いろいろでセカンドライフ さん プロフィール

  •  
いろいろでセカンドライフさん: 軸足の定まらないセカンドライフ
ハンドル名いろいろでセカンドライフ さん
ブログタイトル軸足の定まらないセカンドライフ
ブログURLhttp://dekiru2011koto.blog.fc2.com/
サイト紹介文セミリタイヤ以後の、のんびり生活の様子を綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供680回 / 365日(平均13.0回/週) - 参加 2013/03/26 13:15

いろいろでセカンドライフ さんのブログ記事

  • サンルーフと言えば、悲しい事故を思い出します
  • 国産新車のサンルーフ、絶滅寸前か 中国では「豪華さの象徴」 日本でなぜウケない?車内に日の光や外気をもたらし、開放感を演出してくれる「サンルーフ」。中国や北米などでは人気ですが、日本では需要が減少。一時期は力を入れていたメーカーも、いまや設定車種を大幅に減らしています。そういえば私が車を持っていた、まだ独身時代の数十年前サンルーフは、憧れでした。街中でも、若い女性や子供が、サンルーフから身を乗り出 [続きを読む]
  • 「勝ち続ける投資家」を目指せないなら、投資をやるべきではないのか?
  • 私のようないい加減で、でたらめな弱小投資家には、耳に痛いお話でした。「勝ち続ける投資家」になろうとする心の強さはありますか?この記事では、投資家を4つのタイプに分け株式投資を始めるなら、「勝ち続ける投資家」を目指し、それができないならやらないほうが良いと言われちゃいます。最後に紹介された「勝ち続ける投資家」とは最後の4つ目は、勝ち続ける投資家です。  自分なりのトレード手法を確立した、いわば自立した [続きを読む]
  • 客と店の立場は対等だよね
  • 半世紀以上前の話ですけど昔はお店の人や生産者(小作人は除くけど)って、威張っていましたよ。お店や生産者の人間の機嫌を損なったら、売ってもらえない。だから客はお店の人のご機嫌とったりしていました。それがいつの間にか、客ばかりが偉くなって。物不足の時代、自分の所有していない物は他の所有しているところから、自分のところに何らかの手段で所有権(所有権なんてほど大げさなものじゃないけど)を移転しなければなら [続きを読む]
  • 仕事の呪縛から解放されて10年以上
  • 労働や仕事、宗教や伝統文化、生甲斐や幸福感、友情や絆、などなどの妄想の共有に基づく呪縛から、完全ではないけど逃れられてから10数年たちました。と言っても、家族や国家と言ったより強固な束縛からは制度上(これも妄想の一種だろうけど)の問題もあり逃れたいという意識が余り働かないために現状では逃れる予定はありません。大げさな表現使ったけど、要するに、セミリタイヤして、10数年たった、ということです。バカバカし [続きを読む]
  • 70歳になったら個別株取引を再開しようかな
  • 今現在、私、個別株を結構持ってます。好業績で高配当の株を中心に、長い物では20年ぐらい所有している。さらに、年に1〜2回ぐらい、新たに個別株買ったりしています(年1〜2回と言っても、年に数回買うこともあるし数年買わないこともある)。また、売る方に関しては、ここ3〜4年は損益通算のために、昔買った塩漬け株を売るだけです。個別株売買は個別株で儲けたい、ということを考えているよりはせっかく以前、個別株売買してい [続きを読む]
  • 松井の投信工房、やっぱり日本市場の独り負けです
  • 6月初めのころからeMAXIS Slim先進国株、eMAXIS Slim国内株、eMAXIS Slim新興国株の3つのファンドを8:1:1の比率で毎日3000円の積み立てを続けている松井の投信工房の結果です。7月になってからの株高、円安の影響で評価益が拡大中です。合計の評価益はこんな感じ投資元金78000円に対する利益率は2.37%ですね。図に示されている、利益率の2.6%は実際にファンドを購入した金額に対する利益率です。投資元金の中には、現時点でフ [続きを読む]
  • 人生の4大コストは人それぞれのようです
  • 私が読ませていただいているブログに29歳からの貧乏セミリタイア 人生よよよのブログがあります。テーマ選択が適切で、タイトルが秀逸、文章が上手で、毎回読むたびに引き込まれてしまいます。これが才能というものなのだな、と自分との差に愕然とするのですがつまらない自分にはつまらないブログを書くのがちょうどお似合いであるとも思い自分を慰めております。そんな、人生よよよさんの7月13日のブログに「人生の4大コストを削 [続きを読む]
  • 先週の売れ筋ファンドは、ブル型とテーマ型投信?
  • たびたび書いて言いますがモーニングスターの一週間純資産増加額ランキング7月6日の週です。1 (NEXT FUNDS)日経平均レバレッジ上場投信 『愛称:日経レバレッジ指数ETF』 2 ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配) 3 フューチャー・バイオテック 4 次世代通信関連 世界株式戦略ファンド 『愛称:THE 5G』 5 ダイワ・US-REIT(毎月決算)B為替H無 6 野村 インド株投資 野村 国際株式・インド(F) 7 グローバル・ハイクオリティ成 [続きを読む]
  • 地方の資産家は、老後東京へ向かう?
  • 最近、地方都市や地方自治体の将来年齢階級別人口予測を見ると暗澹たる思いに囚われます。もちろん、一部の地方自治体では、人口増加が見られますがそれは、沖縄などを除けば、人口の多い自治体に見られるものではなく人口の少ない、かつ、極めて限られた地域における現象にとどまっています。特に北海道や東北の地方自治体の人口予測では、このまま予測が現実化するなら、近い将来、地方自治体では医療・介護などの社会保障サービ [続きを読む]
  • ここ10年は、パッシブファンドの伸びが目立っている?
  • 私、個別株もいまだに結構所有しているのですがファンドはほとんどがパッシブファンド(インデックス)ファンドです。アクティブファンドも嫌いじゃないのですが私の能力では、素晴らしいアクティブファンドを選択することができそうもないので手を出していません。本日モーニングスターのアナリストの視点を読むとパッシブファンド、意外なけん引役の記事が載っています。これによるとパッシブファンドの純資産額が拡大を続けてい [続きを読む]
  • ETFとファンドの乖離とトラッキングエラーについて
  • 今回は大変基本的なのですけど、私自身がたまに混乱してしまうことに関しての備忘録です。ETFの乖離については、多くのブログで書かれています。また、ETFとファンドのトラッキングエラーについても同様です。私、時々、この乖離とトラッキングエラーを混用してしまうのです。そのため、もう一度基礎に立ち返り、整理しておきたいと思います。まず、ETFに関して。ETFの価格を示す単語がいくつかあります。最も良く使われるのは以下 [続きを読む]
  • 相場が荒れたとき、どうしているのか
  • 個人的な感想として、現在の日本の株式および、米国の株式に関して「値動きは落ち着いているよね。」と思っています。ここ2〜3カ月のヒストリカルボラティリティを見ても、安定して低い値を示しています。と言っても、日経平均の方がNYダウに比べるとボラティリティが高い状態が続いています。この事実は、市場規模が小さくかつ値動きの軽い日本の株式市場において大半を占める海外の投資家にとっては、大変有難いことですね。何し [続きを読む]
  • バジル収穫
  • 1カ月半ほど前に、ベランダのプランターに種を蒔いたバジルが大きくなってきまして本日、初回の収穫です。4月終わりごろに、ポットのバジル苗を購入して、プランターに植えたものは枯れてしまいまして、その後に、種をまいたものが無事育ちました。例年、収穫したバジルの葉を、冷凍庫に保管して、料理に利用しています。冷凍した葉は、完全に凍った状態だと握っただけで、パリパリと砕けるので料理に使う時に便利です。我が家では [続きを読む]
  • 投信工房始めて丁度1カ月、評価損益が初めてプラスになった
  • 松井証券の投信工房を初めたのが6月10日、あれから丁度1カ月がたちました。投信工房で毎日積み立てを始めて一カ月目の今日投信工房の積み立て評価損益を見てみるとこんな感じですなんと、ちょうど一カ月目にして初めて評価損益が合計でプラスになっているのです。評価益が33円。国内株式・先進国株式・新興国株式、全てが値上がりした結果ですね。直近の底は、6月30日前後でしょうか。このまま素直に回復するかどうかは、神のみぞ [続きを読む]
  • 預証率は最低だが、預貸率も最低である
  • ニュースを読んでいたら、銀行の預証率が低下した、という記事がありました。この記事ですね。銀行114行「2018年3月期 預証率調査」(単独決算ベース)マイナス金利の逆風に晒され、銀行が資金運用難に直面している。国内114行の資金運用状況を示す「預証率」が、2018年3月期に25.9%へ低下した。2013年3月期から6年連続で前年同期を下回り、調査を開始した2006年3月期以来、最低を記録した。預証率(よしょうりつ)と言うのは銀 [続きを読む]
  • 若者の証券離れは進んでいるのか?
  • 「若者の証券離れ」が進行中か 打開策は「スマホ証券」にあり?基本的には、証券会社のコマーシャル記事なのですけどこの記事の中に、気になる起債があったのです。政府は若年層投資家の育成を目指すが、実はいま、対面型にとどまらず、ネット証券取引も高齢化が進んでいる。日本証券業協会の調査によると、インターネット口座による株の現金取引金額に占める39歳以下の人の割合は、13年3月末時点で26.8%だったのに対し、今年3月 [続きを読む]
  • 猫のトイレ掃除に喜びを感じる私は、おかしいのかも知れない。
  • 蒸し暑い季節、気になるのは、トイレの匂いです。私、トイレを頻回に掃除します。トイレの臭いが許せないからです。床を掃除機で吸い取り便器用清掃剤で、便座を掃除して最後に、アルコールで全体を拭きとります。だけど、なんだか、まだ匂いが残るのです。いろいろ嗅ぎまわり、原因は猫のトイレであると判断。今、我が家のトイレには猫のトイレが二つ置いてあるのです汚れに気がつくたびに、即座に猫のトイレの砂を汚れた部分を入 [続きを読む]
  • 松井の投信工房、日本株だけが独り負け
  • 損失が拡大中であった、松井の投信工房先週の結果は以下の通りです。損失額は、-361円、先々週よりも、投資額は増えたのに。損失額は減りました。日本株は、先週、損失額、損失率ともに拡大しましたが先進国株式と新興国株式に関しては、先々週と比較して、損失額が減少し損失率は1.5%程度回復しました。特に、先進国株に関しては、評価損益がゼロとなりました。先週一週間は為替に関しては、あまり変動がなかったのですがNYダウ [続きを読む]
  • 心よりお見舞い申し上げます
  • 豪雨の被害が各地から伝えられます。実家や知り合いからも次々と、被災の様子が伝わってきます。余りにも、被害が大きく、心が痛みます。被災された方々、被害に合われた方々に心からお見舞い申し上げます。このような災害が、毎年起こっている現状、将来にわたり、自然災害が改善するとは思えません。日本の都市および河川・交通網整備に関して大きな変革が必要な時期に来ているのかもしれません。人間の自然な広がりの重きを置い [続きを読む]
  • GPIFの2017年度運用実績が発表されました。
  • 本日、GPIFから、2017年度の運用実績が発表されました。2017年度末の運用資産額は156.4兆円。昨年度の収益率は6.90%収益額は10.1兆円この数字は、平成29年度第3四半期運用状況において発表された内容である運用資産額162兆6,723億円(平成29年度第3四半期末現在)から6兆円ほど減少した額で平成29年度第2四半期運用状況の中で出た数字運用資産額156兆8,177億円(平成29年度第2四半期末現在)の値に [続きを読む]
  • 米国人の資産が増えたは、FAが居たからなの?
  • 日本人が「資産運用」ができない根本理由欧米人は普通にFAを活用している日本人の個人金融資産は50%が現預金。2015年までの20年間で資産増加率は1.5倍だった。一方、ファイナンシャルアドバイザー(FA)が普及し、資産運用が生活の一部となっている米国人は3.1倍と日本の倍以上。無理のないリターン目標の一つの目安は、年平均利回り4%程度。ただ、一人でその戦略を立てるのは難しい。裁判で弁護士をつけずに闘ったり、重病を医者に [続きを読む]
  • 銀行の投資信託、半分以上の人は利益が出ているのですね
  • 銀行の投資信託、46%の個人が「損」 金融庁問題提起国内29の銀行で投資信託を買った個人客の半分近くが、運用損失を出していることが金融庁の調べでわかった。運用成績は銀行ごとに大きな差異がみられたといい、各行の販売・運用姿勢や商品の品ぞろえが、顧客の資産形成に影響を及ぼした可能性がある。個人的には、この記事読んで、銀行で投資信託を購入した個人投資家は想像以上に利益になっている人多いんだなと思ってしま [続きを読む]