現象のことを書きました。そのときは Excel の故障を疑っていたのですが、同じパソコンに出会いあらためて Excel のセルコピペを試してみたら、リボンも正常に操作でき、Excel の故障ではないことがわかりました。ところが、しばらくセル操作の練習を続けていると、また同じようにリボン不動作状態になりました。よく見ると、ウ [続きを読む]
  • そうだったのか:11 見せたければ
  • Web の記事の紹介は、見たい人が直接見るように、「ここで見られます」がいちばん良さそうです。URLを示してリンクをはっておくのが最上、コピペなどは余計なお世話に属します。URLの表示に日本語文字を組み込んであると、百字を超えたものにもなるので困りますが、短縮URLという便利なものもあります。ただこれには寿命の予測がつかないという欠点もあります。___いつまでも いると思うな 眠り犬にほんブログ村 [続きを読む]
  • そうだったのか:10 手出し無用
  • 「ここを 」とアイコンやボタンを指し示す教え方は、覚えることの邪魔になりそうです。教えるほうも教わるほうも、その場の面倒がなく手っ取り早いのですが、操作者のおそらく8割以上は、指されたとおり言われたとおりに指を動かすだけで、そのときは心ここにあらずという状態でしょう。足を持ってもらって逆立ちをしても、できたことにはなりません。手で立つということの実感を自分でつかめてないからです。パソコンの操 [続きを読む]
  • そうだったのか:8 個人ユーザーにも管理者が必要?
  • Windows の動きがおかしくなったとき、システム ファイルをスキャンして、破損しているファイルがあればそれを復元してくれる「システムチェッカー」というツールがあります。システムチェッカーはコマンドプロンプトから次のコマンドによって起動します。____sfc /scannowこのとき、管理者の許可がなければダメというメッセージが出て、面食らうことがあります。自分しか使わないのに、管理者とはだれのことか、どうすれば許 [続きを読む]
  • そうだったのか:7 セキュリティソフトが無料
  • プロバイダーでセキュリティソフトを無料でインストールしてもらったという話をきいて、ほんとかいなと思っていましたが、それがありました。jcom が扱っている「マカフィー for ZAQ」です。もちろん jcom の加入者に限られますが、ホームページから申し込むとインストールできるようになります。無料といっても、システム使用料に含まれていて、使わない人も含めて、皆で料金を払っているとも言えます。ZAQとは何だろうと思っ [続きを読む]
  • そうだったのか:5 興味は津々どまりに
  • メールの受信トレイに500通あまりの未読メールが溜まって困ったという相談が持ち込まれたという話があります。読みたくなければバッサリ削除すればよいだけのことで、困ることはないだろうと思うのですが、その方は、受信したメールにはどこから来たものにも目を通さなければならないと、律儀に思っているのでしょうか。ことによると、何にでも興味をもち、Webサイトで片端からつながりを作っているのかもしれません。何を知 [続きを読む]
  • そうだったのか:3 シートの保護はちょっと厄介
  • Excel の表で、計算結果が出なくなったという相談が持ち込まれました。セル幅の不足などが理由で、数値が表示されずにほかの記号が出たとき、研究熱心のあまり、ヘルプを頼りに、意味がわからないままに数式を書き換えてしまい、数式の入ったセルをいじってしまったようなのです。そうなると、表全体が役に立たなくなります。シートの保護という方法があります。ロックしないセルを決めておいてシートを保護しておけば、ロックしな [続きを読む]
  • そうだったのか:2 タスクバーの使い方
  • デスクトップが文字どおり机の上なら、下端のタスクバーは何に相当するのだろうと考えていたら、ありました、事務机のセンター引き出しです。ちょっと引っ張れば毎回使う道具がすぐに取り出せる、便利なものです。左側にスターボタン、右側に時計表示、隠れているインジケータ表示、言語バーのあるところは、引き出しというよりデスクトップ手前の区切られた部分と言ったほうがよさそうです。そこにアプリの起動ボタンをたくさん並 [続きを読む]