たひち さん プロフィール

  •  
たひちさん: ミャンマー嫁入り日記
ハンドル名たひち さん
ブログタイトルミャンマー嫁入り日記
ブログURLhttp://tahiti80sunrise.myanmars-now.com/
サイト紹介文ミャンマーに嫁入りした私の生活をつれづれにつづったブログです。
自由文国際結婚して、ミャンマーに移り住みました!
YUFLでの留学生生活、ヤンゴンの生活、お寺、食事などつれづれに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供4回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2013/03/28 12:17

たひち さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ミャンマー人と性格合わないと思うこと
  • ミャンマーに好きで住んでる日本人の多くは、ミャンマー人の国民性が好きなことが多い。建前など裏表なく、人との距離が近い。そこが日本と違って好きだという。正直に言う。私はミャンマー人の国民性が好きではない。それは、人に迷惑かけるところ。人の善意を当たり前だと思っているところ。簡単に頼み事すること。詳しいことは言えないけど、ここ最近大変なできごとがあって巻き込まれた。私は人助けなら、できることならしてあ [続きを読む]
  • 名付け
  • 実は、現在里帰り出産するために帰省しております。そろそろお産が近づいてきたので名前を決めないといけないのですが、思わぬ盲点がありました。それは、名付けの本を読んでいたところミャンマー語の発音ではヤバイ意味になる名前があることです。たとえば、「リサ」や「チサ」ミャンマー語では「リサ」=「ちんこ食べる」「チサ」=「うんこ食べる」となってしまうのです!!チとリで始まる名前は危険です。また、「シュン」は「 [続きを読む]
  • ミャンマーの大学卒業スタイル
  • お久しぶりです。どなたが見てくださってるんでしょうw更新おざなりになっているので、久しぶりに更新しました。去年の9月にYUFLを終え、1月の半ばに卒業式を迎えました。今更なんですが、ミャンマーの大学卒業式がどんな模様なのかお伝えいたします。1月の19日と20日にヤンゴン大学で行われました。まず、大学式は二日間にわたっておこなわれます。1日目 リハーサル2日目 本番リハーサルといえども、本番と同様に行わ [続きを読む]
  • ソーシャルビザについて
  • こんにちは。今日は、ソーシャルビザについて話します。これから申請する人の参考になるかわかりませんが(責任はとれないです)、情報を出します。また、ビザ取得に対する私の気持ちを吐き出します。とりあえず、必要な書類を羅列します。大使館ホームページから(1) パスポート原本(2) カラー写真1枚(3.5 cm X 4.5 cm/背景-白の無地)(3)ビザ用申請用紙 (4) 申請者のパスポートコピー(写真のあるページ)(5) 元ミャンマー国籍 [続きを読む]
  • 3月15日の記事
  • ミャンマーには、怪しい迷信やうわさがたくさんあります。その中でもよく言われている話や面白い話を紹介したいと思います。本当は、フリーペーパーのミャンミャンに掲載したかったのですが、そんなの興味ねえと却下されてしまったので、自分のブログで紹介したいと思います。ほれ薬の伝統的な作り方 まず、事故などで突然死んだ処女を土葬したところに、タナカととぎ石を持っていきます。都会は、火葬なのでまず難しいっていう。 [続きを読む]
  • 近況報告
  • みなさん、お久しぶりです。このブログを始めた理由は、ミャンマーに来て、経験したことを記録するために書き始めました。出来事をここに書くことによって、客観的に見るためです。親や親戚も見てくれているので、元気で生きていることを報告するためでもありました。ここに書かなくなった理由として、ミャンマーの生活が日常になってきたということがあります。だんだん、現地のことが分かってきて、驚かなくなってきたといいます [続きを読む]
  • 仕事についての考え方
  • 先週末、教えている日本語学校のスタッフ2人が大ゲンカしました。仕事で人間関係のトラブルはつきものだけど、日本との文化差を感じたので書いてみます。①仕事をすぐにやめる②謝らない③人前で怒られる耐性がない④ほうれんそうができない⑤立つ鳥あとをにごす登場人物は、仕事ができる若い人Aと仕事ができないおばさんB。スタッフ2人はもともと気が合わず、信頼関係もないため、意思の疎通ができない。さらに、ほうれんそうがで [続きを読む]
  • 盛大なのろけ話
  • 今日は、だんなさんの話をします。のろけます。たまにミャンマー人と日本人、どちらの男性がいいか?と聞かれますが、そんなに交際経験もないですし、一概になんとも言えないですね。(つまらない回答です)好きになった人がたまたまミャンマー人だったというほうが正しいでしょう。ちなみにミャンマー人は、「付き合ってください」とは言いません。日本が特殊なのかもしれませんが、お互いに好きということが分かったら恋人です。 [続きを読む]
  • お義父さんの日本旅行
  • お義父さんは、日本に2回行った事があります。お義父さんは、中国人とのハーフで、植物学の高校教師でした。今は、退職して塾の講師をしています。外国に行ったことはおろか、飛行機にも乗ったことのなかったのですが、3年前の初めての日本は思いのほか楽しかったようで、今年の4月に2回目の訪問をしました。日本に行ったときの印象鎌倉は思ったより小さかった(日本で一番大きいと聞いて期待してくるのですが、ミャンマーには [続きを読む]
  • ミャンマー語のフォント問題
  • ミャンマーフォントには、ゾーチー、ウィンインワ、ミャンマー3などとフォントがたくさんある。しかし、それらのフォントの互換性はなく、パソコンに入れてあるフォントと違うと文字化けしたり、字が出てこない。マスコミも統一しておらず、インターネットであるニュースサイトは見れるけど、こっちのニュースサイトは見れないということがよくある。そして、オフィスで前任の人がしていたデータを写したときに文字化けするという [続きを読む]
  • 仏教の役割
  • 私は、週に1回ほど小さな日本語学校で日本語を教えています。そこに、お坊さんが1人います。授業料どうしたの?と聞いたらお布施から払ったといいます。日本語どうして習ってるの?と聞いたら日本に行って働きたいからだといいます。それだったら、お坊さんやめてから勉強したらいいのにと思いました。私は、最初すごくいやでした。お坊さんには高潔でいてほしいという気持ちがあるからです。だんなさんに聞いたところよくある話 [続きを読む]
  • オカマとカン
  • ミャンマーには、オカマが多い。日本には、商業オカマはたくさんいるけど、日常生活でカミングアウトする人は少ないと思う。道を歩けばたくさん見かけるし、身近にも同じ学校へ行く車に乗る学生の中にオカマとオナベが一人ずついる。馬鹿にしたり嫌悪する風潮はあるけど、日本よりオープンであると思う。カンとはミャンマー語で運・行いという意味の単語である。運と行いにはすごい意味の開きがあるのには、理由がある。仏教徒から [続きを読む]
  • 過去の記事 …