EnglishGardenSalon さん プロフィール

  •  
EnglishGardenSalonさん: イングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ハンドル名EnglishGardenSalon さん
ブログタイトルイングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ブログURLhttps://ameblo.jp/englishgardensalon/
サイト紹介文書籍『プリンセスのティーテーブルLesson』『英国スタイルのテーブルコーディネイト』好評発売中
自由文イギリスではウイリアム モリスが『生活の中の芸術』を提唱しました。私達スタッフ一同も『スタイルのある生活』を英国王室正統派のテーブルマナー、アフタヌーンテイーやハイテイーのマナーを楽しみながらテーブルマナーやエチケットを習得して頂けます。




インテリアに合う本物の絵やイギリスやフランスのアンテイークに囲まれながらの実践学習です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2013/04/05 20:11

EnglishGardenSalon さんのブログ記事

  • ホテル椿山荘の英国流紳士と淑女になるレッスンのご案内!
  • お待たせ致しました。今年もアフタヌーンテイーで定評のある、ホテル椿山荘主催のハイテイーレッスン行います。昨年の「プリンセスのハイテイーレッスン」は大好評でした。私達は日本在住の英国人の友人達とはロンドンのようなブラックタイパーティーが無いのは寂しいと感じていたところ、書籍のご縁でついに、ホテル椿山荘がハイテイーパーティーを企画して下さったのです。秋の夜長にヨーロッパやイギリスの本格的なパーティーを [続きを読む]
  • アートと暮らす素敵なお宅訪問!
  • ずっと皆様にご紹介したいと思っていた素敵な日本のお宅へ再び伺って来ました。アートのある暮らしというか、アートと暮らす素敵なお宅です。家主さんは以前ニューヨークの高級ギャラリーでも働いていた経験から、日本画の価値を知り尽くしている女性です。 まずは玄関が吹き抜けの高い天井に、日本画のアーガパンサスの絵がスタイリッシュに輝いていました。銀箔の下地に淡い青系の岩絵具で描いたアーガパンサスは、エントランス [続きを読む]
  • フレンチアフタヌーンティー!
  • あっという間に時間が経ち、前回の日本滞在時の5月のアフタヌーンティークラスをご紹介するのを忘れておりました。暖かい春の日に相応しい、インテリア雑誌「ボン シック」とのコラボでフレンチアフタヌーンティークラスでした。インテリア専門の編集者にお越し頂き、ゲストスピーカーとしてのお話と共に、アシスタントもこなして頂きましたこと、改めてお礼申し上げます。また、次号のボン シックに掲載して頂く方々のピックアッ [続きを読む]
  • 貴族やセレブに愛されるLakeComo!
  • 先日は珍しく暑いロンドンよりも更に暑い町、イタリアのLake Comoまで行って来ました。イタリアへは何度も出かけているのに、コモ湖までは足を伸ばしていなかったのが不思議です。ミラノから曰く付きのレンタカーで湖畔のホテルへと向かってみると、グーグルの案内の道があまりにも狭い山の上を通る危険な道路を走っての到着に、ドット疲れてしまいました。 翌日、ようやく気を取り直して船でコモ湖遊覧です。あまりにも大きな建物 [続きを読む]
  • 映画から飛び出したようなセレブのお家!
  • 私の主人の元マネージングパートナーのお宅はため息が出るような素敵なお家。いつ訪問しても、まるで映画から飛び出して来るようなセレブのお家です。今年は夏が長いのと高温で、テムズ川を眺めながらのドリンクも本当に絵になりますよ。 ここはロンドン都心から以外と近いChiswickの高級住宅街の中でも一等地で、目の前の風景はテムズ川。毎回お宅でのドリンクやデイナーにご招待して頂きますので、今回は私の好きなシャンパンを [続きを読む]
  • ロンドンの寿司事情!
  • ロンドンの寿司事情は私が学生時代よりは改善されているものの、アメリカやカナダと比べるとまだまだです。アメリカやカナダではツナやウニなども新鮮な地元のお魚が出回りますが、イギリスは気をつけて見ないとたまに茶色になった古いマグロが出て来ることもあるのです。ある日のこと、セルフリッジデパートでツナの刺身が売っていたのをのぞいていると、英語のやりとりでは普通に売り込んでいたのに、日本語で話しかけた途端に「 [続きを読む]
  • ロンドンの友人宅のガーデンでお喋り三昧!
  • ロンドンのフルハムにもう20年くらい在住の友人夫婦のお宅へは、頻繁にお呼ばれされます。テイータイムやドリンク、デイナーにお泊りと居心地が良いのです。主人が大学時代の友人を職場の同僚に紹介するというキューピッド役??でご夫妻が結婚してから、ずっと幸せそうなのを見るのは嬉しいです。年ごとに仲良くなっているのも理想的なご夫婦。 今年の夏は暑い日が多いのですが、朝晩は気温が下がり気持ち良い温度になる日もあ [続きを読む]
  • ロンドンの豪華過ぎるブレックファースト!
  • イギリスの食事は不味いと言われながらも、イングリッシュブレックファーストだけはいつも人気のある朝食です。今回はイングリッシュブレックファーストと言うよりも、コンチネンタルなしかも、豪華過ぎる朝食のご紹介です。ロンドンでは友人達と時々オシャレな朝食に出かけることがあります。ショッピングにも便利なボンドストリートに近い、ウェストベリーホテルの朝食へ出かけて来ました。普段は高級レストランです。メニューを [続きを読む]
  • 紫陽花に想いを寄せて!
  • まずは日本は集中豪雨による自然災害でたくさんの犠牲者が出ましたこと、お悔やみ申し上げます。地震をはじめ、日本がいかに自然災害が多い国だと改めて思い知らされます。小さな国なのに、様々な自然の脅威にさらされるのが心苦しいです。こちらは逆に、6月からほとんど雨が降らないロンドンですが、紫陽花があちこちに見事に咲いています。以前BBCのドキュメンタリー番組で、”Extreme weather “「度を超えた気候」のような番 [続きを読む]
  • 貴族に愛されたお菓子、バッテンバーグ!
  • 友人達が来るので、久しぶりにバッテンバーグを焼きました。イギリスは只今、熱波のため暑い毎日です。そのためか、マジパンの周りの部分やジャムが少し溶けてしまいましたが、形は何とか綺麗な長方形を保っているようです。お菓子やケーキも流行りがありますね。カップケーキやマカロンが一世風靡したように、お菓子の世界にもサイクルがあります。バッテンバーグケーキはビクトリア女王の孫娘が貴族のマウントバッテン一族との結 [続きを読む]
  • ロンドンの住まいはセクシーモダンになりました!
  • まずは、大阪で地震が起きたというニュースはこちらでも飛び込んで来ました。大阪やその周辺の皆様方、どうぞお気を付けて下さいませ。ロンドンのインテリアデザインは世界一進んでいるというか、デザインの流行のテンポが早いです。今回は私達のロンドンの住まいをご紹介致します。テーマはセクシーモダンで、パープル系が新鮮に感じられると言われます。クラッシックが元々好きなのですが、ずっとセクシー系のインテリアも気にな [続きを読む]
  • 英国のマナーハウス、オークリーコートホテル!
  • イギリスでは昔の荘園制度があるため、お城やマナーハウスがあちこちにあります。こちらは以前、講義のお仕事をお引き受けしたこともある懐かしいホテルです。ロッキーホラーショーをはじめ、様々な映画やテレビ撮影に使用される建物です。ロンドンからも車で1時間もあれば着く便利な場所にあるのと、川沿いにあるホテルの庭でもランチやお茶も楽しめます。そう言えば、以前弟とお茶に出かけた際、へリコプターが庭に止まっていて [続きを読む]
  • NHK 「ロイヤルウェディング〜」のテーブルセッティング行いました。
  • 日本へ着いて直ぐに、NHK のワイン番組のためにテーブルセッティング行いました。私の東京の自宅でケイトさんとウイリアムさんのロイヤルウェディングのメニューに合わせた実在のワインを再現です。ワイングラスやチャャイナに合わせて、フラワーアレンジメントも作成したのです。今回の写真はまだオンエアー前なため、私の拙書『貴族もおもてなしできる英国スタイルのテーブルコーディネート』清流出版から2点抜粋してみます。 [続きを読む]
  • 箱根で青いおもてなしテーブル!
  • 箱根の山の家には青系の食器が多いのです。日本らしい青系の食器でも和洋全てに使用できて重宝ですよ。少し前の写真ですが、青い食器に合わせて庭から青系のお花を摘んでテーブルセンターに飾ってみました。 この時期になると、椿も数が少ないものの白系のお花はまだまだ咲きます。もちろん、ローズが咲き乱れる時期ですが、我が家のローズはほとんどが赤とピン系なので、青系の食器に合わせてデルフィニウムを中心としまし [続きを読む]
  • 英国人にとってはカントリーハウスはおもてなしの場!
  • 英国人にとっての夢はカントリーハウスを持つことです。日本ですと別荘と言うのかもしれませんが、デイベロパー達が開発した場所がほとんどですから、イギリスとは違います。特に田舎や緑が多いファーム地帯にカントリーハウスを所有して、週末を家族や友人達と過ごしたりホリデーにゆっくりする癒しの場所です。もちろん、先祖代々受け継がれる田舎の荘園や広大な土地を守る貴族達の存在が大きいです。貴族階級やアッパークラスに [続きを読む]
  • バッキンガム宮殿のテーブルデザイン!
  • 明日はいよいよハリー王子とミーガンさんのウェディング。ウェディングパーティー用のテーブルデザインやメニューも興味深々ではないでしょうか? 本来なら宮殿内やパーティーのお食事内容を写真に撮ってメディアに掲載することはご法度と言うか、マナー違反とされています。私達がセント ジェームスパレスでのデイナーはカメラさえも持参せずに出かけて来ました。今回は特別にウェディングを記念して、以前のバッキンガム宮殿での [続きを読む]
  • セント リージス ランカイの印象⁉?
  • セント リージス ランカイホテルの印象は今まで泊まったセント リージスホテルブランドの中では、あまり好印象ではありませんでした。ランカイ島自体がまだ開けていない熱帯雨林の中にあります。このホテルの外には何もないためホテルでゆっくりしてみましたが、まずはビーチが小さい上、浅すぎて泳げないのです。35度くらいの高温多湿な気候のせいか、ビーチにはほとんど人がいません。ホテルのスイミングプールも小さ過ぎで、 [続きを読む]
  • マレーシアのパワースポット
  • 私達は短い日本滞在中にマレーシアへ来ております。クアラルンプールはロンドンからウェリントン行きの途中でよく来ていましたが、今回はランカイ島まで足を伸ばしました。マレーシアで一番の観光地だそうで、海外資本の有名ホテルのリッツ カールトンやウェスティン、セント リージスとそうそうたるホテルが進出しています。さてパワースポット間違い無しの絶壁の山にロープウェイで登ること20分。雲の上に山と山を結ぶシングル [続きを読む]
  • マリー アントワネットなアフタヌーンテイーパーティー??
  • 5月26日土曜日は再びパリスタイルの「マリー アントワネットなアフタヌーンテイー」を行います。フレンチなケーキやスイーツ、フレンチな食器などの他にもインテリア空間も含めたアフタヌーンテイーパーティーです。先日のインテリア雑誌 Bon Chicでも掲載して頂きました、フレンチな空間でのアフタヌーンテイーはまた格別なテイーパーティーとなることでしょう。そして、当日はインテリア関連のゲストスピーカーもいらっしゃ [続きを読む]
  • ローズの美しい季節のイベントのお知らせ!
  • 日本は春の心弾む薔薇の美しい季節となりました。私達の東京の自宅の庭にも様々な色の薔薇が咲き始めました。赤は情熱的なイメージ。ピンクは優しいロマンチックなイメージ。芳香の強いフレンチローズの香りがお気に入りです。サロンの建物のアーチ型のエントランスは大きなハイブリッドの白い薔薇が皆様をお迎えできるようになりました。以前に行った5月のヘレンド本店での特別なイベントアフタヌーンテイーパーティーは薔薇の花 [続きを読む]
  • 爽やかな水色ハーベストのテーブルデザイン‼?
  • 来週は日本で久しぶりのテーブルマナー&デザインクラスです。そう言えば、昨年度10月に行ったテーブルマナー&デザインクラスでは、私の好きな水色の爽やかテーブルでした。子供の頃は赤が好きでしたのに、大人になってからは淡い色合いに惹かれます。中でも水色には夢が一杯詰まっているようで、好きな色です。10月は秋でしたから、収穫を祝うハーベスト テーブルデザインを爽やかに表現してみました。美味しいシャインマス [続きを読む]
  • 義理の両親の家は絶景です‼?
  • ウェリントンではあまりにも強い陽射しが一杯のアパートメントに半年以上も住んだのが不思議な感じです。結局、スイミングプールやテニスコートなどの魅力的なアパートメントからお引越しをしました。またしばらく日本とロンドンへ滞在のため、ウェリントンを留守にすると友人達に宣言すると、またまた連日ドリンクやデイナーへのご招待が続いて大忙しでした。そのため、今月はブログをほとんど書けずに、時間があっという間に過ぎ [続きを読む]
  • ヘレンドの素敵なテイーカップ!
  • 世の中にはたくさん素敵なチャイナやポーセリンがあり過ぎて、困りますよね。私の場合はイギリス生活が長く、現在はニュージーランドと時々日本の生活のせいか、まずはお洋服には興味がありません。イギリスもニュージーランドもはっきりした四季が存在しないことと、両方共に家やインテリア重視の国、おかげで、私はオシャレではありません。興味がある物と言えば、家やインテリア、絵、ホームデコレーションに加えて、主人が頭を [続きを読む]