ま〜くん さん プロフィール

  •  
ま〜くんさん: 大阪食べ歩きガイド・マシュラン
ハンドル名ま〜くん さん
ブログタイトル大阪食べ歩きガイド・マシュラン
ブログURLhttp://machelin.blog133.fc2.com/
サイト紹介文大阪を中心とした食べ歩き・飲み歩きブログ。率直な感想です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/03/23 09:31

ま〜くん さんのブログ記事

  • とんかつ 大喜 @その7 (とんかつ:長堀橋) 
  • どうも、ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテです。興味のなくなるところ、記憶もまたなくなる。とんかつが食べたくなったので、大喜へ。近くにお気に入りのとんかつ屋が出来て嬉しい限り。「Meets」に掲載されて客は増えたが、まだ並ばなくても入れる。大阪のとんかつ屋で並ぶとか、考えられないからねえ。ロースとんかつの厚切り定食。もう一段厚い超厚切りもあるが、それは分厚すぎた。この厚切りが丁度いい。いつもよ [続きを読む]
  • 中国菜 香山 @その7 (中国料理:本町) 顧客満足度高し
  • どうも、ジョージ・バーナード・ショーです。人間が賢いのはその経験に応じてではない。経験による能力に応じてである。香山、麻婆豆腐ランチの日。結構な並び人数、店内もてんてこ舞い。諦めようと一瞬思ったが、もう完全に麻婆の口になってしまっている。並びましょうか。単一メニューで、オペレーションも確立されているので、着席してしまえば早い。「ウドン キュータロー」もそうだが、この香山も、元々人気店が、もう一 [続きを読む]
  • 味万 @その3 (うどん:本町) 温に限る店
  • どうも、フランソワ=オーギュスト=ルネ・ロダンです。経験を賢く生かすならば、何事も無駄ではない。キュータローで讃岐うどんと思ったが、結構な行列。ああ、もう行けない人気店になってきているのかなあ。近くのせんば心斎橋筋商店街へ行き、神虎でもいいかと覗いたが、こちらもそこそこ並んでいる。並んでまで神虎は要らないので、味万へ向かう。満ちくりんだが、大箱なので少し待てば空席は出る。ということで相席で滑り込 [続きを読む]
  • 中国菜 香山 @その6 (中国料理:本町) 品ある四川料理を満喫した夜
  • どうも、孔子こと孔丘仲尼です。不善人と居るは鮑魚の肆に入るが如し。ランチで定期的に訪問している香山。本格的かつ上品な中華を昼から楽しめるので気に入り、いつか夜に行こうと思っていた。連日の小田原評定で疲れ切った夜、思い切って突撃してみた。まずは、前菜盛り合わせを頼む。店主が丁寧に盛り付けている所作を見るだけで期待は高まったが、実際綺麗に盛り付けられており、食欲をそそる。牛ホホ、心臓、ハチノスの [続きを読む]
  • 地魚と天ぷら うろこ屋 @その3 (居酒屋:東心斎橋) 手長蛸
  • どうも、カール・ヒルティです。多すぎる休息は、少なすぎる休息と同じく疲労させる。職場には行きながら、ほぼ休息みたいな生活をしばらく続けていたが、同時納期の仕事が幾つも舞い込んで忙しくなり「均してくれたらなあ」と思っていた夜遅く。疲れたので、うろこ屋へ。手長蛸の踊り。つまり、活きている。ウネウネと動いている。静かになったと思ってもレモン汁数滴でまた踊る。という動き推しの蛸かと思ってしまいがちだが、 [続きを読む]
  • 和風もつ料理 あらた @その22 (もつ料理:西中島) 伝承者
  • どうも、ウィリアム・ヘイズリットです。自賛してみるがいい。自分を称讃する愚者どもを間違いなく見つけるだろう。土曜日の19:15に西中島へ降り立ち、あらたへ向かう。二巡目狙い。待ちは2名居たが、到着とともに入店。しばらく待っていると、2名が退店。おお、5分待ちで入れたぞい。前回は同じ狙い方で40分待っただけに、これは嬉しいな。一見も、常連も、一皿目が煮込みは共通言語。部位選択と出汁塩梅が好みと合うのだろ [続きを読む]
  • ウドン キュータロー @その3 (うどん:本町) すだちひやひや
  • どうも、ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラーです。もし、全員に好まれるものがあるとしたら、それは間違いなくくだらないものだ。最近お気に入りのキュータロー。ブレイクし始めているのか訪問の度に客数が増している。この日は、何とかギリギリ端っこに滑り込む。立ち食いだからこそできる技。釜も混んでいるので、天ぷらだけ持ってカウンターへ移動。今回はおにぎりはやめておいた。安定の鶏天、竹輪天。鶏 [続きを読む]
  • 麺や佑 @その5 (ラーメン:本町) ごぼう抜き
  • どうも、ヘルマン・カール・ヘッセです。私は疲れ、ほこりにまみれて歩く、並木路の影の中を。ちょっと久しぶりに、麺や佑。最近、さらに人気になってきたのではないか。待ち人数の多さでスルーしたことが何回か。この日はまだ少なめだったのでトライ。いつものように、デフォのラーメン。この店もつけ麺客が多いが、ラーメンの明らかなメリットがある。長めに茹でて、水で締めてだからつけ麺はサーブに時間がかかる。つけ麺客 [続きを読む]
  • まるき @その98 (居酒屋:恵美須町) 渡り蟹丼
  • どうも、ニコラ・ボアロー=デプレオーです。愚者はいつも自分よりさらに愚かで、自分のことを尊敬してくれるような人間を見つけ出す。愚論が輪廻転生する長時間会議ほど無駄な時間はない。最近では珍しく仕事で遅くなり、疲れと憤りを伴ってまるきへ。大溝貝の刺身。蝦夷地の優秀貝。食感も甘みも旨味も、鳥貝とみる貝を合わせ持っている。みる貝の水管に姿もよく似たのを噛み締めると、実に心地よい甘み。タモリ。ブラタモリ [続きを読む]
  • 松寿司 @その91 (鮨:阿倍野) コノシロ初体験
  • どうも、サー・アーサー・イグナティウス・コナン・ドイルです。人々は彼らが理解しがたいことを嘲笑する。突き出しは、牡蠣の漬け込み。漬け込むつゆの塩梅に、洗練度の進化を感じる。最近は、松寿司でもツマミをとらず、握りばかり喰う。甘ったるいOLD関西の酢飯では難しいが、美味さのくっきりした酢飯に、仕事を施した上質魚介が握られる鮨は、これだけで最高級のツマミになる。ただ、生鳥貝は別。ツマミでも握りでも喰い [続きを読む]
  • ふ美芳 (居酒屋:本町) にゅうめんランチ専門店
  • どうも、アルトゥル・ショーペンハウアーです。人間の幸福の二つの敵は、苦痛と退屈である。ラーメン偏重、間に蕎麦、麻婆豆腐、うどんをチラチラ。ちょっとは違うもんでも食べんとなあと思いつつ、当てもなく船場センタービル10号館地下へ。船場女将小路に隣接する”無関係”の船場茶屋小路へ。目が合ったのが、この「ふ美芳」。夜は色々取り揃えた居酒屋っぽいが、ランチメニューは5種のにゅうめんに絞っている。にゅうめん [続きを読む]