一般社団法人はじめてピアノの会 さん プロフィール

  •  
一般社団法人はじめてピアノの会さん: ピアノろまん
ハンドル名一般社団法人はじめてピアノの会 さん
ブログタイトルピアノろまん
ブログURLhttps://ameblo.jp/hajimetepiano/
サイト紹介文生活に音楽の喜びを ピアノ初心者、趣味のピアノ、音感教育、大人も子供もいつからでもいつまでも
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供167回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/03/31 10:09

一般社団法人はじめてピアノの会 さんのブログ記事

  • 満たされると
  • 「のだめカンタービレ」でのだめが自分の思い通りの演奏ができた後、満足し切ってやる気をなくす、というのがありました。わかります。言うまでもなくピアノのことではありません。ピアノで満足とか1000年早いです。 ただ、自分でやりたいと思っていたことをしたり、無理だと思っていたことが出来たり、夢みたいなことが叶ったりするともうそれだけで満足しちゃうのわかります。満足したらその先はもういい、ってなるのが人情です [続きを読む]
  • ステキな感想その2
  • サロンの会の感想その2です。 やはり初めてご参加になられた75歳のHさん。ずっと好きだった曲をチョイスしたのですが、2週間前のレッスンでも仕上がっていない…。 「ここはこんな練習をして下さい」「ハイ!」「そこはそんな練習をして下さい」「ハイ!」「こっちはこうやって」「ハイ!」 普段からお返事がいいHさん。「お返事だけじゃダメですよ!!」とハッパをかけました。そして迎えた本番。。今までで一番よく演奏でき [続きを読む]
  • あのころの風景
  • 西洋のものにいつも触れているから逆に着物が着たいのかな?と言われる事があります。いえ、もっと明確な理由があります。 一つは、大好きな大島弓子さんの漫画に出てくるお母さんが着物&割烹着だったこと。すぐ感化されます。 そしてもう一つは母です。と言っても、高度経済成長期の一般的な昭和の家庭、母は昭和なパーマに動きやすい服装で着物とは縁遠い日常でした。 そんな母がお正月だけ着物を着ました。大晦日、父が大掃除 [続きを読む]
  • 静かなる好奇心
  • 子供は好奇心がとても強いですね。大人でもいつまでも精力的で、新しい語学を習って外国に住んじゃうとか、秘境に行っちゃうとか好奇心旺盛の方がいます。大人の方が初めてピアノを学ぶというのもこの好奇心の一つだと思います。 でもピアノ指導の目線で見ていますと、大人の方と子供のピアノの好奇心はちょっと違います。子供は好奇心の赴くままにとりあえずやってみる。やってみたいからやる。大人はとりあえずやってみようと [続きを読む]
  • ステキな感想
  • サロンの会が終わって1ヶ月。皆様もう次のホールの会やはたまた来年のサロンの会の曲を選び始めてらっしゃいます。 今回初めてサロンの会に参加されたKさんがおっしゃいました。「みんな一生懸命で、完璧じゃなくて、そこがすごく良かった」。 このご感想の本意は、みんなが間違えるから自分も安心して間違えられるということではなく、機械みたいな演奏じゃなくて、震えたりドキドキしたり緊張している一人一人の心臓の音が伝わ [続きを読む]
  • 難しいから楽しいってどういうこと?
  • 難しいと楽しいは一見矛盾しているようですが、実はそこにこそ本物の楽しさがあると私は思っています。それは一言で言うと「壁を越える喜び」。音楽の壁は厚い。苦節50年、未だに、全然、越えられない。でもだから楽しいのだ、って今やっと思えるようになりました。 私は山は登らないし、マラソンとかやる人の気が知れないし、筋トレとかもうほんとに疲れて大嫌い。20代の身体でいられるなら一歩も動きたくない。じゃあやって [続きを読む]
  • はじめてピアノホールの会決定!
  • ホールの会が決まりました。会場は以前サロンの会で使用したスコットホール。古い素敵な教会です。 都内には素敵な教会がたくさんあります。私はキリスト教ではありませんが、キリスト教はクラシックのふるさと。クラシックの歴史でとても重要な場所です。 そしてピアノは世界3大名器のベヒシュタインです。教会の素晴らしい響きの中で弾くベヒシュタイン。とてもいい組み合わせですね♪名ピアニスト気分を味わえます。 皆様のご [続きを読む]
  • 悪いけど
  • いつも読んで下さってありがとうございます。自分で書きたいことを書いて、それを読んでいただいて、時に感想をいただくというのはなんて贅沢な事でしょう。ありがとうございます。と言う前置きとは裏腹に今日のタイトルはあんまり感じ良くないです。悪いけどと言ってから何か言う時って大して悪いと思ってないんですよね。というわけで、悪いんですけど全然同情する気になれない生徒さんの深刻な悩みベスト3です。「簡単で短い曲 [続きを読む]
  • 表現
  • 人はみんな自分を表現したい生き物です。 ブログやfacebookeやインスタで自由に自分を表現できるようになった、、、ことになっています。でも本当に自分を表現しているでしょうか? 表現とは自分に正直であることだと思っています。そして正直に行動することだと思っています。それは冒険です。そしてそこには責任が生じます。だから表現者とは冒険する人で責任を取る人です。 キャッチーな流行りの文章を書いて、誰が撮ってもお [続きを読む]
  • 「パパと一緒にはじめてピアノ」終了
  • 11月11日から始まった全3回の「パパと一緒にはじめてピアノ」が今日で終わりました。 始める前は怯えていました。怯えていたのは私です。久しぶりの子どものグループレッスン指導、10人も子どもがいたら絶対飲まれる!やられる!と思って。。個人の生徒さんは1対1だからこちらのペースに巻き込めるけれど、大勢の子供って絶対調子に乗りますからね。もう臨戦体勢で臨んだと言っても過言ではありません。 でも。もうみん [続きを読む]
  • 反復練習
  • 反復って嫌ですよね。反復って出来てることを何回もやる。いつもやる。出来てるからやりたくない。それをやったところで結果に直結しない。つまり、反復練習はしてもしなくても同じって気がしてきちゃうんです。それなら難しいことを1回でも多くやった方が近道の気がしちゃうんです。要するに反復練習って、時間の無駄って感じがするんです。 でも、ピアノやヴァイオリン、たぶんスポーツも結局反復練習がモノを言う。出来ること [続きを読む]
  • 地道は嫌い
  • よく天才が「地道なことは大っ嫌い、好きなことしかしない」と言いますが、鵜呑みにしないように。彼らは天才なので、地道なことを地道と思わずにやっている可能性があります。彼らの生活を見ると、私みたいに努力だ地道だと大騒ぎしている人間の何百倍もストイックだったりします。 才能ある人は努力の才能もあると言いますが、その通りですね。いちいち「努力するね!根性入れるね!」なんてアピールせず黙ってあたりまえのよう [続きを読む]
  • 守り抜くこと
  • 昨日は「パパと一緒にはじめてピアノ」の2回目でした。(LINEにレッスンの様子を掲載しています。ご覧ください) はじめてピアノの会の子供の教室のコンセプトは20年後、30年後、80年後役立つ音楽教育。シニアの生徒さんがゴロっゴロいらっしゃるはじめてピアノの会だからわかることをお母様お父様に、みんなが子供のうちに伝えていきたい。 「え!?5歳の子が80歳になった時!?自分の80歳だって想像出来ない」と若 [続きを読む]
  • 朝ごはん
  • おはようございます。ピアノのブログなのに、いつもすみませんね〜。バナナパン(いただきました。ごちそう様です)、しゃけとかぶとブロッコリーのクリーム煮、トマトときゅうりと大根とセロリのマリネ、柿明日は「パパと一緒にはじめてピアノ」の二回目です。4歳の女の子から〜小2の男の子まで10組の親子が参加してくれてます。私は子供のグループはすごく久しぶりで、1回目を終えてもっともっと工夫が必要だしもっともっと勉強し [続きを読む]
  • 秋涼ひと日
  • こんばんは。今日もお越し下さってありがとうございます。近くの公園は少しずつ紅葉してきています。美術館併設のカフェへかつては画家の方のお住まいでした入り口からカフェまでの竹林の下り坂奥のピアノ、弾かせてもらいましたお散歩のご同伴は、ご主人を介護されてる方とご主人を亡くされている方。「今日と同じ明日が来るとは限らない」「だから一日一日が大切」というお話は、実感のこもったそして大事な大事なお話でした。ス [続きを読む]
  • ずっとピアノを習って来て良かったと思うのは、、
  • 同僚の先生とお話ししました。「子供の頃からずっとピアノを習って来て良かったと思うのはどんな時?」その先生は答えられました。「どんな時でも」 あ〜正しい!!正しすぎて全面同意!ピアノをやっていない人は「ショパンが弾けたらきっと素敵だろうな」とか「乃木坂が弾けたら楽しいだろうな」とか思うかもしれませんが、それよりもっともっと身近な楽しみが日常の中にあります。 1、電車の発車メロディでも街中で流れている [続きを読む]
  • 子供と大人のレッスンの違い
  • 子供と大人のレッスンの仕方は少し違います。 子供には「教育」でもあります。大人には「教育」ではありません。 教育というのは、教え育てると書きます。子供は、私ごときでも一応大人ですので、技術や知識のほかに大人として「ピアノを通じて人格を育てる」という事も教師として大変重要な役割だと思っています。 その一つが「楽しい」の意味を理解してもらうこと、です。 子供は今に生きる動物です。1年後のことどころか、 [続きを読む]
  • お弁当
  • 今日は10時半〜19時半まで個人レッスン。いつもは10時ですが、今日だけ10時半。みんなちゃんと練習して来ているかな〜?私も頑張りま〜すお弁当とおやつ♪崎陽軒のシウマイ。秋刀魚の干物。人参とヤーコンのきんぴら。長芋ときゅうりと玉ねぎの浅漬け(いただきました。ごちそうさまです)。ごはんwith青唐辛子みそ。おやつは仙台のお土産にいただいた気仙沼パン [続きを読む]
  • はじめてオペラの会 男声編
  • 明日のお知らせです。 11月7日 水曜日 10:00〜 小金井市 参加費1000円 先月に続き声楽家の声種についてのお話です。今月は男声。声は高さで分かれていますが、「キャラクター」によってもっと種類が細分化されています。 もしテノールがカエル役をやる時(ないですが)。3枚目のふざけたカエルと2枚目の王子様カエル。ふざけたカエルは軽くて早口の声じゃないとダメだし、王子様は透き通った朗々とした声じゃな [続きを読む]
  • お金と地位と名声と
  • 若い頃は気づきませんでしたが、私はお金も地位も名声も大好きです。そこに付いてくる権力とかも大大大好きです。くれるというなら両手を広げて全部もらって下々に威張りまくりたいです! しかし。もらえるならもらうけど、自分でそれを得ようとするのは大変そうですね〜。よほどの志か、志を捨て切るか。いずれにしてもエネルギーです。エネルギーが必要。エネルギーが人を動かします。で、エネルギーを使ってお金と地位と名声 [続きを読む]
  • 朝ごはん
  • 昨日とうって変わって少し曇り空。そこはかとなく秋の寂しさを感じる朝です。 今日もちゃんと朝ごはんピアノじゃなくてごめんなさいね〜。 ピーマン焼いただけ タラとお豆腐と白菜の蒸し物里芋と大根と油揚げの煮物with柚子胡椒 もやしのイカ塩辛あえwith生姜きゅうりのぬか漬け 茗荷の塩漬け 柿 秋から冬にかけての旬のものをいただいています。春には春の、夏には夏の美味しいものがいただけるのは、本当に幸せです。 昨日 [続きを読む]
  • 「パパと一緒にはじめてピアノ」講座 参加者募集!
  • <時>11月11日、18、25日 日曜日9;30〜10:45 <場所>小金井市 <対象>5歳〜小2くらいのピアノ初心者のお子様と保護者の方(パパじゃなくてママやおじいちゃんおばあちゃんも大歓迎です。4歳半とかでも可能です) <参加費>3回で2000円(教材費含む)定員10組 お申し込み先着順  普段忙しいお父さんやお母さん、大好きなおじいちゃんおばあちゃんとピアノを一緒に弾く全3回の講座です。まずは音楽の [続きを読む]
  • 献血
  • 友人が献血をしたそうです。献血をしている最中、近くで献血をし終わった方がバタンと倒れてしまったそうです。倒れてしまった方は「病気の方のお役に立ちたい」という志の高い方ですが、やっぱり一番大事なのは自身の身体ですね。回復なさっているといいです。 その話を聞いて、人を助けるには自分がしっかりしていないと助けたくても助けられないんだなと思いました。この場合のしっかりは健康なこと、健康を維持していることで [続きを読む]
  • サロンの会3日間無事終わりました
  • サロンの会が終わるといよいよ今年も終わり…という感じになります。 今回のご参加は99名でした。思い通りに弾けた方も弾けなかった方も、また来年に向けて頑張りましょう 天井までのドアを開けると… こげ茶を基調とした素敵な演奏会場 ピアノはウィーンのウェンドル&ラング広い会場では家で弾くのと違って自分に音が聞こえにくく、「音がよく聴こえなくて(間違えた)」という言い訳多数ありつつ笑、「このピアノすごくい [続きを読む]