EnglishGardenSalon さん プロフィール

  •  
EnglishGardenSalonさん: イングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ハンドル名EnglishGardenSalon さん
ブログタイトルイングリッシュガーデンサロンのティータイム‼
ブログURLhttps://ameblo.jp/englishgardensalon/
サイト紹介文書籍『プリンセスのティーテーブルLesson』『英国スタイルのテーブルコーディネイト』好評発売中
自由文イギリスではウイリアム モリスが『生活の中の芸術』を提唱しました。私達スタッフ一同も『スタイルのある生活』を英国王室正統派のテーブルマナー、アフタヌーンテイーやハイテイーのマナーを楽しみながらテーブルマナーやエチケットを習得して頂けるよう努力して参ります。




今までと少し違った『スタイルのある生活』をお探しの方、是非『イングリッシュガーデンサロン』へお越し下さいませ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供79回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/04/05 20:11

EnglishGardenSalon さんのブログ記事

  • アフタヌーンティーギャラリーのイベント その1‼?
  • 時間が過ぎるのは早いもので、先月のアフタヌーンティーギャラリーのイベントはもう1カ月も前のことになります。レギュラーの生徒さん達やイギリス好きやアフタヌーンティーのファンの方々にお越し頂きありがとうございました。当日は日本画家のともみさんの爽やかな本物の銀箔の絵をデイスプレーしてお迎え致しました。最近のサロンインテリアのインテリアのテーマがフレンチ ジャポネスクなため、シックなシルバーと白のイン [続きを読む]
  • 友人のイタリアンなお城でおもてなし ①!
  • 今週は友人の中でもインテリアにかける物凄いエネルギーの女性に、イタリアンなお城にご招待されました。素敵なおもてなしに身も心もウキウキしています。なぜか私の周りにはおそらく過去生はイタリアンだったであろう女性達が数人いますが、ニコラのインテリアへの情熱は突出しています。友人の中には広大なお城を所有する方々もいますが、今回は意外と小さな邸宅をアートとインテリアで大きく絢爛豪華に見せるやり方のご紹介です [続きを読む]
  • ロンドンの家は動物のアートで一杯!
  • よく皆様からどのようにしてアートや絵を選ぶのですか?という質問をうけます。私の答えは「まずはご自分の好みを知ることです。」嗜好は年齢と共に変わることもありますし、家や住む国によっても異なる傾向があります。私のロンドンの家は明らかに動物の絵がふんだんにありました。特に象??さんに恋してしまい、家のあちこちに象の絵をデイスプレーしました。ちょうどアフリカのサファリに夢中になっていた頃です。一見、子供っ [続きを読む]
  • 「プリンセスのハイテイーレッスン」のお食事!
  • 先日の「プリンセスのハイテイーレッスン」のお食事も素晴らしく満足な内容でした。まずはウェルカム シャンパンから始まり、ご挨拶をホテル椿山荘の担当者と私が行いました。その後はハイテイー用にセイボリーなお食事がフレンチ白ワインと共に運ばれて来ました。全て一つ一つが美味しくて、アフタヌーンティーとは違いワインにぴったりのフィンガーフードでした。 メインは圧巻の200グラムのローストビーフは赤ワインと共に [続きを読む]
  • 圧巻のドレスでホテル椿山荘のハイテイーレッスン!
  • 先週末のホテル椿山荘での「プリンセスのハイテイーレッスン」は圧巻のドレスの競演でした。皆様からは興奮が覚めない素晴らしい機会の感謝のメッセージを頂き、私も改めて感慨深い気持ちです。それぞれ、素敵なドレスやお着物で参加された皆様のおかげで、間違いなく圧巻な雰囲気ができた気が致します。美しいプリンセス達に囲まれた私も幸せなひと時を過ごせて嬉しかったです。またホテル椿山荘のスタッフの方々の卓越したサービ [続きを読む]
  • ハロッズのケーキがオシャレ!
  • ロンドンの自宅の近くにあるハロッズは以前のエジプト人オーナーからカタールファンドがオーナーに変わって、中身も随分変化しています。前はケーキをハロッズで購入すると甘過ぎだったり、イギリスの田舎っぽいケーキが主流だったのが、最近はフレンチ物やオシャレなケーキが多くなって来たようです。見た目も美しいスタイリッシュなケーキ達。ロンドンもなかなかのものですね。カフェもどんどんオシャレになって、楽しいです。夏 [続きを読む]
  • 英国物雑誌RSVPに掲載中です??
  • 今月発売の英国物????雑誌RSVPにサロンでのアフタヌーンティーが掲載中です。6月に日本を出る直前に素晴らしい企画のお話を頂き、私が不在でも撮影お受けしてしまいました。ロンドン時代にお願いしていたアシスタントとニュージーランドからラインやメールでコミュニケーションを図りながら、素晴らしいアフタヌーンティーテーブルもスイーツも出来上がりました。今後は「アフタヌーンティーギャラリー」として時々特別イベン [続きを読む]
  • フルハムの友人宅へお呼ばれ!
  • 今回のロンドンは古い友人宅へお呼ばれされて、一週間もお泊りすることとなりました。毎年、デイナーへ行くぐらいでお話する時間が足りないため、物足りないとこぼしていたご夫婦です。友人宅はロンドンの中心地に近いフルハムと言う町。わりとイギリス人やフランス人が多い、子育てには適してる住宅街です。近い駅がPersons Green で、先日のテロ アタックは大事に至らなかったものの、冷や冷やしました。 ご夫婦は共に公認会計 [続きを読む]
  • 絵のコレクターの友人宅へデイナーにお呼ばれ!
  • ロンドンの友人宅へ招待されて、毎回驚くことは絵やアートが家の中に所狭しと飾られていること。今回は主人の元ビジネスパートナー、投資会社社長の御宅へデイナーへお呼ばれでした。昨年もChiswick と言うエリアにある川を目の前にする美しい邸宅へお呼ばれされましたが、本年もお嬢様のケイティが美少女に成長した姿を観ながら、デイナーを楽しみました。友人のロッドと奥様のレイチェルは再婚同士で、お互いに幸せを掴んだ感じ [続きを読む]
  • RSVPとの特別コラボ 「アフタヌーンティーギャラリー」開催!
  • 10月はイベントが続きます。10月21日土曜日のアフタヌーンティークラスはRSVPとの特別コラボで「アフタヌーンティーギャラリー」を開催致します。当日はRSVPの編集長がバトラーで登場致しますので、RSVPのファンの方々にも必見です。 上質な空間で格上のアフタヌーンティーのスイーツはともみさんやしのぶさん達にも製作をお願いして、普段よりも更に上質なケーキ類の数々。さらに当日はサロンとギャラリーを兼ねて、本場 [続きを読む]
  • アルゼンチンからこんにちは!
  • ニュージーランドからロンドンへ行くのに、アルゼンチン経由にしてみました。義理の両親も気に入っていた国、アルゼンチンはほとんどヨーロッパの街並み。街中ではタンゴを踊るグループがいたり、ラテン系の雰囲気がまたなんとも言えません。特にカフェは150年もの歴史あるカフェや世界で二番目に美しいブックショップのカフェなど、カフェ巡りもお勧めです。ケーキも美味しいスイーツを堪能できて大満足です。特にローカルの [続きを読む]
  • ホテル椿山荘で「プリンセスのハイテイーレッスン」!
  • 10月のイベント第一弾のお知らせです。10月22日日曜日はホテル椿山荘主催の「プリンセスのハイテイーレッスン」を一泊二日で開催致します。実は公表前に既に満席を頂きましたため、急遽増席が決定致しました。参加希望者はお早めにホテル椿山荘へご連絡下さいませ。ここを して下さい。 当日はカクテルドレスやロングドレスでレッスンを受けて頂き、イギリスの社交界さながらのハイテイーパーティーになりま [続きを読む]
  • 日本から第一号の来客でした!
  • 日本から第一号のお客様が、こちらウェリントンにお越しになりました。生徒さんのお一人で、芦屋でお菓子と紅茶のクラスをされていらっしゃるかおりさんとご主人様でした。雨??や風の強いウェリントンの冬は珍しく晴れる日も多くて、ワイナリーやカフェやレストランを満喫されたようでした。ニュージーランドのワイナリーは土にこだわりオーガニックな製法が多いことと、清潔で綺麗なワイナリーは特に気に入られたそうです。4 [続きを読む]
  • よく作る簡単オーブン料理!
  • こちらに来てからよく作る料理はオーブン料理とお魚料理。今回は簡単オーブンデッシュのご紹介です。オーブン用のデッシュにブラッセルスプラウト、ナス、セロリを置いて、塩コショウします。20分位オーブンでグリルしたら、取り出して、チーズをたくさんかけて再びオーブンに入れます。 チーズがたっぷりとろけて、野菜に味が付いてとても好評です。皆様にも簡単お勧め料理です。 English Garden Salonお仕事のお問い合わ [続きを読む]
  • ウェリントンのカントリー調ティールーム発見??
  • 先週末、ウェリントンをぶらぶら歩いていたら、カントリー調の可愛いらしいティールーム発見。中に入ると3組のグループがアフタヌーンティーを楽しんでいる様子。おばあさんの誕生日パーティー??のグループ。母親と2人の子供達。女性2人組。皆嬉しそうに、小さなお菓子達をつまんでいました。全てのテイーカップやプレート、テイースタンドが違っているのもカントリー調ですね。それとオーストラリアの影響で、午前中に出か [続きを読む]
  • エントランスにアンティークの椅子‼?
  • ニュージーランドのアパートメントへ訪問して下さるお客様のため、アンティークの椅子を購入しました。日本式????に靴を??脱いで頂くためです。ロンドンでは最初の頃は靴の生活をしていました。お引っ越しの度に気がついたことは、靴の生活を続けるとカーペットの端が真っ黒になりました。いくらプロのカーペットクリーナーにお願いしても汚れが早かったです。日本式は清潔なカーペットやフロアを保つのに、賢い生活様式。ロ [続きを読む]
  • 爽やかなカントリーのテーブルデザイン??
  • あっという間に時間が過ぎてしまう今日この頃。前回のテーブルデザインクラスは6月でした。爽やかなカントリーのテーブルデザインでした。初夏のイメージで爽やかな色合いのハイドレンジャー(紫陽花)でテーブルセンター。イギリスで一番好きだったお花の一つがハイドレンジャーだったせいか、紫陽花をみる だけでも心踊ります。上品で華やかにもなりますし、ニュージーランドでも大人気ですね。ただし、こちらは真冬ですからハ [続きを読む]
  • グルメの友人を招いてハイテイー!
  • 日本を離れる前にグルメな友人の一人がご挨拶に来て下さったので、ハイテイーでおもてなしをしました。シャンパン??とトリュフが大好きな彼女のために、フランス????からの特別なトリュフ入りチーズを用意してみました。彼女のグルメぶりにはいつも感心することばかりです。様々な新しい食べ物やスイーツをご紹介して下さいました。先日のハイテイーにお出しした仙台産の有名なお菓子は一口食べただけで直ぐ判ったようでした [続きを読む]
  • 暑中お見舞い申し上げます。
  • 日本の皆様は猛暑で大変だと思いますので、今回は身も心も寒くなるお話をご紹介してみます。ウェリントンは強い風で有名だそうです。Windy Wellington と言う別名があるくらい。最近雨が多く、かつ風が強い日は傘もさせません。そのせいか、現地の人々はあまり傘を持って??歩かないのです。私も現地の人のように傘無しで歩いてみました。ところが、数日前急に震えが止まらなくなって、更に体中が痛く感じました。そのうち呼吸も [続きを読む]
  • 山と海を同時に楽しめるウェリントン!
  • ニュージーランドの首都ウェリントンは山と海を同時に楽しめる美しい都市です。山が直ぐに迫っていて、ほとんどの市民は山のテラスに住んでいます。箱根の斜面よりも急な坂道に平気で家を建てるのです。大げさに言うと街全体が別荘地のような雰囲気がありますよ。当初は一軒屋の家に住もうかと考えていましたら、平な土地はなかなか見当たらず、この地震国で地滑りが起きたらどうしようという感じがしました。現地の友人達に聞くと [続きを読む]
  • スタイリッシュなアパートメントへお引っ越し!
  • 日本を出る前に、数名の方々からなぜ羊??の国に行くのですか? とか、先生にはニュージーランド????が合わないのでは?と言う意見を耳にしました。ウェリントンの都心は東京やロンドンほど大きくありませんが、小さな都会です。都心は車??がなくてもカフェがたくさんあるし、とてもオシャレなスーパーマーケットもありますよ。今週はようやく義理の父所有のアパートメントの直ぐ近くにお引っ越しました。最近運動不足なの [続きを読む]