かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: 青森の風景・文化風土記
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトル青森の風景・文化風土記
ブログURLhttp://kannota.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森を主とした風景・文化を写真を中心に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/03/25 20:26

かんちゃん さんのブログ記事

  • 川内渓流
  • 川内渓流 川内渓流は下北半島の陸奥湾に面した川内町に流れ出ている川内川の上流のところを言っています。 下北半島では薬研渓流と並んで新緑・紅葉の名所として有名なところです。 渓流に沿って、4.4キロにわたって遊歩道が整備されているので、安心して散策することが出来ます。 訪れたのが平日だったので、散策している人はほとんどいなく、名所にしては少し寂しい気もしました。 でも、そのおかげで静かな渓流とおなじ [続きを読む]
  • 十和田湖、大畳石
  • 十和田湖、大畳石 大畳石は十和田湖の子ノ口から、北へ2.5キロ行ったところに幅約40m長さ約200mにわたる露出した岩肌があるところです。 十和田湖の有名な観光地からは離れてるし、車では行けないので、隠れた名所かもしれません。 紅葉の真っ最中というのに、訪れている人はほとんどいませんでした。 独り占めで、岩と紅葉のコラボレーションを、充分に満喫してきました。 [続きを読む]
  • 紅葉まじかの弘前公園
  • 紅葉まじかの弘前公園  弘前公園は、春の桜祭りと秋の菊と紅葉まつりの時が一番賑わいます。 紅葉の最盛期は11月に入ってからですが、今の時期に訪れても紅葉の雰囲気は感じれます。  部分的に紅葉しているところを探しながら園内をあるくのも、宝物を探すような感覚になって、結構面白いものですよ。 [続きを読む]
  • 初秋の芦野湖
  • 初秋の芦野湖 芦野湖は五所川原市の金木地区にある、割と大きなため池の通称です。 ため池なので時期によって水位が上がったり下がったりするのですが、今は水位がだいぶん上がってきているみたいでした。 訪れている人はほとんどいなく、フナ釣りマニアがのんびりと竿を垂れていました。 秋晴れの下、一部分が紅葉してきている芦野湖を散策して、気持ちがさっぱりとしました。 [続きを読む]
  • 小森部落
  • 小森部落 小森部落は、世界遺産白神山地から鰺ヶ沢町に流れ出てくる赤石川の流域にある小さな部落です。 ここを通った時に、昔ながらの生活の雰囲気が色濃く残っていると思いました。 今は山の奥に行っても、新しくなっているので、昔ながらの光景を見るとほっとしますね。 [続きを読む]
  • 紅葉はじめの睡蓮沼
  • 紅葉はじめの睡蓮沼 睡蓮沼は、八甲田を通る道路で最も標高が高い地点である「笠松峠」付近、標高約1000mのところにある小さな沼です。 水辺にスイレン科のエゾヒツジグサが自生しており、夏場には白く綺麗な花を湖面に咲かせるところから睡蓮沼と呼んでいます。 青森県の紅葉を一番早く気楽に見える所が、ここ睡蓮沼ですが、この時期に紅葉をはじめていたのには正直びっくりしました。いよいよ、青森県も紅葉の季節に入りまし [続きを読む]
  • 七滝
  • 七滝 秋田県小坂市から十和田湖に行く県道2号線を行くと「日本の滝百選」の一つである名瀑「七滝」があります。約60mの高さかtら七段にわたって流れ落ちるこの滝は、その源を十和田湖外輪山付近に発しています。 七滝のそばに龍神を祀る七滝神社、水車小屋があり、公園として整備されているので、滝つぼまで気楽に行けます。いろいろな名瀑がある中で、苦労もせず迫力ある滝を見れるのは嬉しいものですね。 [続きを読む]
  • 城ヶ倉渓流
  • 城ヶ倉渓流 城ヶ倉渓流は青森市に流れ出る荒川の上流、酸ヶ湯温泉近くを流れている渓流です。 昔は下の道路から城ヶ倉渓谷を歩くことが出来ました。 しかし、現在は上に素晴らしい城ヶ倉大橋が出来てから、そして城ヶ倉渓谷で人身事故があってから、渓谷を歩くことは禁止されています。 それで、城ヶ倉渓流は高さ約120mの城ヶ倉大橋からしか見ることは出来ません。 大橋の上から下を見下ろすと、八甲田山中の山間を悠然と [続きを読む]
  • 種差海岸・中須賀
  • 種差海岸・中須賀 中須賀は八戸市の東部、太平洋側に面した海岸で、岩礁の入り江に整備された遊歩道沿いに花々が咲き誇る、「花の渚」とも呼ばれる種差海岸を代表する景観の一つです。  初夏の遊歩道沿いにはハマヒルガオ・スカシユリなどの海浜植物と、ニッコウキスゲ・ノハナショウブなどの高山植物が隣り合って咲く希少な場所として有名です。 今の時期は、ハマギクが満開でした。 岩礁地帯だけあって変化があり、海のそば [続きを読む]
  • かかしロード280
  • かかしロード280 「かかしロード280」は、青森市油川と外ヶ浜町三厩を結ぶ国道280号バイパス沿いに、沿線の各町会が中心となってオリジナルのかかしを製作し展示するイベントです。  稲刈りがまじかになったこの時期に、 毎年話題になった人物など、いろいろな「かかし達」が展示され、バイパスを通る皆さんを楽しませています。 昔は、田んぼの中にかかしをよく見たものですが、今はめったに見られません。 寂しいかぎりで [続きを読む]
  • 戸狩野沢温泉
  • 戸狩野沢温泉 所用があって、戸狩野沢温泉にいってきました。 戸狩野沢温泉は長野県の飯山市にある温泉です。 自然を生かしたリゾート地区として有名なところです。 私の住んでいる津軽地方では高所から街並みを見れるところはなかなかありません。 さすが、山の県である長野県だと思いましたよ。  [続きを読む]
  • 青い海公園
  • 青い海公園 青い海公園は青森港に隣接し、青森県観光物産館アスパムの裏手にある海に面したところに造られた都市公園です。 園内には展望台、野外ステージ、現代アートやオブジェが数多くあり、見る人の目を楽しませてくれます。 県内の公園で、海辺の近代的な公園はここしかありません。 夕方訪れると、夕陽とのコラボレーションで、いっそう魅力的になるので、夕陽時は好きですね。  [続きを読む]
  • 徳明川
  • 徳明川 徳明川は岩木山から日本海側鰺ヶ沢町に流れ出ている小さな川です。 川に沿って鰺ヶ沢スキー場に行く道路が整備されているので、行きやすい川です。 でも、ほとんどの人が車で素通りで、川を覗いてみる人はめったにいません。 その川を所々で覗いてみると、結構面白いところがあります。 小さいけど流れは速いので、岩にも穴をあけて、悠々と流れています。 その様子を見て、自然の凄さを感じましたよ。 [続きを読む]
  • 大沼公園
  • 大沼公園 大沼公園といえば北海道の函館市近くの大沼国定公園が有名ですが、青森県でも五所川原市の相内地区に大沼公園があります。小さな沼ですが、なぜか名前は大沼です。 遊具があったり、一周するために特色ある橋をつくったりと、こんな場所に立派な公園があるのかとびっくりするくらいです。 ただ、残念ながら訪れたときは誰一人いるわけでもなく、整備されていないところがあったので、本当にもったいないなと思いました [続きを読む]
  • 夕暮れの鶴の舞橋
  • 夕暮れの鶴の舞橋 最近、人気が高まっている津軽富士見湖の鶴の舞橋ですが、いつ行っても観光客がいます。 さすがに、夕方訪れるとお客は少ないですが、それでもいます。 吉永小百合のポスターが出来る前は、考えられなかったことです。 地元としてはうれしい限りです。 夕方、岩木山をバックにした鶴の舞橋をみると、本当に情緒があると思いませんか。  [続きを読む]
  • 霧の鶴寿公園
  • 霧の鶴寿公園 鶴寿公園は鶴田町の中心にある小さな公園です。 一周しても10分くらいだし、子どもの遊び場と鶴のモニュメントがあるくらいで、そうたくさんの人が訪れるわけでもありません。 ごく普通のありふれた公園ですが、めったに起こらない朝霧の時に訪れると、ありふれた光景が、少し情緒的に見えました。 霧は本当に不思議ですね。 [続きを読む]
  • 岡崎海岸
  • 岡崎海岸 岡崎海岸は深浦町の中心にあり、日本の渚百選」にも選ばれているほど景観の良さが自慢のところです。ここにある 弁天島には弁財天(七福神の一人)を奉る弁天宮があり、古くから海上の安全航海と豊漁を祈願する神聖な場所として知られています。北前船交易が盛んだった頃に建立されたと言われています。 ちょうど夕方に訪れたのですが、夕陽がごつごつとした岩肌を照らし、日中とは違った光景を見れたので、1時間もかけ [続きを読む]
  • 茂浦漁港
  • 茂浦漁港 茂浦漁港は夏泊半島の西側にある漁港です。 夏泊半島のある陸奥湾はホタテの一大産地で、どこの漁港もホタテ漁が盛んです。 ここの茂浦漁港もほとんどの船がホタテの船でした。 最近はホタテの値段が高いようで、小さい港の割には活気があるように感じましたね。 [続きを読む]
  • 夏泊半島
  • 夏泊半島 夏泊半島は津軽半島と 下北半島に挟まれた陸奥湾に突き出た半島です。 中央部には夏泊山地があり、海岸部まで迫っているところもあるので、風光明媚な光景をつくっています。 晴天の時に訪れたので、ドライブしながらの撮影は本当に気持ちが良かったです。 [続きを読む]
  • 鰺ケ沢町、白八幡宮大祭
  • 鰺ヶ沢町、白八幡宮大祭 白八幡宮大祭は、300年以上続く伝統行事です。 現在は4年に1度行われ「津軽の京まつり」とも言われています。 200人以上の人々が、神職や奉行、そして弓や盾、祭具などで古式ゆかしい装束に身をまとって、1kmも続いているのではと思うくらいの行列で町内を練り歩くのは、迫力がありました。  沿道では、住民が古くからのしきたりにならい、家の前にお神酒や米を供え正座して神輿を出迎えたのを見る [続きを読む]
  • 鶴凧
  • 鶴凧 鶴田町では独特な凧揚げがあります。 それは凧が鶴の形をして揚げています。 この凧揚げは鶴田町でしかやっていません。 最初この話を聞いた時には、四角い凧ならいざ知らず、本当に鶴の形をした凧が揚がるのか半信半疑だったのですが、実際に見てみると見事に揚がっていたので感心しました。 お盆と正月の2回しか揚げないのがもったいないような気がしましたよ。 [続きを読む]
  • はまなす公園
  • はまなす公園 はまなす公園は、日本海側鰺ヶ沢町の公園です。夏になるとここは海水浴場として賑わいます。 訪れたのは夕方だったので、海水浴の人たちはあまりいませんでした。 それでもゆったりと遊んでいる姿を見ると、世界の混乱の中で生きている人たちを思い出し、日本は今日も一日平和だったとつくづく思いましたよ。 [続きを読む]
  • 板柳町子どもねぷた
  • 板柳町子どもねぷた 津軽地方では8月はねぷたの時期です。有名な青森市、弘前市、五所川原市のネプタ以外にも、各町村で昔ながらの独特なねぷた運行が行われています。板柳町も、大人のねぷた運行の他に、子どもを主体にしたねぶた運行が行われています。 こどもねぷたを見ていると、本当に素朴で、自分たちが主体的に楽しんでいます。大人のねぷたもいいですが、それ以上に地域の伝統を受け継いでいくという点では、重要な行事 [続きを読む]