かんちゃん さん プロフィール

  •  
かんちゃんさん: 青森の風景・文化風土記
ハンドル名かんちゃん さん
ブログタイトル青森の風景・文化風土記
ブログURLhttp://kannota.blog.fc2.com/
サイト紹介文青森を主とした風景・文化を写真を中心に紹介
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供122回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2013/03/25 20:26

かんちゃん さんのブログ記事

  • 夕陽の折戸海岸
  • 夕陽の折戸海岸 折戸海岸は中泊町の下前地区に入るところにある海岸です。 ここにはライオン岩と呼ばれている岩礁地帯があって、ライオンにまつわるモニュメントがつくられており、ちょっとした観光地になっています。 日中の青い空や海の中で見る折戸海岸もさっぱりしますが、夕陽で見る折戸海岸も情緒が増して、さらにさっぱりしますね。 [続きを読む]
  • 黄昏の七里長浜港海浜公園
  • 黄昏の七里長浜港海浜公園 七里長浜港海浜公園は鰺ケ沢町の七里長浜港に隣接している公園です。 砂浜のほとんど何もない公園なので、訪れる人も少ないです。 でも、この時期は太陽が真正面に沈むので、夕陽が沈むときはそれなりに人はいます。 この時も、何人かがじっとたたずんでいました。 夕陽は何かしらの哀愁を感じさせてくれるので、私は好きですね。 [続きを読む]
  • 鶴凧
  • 鶴凧 今年も鶴田夏祭りで、見事に鶴凧が舞い上がりました。 今は見慣れているのでびっくりしませんが、最初見たときは本当に驚きました。 津軽では凧あげといえば津軽凧といって、凧の骨には薄く削ったヒバ材を用いて、 ねぷた祭りの山車を思わせる武者絵が描かれる畳2丈ほどもある大凧です。 それに対し、鶴凧はまさしく鶴を凧に作って、釣り竿で上げます。  この日は風もあり青空が多かったので、青空に鶴の姿をした悠然 [続きを読む]
  • 川倉賽の河原地蔵尊
  • 川倉賽の河原地蔵尊 川倉賽の河原は五所川原市の金木地区にあるため池「芦野湖」のそばにあります。 日本三大霊山の一つとして知られる、青森県下北半島にある恐山と並ぶ、津軽霊場です。 古くから津軽の民俗信仰の中心地として栄えてきました。境内に、2000体もの地蔵や、未婚の男女の霊を供養する人形などが供えられ、只ならぬ雰囲気を感じます。 毎年、旧暦6月22日〜6月24日までの例大祭には全国から参詣者が訪れ、イタ [続きを読む]
  • 田舎館村ネプタ
  • 田舎館村ネプタ 田舎館村は弘前市から黒石市に行く途中にある、小さな村です。 津軽地方ではその地域地域で昔からネプタが運行されています。 青森市や弘前市のねぶたに比べると規模は比較にならないくらい小さいですが、子どもが活躍するねぶたも多く、温か味かあって、私は好きですね。 [続きを読む]
  • 弘前ねぷた
  • 弘前ねぷた 今年も津軽を代表する夏祭り、ねぷた祭りが各地で始まりました。 その中でも、有名なのは「青森ねぶた」「弘前ねぷた」「五所川原立佞武多」です。 最初に始まるのが、弘前ねぷたで、7日間の日程で全77台が日にちを決めて、弘前中心街を合同運行します。 初日の1日に行ったのですが、観衆約30万人(地元の新聞記事)というだけあって、すごい人人でした。 初日は40台運行したということですが、延々と続く [続きを読む]
  • 東岳
  • 東岳 東岳は青森市の東部にある標高652mの山です。 晴れている日には山頂から市街地はもちろんのこと、陸奥湾や八甲田山、岩木山や津軽・下北の両半島、そして北海道の眺望も得られるので市民にとって人気の山です。 私が行ったときは、ガスがかかっていたので遠くまで見れませんでしたが、登山するには体力的にちょうど良い山だったので、爽快な汗をかいて気持ちが良かったです。 [続きを読む]
  • ハス満開の猿賀公園
  • ハス満開の猿賀公園 猿賀公園は平川市の尾上地区にある猿賀神社に隣接して造られた公園です。 春の桜と夏のハスは有名で、たくさんの観光客でにぎわいます。 早朝に行ったので、観光客はまだ多くはありませんでした。 それで、鏡ヶ池一面に咲いているハスを、池の中にある胸肩神社の赤とのコラボでゆっくりと鑑賞できました。 ハスの花は気品があって私は好きですね。 [続きを読む]
  • 鶴寿公園 夕焼け雲
  • 鶴寿公園 夕焼け雲 きれいな夕焼け雲が出そうなので、さっそく鶴寿公園に行ってみました。 鶴寿公園は鶴田町の中心部にあり、我が家からは車で3分くらいで行けます。  鶴寿公園にはいろいろなモニュメントがあるので、それとの対比で夕焼け雲をみると、夕焼け雲の情緒がます感じがして、気持ちがいいですね。 [続きを読む]
  • 竜飛漁港
  • 竜飛漁港 竜飛崎の上から下を見渡すと、本当に小さな漁港がみえます。 竜飛漁港です。 釣りマニアにとっては、春から冬まで季節に合った魚が釣れるので、魅力的な漁港だそうですが、漁師にとっては大量に何か魚が取れるわけでもないみたいです。 訪れた時が昼間だったので、何も動きがなく、漁具を直していたりして、のんびりしていました。 小さい漁港は日本の原風景を感じさせてくれるので、私は大好きですね。 [続きを読む]
  • 竜飛崎
  • 竜飛崎 竜飛崎は、東津軽郡外ヶ浜町三厩地区にある、津軽半島の最北端、津軽海峡に突き出た岬です。 津軽国定公園の一部になっています。 日本の最北端の岬で、青函トンネルに関する施設もあり、日本唯一の階段国道があることなどから、観光施設が結構あります。 でも、やはり岬だけあって、海岸線の風景には迫力がありますね。 [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流の巨石
  • 奥入瀬渓流の巨石 奥入瀬渓流の見どころは、渓流沿いに歩いて、渓流の変化や新緑・紅葉の美しさを堪能するのが一般的です。 ところが、少し視点をずらして歩くと、いろいろな自然のすごさを堪能することができます。 岩に生えるコケ類は有名だし、渓流沿いの両側にそびえたつ巨石も見ごたえがあります。 どのようにしてできたのかを考え、また石の上で生き延びる植物の姿を見るにつれ、大自然のすごさに圧倒されました。 [続きを読む]
  • 奥入瀬渓流、銚子大滝
  • 奥入瀬渓流、銚子大滝 十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流には10以上の滝がありますが、その中で一番迫力があるのは、本流にある銚子大滝です。落差は7mくらいですが、幅が20mもあり実にダイナミックです。 奥入瀬渓流にはいろいろな形の滝があるので、新緑や紅葉の時、ゆっくりと滝を見ながら遊歩道を散策すれば、最高に気持ちがいいですよ。 [続きを読む]
  • 夕暮れのマグアビーチ公園
  • 夕暮れのマグアビーチ公園 マグアビーチ公園はつがる市の車力漁港に隣接して造られた海水浴場です。 ただ泳ぐばかりでなく、広い芝生などもあるため、子供会等の親子レクリエーションに大人気のところです。 さすがに今の時期はまだ暑くないし、行ったときは夕方なので、ほとんど人はいませんでした。 でも夕陽に照らされた静かな公園を見ると、心が落ち着きますね。 [続きを読む]
  • ウエスパ椿山
  • ウエスパ椿山 深浦町にあるウェスパ椿山は夕陽が美しい日本海や世界遺産白神山地、十二湖など観光・旅行に人気のスポットに囲まれた、宿泊もできる自然豊かなリゾート施設です。 展望温泉や吹きガラス体験、昆虫館など親子で楽しめる施設があり、しかも、建物がヨーロッパ風に統一されています。 青森県ではこのような独特な施設はあまりありません。 天気の良いときに訪れたせいか、異国情緒がさらに増して、気分爽快でした。 [続きを読む]
  • スイレン満開の合浦公園
  • スイレン満開の合浦公園 合浦公園は、青森市の市街地にあり、市街地の公園としては全国でも珍しい海浜公園ですが、市立の総合公園なのでいろいろな施設が整っており、いつ行っても楽しめるところです。 今の時期はスイレンが満開で、池のまわりを散策したら、スイレンのいろいろな光景が見れたので大変楽しかったです。 [続きを読む]
  • 山王坊・日吉神社
  • 山王坊・日吉神社 五所川原市の飛び地相内地区の山王坊に、滋賀県大津市の日吉神社の末社として建立され、最上部にある笠木のある二重鳥居は全国的にも珍しいといわれている、山王坊日吉神社があります。 この神社のある山王坊は発掘調査を行った結果、中世のものと思われる石溝などが発見され、東北最大規模の宗教遺跡であったといわれています。 うっそうとした杉林の中に神社があり、誰ひとりいるでもなく、まさしく隠れたパ [続きを読む]
  • 十三湖・しじみ漁
  • 十三湖・しじみ漁 十三湖は五所川原市の飛び地、日本海側の十三地区、岩木川の河口にある淡水と混合した汽水湖で「十三潟」とも呼ばれ、全国的に有名なヤマトシジミが多く採れる湖として知られています。 宍道湖、小川原湖と並ぶ日本有数のシジミ産地ですが、他の国内産シジミと比べて、アラニンやグルタミンといったアルコール分解酵素を活性化させると言われている成分が非常に多く含まれているのが特徴です。 この成分が分か [続きを読む]
  • 龍神沼
  • 龍神沼 龍神沼は、田代平湿原に入る手前の歩道沿いにあります。 水が透き通っているので湖底まではっきりと見え、湖面に浮かぶ藻とのコラボレーションで、魅力的な光景を映し出しています。 本当に小さな沼ですが、他にはない独特な沼ですね。 [続きを読む]
  • ワタスゲ満開の八甲田湿原
  • ワタスゲ満開の八甲田湿原 八甲田山中の青森市田代平にある田代平湿原は、十和田八幡平国立公園の北端に位置し、八甲田において数多くある湿原の中でも、最大の面積を有しています。約200万年前の火山活動で出来たカルデラ湖が変化をして湿原となったそうです。 秋までいろいろな山野草の花を咲かせますが、この時期はワタスゲが満開でした。 遊歩道が整備されていて、約1時間くらいで一周できます。意外と訪れている人も少 [続きを読む]
  • パワースポット・十和田湖神社
  • パワースポット・十和田湖神社 十和田湖の休屋にある十和田神社は恋に踏み切れない人や、人生の選択に悩んでいる人の背中を押してくれるありがたいご利益のある神社として、多くの人の信仰を集めています。 鎌倉時代よりも前から山伏の修行場となっており、江戸時代には恐山と共に二大霊場として栄えていたそうです。 大地の龍の力と湖の霊の力が交わる地点となっているため、十和田神社は東北においては最上級のパワースポット [続きを読む]
  • 十和田湖、休屋
  • 十和田湖、休屋 青森県を代表する湖はと問えば、県民は十和田湖といいます。 その十和田湖を観光する場所は湖を一周すればたくさんありますが、その中心は休屋と呼ばれるところです。 旅館・ホテル・土産物屋などがたくさんあります。 湖畔には緑があふれていて、爽快な気持ちで散策しました。 [続きを読む]
  • ニッコウキスゲ満開のベンゼ湿原
  • ニッコウキスゲ満開のベンゼ湿原 青森県でニッコウキスゲが咲くところで有名な所は結構ありますが、その中でも群落で一番だといわれているところが、ここベンゼ湿原です。 ベンゼ湿原はつがる市の日本海沿岸沿いにあり、東京ドーム約5個分もある学術上貴重な海岸低層湿原及び中間層湿原(苔状が幾層も重なってできた湿原)だそうです。 朝早く行ったにもかかわらず、もうカメラマンたちがいて、いろいろな角度から撮っていましたよ [続きを読む]