aome さん プロフィール

  •  
aomeさん: ポルトガル便り〜ヨーロッパ偏見(ひんがら)日記
ハンドル名aome さん
ブログタイトルポルトガル便り〜ヨーロッパ偏見(ひんがら)日記
ブログURLhttps://aomeumi.exblog.jp/
サイト紹介文南ポルトガルの「路傍の主婦」青目海の写真日記。新刊「ポルトガル物語 漁師町の春夏秋冬」発売中です。
自由文日々の老化に目を見張り、その観察にいそしみ、悲しみ、呆れ、路傍に佇むことも少なくなった。気難しさが祟り、友達は犬ばかり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/03/28 07:52

aome さんのブログ記事

  • とりあえずの引っ越し・・・
  • 先生に来ていただきました。ようやく画像が見られるようになりましたが・・・しかし、不具合の間の画像は消えていたり、文字のはいり方も、メチャメチャだったことを知りました。大変失礼いたしました。アップルでの経緯は、先生もブログをごらんになり、呆れたり、お笑いになったり・・・。とにかく、二度とアップルには行きたくないこと、どういうことが起きているかなどの説明は不要なこと、ブログが... [続きを読む]
  • 27才で渡仏、一度も帰国せず89才でParisで没した人
  • 長谷川潔は、銅版画の古い技法メゾチント(マニエール・ノワール)を復活させたことで有名です。「日本の鶯」(関容子)の中で、堀内大學と交流があったことを知りました。十代の頃、長谷川潔に憧れ、銀座にあった美術家連盟のアトリエに通ったことがあります。氣の遠くなるほどの根気のいる仕事で、すぐにやめてしまったものの、京都でしか開かれなかった展覧会に、どうお金を工面したものか、日帰りで行った記憶がありま... [続きを読む]
  • 「日本の鶯」堀内大學聞き書き・・・素晴らしい
  • いつも伺うブログで、おばあちゃまが具合いが悪くなったという記事を読み、急に香舟先生が心配になり、居ても立ってもいられず、夫と行ってみました。昼近く、チャイムに応答がないので鍵を開けてはいると、ぐっすり眠っておられました。お布団を掛けて・・・もちろんクーラーはついていません。夏はうなぎが一番と、信じているらしいので、上等なうなぎを奮発。迷いましたが、私たちは千円のお寿司。帰ろうと思っている... [続きを読む]
  • 浪曲、講談・・・そして、サルサ・・・
  • 三泊四日のひとり上京は・・・気持が、やや混乱。"一体なにやってんだか、ワタシ・・・"突っ伏して、泣きたいような・・・72才の思春期。まさしく路傍の主婦。日曜日の昼には伊豆に戻り・・・草むしり。わぁ〜楽しい。サテンのダンスシューズです。素足で履いても痛くない。基本ステップはマスター・・・しかし・・・ターンのステップが覚えられない。こんなところに年齢を感じます。三時間半、踊りっぱなし・・・... [続きを読む]
  • 台風・・・みなさま、大事はなかったでしようか ?
  • 台風にビクビクしながら、早めに上京。夜の約束はキャンセルして、丸ビルのベトナム料理屋でランチ。アップルに行き、すごすご引き下がり、思い切って、サルサ用のダンスシューズを買った。土曜日も・・・嵐の前の静けさとはこのことか ?築地までサルサのレッスンに行きました。雨の様子を見ながら・・・五時までレッスン。暑気払いに、谷中にうなぎを食べに行くというので、地下鉄で移動。怪しくなったら、送って... [続きを読む]
  • アップルに・・・思い切りバカにされ・・・力なく笑った。
  • パソコンでの予約はしてみたものの・・・送信しても「承認中です」と出たものの届いた様子なし。前回、猛暑の中を渋谷のアップルに行ってみましたが・・・なくなっていました。昨日は涼しくて・・・銀座まで行ってみました。一階で、感じのいいお兄さんに相談すると・・・「買い替えないと行けないかも知れませんね。でも・・・」ここで直るかどうか、4階で相談して予約を取ってみたらどうですか ?と提案。行ってみた。... [続きを読む]
  • 涼しい〜・・・香舟先生、ご無事のようです
  • 26日の朝の涼しさといったら・・・ホッとしましたねぇ。毎日のように、夫が香舟先生に電話・・・出ません。クーラーを使わないのです。かつてのヘルパーさんに様子を見てもらおうとしましたが、連絡がつきません。先日、掃除に来ていたらしいヘルパーさんが電話に出ました。午後、寝ていたらしいのですが・・・起こしてくれました。暑い日でした。「クーラー ? ・・・それほど暑くないわ・・・」近頃、料理... [続きを読む]
  • 体験的教訓・・・遺書を書いています
  • 自分にお見舞い・・・アナベラは二ヶ月も咲くのですね。土曜日の朝方、体調が悪くなって、夫に救急搬送されました。日中はクーラーをつけて、庭仕事もしていません。五時近くになって水まき程度・・・しかし、伊豆の家でクーラーを使いはじめたのは去年から。ポルトガルでは40℃でも、クーラー知らず・・・湿気がないので、日陰や家の中は涼しいのでした。今年になって、頻繁に冷たいものも飲むようになり... [続きを読む]
  • 二人のジャーナリスト・・・サルサと告発
  • 私がサルサを習おうと思ったきっかけは、東京新聞の暮らし面に載っていた「50代の地域デビュー」という連載でした。定年後に備え、自分の居場所を探すために、地元の将棋サークル、ボランティア、料理、アロマテラピー、地域の盆踊りなどさまざまな体験をする・・・そのなかにサルサがあったのです。とてもいい本です。長く政治の世界の敏腕記者として仕事漬けの日々を送って来たらしい、清水孝幸氏のいわゆる "親父の... [続きを読む]
  • 香舟先生便り・・・とてもお元気です
  • 香舟先生・・・夫婦で伺いました。月に二回ほどの訪問ですが、久しぶりに夫も顔を出しました。とてもお元気でした。夕方の四時「いま起きたところなの・・・」このごろは、いつ伺ってもパジャマなので、写真は載せないことにしました。クーラーを使っていないことが気になりますが、もう、何もいわないことにしています。ポルトガルの犬の話をしました。リードをつけずに勝手にウロウロしている犬たちの話が、お気に入りで... [続きを読む]
  • 72才・・・サルサデビュー
  • 渋谷のアップルは・・・なくなっていました。ネットで予約して、銀座に行こうと思います。買った時の担当は、ジェシカ・・・アップルの店員さんは外国の名前の人が多いのです。今度はどんな名前の人に当たるのでしようか。投稿画面の画像が出ないので、当てずっぽうで写真を しました。私からは、どんな画像がアップされたのか、見えないという不思議・・・。なにがアップされているのでしようか ?二泊の... [続きを読む]
  • 画像が出なくなりました・・・しばらくお休みです
  • しばらく前から、ブログの画像が出なくなりました。画像の部分には、小さな青い?マークが・・・エキサイトのヘルプセンターは個別の質問には答えられないとのこと。なにが起こったのか・・・分かりません。お知らせ【重要】セキュリティ強化によるOS・ブラウザアップデートのお願いこのお知らせを してみましたが・・・分からん。みなさまのブログに伺っても、画像が出ません。訪問い... [続きを読む]
  • ささやかな収獲の食卓・・・
  • 自然災害が続いています。いろいろ思うことはありますが・・・黙祷。伊豆はなにごともなく、晴れ渡っています。黙々と、日々を大切に。とびきりおいしいサラダです。量が少ない。アボガドとモッツァレラで水増し・・・。毎日、これくらいしか・・・収獲がないのです。それでも、随分とうれしい・・・。ししとうも採れた・・・四本。ししとう、ピーマン、唐辛子・・・みな似ているので、どれがどれやら分かりま... [続きを読む]
  • 幸福な老人が・・・いました
  • そうかぁ・・・これが幸福というものね。ジョー・バザード親父・・・笑っています。音楽聴いて、体を揺すって、葉巻き吸って・・・ご機嫌とにかく、楽しそう・・・こちらまでうれしくなってしまう。あぁ、私の暮らしに音楽がない・・・と、気がつきました。気がつくのだけれど・・・すぐに忘れてしまう。そうだ、音楽を聴こう・・・こんな安上がりに幸福になるものもありません。膨大なコレクショ... [続きを読む]
  • 下流老人の、うふふ・・・の庭
  • 後期高齢者、下流老人のレッテルを貼られ、意気消沈して伊豆に戻りますと・・・庭の紫陽花が、自立してドライフラワーになっていました。雨の来ないうちに、家に入らず、偉いねぇ・・・と、切りました。ワインを逆さに保存する台に差し込んだら、これが案外、いい感じ・・・。すっかり元気になりました・・・単純です。部屋に活けてあった紫陽花は・・・やはり、勝手にドライフラワーになっている。偉いねぇ・・・同... [続きを読む]
  • 年寄りの悲哀を感じた、東京のいろいろ・・・
  • アナベルと、人参の花を飾ってもらった。世田谷代田のグラウベルです。50代のオーナーは、北海道から両親を引き取り、仕事をしながらお世話をすることに・・・疲れた顔をしていました。一緒に働く60代は、月に数回、地方のお父さん(92才)の様子を見に行ってます。そのお父さんが病気になりました。遊び友達のトクが、寝ていることが多くなったというので、見舞いに行きました。大酒飲みへの土産が、水羊羹... [続きを読む]
  • ポルトガル協会・・・お目当ては・・・
  • ポルトガル料理とポルトガルのお菓子が並び・・・大興奮。こういう会は苦手なれど・・・食べもの、ワイン、そして、人・・・いろんなものに引かれ、帰国して初めての出席です。左がポルトガル協会の運営を一手に引き受けていらっしゃる根本さんご自分の仕事もおありなのに・・・スーパーウーマンとはこういう方をいうのでしょう。漁師町で飲んでいた、アレンテージョのモンテ・ベーリョに再会。小川町の「ドセ... [続きを読む]
  • 人参の花だらけです・・・夏の庭
  • 人参の花がたくさん咲いています。狭いところで気の毒な気がします。広々としたところで風に揺れる姿を見たいものです。去年の春に、お隣のお父さんからもらった間引きのニンジンを植えたものです。一年がかり・・・今年は、苗がありません。あ・・・と、気がついて、慌てて種を蒔きました。庭作りは、いつも、1年先を考えないといけないことを、ようやく学びました。一株に30も咲いたあじさい・・・雨に打た... [続きを読む]
  • 灼熱のポルトガルから逃げた人・・・
  • すでに、ポルトガルは灼熱の暑さのはず・・・きっと、ジュスチーヌは、アムステルダムに帰ったでしょう。暑さに弱く、去年は、私たちが行ったので、帰国を延ばしてくれたのです。朝市には、こんなものが並んでいるのだろうな・・・ヒマワリの種はまだね。夢のように・・・安かった。百日草は、もう、あるに違いありません。伊豆で種を蒔きましたが、寒くて出てきません。ビーツの料理を探しました。エドウィンが... [続きを読む]