ごっしー さん プロフィール

  •  
ごっしーさん: 病気の種類と病気症状の検索
ハンドル名ごっしー さん
ブログタイトル病気の種類と病気症状の検索
ブログURLhttp://byouki-kensaku.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文熱やあくび、頭痛など。症状から病気を考える情報サイトです。
自由文熱やあくび、頭痛や吐き気。普通にある症状の中にも、病気が隠れていることがあります。症状から病気を考える情報サイトです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供223回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/04/05 19:42

ごっしー さんのブログ記事

  • 化膿性関節炎とは
  • ■ 化膿性関節炎とは年はとりたくないものですが、どうしても、頼みもしないのに月日は勝手に進んでいきます。20年たてば20歳、30年たてば30歳。そして50年たてば50歳です。若い頃には気付かなかった事実ですね。年をとって困ることはたくさんありますが、直に実感できるのが関節の痛み。運動不足や逆に運動のしすぎ、その他、様々な要因が原因となって節々が痛むのです。関節の痛にもいろいろありますが今回は化膿性 [続きを読む]
  • うつ病の原因とタイプ
  • ■ うつ病の原因とタイプ風邪の感染や胃炎などのはっきりした病状のある病気と異なり、心の病は難問です。うつ病の多くは、離婚や失業などといったマイナスイベントの後とか、慢性的な過労状態にあるとか、強いストレスを感じる状況で発症してます。それは分っているのですが原因は一つではありません。さまざまな要素が複雑に絡み合っているので「こうだからこうなる」という斯くとした法則はないのです。発病のきっかけとなる7 [続きを読む]
  • あなたはもう「うつ病」だった? 大丈夫じゃないその症状とは
  • ■ あなたはもう「うつ病」だった? 大丈夫じゃないその症状とはうつ病に関する情報はたくさんあります。あまりに多すぎで氾濫してしまい、ドラマのネタにもされてしまったほど。それだけありふれた病気という裏返しなのですが、「自分がうつ病」という人を私は知りません。がん患者のほうが身近なくらいです。私もそうですが、「うつ病」と聞いて、自分とは無関係な病気だと思う人は多いはず。でも現実にはうつ病患者はとても多 [続きを読む]
  • 肩甲骨はがしとは、しかも寝たまま?
  • ■ 肩甲骨はがしとは、しかも寝たまま?最近、腰だけでなく肩も重くなってきました。仕事中に嘆いていると、聞いていた同僚がいいます。「肩甲骨はがし、が良いそうだよ」と。「はがす?肩甲骨を?」なにやら物騒な響きですが、これは新しい健康法……というかストレッチの一種ということがわかりました。 デスクワークが長くて肩こりがひどい スマホ画面をガン見し過ぎで、猫背ぎみ 冷え症とか便秘に悩まされ治らないこうした [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 10
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 10硬いと思われてる「かかと」は思いのほか軟弱です。スポーツ選手がアキレス腱を断裂する話はよくききますし、走りすぎ・使いすぎの疲労から、骨に皹がはいってしまうこともあります。そんなかかとの話も、10回目になりました。ますは踵部脂肪褥についてです。・踵部脂肪褥踵部脂肪褥は「しょうぶしぼうじょく」と読みます。かかとを構成する分厚い脂肪組織が炎症を起こして痛む症状を [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 9
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 9・踵骨の疲労骨折スポーツ選手にかかわらず、運動をする人にとって共通の危険が「やりすぎ」の原因による損傷です。スポーツを習慣にすることは、健康維持やストレス解消に良いことです。ですが、ジョギングのような同じ衝撃が繰り返されるスポーツは特定の部位を痛めつける行為にほかなりません。下半身のとくに踵骨への負荷が大きくなって、疲労骨折の原因となる場合があるのです。子供 [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 8
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 8・成長痛と偏平足に多い痛みとは?「かかと」の構造は私たちが考えているよりもずっと複雑です。前回の踵骨後部滑液包炎と腱滑液包炎は、アキレス腱を挟んだ前と後の部位の痛みで、最初に話した足底腱膜炎は土踏まずとつくるアーチ状の膜の炎症です。どちらも「かかと」にあらわれる痛みですが、原因も場所も異なってます。今回の「踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)」は、スポーツ障 [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 7
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 7「かかと」といえばアキレス腱。すぐ上にあって、バネの役目をしてる「アキレス腱」は、強いようで脆いところがあります。ギリシャ神話でも弱点として登場するくらい、重要かつダメージを受けやすい箇所と考えられていたようです。そんなアキレス腱が痛くなる病気が、「アキレス腱滑液包炎」や「踵骨後部滑液包炎」です…………ということで。 今回は「踵骨後部滑液包炎」についての説明 [続きを読む]
  • 健康になりたいなら、ネコを買おう
  • ■ 健康になりたいなら、ネコを買おうイヌ派かネコ派か。ネコ嫌いにとってはネコの自由奔放さが理解できないようで、逆にイヌ嫌いにとっては、あんな乱暴に吼える恐い生き物を飼う神経がわかりません。とはいえ、どっちがすきかと言うことは時々議論になるけど、一生のうち片方にしか触れないという人は稀でしょう。人は好みが変わるものだし、動物ならなんでも好きという人もいるものです。イヌを飼っていた人がネコを飼い始める [続きを読む]
  • 手首の痛い現代病スマートフォンサムとは?
  • ■ 手首の痛い現代病スマートフォンサムとは?手首の調子がオカシイのです。昨日や今日のことではなくて、この数年ずっと。揉んだり伸ばしたりすると、痛みは消えるのですが、すこしするとまた痛みがでます。ずきずきすることもありますが、電気が走ったようにモノがもてなくなることも。酷いときには、缶コーヒーを持っただけでそれがおこります。原因はなにか?まったく心当たりが…………いっぱいあります。力仕事をしている私 [続きを読む]
  • ワーカホリック。全員が不健康なワケはない
  • ■ ワーカホリック。全員が不健康なワケはないワーカホリックは「仕事中毒」のことをいいます。「中毒」とつくからには害があるにちがいなく、言葉が示してる通り、身体的・精神的健康に害を及ぼすものとされてます。概念を提唱したのは米心理学者ウェイン・オーツ氏。50年もの前に「薬物中毒と似た症状だ」としていたそうで、真面目が多い日本人としては耳の痛い話しです。でも、害が実際におこったとしてもその原因の特定は困 [続きを読む]
  • その冷え性、病気が隠れてませんか
  • ■ その冷え性、病気が隠れてませんか 冷え性を「単なる冷えだ」と思いこんでしまう人がいます。一時的に体が冷えたのなら心配はありませんが、放っておいたことで重篤な病気につながってしまう場合もあります。 例えば「閉塞性動脈硬化症」は手や足の動脈が硬くなってしまう病気です。血管が、幅が狭くなったり塞がれたりえ血流が不足します。血液が循環しなくなれば、酸素も栄養もいかなくなり細胞の活動が鈍化、死んでいきま [続きを読む]
  • 体調を整えるなら「梅干し」で
  • ■ 体調を整えるなら「梅干し」で西洋のコトワザに「一日一個のリンゴは医者を遠ざける」というのがありますが、日本にも「医者殺し」と言われる食材があります。それが梅干。医者が必要なくなるというくらい体に良い食材として有名ですね。血液サラサラ効果や疲労回復効果は、まだわかりますが、眼や胃にも効果があるそうな。うそかほんとか、江戸時代には梅肉を用いた目薬が作られていたとか。陽明学者の安岡正篤氏(佐藤栄作首 [続きを読む]
  • ヒアリに刺された場合の対処
  • ■ ヒアリに刺された場合の対処生態系に混乱を及ぼすとされる外来種。食用蛙のエサとして輸入したアメリカザリガニとか、ハブを退治するつもりのマングースが有名です。前者は逃げ出して繁殖、在来種のニホンザリガニはほぼ絶滅。後者はハブと戦うどころか天然記念物の奄美ウサギを襲う害獣となりました。自然の行いは浅墓な人間を笑うかのようです。大陸を制した生き物にとってニホンという島国では楽園のようです。2017年に [続きを読む]
  • こわい歯周病の症状
  • ■ こわい歯周病の症状「 リンゴをかじると歯茎から血がでませんか? 」とっても懐かしいCMフレーズです。丸いリンゴをそのままカジる機会は、昔よりも減ったと思います。それ以前に、歯茎から出血しても、それを気にする人は少ないのではないでしょうか。歯磨きのときに、出血するなんて珍しいことではありません。でも、体を洗っているときに血が出てきたら変だなと思いますよね?その「変だな」は、口の中にも適用されてい [続きを読む]
  • 砂糖摂取5%の攻防 これって多いの少ないの?
  • ■ 砂糖5%って多いの少ないの?「 摂取量は総カロリーの5%未満が望ましい 」これは、砂糖新指針のこと。WHOってありますよね?世界保健機関のことです。そこが発表した、砂糖を減らさず健康を維持するには砂糖の摂取量の新しいガイドラインというのが、この5%という数字。WHOでは、これまで成人の砂糖摂取量を、「1日に摂取する総カロリー量の10%未満が望ましい」と定めていました。しかし、今回のガイドラインでは下方修 [続きを読む]
  • 健康診断でも見つかりにくい危険な病気
  • ■ 健康診断でも見つかりにくい危険な病気昔から、「風邪は万病の元」といいます。風邪のような軽い病気であっても、放っておいてこじらせてしまうと、もっと危険な別の病気にかかってしまうという経験則です。軽んじているつもりはなくても、万全でない体調で病気にかかってしまうと、治るものも治らなくなるようです。医師専用コミュニティサイトで行ったアンケートがあります。危険な病気や発見が難しい病気について、意識調査 [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 6
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 6「かかと」といえばアキレス腱。すぐ上にあって、バネの役目をしてる「アキレス腱」は、強いようで脆いところがあります。ギリシャ神話でも弱点として登場するくらい、重要かつダメージを受けやすい箇所と考えられていたようです。そんなアキレス腱が痛くなる病気が、「アキレス腱滑液包炎」や「踵骨後部滑液包炎」です。 今回は「アキレス腱滑液包炎」について説明します。・アキレス腱 [続きを読む]
  • 最新の熱中症対策
  • 最新の熱中症対策暑い季節に起こる病気といえば、熱中症。夏になると救急車で運ばれる人が相次ぐほど、かかる人が急増してきます。とくに小さな子供とお年よりは、この症状が起こりやすいといわれます。今回は、熱中症が起こる原因とその対策を考えます。対策については、まだ、本格的な暑さが始まっていない今のうちから始めるのがベスト。ではまず熱中症の原因からいきます。★ 熱中症の原因は? 暑い環境で体に起こるのが熱中 [続きを読む]
  • 便秘解消。あまり食べずに良く寝よう!
  • ■ 便秘解消。あまり食べずに良く寝よう!睡眠と食事この2つは、便秘の解消には欠かせない両輪としてよく言われていることです。よく寝って野菜中心に食べること。まぁモットモなことなんですが、具体的にはどうすればいいのでしょうか?■ 22時就寝を?日間だけ続けてみる 「 今日からずっと、早寝する! 」言うのは簡単ですが、実行は難しいもの。始めるのはカンタンですが、続けることが難儀なのです。「ずっと」が難し [続きを読む]
  • ふけ?炎症? 頭がとてもかゆい 原因とは
  • ■ ふけ?炎症? 頭がとてもかゆい 原因とは汗をかくと、頭がかゆくなります。とくに夏ともなれば、じっとしててもアセがでるもの。頭がかゆくなる原因はフケだと思うのですが、「 毎日シャンプーしているのにナゼ? 」という疑問が残ります。実は、頭皮の雑菌がかゆみを引き起こす大きな原因は、フケよりも雑菌なんです。頭皮というのは、髪で覆われていて適度に湿り気があります。しかも、年中温度は変わりません。これはつ [続きを読む]
  • かかとが痛い症状と考えられる病気 5
  • ■ かかとが痛い症状と考えられる病気 5かかとの痛み方には、痛めた場所によっていくつかの特徴があります。「踵骨下滑液包炎」では、かかとに体重をかけると痛くなります。手で確かめる場合は、かかとの中心から後ろ側を押さえると痛みがあります。熱を持ったように腫れていたり、歩き出しにかかとに体重を乗せると痛くなるようなら、踵骨下滑液包炎(しょうこつかかつえきほうえん)の疑いがあります。・原因踵骨下滑液包炎は、 [続きを読む]
  • ストレスと便秘について 5
  • ■ ストレスと便秘について 5今回は具体的な解決法をお話しますね。お待たせしてすみませんでした。宿便。時間が立てば経つほど水分がなくなって硬くなる。しして、硬くなればなるほど、出にくくなる。これが宿便の宿命ですっ!なにかく、もっとも優先したいのが、腸のストレスを改善することです。で。あなたにやってほしいのが、リズムつくり。腸にたいして、「毎日便を出す」というリズムをつけてあげるのです。朝は、トイレ [続きを読む]
  • ストレスと便秘について 4
  • ■ ストレスと便秘について 4便秘とストレスには、とても密接な関係があることが、前回わかりました。では、便秘を解消するにはどうすればいいのでしょうか。便秘薬を服用したり、サプリメントを飲むの良い方法です。でもその前に、便秘の原因を解消するのが、第一。元になっているストレスを断ち切るのがあげないと、何度でも繰り返してしまいます。そのためには、「思い切って仕事を休んでみる」ことも大切。「 進むも勇気。 [続きを読む]
  • ストレスと便秘について 3
  • ■ ストレスと便秘について 3「気持ちのいい排便はストレスまで流す」といいます。誰が言ったのか不明ですが、よーくわかります。しっかりと改善して、気持ちよく出したいですね。さて、いよいよ改善フェーズです。・便秘の改善「心の状態」とダイレクトなつながりがある腸。じつは、腸がきれいになることは、「幸せだな」と思う瞬間が増えやしてくれます。人が幸せだと感じるためには、「セロトニン」や「ドーパミン」という物 [続きを読む]