平成のケンシロウ さん プロフィール

  •  
平成のケンシロウさん: 北斗鍼灸院 院長の治療ブログ
ハンドル名平成のケンシロウ さん
ブログタイトル北斗鍼灸院 院長の治療ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/hokuto-harikyuu/
サイト紹介文静岡県焼津市の北斗鍼灸院 院長の治療ブログです。主に、不妊治療関係の記事が多いです。
自由文不妊治療以外でも各種痛みの治療、いろいろな鍼灸治療で治療可能なもの、その他子供の事などいろいろアップしていますのでよかったら覗いて行ってください。
なお、私は全盲なのでこの文章は音声ソフト使用ですので誤字はお許し下さい。



参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供723回 / 365日(平均13.9回/週) - 参加 2013/04/02 13:55

平成のケンシロウ さんのブログ記事

  • ■肌ケア何が正しい?医師に聞く
  • ■肌ケア何が正しい?医師に聞く <顔にできたしわやしみ、乾燥やべたつきなど、肌に関する悩みは尽きません。よい状態を保つには、どうすればいいのでしょうか。近畿大学病院皮膚科で女性外来を担当する皮膚科専門医の山本晴代さんに聞きます。> 年を重ねても美しくみずみずしい肌でいたい。アンチエイジングを意識し、様々なスキンケアを施している人も多いでしょう。 悩みは圧倒的に女性に多く、20代はニキビや毛穴の詰まり [続きを読む]
  • ■子供のプール「とびひ」注意
  • ■子供のプール「とびひ」注意 夏を迎えて学校や幼稚園、保育園でプールが始まると、小さな子どもを中心に流行するのが「とびひ」と呼ばれる皮膚病だ。汗を乱暴に拭ったり、あせもができてしまったりして皮膚表面の表皮に傷が付き、そこから細菌が侵入して起きる感染症で、正確には「伝染性膿痂疹(のうかしん)」と名付けられている。多くは皮膚に赤い発疹が生じる程度で治るが、中には水ぶくれになった皮膚が破け、粘液が皮膚 [続きを読む]
  • 以下ヤフーニュースより
  • 以下ヤフーニュースより 「産まない」と決めた夫婦にかけられた、無神経で心ない言葉とは? telling,「産まない」「子どもはいらない」と意思表明するのって勇気がいる。自分で決めていいことのはずなのに……。夫婦2人で生活することを結婚前から決め、20代、30代を過ごしてきたライターの河辺さや香さん。自身の経験やミレニアル女子へのインタビューを通して、「産まない人生」について考えていきます。telling,の人気シリ [続きを読む]
  • ■梅雨疲れ 放置で「夏うつ」も
  • ■梅雨疲れ 放置で「夏うつ」も 気温も湿度も上昇し、環境的なストレスが次第に強くなってきました。あなたの心と体はお元気でしょうか? こんにちは、精神科医・産業医の奥田弘美です。 さて振り返ってみると5月の連休が明けた時、「あ〜、もうちょっと休んでいたかった。休み足りない!」と名残惜しく思われた人も多かったのではないでしょうか? 9連休にしてガッツリ休日を謳歌したという人も中にはいるようですが、私が産 [続きを読む]
  • ■風邪に効かぬ抗菌薬 処方6割
  • ■風邪に効かぬ抗菌薬 処方6割 抗生物質などの抗菌薬はウイルス性の風邪には効かないにもかかわらず、約6割の診療所は患者から強く求められると処方していることが、わかった。日本化学療法学会と日本感染症学会の合同調査委員会が1日、岡山市で開かれている学術集会で発表した。抗菌薬を誤って多用すると薬が効かなくなる耐性菌が増えることから、国は適正処方を求めている。 今年2月、無作為に選んだ全国1490カ所の診 [続きを読む]
  • ■出生前診断 制限の見直しも
  • ■出生前診断 制限の見直しも 日本産科婦人科学会(日産婦)は2日、妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる「新型出生前診断(NIPT)」ができる施設を増やすための検討を本格化させた。学会のルールに関係なく実施する認可外の施設で検査を受けた妊婦に、適切な対応がされていないとの懸念があり、対策を講じる。対象を原則35歳以上とした年齢制限の見直しが議論される可能性もある。 日産婦はこの日の理事会で、検査を [続きを読む]
  • ■スタローン元妻 54歳で妊娠
  • ■スタローン元妻 54歳で妊娠モデルや女優として活躍するブリジット・ニールセンが、インスタグラムにお腹の大きな写真を投稿して、妊娠を明かした。ニールセンは54歳。これまでに産んだ子供4人は、全員成人している。生まれてくる赤ちゃんは、夫で映画プロデューサーのマッティア・デッシ(39歳)との最初の子供になる。1枚目の写真には「家族が増えます」というコメントと、#babybump(妊娠で膨らんだお腹)というハッシュタグ [続きを読む]
  • ■超未熟児 心臓カテーテル成功
  • ■超未熟児 心臓カテーテル成功 県立こども病院が、生まれつき心臓の血管が細い病気にかかっていた超未熟児の赤ちゃんの手術に、国内で初めて成功しました。両親が喜びの声を語っています。 まもなく退院を迎える生後3か月の鈴木陽葵ちゃんです。 陽葵ちゃんは2018年2月に体重902gというとても小さな体で生まれてきました。 しかし、大動脈縮窄症という、心臓から出た大動脈が狭くなる病気のため、最悪の場合、死に至るおそれ [続きを読む]
  • ■家で子供溺死多く 目離さずに
  • ■家で子供溺死多く 目離さずに 子どもが入浴する際に、やけどや溺死など、大きな事故につながるケースが後を絶たない。家族と入浴していても事故を避けられない恐れもある。どういった点に気を付ければいいのだろうか。 厚生労働省の2016年の人口動態統計によると、1〜4歳児が家庭内で不慮の事故で亡くなったのは45人。このうち浴槽などでの溺死は18人と4割を占め、死因では最も多い。 消費者庁は昨年4月、子どもを対象とした [続きを読む]