かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: 青森の風景・文化風土記
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトル青森の風景・文化風土記
ブログURLhttp://kannota.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森を主とした風景・文化を写真を中心に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/03/25 20:26

かんちゃん さんのブログ記事

  • 地獄沼付近、紅葉真っ盛り
  • 地獄沼付近、紅葉真っ盛り 八甲田山は広いので、紅葉の名所はたくさんありますが、あまり知られていない隠れた名所が結構あります。 その中の一つが酸ヶ湯温泉の上方にある地獄沼付近です。 たいていの観光客は地獄沼の紅葉を見て立ち去ります。 でも、地獄沼から流れ出ていく下流の方の小さな道を歩いていくと、本当に紅葉が見事なところがあります。  訪れたときは、晴れていたこともあって、紅葉が輝いていました。 [続きを読む]
  • 砂沢ため池、夕陽の湖面
  • 砂沢ため池、夕陽の湖面 砂沢ため池は弘前市にあるといっても、鶴田町のすぐ隣にあり、車で10分も走れば着くので、気楽に行ける行けるところです。 この日も、夕焼けが出そうだったので、さっそく出かけてみたら、期待にそぐわず湖面が夕焼雲を映し出して赤く色づいていました。 日中は何も変哲もない光景が、夕陽に照らし出されると、情緒あふれる光景になってしまうのが、本当に不思議ですね。 [続きを読む]
  • 岩木川河口
  • 岩木川河口 岩木川は青森県で一番長い川です。 世界遺産白神山地の西目屋方面から流れ出し、102キロをへて、十三湖から日本海に流れ出します。 その海に流れ出る場所まで、車で行くことが出来ます。 荒れているときは無理ですが、波がわりと穏やかな時だったので、行ってみました。 意外だったのは、釣り人がたくさんいたことでした。 今の時期、何の魚が釣れるのでしょうかね。 [続きを読む]
  • 秋日和の十三湖
  • 秋日和の十三湖 十三湖は五所川原市の飛び地、十三地区の岩木川の出口にある湖です。 シジミ漁で全国的に有名なところですが、十三湖に浮かぶ小島を利用した中の島ブリッジパークがあり、市浦歴史民俗資料館・ケビンハウス・キャンプ場・アスレチック場・レストラン・しじみ拾い場などがあって、夏期間は大変賑わっています。 平日に訪れたこともあって、観光客はほとんどいませんでしたが、秋日和の十三湖を眺めていたらさっぱ [続きを読む]
  • 北金ヶ沢漁港
  • 北金ヶ沢漁港 北金ヶ沢漁港は深浦町の北金ヶ沢地区にある青森県では中規模の漁港です。 釣り人にとってはアイナメ、アジ、イナダ、ウミタナゴ、カレイ、クロダイ、サバ、サヨリ、シロギス、ソイ、ホッケ、メバルなどたくさんの種類の魚が釣れるので、人気のある漁港です。 夕方に訪れたので、もう漁は終わっていて、わずかな漁師が網の手入れをしているだけで、本当に静かでした。 静かな漁港を見ていると心が落ち着きますね。 [続きを読む]
  • 秋晴れの堺野沢ため池
  • 秋晴れの堺野沢ため池 秋晴れだったので、近くの堺野沢ため池に行ってみました。 堺野沢ため池は五所川原市の山すそにあるため池ですが、車で15分もかからず、しかも一周する散策路が整備されているうえに、約1時間ほどで回れるので、気楽に行けるところです。 ため池は入り組んでいるので、行くたびごとにいろいろと変化があり、この日も今の時期にしか見られない光景があったりして、満足して帰ってきました。 [続きを読む]
  • 夕陽の大岩海岸
  • 夕陽の大岩海岸  大岩海岸は深浦町のJR深浦駅の近くにある、大きな岩を中心にしたところを言っています。 岩までは、国道から約100mの遊歩道を完備され、大人が1人通れるほどの洞穴内の階段を登り岩上に出れば、日本海が360度一望できるパノラミックビューが広がります。 展望台からは、青森県の名峰岩木山や、世界自然遺産の白神山地などが一望出来ます。 昼間と違って、夕陽の時訪れたら、岩が赤く染まっていて、岩の持つ [続きを読む]
  • 虹の湖公園 秋景
  • 虹の湖公園 秋景 虹の湖公園は黒石市を流れる浅瀬石川の多目的ダム、浅瀬石ダム通称「虹の湖」のそばにあり、水と緑が彩る豊かな自然の中にあります。 道の駅もあり、広々とした敷地内には野外ステージを備えたコミュニティガーテンや、フィールドアスレチックの遊具を設置したスポーツガーデンなどがあり、多くの人で賑わいます。 この日も、グランドゴルフの大会が行われていていました。 黒石名物のこけしやリンゴのモニュ [続きを読む]
  • 瑞巌寺
  • 瑞巌寺 瑞巌寺は宮城県の松島町にある仙台藩伊達家の菩提寺です。 桃山時代の真髄を表している荘厳な建物です。特に唐戸や欄間、あるいは襖や床の間の豪華な絵画は日本の自然美を代表する人工美の極致とされています。もちろん、国宝・国重要文化財に指定されています。 瑞巌寺本殿のほかに、すこし離れた海岸に五大堂があり、境内を歩くと、本当に昔ながらのところが残っていて、昔の匠のすごさに感心するばかりでした。 [続きを読む]
  • 津軽富士見湖と秋雲
  • 津軽富士見湖と秋雲 9月に入ってくると、秋雲が澄み切った空気の青空に、いろいろな形を見せ始めます。 それらの雲を津軽富士見湖で撮ってみると、他のところで撮るよりも絵になるような気がします。 やはり津軽富士見湖は魅力的なところだと思いますね。 [続きを読む]
  • 初秋の野木和公園
  • 初秋の野木和公園  野木和公園は青森市の西部、野木和地区にある市立の総合公園で、野木和湖を中心に、子どもの国、ピクニック広場、水辺散策園、林間散策園、ふるさとの森の5つのエリアから構成されています。 それゆえ、いつ行っても人はいますが、園内が広いので圧迫感はありません。 この日もゆっくりと野木和湖を一周する散策路を歩くことができました。 秋の青空と光を浴びながら、気持ちよく散策しましたよ。 [続きを読む]
  • 秋晴れの出来島海岸
  • 秋晴れの出来島海岸 出来島海岸は津軽半島の日本海側に続く長い砂丘の七里長浜の海岸、つがる市の出来島地区の海岸のことを言っています。 夏は海水浴場の場所がにぎわいますが、それ以外の時期はいつ行っても人はほとんどいません。 漁港を作るために橋を架けたのですが、途中で採算の見込みがなく、中止してしまったので、漁船もいません。  いつ使うかわからない小舟、釣り人一人しか見えませんでしたが、かえって秋空の光 [続きを読む]
  • 八幡沼
  • 八幡沼 八幡沼は八幡平山頂部にあり標高1560m、長径570m、最大幅190m、深さ22.4mで、八幡平湖沼群の中でもっとも大きく、もっとも深い沼です。 6000年前に起こった水蒸気爆発で誕生した火口湖のひとつだということです。 八幡平にはいろいろな所を訪れる散策路が整備されていますが、八幡沼を一周できる散策路も整備されています。 秋空の下、空の青さが湖面に映し出されていて、本当にきれいでした。 [続きを読む]
  • 八幡平
  • 八幡平 八幡平は岩手県、秋田県にまたがる標高1614mの山です。 でも、普通に考える登りきった頂上があるわけでもなく、広い高原上のあちこちに様々な形の火山起源の小さなピークがそびえ、その間に無数の沼や湿原が点在しています。。山域は1956年に十和田八幡平国立公園に指定されました。 散策道路がきちんと整備されているので、安心して散策できます。 紅葉にはまだ早かったですが、青空の下、すがすがしい空気を吸ってさ [続きを読む]
  • 弘前公園と雲
  • 弘前公園と雲 久しぶりに弘前公園に行ってみました。 園内を散策していると、澄み切った青空に面白い雲がかかってきました。 それで、雲を意識しながら、公園の光景を写してみました。  普通は緑の光景が多いのですが、青と白との対比でみる公園も捨てたものじゃないと思いましたね。 [続きを読む]
  • 鳥対策
  • 鳥対策 今の時期、リンゴやブドウを作っている農家にとって、最大の関心事はいかにして鳥たちの食害を防ぐかです。 丹精込めて作り上げてきたリンゴやブドウが鳥たちに食いつかれてしまうと、売り物になりません。 そこで、人間と鳥たちの知恵比べが始まるわけですが、完全に防げないのが悩みの種みたいです。 それにしてもこのような芸術作品は、都会では見れるわけでなく、地方独特の作品だとは思いませんか。 [続きを読む]
  • 夜越山森林公園
  • 夜越山森林公園 夜越山森林公園は、青森県東津軽郡平内町にある町営の森林公園です。 公園内には洋ラン園、ケビンハウス、スキー場、オートキャンプ場、パークゴルフ場、温泉施設などがあり、一年間を通して楽しめるところです。 平日に訪れたので、そう人々はいませんでしたが、自然いっぱいのところなので、青空の下広い園内を歩いて、気分は爽快でした。 [続きを読む]
  • 小泊マリンパーク
  • 小泊マリンパーク 小泊マリンパークは中泊町の小泊地区にある海水浴場です。 晴れている日には、北海道の島々を見ることができるので、結構観光客も来るそうです。 訪れたときはちょうど海水浴場が終わりになった後なので、釣り人がいるだけでした。 寒いから仕方がないのかもしれませんが、海水浴場の期間がたった1ヵ月とは、立派は施設なのでもったいないなと思いましたよ。 [続きを読む]
  • 夕陽の折戸海岸
  • 夕陽の折戸海岸 折戸海岸は中泊町の下前地区に入るところにある海岸です。 ここにはライオン岩と呼ばれている岩礁地帯があって、ライオンにまつわるモニュメントがつくられており、ちょっとした観光地になっています。 日中の青い空や海の中で見る折戸海岸もさっぱりしますが、夕陽で見る折戸海岸も情緒が増して、さらにさっぱりしますね。 [続きを読む]
  • 黄昏の七里長浜港海浜公園
  • 黄昏の七里長浜港海浜公園 七里長浜港海浜公園は鰺ケ沢町の七里長浜港に隣接している公園です。 砂浜のほとんど何もない公園なので、訪れる人も少ないです。 でも、この時期は太陽が真正面に沈むので、夕陽が沈むときはそれなりに人はいます。 この時も、何人かがじっとたたずんでいました。 夕陽は何かしらの哀愁を感じさせてくれるので、私は好きですね。 [続きを読む]
  • 鶴凧
  • 鶴凧 今年も鶴田夏祭りで、見事に鶴凧が舞い上がりました。 今は見慣れているのでびっくりしませんが、最初見たときは本当に驚きました。 津軽では凧あげといえば津軽凧といって、凧の骨には薄く削ったヒバ材を用いて、 ねぷた祭りの山車を思わせる武者絵が描かれる畳2丈ほどもある大凧です。 それに対し、鶴凧はまさしく鶴を凧に作って、釣り竿で上げます。  この日は風もあり青空が多かったので、青空に鶴の姿をした悠然 [続きを読む]
  • 川倉賽の河原地蔵尊
  • 川倉賽の河原地蔵尊 川倉賽の河原は五所川原市の金木地区にあるため池「芦野湖」のそばにあります。 日本三大霊山の一つとして知られる、青森県下北半島にある恐山と並ぶ、津軽霊場です。 古くから津軽の民俗信仰の中心地として栄えてきました。境内に、2000体もの地蔵や、未婚の男女の霊を供養する人形などが供えられ、只ならぬ雰囲気を感じます。 毎年、旧暦6月22日〜6月24日までの例大祭には全国から参詣者が訪れ、イタ [続きを読む]
  • 田舎館村ネプタ
  • 田舎館村ネプタ 田舎館村は弘前市から黒石市に行く途中にある、小さな村です。 津軽地方ではその地域地域で昔からネプタが運行されています。 青森市や弘前市のねぶたに比べると規模は比較にならないくらい小さいですが、子どもが活躍するねぶたも多く、温か味かあって、私は好きですね。 [続きを読む]
  • 弘前ねぷた
  • 弘前ねぷた 今年も津軽を代表する夏祭り、ねぷた祭りが各地で始まりました。 その中でも、有名なのは「青森ねぶた」「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」です。 最初に始まるのが、弘前ねぷたで、7日間の日程で全77台が日にちを決めて、弘前中心街を合同運行します。 初日の1日に行ったのですが、観衆約30万人(地元の新聞記事)というだけあって、すごい人人でした。 初日は40台運行したということですが、延々と続く [続きを読む]