black black さん プロフィール

  •  
black blackさん: 黒い薬剤師ライター
ハンドル名black black さん
ブログタイトル黒い薬剤師ライター
ブログURLhttp://tkcnr.jp/
サイト紹介文主に薬剤師の年収、飽和、就職先などについて、薬剤師・薬剤師を目指す学生に向けての情報発信の場です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/03/23 15:55

black black さんのブログ記事

  • 「炎上する薬剤師批判」と「炎上しない薬剤師批判」
  • 最近話題になった「医療費を食う薬剤師の不労所得」と言う名の薬剤師批判ですがさらにその反論記事まで再三繰り返しそしてその度肝を抜く内容に終始したことで驚きを隠しきれない薬剤師の方も多かったのではないでしょうか。そしてその内容を読む限りでは残念ながらせっかくコメントをくれた薬剤師の方々の意見は全て無駄だったようですね。つまりは無視するのが一番という事でしょう。ただ「薬剤師が組織的に動員をかけて反論して [続きを読む]
  • 2018年度診療報酬改定の議論で思うこと
  • 政府の経済財政諮問会議は26日、2018年度予算編成に向けて社会保障改革を議論し、診療報酬改定について、調剤技術料が見合った価値を提供しているのか徹底検証し、薬局の機能分化と調剤基本料の適正化を推進すべきと提言した。【諮問会議】技術料の価値を徹底検証‐調剤基本料引下げ求める2018年の診療報酬改定に向けて着々と議論が始まってきました。今回はマイナス改定が既定路線という事で大変厳しいものになると思われますが・ [続きを読む]
  • 日薬幹部はオリンピックボランティアに自ら参加すべき
  • 「ブラック」批判された東京五輪の薬剤師募集 「あくまでも非公式の調査」日薬は説明 最初にこのボランティアの募集要項を見た時に条件が過酷過ぎると思ったんですがそこそこの人数の薬剤師が手を挙げるだろうと思いました。その理由の1つにオリンピックの開催は2020年であるという点です。これが仮に「来年、年明けすぐボランティアとして来てくれ」という条件ならばそもそも英語能力に乏しかったり宿の確保が難しかったり有給の [続きを読む]
  • ヒルドイドを含む保湿剤の保険外しは仕方ない
  • 健康保険組合連合会(健保連)は2017年10月6日、2018年度診療報酬改定に向けて、お薬手帳の重複調剤防止効果や保湿剤の処方に関するレセプトデータを分析し、取りまとめた結果を公表した。健保連、保湿剤の保険適用除外を提言ヒルドイド美容目的問題の一番厄介な点は純粋な薬剤費の伸びもそうですがヒルドイドを貰うために初診料・再診料及び処方箋料や薬局でかかる諸々の費用を考えるとさらに医療費がかさむ点でしょう。そういっ [続きを読む]
  • かかりつけ薬剤師は1人より複数いる方がいいと思う理由
  • 個人的には今のかかりつけ薬剤師の制度には反対です。その理由については昨年の制度開始以前から複数回ここでも書いてきましたし前回書いたように薬の一元管理を推進するためという事に関してもあまりメリットを感じずむしろ制度を利用した利益重視に終始し現場の薬剤師を疲弊させるだけの側面もあるからです。薬局をアクセスや利便性で選ぶのは当たり前ただこのかかりつけ薬剤師の制度に非を唱える人は多くてもその表向きの概念に [続きを読む]
  • 薬局をアクセスや利便性で選ぶのは当たり前
  • 薬局・薬剤師に期待することについては、「受診している病院・診療所から近く、処方された薬をすぐ受け取れる場所にあること」(51.0%)が最も多く、次いで「自宅や勤務地に近いなど、立ち寄りやすい場所にあること」(49.0%)との結果で、薬局へのアクセスや利便性を重視していることがうかがえた。 かかりつけ薬局がある人は13.4%「患者さんは調剤薬局を選ぶ時にアクセスや利便性を重視する」という結果ですが個人的には仕方 [続きを読む]
  • 服薬指導後の薬剤の配送に考える3つの不安
  • 経済産業省は2017年9月15日、薬剤師が薬剤調製前に患者に必要な確認や服薬指導を行った後であれば、調剤した薬剤を配送するサービスを行っても医薬品医療機器等法(薬機法)に抵触しないと明示した。服薬指導後の薬剤の配送は合法今回の件、個人的な当初のイメージだと調剤だけを行う言わば調剤センターの様なものが活用され日調などの大きな企業になると独自の流通網まで構築される未来があるかもと妄想していたのですが実際はそ [続きを読む]
  • 医療費ガン無視でヒルドイドを美容目的に使用し続ける理由
  • 美容には、何万円もする超高級クリームよりも、医療用医薬品「ヒルドイド」がいい――。 ここ数年、女性誌やウェブに、こんな特集記事が続々と出る。保湿効果があるヒルドイドは、医師が必要だと判断した場合のみ処方されるが、雑誌には「娘に処方してもらったものを自分に塗ったらしっとり」といった体験談も載る。高級美容クリームより処方薬 医療費増、乏しい危機感医療用のヒルドイドを保険を使って美容目的に使うというニュ [続きを読む]
  • 日本薬剤師会学術大会・銀座企画で一番の問題点
  • この話題を目にした時怒りや落胆を通り越してこの方々は本当にヤバいんじゃないかという感想しか持ちませんでした。まだご覧になっていない方は百聞は一見に如かず。という事でぜひ一度HPをご覧になることをおすすめします。第50回日本薬剤師会学術大会もし見るのが面倒な人はこれを見れば大体理解してもらえるでしょう。銀座を楽しむ”究極”コース「銀座のクラブ体験 あの黒革の手帳の世界へ」この度の学術大会に合わせて特別な [続きを読む]
  • 調剤技術料と薬局機能に問題アリ!?
  • 先日公表された「調剤・薬剤費の費用構造や動向等に関する分析」ですが、気になった項目等をざっと挙げていきたいと思います。調剤・薬剤費の費用構造や動向等 に関する分析 <薬剤費 1,000 円当たりの技術料は、院外処方時に院内処方時の 3.3 倍必要>院内調剤と院外調剤の報酬の差ですがもし院外調剤のいわゆる調剤薬局の形がそのまま院内調剤でも可能であるならつまりは薬剤師の関与が完全に担保されるのであればまだこの報酬 [続きを読む]
  • 「かかりつけ薬剤師の効果に疑問」より疑問なこと
  • フリーライターの早川幸子さんが書いた記事かかりつけ薬剤師の効果に疑問、薬剤費削減額の2.7倍のコスト発生が話題になりました。ざっくり説明するとかかりつけ薬剤師によって削減された薬剤費は7260万円。一方のかかりつけ薬剤師にかかるコストは2710万円。つまりトータルで考えると4550万円のマイナスとなり医療費削減とは言えないのではないか。そしてそもそも残薬調整はかかりつけ薬剤師のみに課せられている業務ではなく通常 [続きを読む]
  • OTC薬販売調査公表でネット販売に問題アリ
  • 毎年行われているOTC薬の販売調査の結果がでました。平成28年度医薬品販売制度実態把握調査結果について毎年適正なOTCの販売がなされていないため今年も調査結果も決して「良」という訳ではないんですがまあ通常運転で可もなく不可もなくといった感じでしょうか。(一番ダメな思考回路です)そしてそんな中でも調査結果に関して気になった点がありました。ひとつはDIオンラインの記事です。第1類医薬品のインターネット販売につい [続きを読む]
  • 大手調剤薬局の処方箋付け替えは自らの首を絞めるだけ
  • 大手チェーンのアイセイ薬局(東京都千代田区)は、2017年8月4日、一部店舗で、処方箋の不適切な取り扱いがあったと発表した。アイセイ薬局が処方箋の付け替えで不正請求クオール薬局に次いで大手調剤チェーンのアイセイ薬局でも処方箋付け替えが発覚しました。クオール薬局の時と同様に結局不正を行ったのは末端の社員の判断であり会社としてはただのガバナンスが悪かっただけとするのはやはりクオール薬局同様とんでもない話しで [続きを読む]
  • ノルレボのBTCには反対。そもそもBTCとは?
  • ノルレボ(緊急避妊薬)のスイッチ化が不可とされその後様々な意見が飛び交いました。「OTC化のリスク」と「OTC化しないデメリット」の意見はどちらも正論でありこの議論に絶対の正解はありません。ただ両者の意見を見てもやはり個人的にはOTC化に賛成です。再度重複する意見を書くのもあれなので詳しくはこちらを読んでください。ノルレボ(緊急避妊薬)の市販化不可は誰のため?そして賛成・反対意見の折中案として「BTCにすべき [続きを読む]
  • ノルレボ(緊急避妊薬)の市販化不可は誰のため?
  • 今回、医療用医薬品のスイッチ化を検討する会議医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議において緊急避妊薬のノルレボ(成分名はレボノルゲストレル)がスイッチ化において「不可」の判断を下されスイッチしない可能性が出てきました。厚労省検討会議】関節痛薬など4成分「妥当」、緊急避妊薬は「不可」と判断不可とされた理由は日本産科婦人科学会と日本産婦人科医会の反対が発端とされています。正直ノルレボを含 [続きを読む]
  • 薬局における副作用報告の話題について
  • 最近話題になった「薬局における副作用報告の医療機関との連盟での提出」の話題について軽く書きたいと思います。この問題ですが1つの病院で少数の薬を服用しているだけならいざ知らず複数の病院で多種類の薬を服用している人が多い現状において薬局と医療機関の情報共有を元に「連携」する必要性は絶対必要と思うんですがあえて「連盟で提出」とする所が問題視されました。また、トレーシング・レポート等で連絡した医療機関に協 [続きを読む]
  • OTC薬販売の『ドクターG』は確かに面白そう
  • 薬局にセルフメディケーションを支援する機能が求められるようになり、OTC薬を扱う薬局が増えている。薬局薬剤師はOTC薬をどう捉え、どのように活用すべきか、同時に薬局は将来に向けてどのような戦略を描くべきか。昭和薬科大学の串田一樹氏に聞いた。OTC薬を活用した軽医療の指導管理料の創設を日経DIの記事ですが気になった点が3点ありました。まず1つ目ですが例えば受診勧奨の際に、薬剤師がなぜ受診が必要と判断したのかと [続きを読む]
  • ゾルピデム3万7000錠紛失はさすがにマズイ
  • 山梨県立中央病院(甲府市)は2017年7月5日、同院薬剤部にあった向精神薬のゾルピデム酒石酸塩(商品名マイスリー他)を、昨年の8月以降に約3万7000錠紛失したと発表した。ゾルピデム3万7000錠紛失の状況明らかに昨年の8月から今年の7月まで1年足らずで紛失したゾルピデムの数が3万7000錠ということらしいので月に換算すると毎月約3000錠以上が紛失していたことになります。これだけの量が紛失するには長期的に「自然な紛失」を [続きを読む]
  • まだ先発・後発を選ぶ権利を主張しているの?
  • 先日の医師会の定例代議員会で先発か後発かは「医師に選ぶ責任」という主張があったみたいですが先発か後発かは「医師に選ぶ責任」まだこのような事を言っているのかと正直面食らってしまいました。今の制度上しっかり処方箋には「後発品変更不可」のチェック欄がありますのでそれを有効に活用してもらえれば十分だと思います。最近度々話題になるのが一般名処方加算を算定したいためか知りませんが【般】テルミサルタンコメント  [続きを読む]
  • 日本保険薬局協会(NPhA)が与える影響は?
  • この度日本保険薬局協会が次回診療報酬改定に向けて「平成30年度診療報酬改定等に関する要望書」を提出した事が話題になりました。基本料一本化とかかりつけ要件の見直し求める日本保険薬局協会と言えば少し前にクオール薬局の社長が件の不正の問題で会長の座を辞任した事でも話題になりましたね。今回の要望書の総論的事項においては調剤基本料の一本化を要望かかりつけ薬剤師の要件の見直しを要望しています。この2つはチェーン [続きを読む]
  • 勝手に後発品に変更した薬剤師はどうなの?
  • 日経DIの嫌なら、出ていけ!!!という記事ですが簡単に要約すると薬局と同じ医療ビルの内科医師が勝手に後発品に変更され激怒。ただ後発品への変更不可のチェックもない。しかし諸々考えて薬局の開設者は理不尽な叱咤に耐えた。という内容ですがこれ、「問題があるのは医師」とするのは違うと思います。まず現場の薬剤師ですがそもそもその激怒した医師は「後発品が大嫌いで、後発医薬品調剤体制加算の算定に大苦戦」するほど後発 [続きを読む]
  • インパルス堤下の記者会見を見て思ったこと
  • この度インパルスの堤下敦さんが睡眠薬と抗アレルギーを服用後運転した事がニュースになりました。インパルス堤下が運転席で意識朦朧、事情聴取「ニュースになりました」と言っても直接ニュースを見たわけでもなくネット上で断片的に状況を閲覧しただけだったので今回記者会見の様子をざっと見てみました。するとどうやら医師や薬剤師からの説明はきちんとなされていた薬を飲んで運転したのは自分でネットで調べて判断した結果とい [続きを読む]
  • 進路指導の先生は安易に薬学部を勧めないでください
  • 加計学園の獣医学部新設の話題も連日報道されていますがさすがに6月も中ごろになると報道が減った気がします。そんな渦中の獣医学部は52年間の間新設の獣医学部がない事で話題になっていますが一方の薬学部はここ15年の間に46校から74校にまで増えています。最近では長野県に薬学部を新設する計画が頓挫しましたが今もなお薬学部新設を大学のアピールに利用する所は後を絶ちません。しかしその弊害は大きく薬剤師を目指す学生にも [続きを読む]
  • 池田信夫氏の薬剤師批判には賞賛を送ります
  • 最近話題の池田信夫氏ですが獣医師批判から薬剤師批判に飛び火し薬剤師批判を繰り広げています。そしてこれがさらに波紋を呼び池田信夫氏以外にも薬剤師批判をする意見とそれに反論する意見の対立が勃発しています。池田信夫氏「獣医師・薬剤師は資格認定で十分で免許は要らない。」基本的に薬剤師批判においてはおおよそ以下の4つに集約されます。① 薬剤師は処方箋通りに薬を渡すだけだから不要② 薬局の薬剤師は薬を黙って渡 [続きを読む]