ヘイ さん プロフィール

  •  
ヘイさん: 四万十川鮎釣りブログ
ハンドル名ヘイ さん
ブログタイトル四万十川鮎釣りブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/kenkenken0116/
サイト紹介文主に四万十川流域での鮎釣りと日振島でのグレ釣り釣行記、時々日常の出来事など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/03/29 23:24

ヘイ さんのブログ記事

  • 四万十川 鮎 2017(H29)年 総括
  • 釣行河川・四万十川本流・四万十川支流・仁淀川・物部川・吉野川 釣行回数・43回 月別回数&釣果数・5月(2回・・13尾)・6月(9回・・201尾)・7月(11回・・212尾)・8月(10回・・168尾)・9月(6回・・95尾)・10月(5回・・51尾) 総釣果数・740尾 河川別釣果&釣行回数・四万十川水系・・・628尾・・36回・仁淀川・・・・・・47尾・・・4回・物部川・・・・・・13尾・・・2回 [続きを読む]
  • 「四万十川ウルトラマラソン」
  • 10月15日第23回「四万十川ウルトラマラソン」にポランチイアとして36,6km地点(第一関門、制限時間am10:55)、十和地区「昭和大橋」のたもとでお手伝い。 今年は、100kmコースと60kmコースに、北は北海道から南は沖縄までの男女ランナー2398人が、四万十川沿いを駆け抜けた。 100kmコースの1822人はam5:30、四万十市「蕨岡中学校」をスタート。60kmコースの576人はam10:00、四万十町「こいのぼり公園 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 37回目(本流)
  • 10月13日今シーズンは今日で竿納です。 四万十市西土佐地区「岩間沈下橋」上流、玉石底のザラ瀬に入る予定で行って見たら先行者あり、とって返し「藤の川」との合流点、大橋下へ左岸より入り、am9:20釣り開始。上流橋下より淵に流れ込む、瀬肩〜ザラ瀬〜下流の淵の大岩周りを1時間余り探ってみたが反応ナシ。 場所代わりして上流に向かうが、西土佐地区の主だったポイントはすでに先行者あり、更に上流へ・・・ 十和地区「大 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 36回目(本流)
  • 10月12日四万十本流(家地川堰堤下流)の漁期は10月15日まで。(再解禁日12/1)竿出しできる日は、今日を入れて2日かしかないので、気合を入れて出勤。 am8:55、四万十市西土佐地区江川崎「JA・GS」下へ入る。(平水より30cm前後高水)上流下流(西土佐大橋方向)1尾目は直ぐにきたが、その後1時間半無反応 場所代わりして、西土佐地区半家「川上囮店」やや上流から入る。ここから橋下まで探り4尾 3箇所目、十 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 35回目(本流)
  • 10月4日昨日と同様十和地区大保木の消防道(国道側)から入る。 今日は急瀬の下流、岩盤状の大岩が点在するトロ場までテクテク結構距離がある。am10:00釣り開始。下流1尾目は早かったが・・・ここと思ったポイントで反応が無い2尾目のあと、1時間無反応。トロ場の上流の急瀬もX 消防道まで引き返し、場所代わりも考えたが面倒臭くなり(昨日竿を出した上流、昭和大橋方向) 昨日竿を入れなかった、消防道から下流を釣る。足 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 34回目(本流)
  • 10月3日四万十市西土佐地区「中半家沈下橋」下流、JR鉄橋下でam9:10釣り開始。抜水橋上流が「中半家沈下橋」 JR鉄橋の下で20cm位が1尾だけ、鉄橋下周辺の石の色は悪いし、食み跡も少ない、期待できないなアと思いながらも、多少の望みを抱いて直ぐカミの過去に数尾「尺」がでた、三畳余りある大岩周りを探ってみたが反応なし。 場所代わりして十和地区小野「小貝の瀬」でam1:50釣り開始。上流この瀬を釣り下がる型は小粒な [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 33回目2,5ご
  • 10月1日前日も竿を出した十和地区「くぐつけ」へ入る。 上流これより上流は前日探ったので前日、竿を出さなかった絞り込みから下流の深瀬で竿を出す。(この場所からすぐ下流の「河内の水揚げ場」には入るつもりで来たが、先客が一人いたので遠慮する)渇水なら本命ポイント、対岸の岩盤と大岩に竿が届くが、見た目より手前が深く、今日の水位では届くかどうか微妙な感じ。 am11:30開始1尾目29cm(後で計ると)、今シーズン [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 32回目(本流)
  • 9月30日20日の増水から十日目、水位は約20cm高、ようやく流芯にも薄っすらとだが苔がついてきた。 尺超えの可能性が高い、西土佐地区半家(はげ)「川上囮店」下へ入川。上流am9:00、ここより釣り下がる。よさそうに見えた、深場の大岩廻りは反応がなく瀬肩の比較的浅い岩盤周りと、下流の瀬で11:30迄に10尾。釣り開始から1時間で5尾と、いいペースと思ったが後が続かず型も25cm平均、ヘチに食み跡がある割には反応悪 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 31回目(本流)
  • 9月25日am10:30から十和小野地区「小貝の瀬」で増水後、初めて竿を出す。中岩から瀬を釣り下り20cmそこそこが2尾、まだ苔がついていない。 国道(右岸)側の岩盤でまずまずの型を2尾 岩盤を攻めやすい国道下に渡り、反対側から竿を出し27cmまでを3尾追加して移動。 十和地区「十川大橋」へ左岸から入る。ここから釣り下がり1尾だけで、3:00pmに納竿、計8尾。 ヘチの大岩、岩盤(残り苔)以外はまだ苔がついていない全 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 吉野川釣行
  • 9月21日高知市内で用事を済まして、21日、22日の予定で「尺鮎」フイーバー?の吉野川へ釣行する。 高知自動車道が開通し、吉野川へのアクセスが良くなった30年近く前の数年間、年1〜2回大歩危小歩危辺りで竿を出していたが、釣り場への上り下り、ポイント移動で大岩の上り下り、掛ければ動けずダブル放流と、しんどやら悔しいやら・・・それでも大鮎との駆け引き、ハラハラドキドキが面白く楽しかった、そんな記憶がいま [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 30回目(本流)
  • 9月17日3:00pm、徐々に台風が接近し、風と雨が強くなってきた人、家、農作物に被害が出なければ良いが・・・。 9月16日今日から「なにわの鮎とも」数人が四万十大鮎(尺鮎?)狙いで来る事になっていたが、台風の為延期になる。(ダム放流量を最大4,000トンと予想していると連絡があったので、次に竿出しできるのは9月末頃に成りそう) そこで、「なにわの鮎とも」に推薦する予定でいた釣り場(川辺まで車が入り、釣り [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 仁淀川釣行(8日〜9日半日)
  • 9月8日明日、10年間続いている高校時代のクラス会(皆古希を迎えるジイチャン、ばあちゃん)に参加する為、今日からお城下入り。その、ついでのもちで仁淀川へ(今回で4回目、毎回日券買うのが面倒、年券買っておけばよかった)。 仁淀いちの激戦区「黒瀬」で竿出し、前日の雨で20cmほど増水している、良さ気な雰囲気だったが・・・・。(8月22日は右岸の流れまで竿が届いたが・・)今日は無理上流am8:20、この時間帯は [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 29回目(本流)
  • 9月1日早朝はめっきり寒くなって来たが、四万十は1ヶ月近く雨無しで大渇水高水温(囮管理には細心の注意が必要)だが、鮎も高水温に慣れてきたか?、一時より追いが良くなってきた。 十和河内地区「柚子畠の下」で、am9:10釣り開始。瀬肩でそこそこの型が2尾3尾 瀬肩から急瀬に入りこんな所や荒瀬の落ち込む大岩の前までを探りポツリポツリで28cm級を含み13尾。 場所代わりして、十和くぐつけ地区(左岸)より「河内の水 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 28回目(本流)
  • 8月27日昔から四万十の大鮎といえば、十和地区「四手崎(右岸)」と「落田(左岸)」集落の中間に位置する釣り場「オオザイ」左岸からも右岸からも入川できる。 左岸から入る。 上流、四手崎方向荒瀬の肩の平場から、am9:25釣り開始。1尾目、27cmあるなし2尾目3尾目とだんだん小さくなってくる。荒瀬の中でまあまあの型がポツポツ午前の部10尾 昼食後、瀬からトロ場にかけて探りこれだけ黄色い鮎は珍しい午後の部6尾 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 27回目
  • 8月25日先日、道の駅「とおわ」の上流で竿を出したので、今日は道の駅から下流で竿を出す。 今シーズンは7月中旬から27〜8cmがでていたので、盆明けから「尺」超えが結構出ると予想していたが、聞こえてくるのは29cm台まで。 今日は「尺鮎」の実績がある、道の駅下流部でam7:50釣り開始上流、建屋が道の駅「とおわ」瀬肩から瀬にかけて尺鮎の出る確率が高い。(対岸(左岸)から入る方が竿出しが楽で、探る範囲が広く数は [続きを読む]
  • 四万十川 鮎  仁淀川釣行(21〜22日)
  • 21日所用と気分転換を兼ねて「仁淀川」へ釣行する。四万十をam5:00に出発。1箇所目は無人の「片岡」沈下橋下流で、7:15釣り開始。(1時間後二人来る)上流、沈下橋方向ここから誰も来ない間に、下流の淵まで竿を入れてみたが何処も反応はイマイチ。1尾2尾だけ上流の絞り込まれた深瀬から、再度釣り下がり(この頃、下流に来た釣り師さんが、腰近くまで立ち込み左岸の流れと合流する付近を釣り、良いペースで竿を曲げる、次に [続きを読む]
  • 四万十川 26回目(本流)
  • 8月19日近頃、数時間や半日釣りが多かったが、今日は久しぶりに朝食&弁当を作って夕方まで竿を出す気合。右上より左回りに、定番の卵焼き、夕べの残りの焼き鳥、これも定番、梅干しと、ラッキョウ(いつも4っか5っかで妙に悩む)鮎の塩焼き、アジの開き、ウインナー、明太子のふりかけ少々。 どこに入るか決めずに家を出る。珍しく、空いていた昭和地区「大保木」の下へ今シーズン初めて入る。上流「昭和大橋」岩の前から、a [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 24〜25回目(本流)
  • 8月15日朝方の雨で靄ってる。今日は飲み会用に10尾ほど欲しいとの事なので1:00pmごろまでの釣り。 十和地区「昭和小学校」の下へ入る。先行者は四万十名手〇淵君、消防堂の前で竿を出していた。(午前中20尾ほど掛けていたようなのでトータル40?)四万十名手は30〜50と掛けているが、普通は20掛ければ良い方、名手達の言動に惑わされない様に・・・(笑)新苔が付き始めているが、足元が滑るほどでは無い。am8:00 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 22〜23回目(本流)
  • 8月11日(22回目)は、増水時の定番ポイント「三島第一沈下橋」へ。am7:30から竿を出して3:00pmまでに7尾(20〜23cm)。追いが悪いというよりは、魚影が薄い感じ。それでも、窪川、十和の名手たちは20数尾は掛けていた。それでも”不満”そうだったが・・・・竿・・・・急瀬9mライン・・複合0,08号針・・・・9号2本ヤナギ 8月13日(23回目)十和地区轟の上「ニソウの肩」でam9:30開始。この辺りから下流へ [続きを読む]
  • 四万十本流 徐々に減水
  • 台風の影響で5日〜7日に掛けて、津賀ダムと家地川堰堤から2000トンの放流があり、今シーズン最大の増水となった(本流の沈下橋、全て水没)が、思ったより水引きが早く10日現在、濁りも笹濁り程度。 13日(日)には、全域で竿出し出来ると思うが、しばらくは残り苔狙いになりそうだ。8/9、三島第一沈下橋8/10、同上 8/9、三島第二沈下橋8/10、同上 8/9、昭和大橋下流8/10、同上 昭和地区「三島第一 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 21回目(本流)
  • 8月4日台風が近づいているので、明日から1週間ほど竿出しは無理と思われる。被害が出なければいいが・・・午前曇り、午後時々強雨強風。 今回は、尺鮎用の仕掛けを使ってみる。(天上糸ナイロン1,75号、ライン複合0,2号、ツマミ糸フロロ1,5号、中ハリスフロロ2号、鼻かんmEIHO大、ピットサカサ5号、針ハリスフロロ2号、針10号)このセットを基本にして、水量、場所によりワンランク上げる。 十和小野地区『小貝の瀬 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 20回目(本流)
  • 7月30日小野地区「小貝の瀬」で、am9:00より竿出し。平水より30cmほどの高水、狙いは此れまで出ていない(情報が入っていない)29cm以上の大鮎。中岩のシモから瀬肩まで探ってみたが反応なく右岸(国道側)の流れの瀬肩から仕切り直し瀬肩で、この1尾だけ26cm位か?、あと反応なし。急瀬でも反応なく、瀬尻のこの辺りでバタバタと以下の4尾型は22〜24cmと、型も数も期待外れ。5尾。思ったポイントで反応が無い、魚 [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 19回目(本流)
  • 7月29日1週間前から飼っていた囮が昇天したので、囮取りと増水後の川見を兼ねて出漁。40cmほどの高水だが、昭和地区「三島」周囲は比較的高水に強いポイントがある、囮サイズ(20cm前後)を取るには最適な場所。その、三島『藤の瀬」でam10:45、養殖囮(久しぶり)で釣り開始。下流直ぐに1尾、養殖囮サイズ(16cmほど)2尾3尾4尾5尾、徐々に型が良くなり20cmそこそこ迄が1時間半ほどで15尾、囮は十分確保した [続きを読む]
  • 土用の丑の日
  • 7月25日「土用の丑の日」この「大暑」を乗り切る体力をつける為、とそれなりの理由を付けて、”うなぎ”の師匠である『辰ちゃん』宅で呑む。素焼きをした後、軽くタレを付けて温める程度に焼く皿にタレをとり、好みの量を付けてくらう。タレはやや甘めが良い、人差し指サイズ(脂が乗っていない)は、素焼きにワサビ醤油という手もあり。ついつい飲みすぎて(ビール+ワイン)二日酔い、体力をつけるそれどころか、消耗してしま [続きを読む]
  • 四万十川 鮎 18回目(本流)
  • 7月23日今シーズン初めて硬派荒瀬抜9,5mを使う、自重355gながら、持ち重り感は数字ほどではない。取り込みも楽だし、風にも強い(折れる心配なし)大鮎を結構取り込んでいるんで(尺鮎は13尾)多少ヘタレ感は出てきているが・・・まだまだ使える(体の方が先にイカレそう)。今日から狙いは28cm以上を目標にする(できるだけ)。 1箇所目はその大鮎釣場、昭和地区「河内の直線」上流am9:30瀬肩から釣り開始。瀬肩周り [続きを読む]