ケイウインド さん プロフィール

  •  
ケイウインドさん: ゼロから始める競馬入門
ハンドル名ケイウインド さん
ブログタイトルゼロから始める競馬入門
ブログURLhttps://keiba-beginner.com/
サイト紹介文競馬に興味を持っても、難しい語句が並んで分かりづらい。そんな競馬初心者対象の競馬入門ブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/03/24 21:42

ケイウインド さんのブログ記事

  • ギョームドルナーノ賞にStudy of Man出走
  • ギョームドルナーノ賞 2018【Prix Guillaume d’Ornano】(仏・ドーヴィル競馬場・GⅡ・芝2000・3歳)日本時間15日23:20発走予定ディープインパクト産駒で仏ダービー馬のStudy Of Man(スタディオブマン)が出走。仏ダービー以来となります。7頭立という少頭数ながら、なかなか骨っぽいメンバー。仏ダービーで僅差の2〜3着Louis D’Or(ルイスドール)とPatascoy(パタスコイ)。そのPatascoyに前走先着したGyllen(ギレン)とCrossed Baton(ク [続きを読む]
  • フォースターデイヴHcp(2018)にYoshidaが出走
  • フォースターデイヴハンデキャップ 2018【Fourstardave Handicap】(米・サラトガ競馬場・GⅠ・芝1600・ハンデ戦)日本時間12日06:02発走予定11日サラトガ競馬場(米)のフォースターデイヴHcpに、アメリカのハーツクライ産駒Yoshida(ヨシダ)が出走(予定)。前走はロイヤルアスコットのクイーンアンS。好メンバー相手に見せ場ありの5着と健闘。今回が遠征帰り初戦となります。相手はHeart To Heart(ハートトゥハート)、Divisidero(ディヴィシデロ)の [続きを読む]
  • ジャック・ル・マロワ賞 出走馬紹介・検討
  • ジャック・ル・マロワ賞(2018) 出走馬紹介・検討【Prix Jacques le Marois】GⅠ・ドーヴィル(仏)・芝1600(直)・3歳以上2018年08月12日23:20(日本時間)発走予定ジャック・ル・マロワ賞の出走馬が確定しましたので、その紹介と、軽く検討をしてみます。後程、過去データと照らし合わせていきます。※カタカナ表記はJRA発表に準拠します※血統表記は父×母父(父系×母父系) Alpha Centauri(アルファセントーリ) 牝3Mastercraft [続きを読む]
  • ジャック・ル・マロワ賞(2018) 過去データ
  • ジャック・ル・マロワ賞 過去データ【Prix Jacques le Marois】GⅠ・ドーヴィル(仏)・芝1600(直)・3歳以上2018年08月12日23:20(日本時間)発走予定フランスマイル戦最強馬決定戦・第一弾。日本から先日仏GⅡを勝利したジェニアルが出走予定で、日本でも馬券が発売される事になりましたが、残念ながらジェニアルはフランス滞在中に外傷をおって回避決定。しかし、馬券はそのまま発売されます。ジャック・ル・マロワ賞といえ [続きを読む]
  • キングジョージⅥ&QES(2018)展望と結果
  • キングジョージⅥ&クイーンエリザベスS 2018【King George VI And Queen Elizabeth Stakes】(英・アスコット競馬場・GⅠ・芝2400m・3歳以上)欧州中長距離路線上半期の総決算。昨年英チャンピオンS圧勝し、今年の主役となったCracksman(クラックスマン)が出走。今年もここまで3戦して2勝2着1回と、成績的には王者の役割を果たしていますが、ガネー賞はともかく、コロネーションCでは頭差、英チャンピオンSと同じ舞台のプリンスオブウェールズSでは、 [続きを読む]
  • September(セプテンバー)ようやく復帰戦
  • September(セプテンバー)ようやく復帰戦キルボイ・エステートS【Kilboy Estate Stakes】(GⅡ・カラ・芝1800) 日本時間:22日 23:30英2000ギニーを勝利したSaxon Warrior(サクソンウォリアー)、仏ダービーを勝利したStudy Of Man(スタディオブマン)の活躍で、ディープインパクト産駒旋風が起きつつある欧州競馬ですが、その2頭よりも速くに注目されたのがSeptember(セプテンバー)。ディープインパクトと、欧州牝馬GⅠ4勝のPeeping Fawn(ピーヒ [続きを読む]
  • 愛ダービー・アラカルト
  • 愛ダービー・アラカルト【Irish Derby】 カラ競馬場・GⅠ・芝12F英ダービーも出したので愛ダービーも。(過去10年)● A.オブライエン厩舎英ダービーと違い、さすが御膝元。愛ダービーはA.オブライエン厩舎によるA.オブライエン厩舎の為のレース。過去10年の1〜3着馬30頭中18頭がA.オブライエン厩舎所属。所属馬は必ず1頭は3着内に入線。過去10年で7勝。対象年からは外れるが、2007年のディラントーマスから、2012年のキャメロットまで6連覇もし [続きを読む]
  • ロイヤルアスコット(2018) 結果まとめ
  • ロイヤルアスコット(2018) 結果まとめイギリス競馬の祭典ロイヤルアスコット。アスコット競馬場で5日間にわたり行われる、王室主催の伝統ある競馬開催です。GⅠレースを中心にまとめていこうと思います。※全レースのリアルタイム結果はできません。 1日目(06月19日)クイーンアンS【Queen Anne Stakes】(芝1600・4歳以上)出走馬(Racing Post)ロイヤルアスコット開幕レース。中心は前走ロッキンジS勝利のRhododendron(ロ [続きを読む]
  • 英ダービー アラカルト
  • 英ダービー アラカルト1.エプソム12Fはこんなコース・スタート直後1000mほど山登り。(コース全体の高低差40mはビル10階レベル)・頂上から最終コーナー手前まではやや平坦。・直線はゆるやかな下り坂。・ゴール直前で200mの急な上り坂。世界的に見ても過酷で、おそらく日本調教馬では超えることができない競馬場。 2.過去20年間1番人気成績馬名 オッズ 着順 ※2着以下の場合はその勝ち馬2017 Cracksman 4.5 3着 Wings [続きを読む]
  • 愛2000ギニー(2018)は人気薄Romanised(ロマナイズド)が差し切り勝利
  • 愛2000ギニー 2018【Irish 2,000 Guineas】(愛・カラ競馬場・GⅠ・芝1600・3歳)アイルランドクラシック第1弾。英2000ギニーの真価が問われるレース。基本的には英2000ギニー組 vs 別路線組。人気は英2000ギニーでSaxon Warriorの4着だったElarqam(エラーカム)が1人気。2人気は2歳王者US Navy Flag(ユーエスネイビーフラッグ)。前走仏2000ギニー(5着)からの出走。3人気が英2000ギニー6着のGustav Klimt(グスタフクリムト)。あとは3戦 [続きを読む]
  • 愛2000ギニー(2018)は人気薄Romanised(ローマナイズド)が差し切り勝利
  • 愛2000ギニー 2018【Irish 2,000 Guineas】(愛・カラ競馬場・GⅠ・芝1600・3歳)アイルランドクラシック第1弾。英2000ギニーの真価が問われるレース。基本的には英2000ギニー組 vs 別路線組。人気は英2000ギニーでSaxon Warriorの4着だったElarqam(エラーカム)が1人気。2人気は2歳王者US Navy Flag(ユーエスネイビーフラッグ)。前走仏2000ギニー(5着)からの出走。3人気が英2000ギニー6着のGustav Klimt(グスタフクリムト)。あとは3戦 [続きを読む]
  • ロッキンジS(2018)はRhododendron(ロードデンドロン)が接戦制す
  • ロッキンジS 2018【Lockinge Stakes】(英・ニューベリー競馬場・GⅠ・芝直1600・4歳以上)欧州古馬マイルGⅠ。全体的にメンバー薄いですけど、今の欧州マイル路線では揃った方。A.オブライエン師+R.ムーア騎手+Galileo産駒といつもの組み合わせGⅠ2勝Rhododendron(ロードデンドロン)。GⅠ初出走も3連勝中と勢いに乗るAddeybb(アーデイブ)。距離微妙もGⅠ2勝Limato(リメイト)が中心。 レースは日本でも聞いたことあるかと思います [続きを読む]
  • プリークネスS(2018)をJustify(ジャスティファイ)無敗で2冠達成
  • プリークネスS 2018【Preakness Stakes】(米・ピムリコ競馬場・GⅠ・ダ1900m・3歳)米3冠2レース目。出走馬オッズ見てもわかるように、ダービー馬Justify(ジャスティファイ)が1頭抜けていて、それにダービー2着馬のGood Magic(グッドマジック)がどれだけ迫り勝つことができるか、というメンバー構成。たぶん2冠は固いんじゃないかな、と予想。ダービーに続き不良馬場(+霧)で行われたレースは、予想通りJustifyとGood Magicのマ [続きを読む]
  • ダンテS(2018)はRoaring Lion(ローリングライオン)が圧勝
  • ダンテS 2018【Dante Stakes】(英・ヨーク競馬場・GⅡ・芝2100m・3歳)英ダービーのトライアル(ホボ)最終便。英ダービーを占う上で最重要レース。サクソンウォリアーのレーシングポストT2着、英2000ギニーで5着だったRoaring Lion(ローリングライオン)、前走リステッド戦で3着以下を突き放し快勝したMildenbeger(ミルデンバーガー)、現在3連勝中のCrossed Baton(クロスドバトン)、今年3月デビューで2戦2勝Nordic Lights(ノーディックライ [続きを読む]
  • 2018 欧州クラシックトライアル・4
  • 2018 欧州クラシックトライアル・42018.05.09〜13英ダービー、英オークス前哨戦。9日、チェスター競馬場芝2000のチェシャオークス(LS)。昨年エネイブルが勝利しオークス戦線に打って出た準重賞。R.ムーア騎手鞍上Magic Wand(マジックワンド)が人気も混戦。レースは押してハナ主張したMagic Wand(マジックワンド)が、直線も後続寄せ付けず快勝。Magic WandはA.オブライエン厩舎のガリレオ産駒。3戦2勝重賞初勝利となりました。2着もオ [続きを読む]
  • 仏1000ギニー(2018)はTeppal(ティパール)が混戦断ち切る
  • プール・デッセ・デ・プーリッシュ 2018【Poule d’Essai des Pouliches】(仏・パリロンシャン競馬場・3歳牝・芝1600m)仏牝クラシック第1弾。前走2戦2勝でGⅢ勝ちのMusis Amica(ムーシスアミカ)が人気もオッズは割れ加減で混戦。4戦3勝で前走GⅢ圧勝したBarkaa(バルカ)、昨年マルセルブサック賞2着のPolydream(ポリードリーム)が続く。 前レースを騎乗した騎手が馬場についてのクレームにより30分の遅延。レースはR.ムーア騎手のCould It [続きを読む]
  • Saxon Warrior(サクソンウォリアー)まとめと左後一白
  • Saxon Warrior(サクソンウォリアー)まとめと左後一白無敗のまま英クラシック1冠の英2000ギニーを制覇したことで、これまでよりもさらに注目度が上がってきている、ディープインパクト産駒のSaxon Warrior(サクソンウォリアー)。(5/10時点)英ダービー圧倒的1番人気に推されて、内国産種牡馬産駒初のエプソム競馬場出走だけでなく、勝利する可能性もあるということで、大注目されています。そこで、一旦ここまでの成績をまとめておこうと思いま [続きを読む]
  • Saxon Warrior(サクソンウォリー)まとめと左後一白
  • Saxon Warrior(サクソンウォリー)まとめと左後一白無敗のまま英クラシック1冠の英2000ギニーを制覇したことで、これまでよりもさらに注目度が上がってきている、ディープインパクト産駒のSaxon Warriro(サクソンウォリアー)。(5/10時点)英ダービー圧倒的1番人気に推されて、内国産種牡馬産駒初のエプソム競馬場出走だけでなく、勝利する可能性もあるということで、大注目されています。そこで、一旦ここまでの成績をまとめておこうと思いま [続きを読む]
  • ダーレミの娘Lah Ti Dar(ラーティダー)一躍オークス主役級へ
  • プリティーポリーS 2018【Pretty Polly Stakes】(英・ニューマーケット競馬場・3歳牝・芝2000)色々な国に同名レースがありますが、これはイギリスの3歳牝馬リステッド(準重賞)戦。英オークスへの大事なステップレース。ブエナビスタを破ったドバイSCなどGⅠ3勝Dar Re Mi(ダーレミ)と、ドゥバウィの娘Lah Ti Dar(ラーティダー)が圧倒的1番人気。先月の4月20日にデビュー戦を圧勝しての2戦目でしたが、メンバー軽かったとはい [続きを読む]