日本語教師のタマ さん プロフィール

  •  
日本語教師のタマさん: タマタマ来ただけ
ハンドル名日本語教師のタマ さん
ブログタイトルタマタマ来ただけ
ブログURLhttps://ameblo.jp/xiang-xia
サイト紹介文中国の日本語教師。教育とビックリの文化、生活環境、学生の生活から見える中国人の思想、習慣。
自由文中国の某地で日本語教師をしているタマと申します。
日本語学科の学生と日本語で交流するだけではなく、他学科の学生とも交流し、日々中国の学生と接していて見聞きしたことを書いていこうと思っています。
教育という観点から見えてくる中国の生の姿をお伝えしたいと思っています。
「来て」「みて」わかる、びっくりをお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/03/27 19:57

日本語教師のタマ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 韓国の朴大統領辞任要求デモを見た時の既視感
  • 韓国の朴大統領のような無能な指導者は、隣国としては歓迎すべき指導者です。個人的にはぜひ大統領を続けてほしいと思うわけですが、韓国国民のデモ活動は盛り上がっているようです。 ニュースで流れる韓国の辞任要求デモを見ていると、「辞任」の連呼・・・シュプレヒコール・・・大音量の音楽とダンス・・・太鼓・・・統一された旗と横断幕に垂れ幕、プラカード・・・なんか見たことあるなぁ 笑 日本の国会議事堂や省庁、官邸前 [続きを読む]
  • まだ続くマスコミの安倍-トランプ下げ〜会談しても失策だと
  • マスコミへの不信がトランプ大統領誕生を招いたのに、いまだにマスコミは、「トランプ下げ」「安倍総理下げ」をしたいようです。  安倍総理の南米訪問のついでに、迅速な安倍-トランプ会談が実現したわけですが、マスコミはどうしても悪いイメージを植え付けたいようです。 マスコミのイメージは、日本の首脳陣はヒラリーの当選を確実視して、トランプを無視していたというイメージの悪いストーリーを用意していたようですが、実 [続きを読む]
  • 2016年 マスコミの世論誘導の挫折〜参院選からトランプ当選まで
  • 2016年はマスコミの凋落が身をもって感じることができた象徴的な年となることでしょう。 参院選では「改憲勢力」などというレッテル張りのための造語を作り、「2/3阻止」などという非建設的な目標を定めて世論をあおりました。しかし、反日勢力による1/3の確保すらできなかったのが現実でした。シールズなどという共産党の下部組織を持ち上げてみても、本当の若者には見向きもされませんでした。 都知事選では、鳥越氏を応援し、鳥 [続きを読む]
  • 外国のいい情報は中国批判にしか聞こえない中国人
  •  加藤嘉一氏といえば、「中国で一番有名な日本人」と言われながらも、「合格していた東京大学を蹴って北京大学に留学した」や、その他数々の学歴詐称が話題となった方です。 しかも、結局は2012年に「南京大虐殺を否定した」(実際は「あったかどうかわからない」と言った)ことで中国を追われ、同年アメリカに拠点を移しました。 以前は中国のよいしょ記事しか書けなかった加藤氏ですが、少しは客観的にみられるようになったの [続きを読む]
  • 過去の記事 …