おおはら治療室 さん プロフィール

  •  
おおはら治療室さん: 吉祥寺 おおはら治療室のブログ
ハンドル名おおはら治療室 さん
ブログタイトル吉祥寺 おおはら治療室のブログ
ブログURLhttp://neutralbody.blogspot.jp/
サイト紹介文"オステオパシー" という徒手療法で股関節痛を改善させています。股関節痛に関する情報も随時発信中!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 315日(平均0.5回/週) - 参加 2013/03/25 17:04

おおはら治療室 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • オススメの一冊!腰痛の本だけど股関節痛に悩むあなたにも!
  • 痛みを感じるのは脳。自分の置かれている状況を良くも悪くもすることができるのも脳。物事の見方次第では今ままでとは全く違った視点で物事を捉えることができます。ここ最近のボクのテーマは「脳」と「意識」。この2つのテーマを主軸に本を読んでいました。その中で皆さん、特に痛みに悩んでいる人に是非読んでいただきたい本があるので紹介しますね。これ、いいですよ。タイトル通り、腰痛にフォーカスして書かれていまけど、腰 [続きを読む]
  • 「外から」だけではなく「中も」温めましょう
  • 寒い日が続きますね。東京はあいにく雪が降っていないので寒いなりに快適に過ごせています。寒い時期はからだを温めることにエネルギーが消費され、他にまわせるエネルギー量が少なくなる。その結果として不調を引き起こしやすい。なんてことも言われていたりします。一般的にからだを温めるのにヒートテックやホッカイロなど「外から」温めることが中心になりますが、それと同じく大事なのが「中から」温めるという観点。事務仕事 [続きを読む]
  • 臼蓋形成不全 原因は内臓のトラブルだった Mさんの症例
  • 臼蓋形成不全で大事なポイントは「見極め」です。今抱えている問題が本当に臼蓋形成不全によるものなのか?他の部分の影響が股関節周辺に痛みとして表現されているのではないか?臼蓋形成不全の影響があるとしても今の問題の100% 臼蓋形成不全が原因なのか?などなど、、、そもそも、骨の形状と抱えている問題がリンクしているのか、見極めていくことが欠かせません。ある日突然に両太もも 前面が重くなってしまい不安になって整 [続きを読む]
  • 股関節痛の保存療法。警報器を止めても鎮火しませんよ、という話。
  • 多くの人が「痛み」や「不快感」を何とかして欲しい、という動機で来室されます。痛みや不快感は気持ち良いものではありません。でも、ちょっと視点を変えてみると痛みや違和感をはじめとした、からだの不調に対しての向き合い方が変わるかも知れません。痛みはからだからのシグナル「からだに問題がありますよ!」痛みをはじめとした各種症状の多くは、からだから発せられるシグナルです。火事が起こり火災警報器が激しい音を出し [続きを読む]
  • 鶴岡さんの映画
  • 鶴岡さんとは、かれこれ5年くらいのお付き合い。5年前に当時ホンの少し注目された「骨髄ドレナージ」という治療法を試したところ逆に痛みが増してしまいました。それから順調に回復していき今ではお一人で電車を乗り継いでいらっしゃるまでになりました。とは言え、歴が長いので完治とまではいかず月1程度でメンテナンス。あとはご自身でリハビリを続けるというのが、ここ数年のパターンでした。突然の結膜炎。2か月後痛みが 0 の [続きを読む]
  • ハイヒールを勧めないたった1つの理由 ②
  • 人の構造的に無理がある前回の記事ではハイヒールを勧めない理由について書きました。今回はオステオパシー的な視点から更に突っ込んで書いてみます。外だけではなく中も・・・ハイヒールと骨盤の関係性これは骨盤の動きです。ハイヒールを履くと骨盤が前方に傾きます。股関節は骨盤に付属する関節ですので、骨盤が前方に傾くことで股関節の位置が相対的に変化します。人のからだはとてもうまくできて骨盤が前方に傾くと、その傾き [続きを読む]
  • ハイヒールを勧めないたった1つの理由 ①
  • 「ハイヒールはどう思いますか?」こんな質問をたまにいただきます。見えないところでからだは悲鳴をあげていますハイヒールは股関節痛を悪化させるリスクになるのでオススメできません。というのがボクの考えです。なぜか?人体の構造上無理があるから。シンプルにこう言った理由で勧めることができないんです。これはネットより拝借した画像ですがヒールの高い靴、特にピンヒールを履くと不安定性が増し、このように爪先立ちした [続きを読む]
  • 病院に頼る前に・・・慢性疾患は薬よりも食事。
  • 先日厚生労働省より国民医療費について発表がありました。毎年1兆円近く国民医療費が増加し、国民一人あたりの医療費も右肩上がりにグングン伸びています。整形外科で4年間で700億円。医療費推移から感じること厚生労働省のホームページには詳細なデータが公開されています。赤枠は整形外科の医療費推移。こちらも年々伸びていますね。4年間で700億円近くも上昇。スゴ過ぎて何だか現実味がありません。。医療分野は日進月歩で研究 [続きを読む]
  • テニスボールマッサージは表層の筋肉が対象です。
  • 筋肉をテニスボールでマッサージするセルフケア。テニスボールで凝っている筋肉をほぐして局所の血流を良くしましょう。というのが主な目的です。テニスボールでほぐせる筋肉とほぐせない筋肉テニスボールでほぐせる筋肉は浅層にある筋肉です。その反面、ほぐせない筋肉が深層にある筋肉です。具体的には、ほぐせない筋肉の代表が「腸腰筋(ちょうようきん)」です。腸腰筋は解剖学書で見ると表層にあるように見えます。でも、実際 [続きを読む]
  • カルシウムを摂れば骨が強くなるという勘違い
  • 骨粗鬆症の予防にはカルシウムを。これが世の常識です。でも常識が必ずしも正しいってことではありません。このカルシウム説も同様に。骨は生まれ変わっています骨は破壊と新生を繰り返しています。時間を掛けて骨が生まれ変わっているんですね。この破壊と新生のバランスが崩れると骨が硬くなったり、脆くなったりします。「股関節に孔(穴)があいていると言われた!」なんて耳にすることもある『骨のう胞』なんかも、この代謝の [続きを読む]
  • プロスタグラン人
  • 股関節痛で整形外科に罹ると、その多くは鎮痛薬が処方されます。代表的なものではロキソニンでしょうか。ロキソニンに限らず鎮痛剤を利用する前にしっかりとその作用とリスクを知る必要があります。クスリのリスク痛み止めの主な作用が「プロスタグランジン」の生成を抑えることです。このプロスタグランジンは炎症時に多く放出される物質として知られています。もうちょっと書くと痛み止めは血流を一時的にコントロールしています [続きを読む]
  • 動くだけがリハビリではないよ!脳の治癒力を利用しよう!
  • 「病院に行ってから痛みを強く感じるようになった」こういう訴えをたまに耳にします。これ、偶然なんでしょうか?もちろん、そういうこともあるでしょうけど、むしろ偶然ではないことの方が多いと感じています。侮れない!プラシーボ効果「プラシーボ効果」という言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?ただの白い粉を「すっごい効果のあるクスリ」と伝えて患者さんに服用してもらいます。クスリでもなんでもない白 [続きを読む]
  • 股関節の炎症は悪いものではありません。むしろ炎症は必要なものです。
  • 炎症は悪者ではありません股関節痛の多くは炎症性のものです。正確には股関節周辺の組織。関節包、骨膜、筋膜をはじめとした周辺組織の炎症です。この「炎症」が問題視されることがあります。そもそも「炎症」って、そんなに悪いものなのでしょうか?実はそんな悪者でもないんです。炎症は免疫反応で起こるもの。からだにウィルスなどの異物が侵入した時にさまざまな細胞などの生体内成分がその排除に働いた結果が炎症性の反応です [続きを読む]
  • 股関節痛で注目するポイントは ○○と○○!
  • 股関節痛=股関節の問題?!股関節痛で注目されるのが股関節です。 腰痛で注目されるのが腰です。膝痛で注目されるのが膝です。これが部分を重視する整形外科の特徴ですよね。からだは全て繋がりをもっています。ですので、股関節、膝関節、腰とパーツパーツで見ると視野が狭くなってしまうんです。股関節痛に悩む人の施術でボクが重要視しているところはどこだと思います?・・・・・・実は股関節ではないんです。股関節でまず注目 [続きを読む]
  • 変形性股関節症 可動域の改善へ向けて
  • 有病率が高い関節疾患。変形性股関節症。 統計上この変形性股関節症の罹患者が 100万人以上いると言われています。生活の質が低下すると人工股関節手術(THA)を選択する人が多いですが、手術を選択しないで日常生活を送っている人も少なくありません。変形性股関節症で問題となることが多いのが可動域の低下。爪切りができない、靴下がはけない、というような制限が出てきてしまいます。「可動域を改善させたい」今回ご紹介する M [続きを読む]
  • それ錯覚じゃない?
  • いきなりですが上の動画。白い Tシャツを着ている人と黒い Tシャツを着ている人がいますよね。それぞれのチームがバスケットボールをパスでまわしています。そこで質問です。白い Tシャツのチームは何回パスをまわしたでしょうか?・・・・・・・・・・・・・答えは 15回! というのは実はどうでもいいこと。これは脳がつくる錯覚のテスト。パスをしている輪の中をゴリラの着ぐるみが通り過ぎたのに気づいたでしょうか?これは「 [続きを読む]
  • ブログを再開します
  • 股関節痛改善Labo.を再開します!約2年前に終了した本ブログ。役立つ情報もたくさんあるので削除せずに残しておきました。以降、たまーにアクセス数を確認していましたがが毎日定期的にその数を伸ばしていました。まだまだニーズがあるようですし、アウトプットするいい機会にもなるので不定期ですが 更新を再開します。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …