ino さん プロフィール

  •  
inoさん: Innocent LIFE
ハンドル名ino さん
ブログタイトルInnocent LIFE
ブログURLhttps://innocentl.exblog.jp/
サイト紹介文ゲイが綴る、フツーな日常。 とにかくフツーすぎる毎日。日常話とか恋愛話とか独り言とか。
自由文こんなヤツでも生きてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供52回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/23 01:03

ino さんのブログ記事

  • 確定申告の準備
  • 個人事業主なので、この時期から2月くらいにかけては確定申告に向けて気を揉む毎日だ。もともと経費率が高い仕事ではないので、多少吹っ掛けたとしても(正当な範囲内で)税務署からつつかれることはまずないだろうとは思うけれど、支出が目立つ勘定科目があったりすると「調整した方がいいだろうか?」「でも今年科目を変えちゃうと来年面倒だし……」と、まだ12月ということもあり経費の支出も続いているので、毎日の... [続きを読む]
  • クレジットカード
  • ふと思い立ってパンフレットを取り寄せてみたら、今使っているクレジットカードをゴールドに切り替えた場合、かなり自分にとって得だということに気がついた。自分はクレジットカードを発行している会社のとあるサービスのヘビーユーザーなのだが、ゴールドに切り替えるとポイントが倍以上溜まっていく計算だ。さらに保険や空港のラウンジ利用もできるようになると考えると、ゴールドに切り替えない手はないと思わされる... [続きを読む]
  • ゲイの脱毛体験記 その3
  • 1回目のレーザーから2ヶ月ほど経ったので、2回目の施術に行ってきました。毛周期的に1回のレーザーに対して2割程度の毛にしか効果がないため、5〜6回くらいレーザーを当てて完全に脱毛という形になるのですが、今回はその2回目ですね。1回レーザー当てただけだとほとんど毛量は変化せずに、元の量くらい生えてきてしまうことが多いと言われていましたが、自分の場合は割とツルツル状態のまま2回目に突入と... [続きを読む]
  • 蛇が死んだ
  • 飼っていた蛇が死んだ。友人とハロウィンパーティーに参加して酒を飲んだ帰り道、「蛇が死んじゃった。綺麗なままの姿だから見てあげて」というLINEを彼氏から受け取った。とうとうか、と思った。2週間ほど前から拒食をしていた蛇は、急に冷え込んだせいなのか動きが鈍っていた。いつもならケージの中に入れている流木に登ったりとせわしなく動き回っているはずなのに、最近はじっとライトが当たらない位... [続きを読む]
  • 貧乏暇なし
  • 副業を始めた。Uber eatsで配達員をしている。休日に何の予定もないと飲みに出かけたり当てもなくクラブで過ごしたりと無駄遣いをしてしまうので、アルバイトか何かをやって少しでも時間を潰して、あわよくばお金を稼げる方法はないかなと思っていたら、ちょうどUberの募集広告が目に入ったので始めてみた。アルバイトだとシフトが固定されてしまうので、本業の方で急に仕事が入ったときにいろい... [続きを読む]
  • ハロウィン
  • 副業を始めた。Uber eatsで配達員をしている。休日に何の予定もないと飲みに出かけたり当てもなくクラブで過ごしたりと無駄遣いをしてしまうので、アルバイトか何かをやって少しでも時間を潰して、あわよくばお金を稼げる方法はないかなと思っていたら、ちょうどUberの募集広告が目に入ったので始めてみた。アルバイトだとシフトが固定されてしまうので、本業の方で急に仕事が入ったときにいろい... [続きを読む]
  • ruin
  • 自分は人の好意を消費して生きていると思う。ずるい、不誠実だと後ろ指を指されても仕方ない生き方をしていると思う。自分は人に媚びることが上手いのだと思う。冷たそうだとか怖そうだとか言われる顔つきをしているけれども、柔らかく暖かいと言われる声と落ち着いた喋り方にギャップがあるようで、それがかえって良い第一印象を与えるのに結びつく。それを理解しているから、武器にして人に取り入る。自... [続きを読む]
  • 花火大会
  • もう9月も後半に差し掛かり、夏が終わってしまった。ついこの間まで40度近くまで気温が上がり、連日みんな大騒ぎしていたのに、天候の悪さも相まって最高気温が20度を下回る日が続いている。なんだか、無性に切ない気持ちだ。今年の夏も彼氏と花火大会へ行った。友人との旅行の予定が被ってしまったため、毎年行っている最寄りの花火大会には行けなかったのだが、その代わりに翌週行われた別の花火大会へ行... [続きを読む]
  • ゲイの脱毛体験記 その2
  • さて、ようやくカウンセリングと第一回目の施術を行ってきました。今回はそのときのことを書いていきたいと思います。クリニック到着今回行ったのはメンズリゼ新宿。新宿駅東口を出て5分くらい歩いたところにあります。新宿区役所のすぐ隣あたりですね。エレベーターに乗ってクリニックに入ると、雰囲気は本当に「街の皮膚科」みたいな感じ。受付のスタッフに「予約していた○○ですけど……」と名乗... [続きを読む]
  • ゲイの脱毛体験記 その1
  • 突然だけれども、脱毛をしてみたいと思う。自分の毛深さにコンプレックスがあるわけではないし、むしろヒゲに関しては綺麗にラウンド状に生えてくれるので気に入っているのだけれども、どうしても許せない部分のムダ毛がある。ケツ毛である。上半身はさほど毛深くないし、スネもまぁ薄くはないけれども濃すぎるというわけではない。なのに、穴の周りだけが尋常じゃないくらい濃いのがコンプレックスなのだ。... [続きを読む]
  • 杉田水脈に思う
  • 杉田水脈議員が「LGBTには生産性がないため税金を投入する大義名分はない」と発言し、連日ニュースに取り上げられるなどバッシングを受けている。彼女の発言の何が問題だったかという点は既にさまざまなメディアが報道しているので、わざわざこのブログで解説することは避けるとして、個人的に彼女が「生産性がない」という意見を雑誌に寄稿してから感じていることや、自分自身の考えについて語っていこうと思う。... [続きを読む]
  • そら
  • 杉田水脈議員が「LGBTには生産性がないため税金を投入する大義名分はない」と発言し、連日ニュースに取り上げられるなどバッシングを受けている。彼女の発言の何が問題だったかという点は既にさまざまなメディアが報道しているので、わざわざこのブログで解説することは避けるとして、個人的に彼女が「生産性がない」という意見を雑誌に寄稿してから感じていることや、自分自身の考えについて語っていこうと思う。... [続きを読む]
  • 残り香
  • 宇多田ヒカルの「残り香」を聴いていると、実家と縁を切って家を飛び出した日のことを思い出す。「壊れるはずのない物でも 壊れることがあると知ったのは つい先程」「証明されてない物でも 信じてみようと思ったのは 知らない街の小さな夜が終わる頃」「飲みかけのワインも忘れ ほろ酔いのあなたと夢を見てた」「残り香と 私の部屋で 温かいあなたの肩を探す」多分、宇多田ヒカルはそういう意図で... [続きを読む]
  • 一緒に食事をしなければいい
  • 「箸の持ち方が汚い人は嫌だ」「食の好みが合わない人は付き合えない」付き合う相手の条件に、こうしたものをあげる人がいるけれど、自分としては一緒に食事をしなければそんなことも気にならないのにな、と思う。付き合って一緒に暮らしていたら食事を共にしなければいけないという法律があるわけでもないし、食についてのことだけが気になるというのなら、別に一緒に食事をしなければいい。「この人とは一緒に食... [続きを読む]
  • 見た目を褒めること
  • 「顔がいい人に『イケメンですね』と言ったところで、響かないどころか不快な思いをさせてしまうことがある。恋愛に発展しない」という会話を、先日誰かとした。顔がいい人は見た目を褒められ慣れているから響かないのだとよく言うけれど、もう少し踏み込むと軽蔑のまなざしも込められているんじゃないだろうか。見た目がいい人というのは、自分が見た目が良いということを自覚しているものだし、見た目を褒めら... [続きを読む]
  • ブルーシール
  • 「顔がいい人に『イケメンですね』と言ったところで、響かないどころか不快な思いをさせてしまうことがある。恋愛に発展しない」という会話を、先日誰かとした。顔がいい人は見た目を褒められ慣れているから響かないのだとよく言うけれど、もう少し踏み込むと軽蔑のまなざしも込められているんじゃないだろうか。見た目がいい人というのは、自分が見た目が良いということを自覚しているものだし、見た目を褒めら... [続きを読む]
  • 東京だけが働きたい街か
  • 最近、SNSで「東京で働くこと」を目的にして就職活動をしている地方のゲイの子たちをよく見かける。自分は「東京だけが働きたい場所なんだろうか?」と感じていたのだが、それは首都圏出身であるからこその驕りなのだろうか?と、なんとなくモヤモヤしていた。ついさっき、またそのことについて考えてみたら、モヤモヤの根源がなんとなく言語化できそうなので書いてみようと思う。自分が、地方の子が新卒で東京... [続きを読む]
  • 踊れティーダ
  • 最近、SNSで「東京で働くこと」を目的にして就職活動をしている地方のゲイの子たちをよく見かける。自分は「東京だけが働きたい場所なんだろうか?」と感じていたのだが、それは首都圏出身であるからこその驕りなのだろうか?と、なんとなくモヤモヤしていた。ついさっき、またそのことについて考えてみたら、モヤモヤの根源がなんとなく言語化できそうなので書いてみようと思う。自分が、地方の子が新卒で東京... [続きを読む]
  • そうじゃないんだけど
  • 人生とか現状に対する不満や焦り、虚しさのようなものは、たとえ恋人がいたところできれいさっぱり消え失せるものではないし、自分一人で向き合っていかなければいけない類のものなのだとはわかっている。だけれども、自分はそういったものに向き合うのが苦手で、いつも人混みや大音量で音楽が流れているところに逃げ込んで、お酒を飲んで紛らわそうとしてしまう。現状を打破するために行動することも、破滅に向かうこ... [続きを読む]
  • おめでとう
  • 沖縄旅行中に、彼氏が誕生日を迎えた。「国際通りの適当なケーキ屋でケーキ買って、ホテルの部屋でお祝いでもする?」と聞いてみたら、「とにかく飲みたいから、別にいい」ということだったので、ケーキはこっちに戻ってきてから買うことにした。そういうわけで昨日は仕事帰りに駅ビルの中に入っているケーキ屋に寄って、ホールケーキを探した。フルーツが苦手な彼氏は、いかにも「バースデーケーキです」というよ... [続きを読む]
  • 沖縄
  • 彼氏と2泊3日で沖縄旅行へ行ってきた。かねてから「沖縄旅行に行きたいね」という話はしていたのだが、近場で1泊の旅行ならまだしも沖縄となると念入りに予定を立てる必要があるし、お金も近場に比べればだいぶかかるということで尻込みをしていた。ところが、昨年末くらいに確定申告の還付金の計算をしていたとき、はじき出された還付金の金額を見て、半分は税金の支払いのために残しておくにしても、もう半分くらい... [続きを読む]
  • 鹿児島旅行
  • 鹿児島県へ旅行に行ってきた。去年、仕事の出張で鹿児島に行ったときは日帰りだったこともあり、満足に観光もできなかったことを飲み会の席などで事あるごとに悔やんでいたら、友人が「じゃあ今度、鹿児島に旅行に行かない?」と提案してくれたので、思い切って行ってきた。1泊2日で行くため、当初は桜島と市内だけ観光できればいいやと思っていた。特にがっちり予定を詰め込むことなく計画を立てていたが、昨年行った... [続きを読む]