高田先生 さん プロフィール

  •  
高田先生さん: 高田先生の中国語お悩み相談室
ハンドル名高田先生 さん
ブログタイトル高田先生の中国語お悩み相談室
ブログURLhttp://takadasensei.blog.fc2.com/
サイト紹介文中国語・中国語通訳・翻訳の学習に役立つ実践的なアドバイスをします。
自由文中国語教育と中国語通訳・翻訳業及びその教育、中国語関連書籍の執筆に従事しています。
通訳・翻訳スクールや大学、社会人向け講座等における豊富な教育経験にもとづき、中国語学習者、中国語通訳・翻訳学習者に役立つ実践的なアドバイスを差し上げたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/04/08 19:13

高田先生 さんのブログ記事

  • 初歩に戻る2 文法
  • 中級から上級にかけての学習者ですと、“??“も学びますね。これまでほとんど短いフレーズやセンテンスの会話ばかり勉強してきたのに、いきなり書き言葉で記された、まとまった文章に取り組むのは、なかなか苦痛なようです。なにが苦痛かというと、「なんとなくわかる」状態では“??“はできないからなのです。そこでお勧めしたいのが、文法学習のやり直しです。ごく初歩の文法を丁寧に学びなおしてください。 “副?“はどう [続きを読む]
  • 初歩に戻る1 発音
  • 中国語の学習進度が中級あたりになりますと、習得度の差が顕著になってきます。ここで心折れてしまっては、元も子もありません。心が折れなくても、   足踏み状態だな   なんだかよく分からない   できないことが多いかも…と感じたら、初歩に戻ることを勧めます。初歩というのは、発音からやり直すということです。特に、中級レベルで発音や声調に欠点があるのでしたら、この時点で手を打つ必要があります。中級ですと、 [続きを読む]
  • ゆるい学習 ニュース記事
  • 学生はあまりニュースを見ません。新聞(電子版を含め)もあまり読みません。残念なことです。大人は新聞記事を読み、ニュースを見聞きし、関心も高いのです。ですが、たいてい日本語だけ、あるいは中国語だけなんですね。中国語を学ぶ人(日本語を学ぶ人)でしたら、せっかく中国語(日本語)ができるのですから、日本語と中国語で新聞記事を読み、ニュースを視聴してほしいと思います。学習とか、トレーニングなどと特別に構える [続きを読む]
  • リスニングが弱いけれど通訳を勉強したい
  • 「通訳」という言葉は、一部の学習者には大変魅力的なんですね。その気持ち、よく分かります。私も若いころそうでしたから。「リスニングが弱いんですけど、通訳に興味があるんです」という方がいらっしゃいます。その数は少なくありません。スクールで通訳を学んでいる方の中にも多いと思います。リスニング力が弱くても、通訳を学んでいいんですよ。もちろん。でも、とても効率が悪い!リスニングは総合力です。リスニングは、単 [続きを読む]
  • 翻訳 どれくらいで上達する?
  • 一般的には質問しにくい内容だと思うのですが…   ここで勉強して、どれくらいで翻訳がうまくなりますか?   本科で半年勉強すれば、上のクラスに進級できますか?などと、若い方はとても率直に質問します。いくらベテラン講師でも、これだけは一言でスパッと答えられません。だいたい質問した方のレベルについて詳しく把握しているわけでもありませんしね。しかし、ご質問にはざっくりとでも答える必要があります。  翻訳 [続きを読む]
  • 翻訳は時間をかけてじっくりと?
  • このブログでは何回となく触れていることなのですが、よくこのようなご質問がございます。翻訳はどれくらいの時間をかけますか?フルタイムで仕事をしているのですが、宿題にはどれくらい時間をかけたらよいですか?学習の時間は十分に確保できるので、半年で進級できますか?など…まず、それぞれのご質問に「翻訳は時間をかけるもの」という前提がありますね。こういうご質問には、   もちろん時間をかける必要はありますが、 [続きを読む]
  • 通訳と翻訳 どちらを先に?
  • 今週は、先日の通訳・翻訳スクールの体験レッスンで寄せられたご質問&お悩み相談を、ブログをご覧の皆さんとシェアしたいと思います。「通訳と翻訳、両方に興味があるんですが、どちらを先に勉強すればいいですか?」スクール側としては、「通訳と翻訳、併行履修をお勧め!」なんですが、学習時間や予算の関係で、なかなかむずかしいこともありますね。私は次のようにお答えしました。1.外国語が一定のレベル以上に達しているの [続きを読む]
  • 翻訳教室 5年目に
  • 昨日は、私にとって記念すべき日でした。2014年9月9日にスタートした『高田先生の翻訳教室』が5年目に入ったのです。小さな翻訳スクールですが、良い受講者に恵まれ、大きな支持をいただき、これまで続けてくることができました。心からお礼申し上げます。これからも講師一同、受講者の着実な進歩・上達のために、より良い指導を心がけてまいります。宜しくお願いいたします。  高田先生の翻訳教室     代表 高田裕 [続きを読む]
  • バランス
  • 翻訳を学んでいる方には、音読や動画の視聴を勧めます。発音や言葉の意味が分かってこそ、スムーズな音読ができます。動画の視聴により、生き生きとした言葉に触れ、語感を養うことができます。通訳を学んでいる方には、新聞記事や論文などを読むこと(黙読でも音読でもOK)を勧めます。ブロークンではない、きちんとした文章に触れることにより、構文力を身につけられます。また、語彙力や文法の運用能力の向上も期待できます。初 [続きを読む]
  • 意味と使い分け その2
  • 使い分けが気になって、昨日もついメモをとってしまいました。   夏期 ― 夏季   教師 ― 教員   問題 ― 課題   挑戦 ― チャレンジ   単語 ― 語彙夏期と夏季は、単に表記の問題と思っている方も多いようです。教師と教員については、考えたこともないかも…単語と語彙、「エッ!違うの?」という声も聞こえてきそうです。 日本語母語話者は、日本語に敏感にならなくては! [続きを読む]
  • サクッ!とサイトラ Amazonが1兆ドル企業に
  • ついにAmazonも1兆ドル企業に!日本の報道よりも、中国の報道の方が少し詳しいようです。人々の興味がそれだけ高いということでしょうか。下記の単語を参考に、サクッ!とサイトラしてください。          ↓ ↓ ↓????中市?破万?美元 ?苹果后科技公司第二家今日は単語の説明も少し加えてみました。金融関係の知識があまりない方は、日本語の関連記事を先に読んでください。新浪科技  新浪科技???    [続きを読む]
  • 『連想類語辞典』の活用
  • 先日ご紹介いたしましたお役立ちサイトですが…                ↓日本語シソーラス 連想類語辞典 中国語母語話者の友人から「あまりにも多くて、おぼれてしまいそう!」とのメールがありました。本当に「おぼれそう」という感覚はよく分かります。ものすごい数ですからね。『連想類語辞典』のユニークな点は「連想」です。元の言葉から連想される内容を多く含んでいます。一部には連想から飛躍!と思われる言葉 [続きを読む]
  • 意味と使い分け
  • 翻訳をしていると、特にむずかしい言葉ではないのに ? と思うことがあります。思いつくままに例をあげますと…  生産 ― 製造      納入 ― 払い込み    商品 ― 製品    収入 ― 所得  老人 ― 高齢者    押印 ― 捺印  許可 ― 認可それぞれの厳密な意味は?どのように使い分ける?だいたい同じ… というのは、違いがあるということです。その違いが分からないと翻訳はできません。も [続きを読む]
  • サクッ!とサイトラ  EV充電器日中共同開発
  • 日中間での大きな共同開発プロジェクトがニュースになりました。冷めないうちに、サクッ!とサイトラしてください。             ↓ ↓中日或合作??EV充?新?格 主?国??准共同社         共同通信社??汽?(EV)    電気自動車(EV)快速充?器      急速充電器“CHAdeMO”方式  「CHAdeMO(チャデモ)」方式中国供?国企“国家?网”  中国の電力配送国有企業「国家電網」充?方 [続きを読む]
  • ポンペオ or ポンペイオ?
  • すでに手垢の付きすぎた感のあるテーマですが、とりあえず、私なりの結論をまとめておきたいと思います。外国人の人名の読み方や表記には困ることがありますね。米国の現国務長官のお名前も然り。ウィキペディアの紹介はこちら↓https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9D%E3%83%B3%E3%83%9A%E3%82%AA#cite_note-1多くのメディアでは「ポンペオ」、NHKは「ポンペイオ」です。         [続きを読む]
  • サクッ!とサイトラ さくらももこさん死去
  • 昨日のニュースで、さくらももこさんが亡くなったことを知りました。特にファンではなくても、ほとんどの方がご存知の『ちびまる子ちゃん』の作者ですね。中国や台湾、香港などでも大きなニュースになっています。中国の国営通信社である新華社通信も記事を配信しています。日本漫画《?桃小丸子》作者?桃子去世下記の単語を参考に、サクッ!とサイトラしてみてください。小丸子?园  ちびまる子ちゃんランド??不?    ひ [続きを読む]
  • お役立ちサイト
  • 最近、教えてもらったお役立ちサイトです。特に翻訳を学んでいる方には便利だと思います。日本語シソーラス 連想類語辞典 圧倒的な数の類語に、驚くと思います。使い勝手もとても良く、気に入りました。これから頻繁にお世話になるサイトとなること、間違いなしです。ただし、日本語レベルが一定のレベルに達していない方が使うと、却って混乱するかもしれません。** Tさん、ありがとうございました。 ** [続きを読む]
  • パッと反応  合作
  • 合作 hézuò の日本語訳を3つ、5秒以内に挙げてください。ヒント:①国家間の“合作”  ②企業間の“合作”   ③映画製作の“合作”      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓ ↓      ↓  [続きを読む]
  • 実務翻訳 直訳と意訳3
  • 意訳には高度なスキルが必要です。意訳とは、原文の意味や意図を正しくとらえたうえで、豊かな表現力で過不足なく自然に訳すことです。直訳ではどうにも翻訳臭い、生硬な表現になってしまい、読み手のスムーズな理解を損ねる場合に、意訳をしましょう。 [続きを読む]
  • 実務翻訳 直訳と意訳2
  • 原文を正しく理解できていても、翻訳の最終段階で訳文を推敲する際に、     自然な表現か     なめらかな日本語(中国語)かなど、表現のみに重点を置くと、意訳(のようなもの)に流れがちです。もちろん、意訳を否定するものではありませんが、  その意訳(と自分で考えている訳)が、翻訳ではなく創作になってはいないか  原文の意味や意図から離れてはいないかよく考える必要があります。作業を終えてから、少し [続きを読む]
  • 実務翻訳 直訳と意訳1
  • 「直訳はダメで意訳が良い」と考えている人がいます。直訳は幼稚で、翻訳上の工夫がないというのがその根拠のようです。私は、直訳を特に直訳を勧めるというわけではありませんが、直訳する方が効果的なケースもあります。翻訳に取り掛かる前、原文を読む段階では、直訳するつもりで読んでほしいと思います。   直訳できない = 原文が理解できていないこれは事実でしょう。直訳ができないため、「意訳(のようなもの)」に逃 [続きを読む]
  • 実務翻訳 最終チェック3
  • 実務翻訳の最終段階でチェックするポイントはかなり多岐にわたっています。拙著『日中・中日翻訳トレーニングブック』p14「翻訳チェックシート」から項目だけご紹介いたします。  □原文理解  □誤字・脱字  □英語・数字表記  □文末処理  □レイアウト  □フォント・字体  □訳語の統一  □文章表記ルール  □不自然な表現  □不明瞭な表現多いようですが、慣れれば自然とチェックが行き届くようになります [続きを読む]
  • 実務翻訳 表記の確認
  • 実務翻訳では、訳の正確さが重要であるのは言うまでもありませんが、表記の問題も大切です。数字の表記や、用いる漢字が常用漢字であるかなど、要チェックですね。しかし、これ以外にも意外な落とし穴があるものです。この半年ほど、よく目にした表記ミスですが、      〜と考える。      〜と思われる。      〜と述べている。このように表記すべきところを、        〜と、考える。       〜と [続きを読む]
  • ブログの更新日
  • いつも当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。今後の高田先生の中国語お悩み相談室の更新日についてお知らせいたします。月曜日〜金曜日は更新します。土・日曜日および祝日はお休みといたします。*週末に掲載しておりました「単語クイズ」は、月〜金に不定期でお届けする予定です。皆様からの中国語学習に関するお悩みも受け付けておりますので、お寄せください。今後ともよろしくお願い申し上げます。高田裕子 [続きを読む]
  • 実務翻訳 最終チェック2
  • 誰でも自分の癖にはなかなか気づかないものですね。特に母語で書く時は、外国語ほど意識して書かないためか、「癖」が出やすいと思います。文法ミスではありませんし、用法の間違いでもなく、コロケーション上も問題ない… となりますと、「じゃあ、何が悪いんですか!」と言われそうですけれども、次のような言葉を、文中で繰り返し何度も使うことはありませんか?〜が、〜したが、〜だが、〜して、〜で、〜のこと〜することこれ [続きを読む]