自由の女神 さん プロフィール

  •  
自由の女神さん: 社労士ヒロセの日記
ハンドル名自由の女神 さん
ブログタイトル社労士ヒロセの日記
ブログURLhttp://khirose.sblo.jp
サイト紹介文社会保険労務士事務所の廣瀬の日記です。コンサルタント、メンタルヘルス、精神世界系です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/03/26 21:42

自由の女神 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • いい社会とは
  • 働き方改革に興味を持って「なんのために生きる、働く」を考えてきました。アインシュタインはこの質問に「人の役に立つため、世の中をよくするため」と答えたそうです。さらに考えると「世の中をよくするため」の「いい世の中」てどんな世の中なんでしょうか?「平和で豊かで誰も苦しまない」世界でしょうか?本当にそうなったら、国は不要でしょうね。犯罪がない→警察や裁判所不要、病気がない→お医者さん不要、皆が豊か→政府 [続きを読む]
  • 平成30年 2018年
  • 明けましておめでとうございます。皆さまの幸せをお祈りいたします。みんな繋がっているので、一人では幸せになれません。キリストが「汝の敵を愛せよ」「右頬を打たれたら左の頬を出せ」という意味はこの辺りにあると思います。僕はテレビは見ないこともあり、(テレビはありません)いつも時間はあるのですが、お正月は特に暇ですので、いろんなことを考えていました。時間というのは不思議ですね。時々本当にあるのかな、と思い [続きを読む]
  • エネルギーの流れ
  • 今朝は背骨(尾てい骨〜後頭部)に暖かいエネルギーの流れを感じていい気分です。仕事でいろんな建物や部屋(お客さんのところや会議室や研修会場)に行きますが、いろんな感じがします。「イイ感じ、さわやか」あるいは「なんか暗い、澱んだ感じ」。場所だけではなく、車、本、カバン、いろんな物も雰囲気を持っています。もちろん人も。ただ人間の場合はその人の気分次第で外に出る雰囲気は変わりますね。いい雰囲気、イイ感じは [続きを読む]
  • 引き寄せの法則の次にくるもの
  • 「思考は現実化する」とか「ザ・シークレット」とか「引き寄せの法則」とか、たくさんの本お読みました。考えると、お金や家や車という「物」、友人や恋人という「人」が欲しい(引き寄せたい)ので読んでたのですね。今朝、気が付いたのですが、「物」「人」を実際に手にしても、一時的な満足感はあるでしょうが、また次の何か「足りないもの」が欲しくなる、だろう、と。そうすると、エンドレス。「目標に向かってる時」を楽しめ [続きを読む]
  • 幸せになるために
  • いつ幸せになるか?今しかないのです将来、ある時点で、こんな条件、あるいはこんな状態になったら・・・・幸せになる、と思うことが多いと思います。ところが、将来そのような状態になってもその状態はすぐ終わる、例えばいい車買った、恋人ができた、おそらく1〜2か月、あるいは1〜2年、も少し長いかもしれません。がすぐ終わって、次の幸せの状態を求める。もっと、はっきり言うと、将来は思考の中にしかない。ですから幸せ [続きを読む]
  • 九相図
  • 九相図というのがあります。「くそうず」と読むかもしれません。ネットで検索すると、お寺とかに伝わっている絵画とか、写真が出てきます。人間はいつか死ぬのですね。アンハザゥエイさんみたいな美女も権力の頂点のトランプさんも。僕も。母も。兄弟も。順番は違いますが。じゃあ、生きることは無意味化な、と思うこともありますが、どうもそうではない・・・。賽の河原で、子供が小石を積む、鬼が来て壊す、また積む、完成しない [続きを読む]
  • 頭で理解は無理
  • 人生は複雑ですね。やはり「頭で人生を理解するのは無理」です。もっと「大きな力」が人生にはあります、ですね。「本音は奇跡を起こす。」これはトランプさんが大統領になったので思いました。分析的、つまり頭で考えている限りヒラリーさんが選ばれるはず、だったのに。トランプさんの本音が、アメリカ国民の本音を刺激したような気がしました。投票直前の新聞には「安定」か「変化」かとありました。誰もが、程度の差はあると思 [続きを読む]
  • 失敗するか成功するか
  • フォードは「プロジェクトが成功すると考えるか、失敗すると思うか、どちらも正しい」なぜなら「成功すると思って行うと成功するし、失敗すると思って実行すると失敗する」からです。ドラッカーも「組織の弱点に注目するマネージャーはすぐやめさせなさい。その組織がダメになっていく」バーソロミューも「これから3年、毎日いいことが起こると期待して過ごせばいいことが起こるし、不安と恐れで生きていれば、その通りの生活にな [続きを読む]
  • 事務所の方針は「調和と繁栄」にしようかと思いますが、忘れてはならないのは「愛」ですね。愛というと少し気恥ずかしい気がしますが、基本中の基本は「愛」。愛の意味はみんな繋がっている、ということです。みんな仲良くしたいということです。愛の反対は「分離」です。すべての人が愛を持っていますが、分離や対立、競争の心も持っています。分離が前にでると、憎んだりケンカしたりします。100%愛の人、100%分離の人は [続きを読む]
  • 調和と繁栄
  • 事務所の方針を「調和と繁栄」にしようかと思っています。→ 当事務所の方針自分の生き方の方針でもあるのですが。調和:現状を受け入れること。「ああ、こんな状態だな」「でも、生きてるな。」繁栄:幸せになること。期待すること。好きなように想像すること、です。調和がいいな、と思ったのは、次のような話を読んだからです。「昔、日照りで苦しんでいる村がありました。そこへ、一人のお坊さんがきて、庵を作って住はじめま [続きを読む]
  • 石を積む 教会を建てる
  • ある時、職人に出会いました。「何をしているのですか?」と質問したところ、彼は「石を積んでいる」と答えました。  次に、同じように石を積んでいる職人に出会い、同じ質問をしてみたところ、こう答えました。「壁を造っている」と。  もう少し歩いていると、同じ仕事をしている職人に出会い、同じ質問をすると、「教会を造っている」と答えました。  さらに歩を進め、4人目の同じ仕事をしている職人にも質問をしたところ、 [続きを読む]
  • エネルギー 暇つぶし
  • 不安、心配はエネルギーです。それらのエネルギーを感じたら、「こうなりたい。」という希望、期待のエネルギーに置き換えるのです。あるいはきれいな花や景色、のことを考えて「気分よく」なるのです。「もう、嫌な感じのエネルギーは自分からださないぞ。」と決意します。世界が変わります。変わっていきます。これが「引き寄せの法則」です。次に別な観点からの話です。現実は、上記のように、自分の引き寄せたいもの、感情を考 [続きを読む]
  • エネルギー使い 引き寄せの法則
  • 数日前に実感したことですが、思考(考えること)や感情はエネルギーなんですね。以前に経験したことですが、入学試験とか、資格試験を受けると、ものすごく疲れる、体ではなく、思考するからなんですね。物質(個体)はエネルギーであることは物理学で証明されていますが、物質だけでなく、思考や感情もエネルギーと感じました。怒り、心配、イライラもエネルギーです。希望することを考えることもエネルギーですね。発生したエネ [続きを読む]
  • 多様な生き方
  • 先日、知人から聞いた話で、真偽はわかりませんがありそうな話です。「40歳代の引きこもりの人が多く見つかっている。なぜなら、親が70〜80歳になって、子供の面倒をみるのが不安になってきて、いろんな所に相談を始めるから。30代、20代の引きこもりの人は、親が元気に面倒をみているうちは社会には出てこないよ。40歳代の引きこもりは10年〜20年引きこもりですね」10年〜20年ひきこもりの人生、これもよしか [続きを読む]
  • 一人でいること
  • 今、一人暮らしですが、最近は一人で平気になってきました。以前は、友達、仲間がいなかったら、寂しいとか、どうしようと思っていました。断食をした3月頃から、本当にしたくてこのサークルに入ってるのか、本当にこの人に会いたくて会っているんかなという、感じが出始めて、最近は、本当に会いたい人以外は、一人でいるほうが楽ですね。一人で居ることが、できないうちは、人を愛してはダメですよ、とバーソロミューの本に書い [続きを読む]
  • 引き寄せの法則を越える
  • 「思考は現実化する」に始まって、たくさんの引き寄せの関連の本を読みました。確かに面白いです。ただ、最近感じるのは、「物、お金、状況、他人」は人を幸福にはしない、ということです。もちろん、一時的には、やった、すごい、楽しいとなりますが、1週間もたつと、だんだん感激は薄れて、次のもの、を求めるようになります。恋人も同じですね。2、3年たつと最初の感激は薄れるでしょう。これが「引き寄せの法則」で得られる [続きを読む]
  • 内面とつながるということ
  • これからの生き方の目標→→内面とつながって生きる。実はいつもつながっているから、「内面を常に感じながら、忘れずに生きる」ということかな。外界(環境、人、物)は自分を幸せにはできない。できるのは自分だけ。外界は必ず変化する。平穏が目標なら、内面に生きるしかない。外界に反応した感情で気持ちができると、その通りになる。内面に反応した感情(内なる心)で気持ちができると、その通りになる。自分の気持ちの通りの [続きを読む]
  • 過去の記事 …