かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: 青森の風景・文化風土記
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトル青森の風景・文化風土記
ブログURLhttp://kannota.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森を主とした風景・文化を写真を中心に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/03/25 20:26

かんちゃん さんのブログ記事

  • 冬の岩木山
  • 冬の岩木山 岩木山は津軽の人々にとって神様の山です。 一年中、岩木山の定点カメラで撮っている人もいます。 私も四季を通して撮っていますが、冬の岩木山は迫力があると思います。 いらないものを隠しての白と黒の世界は強烈な印象を与えると思いませんか。 [続きを読む]
  • 乳穂ヶ滝氷祭
  • 乳穂ヶ滝氷祭  弘前市から世界遺産白神山地に行く途中にある落差が33mある乳穂ケ滝では、冬に結氷する滝の太さや形状などから、その年の津軽の作物の豊凶を占う神事が古事に昔からあり、今は乳穂ヶ滝氷祭として続いています。滝の凍り具合や、積み上げた杉葉をいぶした煙や稲束の燃え具合を見る豊凶占いなどの護摩祈祷、火渡荒行が行われ、参拝者は燃える護摩木の上を歩きながら、無病息災を祈願します。 今年のご託宣は「雪が消 [続きを読む]
  • 夕陽の砂沢ため池
  • 夕陽の砂沢ため池 砂沢ため池は弘前市にあることになっていますが、私のところからは車で10分くらいで行けるし、津軽富士見湖と同様に岩木山が湖面にくっきりと映るので、よく出かける場所です。 今の時期は湖面は雪なので岩木山が映るということはないですが、夕方に出かけたら雪の白さに夕陽が赤く染まって、大変きれいでした。 [続きを読む]
  • 弘前城雪燈籠まつり
  • 弘前城雪燈籠まつり 弘前市の冬の一大イベントである「第42回弘前城雪燈籠まつり」が9日〜12日行われました。 園内には市民らが作った雪燈籠や雪像など計229基があり、市役所をモチーフにした大雪像や大滑り台があるなど、たくさんの人々で賑わっていました。 昼間でなく夜に出かけたのが正解で、ライトアップのもと雪燈籠やミニかまくらの明かりが闇の中に浮かび上がり、幽玄的な世界を味わえたので、寒い中でしたが大 [続きを読む]
  • 県道200号線 冬景色
  • 県道200号線 冬景色 県道200号線とは、鶴田町からつがる市森田地区に通じる道路です。 この道路の両側はリンゴ畑で、温泉に行くために常に通っている私にとってはごくありふれた光景で、普段はなんとも感じない道路です。 ところが、一冬に一回あるかないかという晴天の下での雪の華をみたときには、まったく違った景色に見えたのには大変驚きましたよ。 [続きを読む]
  • 冬晴れの津軽富士見湖
  • 冬晴れの津軽富士見湖 津軽地方の冬は、毎日が曇り空か雪降りで、晴天が覗くことはめったにありません。その青天のチャンスがあったので、早速出かけました。 朝陽の中、清々しい空気の下で一面真っ白な湖面を見渡すと、本当に気持ちが良かったですね。 [続きを読む]
  • 浅瀬石川上流、冬景
  • 浅瀬石川上流、冬景 浅瀬石川は十和田湖の外輪山から黒石市を通り、岩木川に流れ出る川です。 十和田湖に行く国道101号線に沿って流れているので、気楽に行ける川です。 冬期間は十和田湖に行く道路が通行止めになってしまうのですが、それでも相当奥まで行くことが出来ます。 雪が降ったので行ってみたのですが、どんよりとした天気の下、深々と流れている姿をみて、それこそ悠久の姿をみた感じがしました。 [続きを読む]
  • 津軽の地吹雪
  • 津軽の地吹雪 鶴田では1月2月と地吹雪で悩まされる日々が出てきます。 地吹雪の日はなるべく出歩かないようにしていますが、どうしても用事を足さなければならないときは、それこそ命がけで細心の注意を払って動いています。  同じ津軽平野でも弘前市方面は岩木山の影響で地吹雪はないのですが、津軽半島の西側は季節風をさえぎるものがないのでまともに雪が地面から降ってきます。 本当に不公平ですよね。 [続きを読む]
  • アップルロード冬景色
  • アップルロード冬景色 アップルロードは弘前市の山側に広がるリンゴの産地を通っている道路の愛称です。 この道路の両側はリンゴの木々で、秋に通るとリンゴがぶら下がってなっているので、見事な光景が見られます。 でも、今の時期にいっても、リンゴの木々に雪をかぶった独特な光景が見れるので面白いですよ。 [続きを読む]
  • 折戸海岸
  • 折戸海岸 折戸海岸は中泊町の下前地区に入る日本海の海岸です。 有名なライオン岩があったりして、結構変化に富んでいます。海岸線に沿って道路があるので、冬の季節風が強いときには波をかぶって危ないです。 それで、季節風がそう強くないときに出かけたのですが、やはり波は強く冬の荒々しい光景でしたね。 [続きを読む]
  • 弘前市運動公園
  • 弘前市運動公園 弘前市運動公園は国道7号線沿いにある、当市のスポーツのメッカの場所です。 陸上競技場、ナイター設備を備えた庭球場・野球場・運動広場、それに球技場があります。 また、エントランス広場や自由広場、芝生広場もあり、ちょっとしたピクニックにも最適の公園です。 一角には、克雪トレーニングセンター・青森県武道館もあります。 さすがに今の時期は人はほとんどいませんが、公園を一周する散策路の雪道は [続きを読む]
  • 津軽冬景色
  • 津軽冬景色 津軽の冬は1月の中頃から2月の中頃までが一番厳しいです。 それは季節風が強くて、いわゆる地吹雪が多くなってくるからです。 特に日本海側に近いところは、地吹雪に会うと前方が全く見えなくなるため、運転してて本当に危ないです。 晴れている日の雪景色はきれいですが、いったん雪が降り始めると本当に厳しい生活が始まりますね。 [続きを読む]
  • 高山稲荷神社
  • 高山稲荷神社 高山稲荷神社はつがる市牛潟にあり、屏風山のちょうど真ん中に位置しています。 神社のすぐ裏は日本海の七里長浜となっています。 伏見稲荷神社と同じ稲荷大神が祭られており、五穀豊穣・海上安全・商売繁盛の神様として、青森随一の霊験あらたかな神社として有名なところです。 冬に訪れると、有名な千本鳥居の赤が雪の白さの中で一段とさえわたっていて、観光客やお参りの人もいなかったので、荘厳な気持ちで境 [続きを読む]
  • 冬のリンゴ樹木
  • 冬のリンゴ樹木 冬のリンゴの木々は葉が落ちてしまって殺風景ですが、雪が少し積もった晴れた日に見ると、雪がいらないものを隠し、その白さにりんごの木々の影が映って、きれいな光景になるのが魅力的ですね [続きを読む]
  • 鶴の舞橋 冬景
  • 鶴の舞橋 冬景 津軽富士見湖は厳しい真冬を迎え、湖面はほとんど白くなってきました。 数年前から除雪が行われているので、冬でも訪れる人は結構います。  夕方訪れたのですが、親子連れをはじめやはり散策している人はいました。 鶴の舞橋は静かにたたずんでいました。 [続きを読む]
  • 坂梨峠
  • 坂梨峠  坂梨峠は青森県平川市と秋田県小坂町の県境にある国道282号の峠です。 道幅は狭く、急こう配の坂が続くので、夏でも運転に大変な道路ですが、今の時期は本当に大変です。 新緑や紅葉の時期は見事ですが、今の時期、木々に雪が積もっているとまた違った見事な光景が見られるのがいいですね。 [続きを読む]
  • 岡崎海岸
  • 岡崎海岸 岡崎海岸は深浦港の南側にあり、連続する岩礁が特徴的で、日本の渚百選にも選ばれているところです。 弁天島には弁財天(七福神の一人)を奉る弁天宮があり、古くから海上の安全航海と豊漁を祈願する神聖な場所として知られています。 冬は雪が降るのですが、ここは強い風に吹き飛ばされて、雪は全く積もりません。 季節風が強いときは波が荒く、危なくて撮っていられませんが、訪れた時はこの時期としては穏やかな時だ [続きを読む]
  • イルミネーションの弘前市立観光館
  • イルミネーションの弘前市立観光館 弘前市立観光館は、弘前公園そばの追手門広場の一角にあり、観光コンシェルジュによる観光案内をはじめ、観光の目的に応じて様々なガイドマップを提供しています。 弘前市では12月から2月まで、弘前エレクトリカルファンタジーといって、市内にある洋館や各地でイルミネーションを飾って、冬の観光に役立てています。 弘前市立観光館もその一つです。 日中普段見る市立観光館も立派な建物 [続きを読む]
  • 風合瀬漁港
  • 風合瀬漁港 風合瀬漁港は深浦町の風合瀬地区にある小さな漁港です。 深浦町の各部落にはそれぞれ小さな漁港があり、風合瀬漁港もその中の一つです。 定置網、棒受網、釣りが中心で、 ヤリイカ、メバル、ブリ類などが水揚げされているとのことです。 この時期なので、ほとんどの船が休んでいました。 でも、小さな漁港に来ると何かしら郷愁がわいてきて、見ているだけでさっぱりしましたよ。 [続きを読む]
  • 堺野沢ため池、冬景
  • 堺野沢ため池、冬景 堺野沢ため池は五所川原市の山すそにあるため池ですが、一周できる遊歩道が整備されているので、散策路として人気のあるところです。 さすがに今の時期は人はいませんが、まだ雪が少ないので、散策した跡足はありました。 普段は風により木々に雪が積もることはないのですが、訪れた時は風がなかったので、雪の華を見れて、静かなひと時を過ごすことが出来ました。 [続きを読む]
  • 里山、若山地区冬景
  • 里山、若山地区冬景 五所川原市はほとんどの地区が津軽平野にありますが、東側地区が津軽半島の山麓に当たるので、山の中に部落があります。その代表が若山地区です。 平地の田んぼは変化がなく見慣れているので情緒を感じませんが、山すその田んぼは山との兼ね合いでいろいろな光景が出てくるので、私は好きですね。 [続きを読む]
  • 津軽富士見湖の樹木
  • 津軽富士見湖の樹木 津軽富士見湖にはその周りにいろいろな樹木があります。 普段は普通の木々ですが、雪が積もっていて朝陽に浴びている木々を見ると、木々が生き生きとして印象的に見えます。 めったに見られない光景だけに感動しますね。 [続きを読む]
  • 雪降りの弘前禅林街
  • 雪降りの弘前禅林街 禅林街は、弘前市の西茂森地区にあり、江戸時代津軽地方を治めていた津軽家の殿様の菩提寺である長勝寺を中心に、禅寺が両側に並んでいる街です。 いつ行っても厳粛な気持ちになるところですが、特に雪降りの時には何かしら禅の厳かな雰囲気が漂ってきて、不思議な気持ちになりました。 [続きを読む]
  • 初冬の鶴田町
  • 初冬の鶴田町 私が住んでいる鶴田町の基幹産業は農業です。自宅から少し離れると、田んぼがあり、りんご・ブドウ畑があり、養豚もあります。また、鶴田町にちなんで、鶴のモニュメントをあちこちにつくり、街おこしを行っています。 雪がないときは何の変わり映えしない風景でも、雪があるとまた違った趣が出来てくるので、不思議なものですね。 [続きを読む]