one さん プロフィール

  •  
oneさん: オレンジ&ブルー応援氣
ハンドル名one さん
ブログタイトルオレンジ&ブルー応援氣
ブログURLhttp://onesoulfororange.blog.fc2.com/
サイト紹介文エスパルスと日本代表が大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/03/31 14:53

one さんのブログ記事

  • 何がなんでも残る
  • ダービーに歴史的な敗戦を喫した甲府戦に勝ってから1分3敗加えてエースのテセが再離脱さらに降格圏と勝ち点2差という崖っぷちに立たされている正直、精神的にキツイ部分が多すぎるだけど今やらなければ未来に繋ぐことができない今日、清水愛を貫いたオレンジレジスタが現役を退くことになった彼は言った「15年のプロ生活でタイトル獲れなかったのが心残り」だとそして「その心残りは後輩たちに託し、近い将来必ず獲得できると信じ [続きを読む]
  • すべでの差
  • 川崎に全て負けていた守備の仕方も、攻撃の連動性も、運動量も全て負けていた川崎は小林悠、中村憲剛、家長昭博、長谷川竜也が連動した前線からの守備でエスパルスを撹乱させていたこうなると大島と森谷ら後ろの選手も高い位置からボールを奪うことが可能になるエスパルスは何処を出せばいいか状況判断が鈍るだからミスが出て、川崎は素早くボールを保持してチャンスを作ることができる松原がいなく左に鎌田、右に村松の布陣で臨ん [続きを読む]
  • 絶対負けられない戦い 甲府戦
  • 日本が歓喜に包まれたワールドカップ出場と同時に誰がロシアのピッチに立てるかのサバイバルが始まったそしてエスパルスは残留争いから抜け出すべく、残り10試合そしてこの9月は負けられない戦いが続く6試合連続複数失点で崩れている守備を立て直せているのかそして決めるべきところで決め、勝ちを掴めるかポイントになる甲府、広島、大宮戦が控える勝負の9月まずは甲府戦を勝利で掴む5バックの守備に加えてウィルソン、ドゥドゥ、 [続きを読む]
  • 増田誓志と清水航平
  • エスパルスに頼もしい戦力が加入したまずは増田誓志2004年に鹿島アントラーズに加入したが出場機会に恵まれず2010年にコバさん率いるモンテディオ山形に期限付き移籍で加入し、主力として活躍した翌年は鹿島アントラーズに復帰しボランチでレギュラーとして活躍した2013年は韓国の蔚山現代に移籍大宮に期限付き移籍があったが、2013〜2016年の間、蔚山で不動の存在として活躍したその活躍が認められ、UAEのアルシャルジャに移籍今 [続きを読む]
  • 価値ある勝点1 課題は相変わらず
  • マリノス相手に2度もリードを許しながら追いついたことは評価したい以前は同点にしながらも突き放されて負けたり、逆転や先制してもすぐさま追いつかれたり、先制されたらズルズルやられたりと多かったが、今回は精神力の強さが出ていたから本当に良かった今後は1から3へ、いかに勝ち点積み上げるかもちろん上位相手に引き分けは現実的にいい結果であるが、やっぱり勝利する姿を見たいのも事実セットプレーの得点が増えたし、よう [続きを読む]
  • 無駄にしない勝利を
  • 正直、これ以上ホームで負けたくない気持ちは誰もが思っています天皇杯は主力も数人いましたが、中盤の得点、サブ組の活躍により勝利しましたこの自信を絶対に無駄にしてはいけませんヴァンフォーレ甲府との富士山ダービー前回対戦では2-2の引き分け白崎と北川のゴールでリードしてましたがその後追いつかれましたエスパルスのJ1の戦いの歴史が一時的に終わった試合でもあり新たな時代の始まりとなる試合でもありましたあれから約1 [続きを読む]
  • 今度こそリーグ戦ホーム初勝利を
  • 水曜のルヴァンカップでよーやく本当によーやくホーム初勝利を手にしたエスパルスFC東京の攻撃をセットプレーの1点に抑えただけではなくチアゴのFKから村松が合わせて今季初のセットプレーの得点が生まれたそういう意味でもポジティブな面が多い懸念点はテセが脳震盪で出れないことだがそこら辺はチアゴ、北川、デュークがちゃんとカバーできると思う特にデュークと北川はボールを持った時にワクワクさせてくれるので期待したいと [続きを読む]
  • 課題もあるが手応え感がある引き分け
  • 最高におもしろかったその一言に尽きる前半は浦和に押しに押し込まれ先制を許し後半から二見が負傷交代でフレイレが投入したがリーグ戦で初のCB出場、久々の出場、角さんとのコンビも初というのも重なり、まだまだ守備の連携で甘い部分があったそれでもボールを奪って保持し、後ろから攻撃の起点になっていた場面が多かった視野も広かったし、竹内、白崎もボールが受けやすい状況になったそれに加えて途中投入されたデュークがテセ [続きを読む]
  • 一昨年のデジャブを感じてしまった マズイぞ守備陣
  • チアゴのゴールは今後のエスパルスの歴史に語り継がれてもおかしくないぐらいとんでもないゴールだった見たことはないけどエスパルス歴代外国人トップクラスのオリバに匹敵するぐらいだ徐々にフィットしてきて頼もしさが増しているこれからの活躍に期待できるだろうと勝った時はこういうことを書きたかったのだが終了間際失点してまさかの引き分け今までの引き分けはある程度の手応え感のある引き分けだったが、今回は屈辱的な引き [続きを読む]
  • GWをGOOD WIN溢れる週間に vsベガルタ仙台
  • 大宮、川崎戦は先制されて敗色濃厚のところで踏ん張り、負けない試合にしただが、ホームでまだ勝利がない思えば、1年前のJ2勝てなかったホームでようやく勝利したのはちょうどこの時だチームは徐々に進化してきているチアゴもコンディションが上がってきている北川、竹内も戻ってきた必要なピースはほとんど揃ったあとは目の前の相手を一戦一戦戦って、勝つだけだ相手はベガルタ仙台リーグ戦では結果が残せていないが、これから先 [続きを読む]
  • Jリーグ通算20000ゴール 劇的同点弾 だけど…
  • まずは金子選手Jリーグ通算20000ゴールは心の底からおめでとうと大にして言いたい自分にできることを磨き、泥臭く戦う姿勢を崩さないその努力が、歴史に名を残す偉業につながっただけど最近デュークが好調だし、北川も戻ってくるもっと熾烈なポジション争いになると思うそれでも金子は自分にできることにさらに磨きを上げ、躍動する姿を信じてこれからも期待したい…チアゴの劇的同点弾もさらに嬉しかった札幌戦、大宮戦と合わせて [続きを読む]
  • 明日は大宮アルディージャ戦
  • 明日の対戦相手は大宮アルディージャ特に今年は静岡ダービーと同等に負けられない戦いになる昨年まで10番をつけた大前元紀個人的に思い入れのある選手だし、まさか敵として戦うことになるとは思いもしなかったエスパルスから0円移籍でデュッセルドルフに入り、試合機会に恵まれず、億単位のお金を払ってエスパルスに戻って来た長く10番として、そして去年はキャプテンとして引っ張って昇格に貢献した大前元紀だが再び0円移籍で大宮 [続きを読む]
  • 明日は大宮アルディージャ戦
  • 明日の対戦相手は大宮アルディージャ特に今年は静岡ダービーと同等に負けられない戦いになる昨年まで10番をつけた大前元紀個人的に思い入れのある選手だし、まさか敵として戦うことになるとは思いもしなかったエスパルスから0円移籍でデュッセルドルフに入り、試合機会に恵まれず、億単位のお金を払ってエスパルスに戻って来た長く10番として、そして去年はキャプテンとして引っ張って昇格に貢献した大前元紀だが再び0円移籍で大宮 [続きを読む]
  • 連敗ストップ
  • よくやった‼?テセ、デュークナイスゴール‼?さあ次はホームで札幌戦(ルヴァン)と大宮戦(リーグ)札幌には去年の借りを返しに絶対に勝つそして大宮はたとえリーグ6連敗中だろうとゲンキだけには絶対に負けられない、絶対に勝つ勝ってエスパルス強いと証明しよう [続きを読む]
  • 本日レイソル戦
  • 静岡ダービーの敗戦は痛かったが、テセのあのオーバーヘッドでゴールした諦めない姿勢は価値がある選手達はより強気にいかなければセットプレーで勝てはしないし、下降線まっしぐらになるだろうそういう意味でも今日の試合は負けられない前回のルヴァンではレイソルの激しいプレッシングに苦しみいいプレーができなかったおそらく今回も同じような戦い方で行く可能性が高い加えて細貝の加入でより守備力がアップするだろうさらにデ [続きを読む]
  • 4年の休戦を経て 第二次静岡ダービー開幕
  • 2013シーズン、ヤマハスタジアム大前元紀のPKでエスパルスの勝利を最後に静岡ダービーはしばしの休戦を迎えたジュビロがJ2降格し、プレーオフで山形に劇的敗戦を許し2年間J2を戦い、2015シーズン最終節の大分戦小林祐希の劇的ゴールでJ1復帰したダービー復活かと思ったら、今度はエスパルスがJ2降格2016シーズンは崩壊したチームを小林監督が見事に立て直し、J1復帰を成し遂げたジュビロも前半は好調だったが後半は小林祐希のオラ [続きを読む]
  • コレがJ1
  • 後半の72分の白崎が2点目のゴール決めるまで勝ったと思いましたそこからの鹿島の選手達の集中力というか、セットプレーからゴールへの道筋を引き出す冷静さが半端なかった強かったさすがチャンピオンという戦いぶりだっただけどエスパルスも負けてなかったのは事実あの鹿島相手に一時は2-0で勝っていたのも事実だし、金子と白崎が結果を残したそこはポジティブにとらえてもいいとにかく3失点したのは大きな反省点なので、中断期間 [続きを読む]
  • 強敵との一戦 静岡ダービーに向けて大一番
  • 新潟に勝ち、2連勝し、チームとして徐々に成長しているエスパルス明日は今まで戦った中でも1番の強敵、鹿島アントラーズに挑む鹿島は昨年チャンピオンシップで持ち味である勝負強さが光り、リーグ優勝クラブW杯では南米王者に完封し、決勝ではあのレアル・マドリード相手に互角の戦いを演じ延長にまで追い込み準優勝天皇杯で優勝と昨年は鹿島にとってもかなり大きな物を手にしたシーズンだった今年はエースだった柴崎岳がスペイン [続きを読む]
  • アルビレックス新潟戦
  • まずはお久しぶりです長らく更新できなくてすみませんというわけでようやくシーズン開幕しましたエスパルスは神戸に惜しくも敗れ、広島に勝利し1勝1敗J1で勝てた事は勢いにもつながります守備陣も問題なくやれていて個人的にはホッとしていますさて今回の相手はアルビレックス新潟しかも鬼門のアウェー新潟はラファエルシウバ、レオシルバ、コルテースがこぞっていなくなり、最近は指宿が千葉へ移籍しましたそれでも田中達也が好調 [続きを読む]
  • 今年のエスパルスのテーマ
  • ゲンキが移籍しました拓也が移籍しました弦太が移籍しました下馬評では降格第一候補と書かれる可能性が高いでしょうその下馬評を覆してほしいという願いをこめて今年のテーマはずばり「反骨心」主力が抜けて、今までくすぶっていた若手らが表舞台に立つチャンスでありそして18チーム中17番目のチームという自覚を持ちながら一丸となって目の前を敵を一戦一戦戦う絶対に逃さず、強敵達を打ち破って、戦い抜こうやるぞJ1‼? [続きを読む]
  • 謹賀新年 去年の総括 今年の展開
  • あけましておめでとうございますそして久しぶりの更新です今年も不定期更新ですがよろしくお願いいたしますさて、エスパルスは昨年、最後は9連勝という離れ業でJ1の切符を掴みとりましたさあ今年はJ1かなりきつい戦いです浦和、川崎はもちろんレアル・マドリード相手に互角の戦いを見せ、世界2位の成績を残し、J1、天皇杯を制した鹿島らが筆頭になると予想されますレオシルバやペドロジュニオールが鹿島をさらに強くさせるのは間違 [続きを読む]
  • 最終決戦 いざJ1へ
  • 町田が松本に勝ちましたウチは岡山に勝ちましたとうとう2位自動昇格圏に上がって来ましたあと一戦あと1勝するかしないかで自動で戻るか地獄のプレーオフで戦って勝って戻るかが決まります最終節の相手は徳島ヴォルティス現在3連勝中そのうちの1勝は札幌から挙げたものです渡がキレのある動きをしており前節得点を許した岡山の豊川と同じく裏へ飛び出すのが得意ですガンバで活躍した佐藤晃大がいますカルニーニョスやアレックスなど [続きを読む]
  • とうとうここまで来た
  • 讃岐に2ー1でなんとか勝ちこれで7連勝2位松本は勝ちましたが首位札幌が敗れ、ウチとの差が僅かに3ついに雷鳥どころかフクロウの脚を掴むまでに追い込みました札幌がここで調子を落としたのは意外でしたが、ウチにとっては自動昇格に向けてとうとうあと一歩攻撃陣も点取れていますし、守備は終盤の守備の甘さが目立っていましたが疲れもあったと思うし、気を引き締めていくでしょうその前に天皇杯相手は天皇杯3連覇に燃えるガンバ大 [続きを読む]
  • 前回と違う最強のエスパルスを見せよう
  • セレッソ戦引き分けでも御の字と思っていた自分が恥ずかしいぐらい同時に17年も勝てなかった鬼門長居スタジアムで金子、白崎、北川らの活躍で先日の代表のように劇的勝利という形で勝てたことはこれまでの歴史の鬱憤を晴らし、チームの自信を上げる確かなものになったと思っている次は町田ゼルビア前回対戦のときは悪い意味でいうとゲンキが下手したらサッカーの選手生命どころか命に関わってもおかしくない大怪我を負った試合でも [続きを読む]
  • 復活、そしてはばたくとき
  • 山形戦はゲンキが復帰し、ゴールを決めゲンキが離脱していた金子が公式戦4試合連続ゴールを決め松原の成長がぐんぐん加速し北側の活躍も目立ちベテランと若手の融合もよくチームとしても今一番はばたく時が来たと感じるその中で河井と竹内がいい動きをしている竹内がオレンジマエストロなら、河井はリトルモーツァルトが一番似合う彼らの奏でる音楽が見事なハーモニーを響かせているため、チームが安定している彼らの活躍にもっと [続きを読む]