デスモ さん プロフィール

  •  
デスモさん: アピストグラマに魅せられて
ハンドル名デスモ さん
ブログタイトルアピストグラマに魅せられて
ブログURLhttp://www.apistogramma.tokyo/
サイト紹介文アピストグラマをもっと知りたい。気付いたら嵌っていたアピストの飼育記録を綴ったブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2013/04/08 23:57

デスモ さんのブログ記事

  • もう来ないヤツ
  • A. arua相変わらず空気が読めないアルア君です。背びれは少し伸びたけど、やっぱり地味だなぁ〜〜〜し、しかし、鏡を見せると唇が真っ黒になり、各鰭にエンジ色が乗ってきます!ちょっと見直したよ、アルア君!(笑)A. sp. D52どのグループに分類すれば良いのか・・・、まだ分かりません。そう、全く未知のアピストです。コヤツが♂なのか、♀なのかも、未知です(^-^;♂であってくれぇ〜〜〜こっちが♀であってほしい方。少しだけ違 [続きを読む]
  • ダイヤモンド!
  • A. megaptera以前メガプテラを♂2♀1で導入しましたが、大きい方の♂と♀がペアになり、余ったチビ♂の方は♀が育仔中も移動せず同水槽内に残してしまいました。稚魚が浮上した際、大きい方の♂は別水槽に移動しましたが、チビの方は逃げ足がとても速く、そして忍者のように絶妙な場所に隠れるので後日頃合いをみて捕獲しようと思ったのです。しかし、その後彼の存在を全く忘れていたのでした(^-^;1ヶ月ほど前、久しぶりに彼を見か [続きを読む]
  • 続・その後の・・・
  • A. sp. D39 / sp. Alto Vaupés I少し前まで ↑ こんな感じで全体的にボヤけた感じだったのが・・・メリハリが出て何となく復活してきました!この種は仔取りをしようと以前から狙っていましたが、繁殖難易度が高いようで産卵の間隔がかなり大きいです。今まで2回産卵を確認しましたがいずれも無精卵だったようで孵化には至りませんでした。しかしここに来てようやく♀が一人前に成長したので本格的に狙ってみようと思います!A. s [続きを読む]
  • その後の・・・
  • A. cf. ディプロタエニア体側の赤色は消えず、むしろ少しずつ濃くなっている気がします。これも生息地の環境に影響してるんでしょうね。A. ヴィエジタ長かった腹びれを欠損させることなく維持出来ています!尾びれもプチライヤーテールになってきたし、今後D25のように尾びれを取り囲むように赤色が着色してきたらもう言うこと無し!(笑)A. sp. マナカシアス♂のアタリが強いので♀とは完全別居状態。先日、隣の水槽の真っ黄色な♀ [続きを読む]
  • 今回も・・・
  • A. sp. タメのF1やはり親に似てきました。尾びれの水玉模様が成長と共に更に大きくなることを期待しています!A. cf. ディプロタエニア初のディプロ飼育(^-^;このオリノコ産が入荷したらディプロを飼ってみようと以前から決めていました。ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 適切かつ妥当に
  • 本日の記事は写真を中心に進めてまいります。A. sp. D37A. sp. マナカシアス 2018 / A. cf. ホイグネイA. ヴィエジタ 2018今回は適当なブログ記事にしてみました。『適当』とは、適切かつ妥当に、という意味です。決してテキトーとか手抜き記事ではありません。悪しからず(滝汗 & 逃)ここまで読んでくれた方はポチッとしてください。アドケプターに変身します!↓にほんブログ村 [続きを読む]
  • 空気が読めない・・・
  • A. アルア『ちたねぇ〜』『名前はアルアだけど、色ナイナ〜』『遂にデスモっち、欲しいアピストが無くなったか?』・・・・・・って、小声で呟くのはヤ・メ・ナ・サ・イ!この魚はスタイルを楽しむアピストです。その為にわざとモノクロ写真にしましたけど・・・、えっ!?気付かなかった!?コラッ!(; ・`д・´)このアルアは、ペルソナータやピアロアといったブレビスグループに近いアピスト。これらのアピストを飼育した事がある [続きを読む]
  • 真っ赤
  • ヘミクロミス・リファリリィ のF1このペアは今までも定期的に産卵していましたが、そんなに増えてもらっても困るので申し訳ないが孵化と同時にエアチューブで吸い出していました(-"-)しかしその間の一週間は他魚にとってみればいい迷惑。なので仕方なくこのペアを他の水槽に移してみたら・・・いや〜〜〜、やっぱり紅いなぁ〜、頭の形は変だけど(^-^;今さらエアチューブで吸えないし・・・、しばらく様子をみてみよう!また厄介な [続きを読む]
  • テリーに相談しないと・・・
  • A. sp. アルト・ヴァウペス I / sp. D39この現象は他の水槽にも及んでいます・・・。遂にコヤツの頬も色褪せてきました・・・(>_つーか、全ての色がボヤけてきているような・・・。動き自体はホント活発なんです・・・。相変わらずペッペッ!してるし・・・。しかし以前のアノ鮮やかな体色は何処へ・・・?((+_+))さて、最近このsp. D39の偽物が出回っているようです(実物を見ていないので断言は出来ませんがw)。D39とそうで無い個 [続きを読む]
  • 〇〇が止まらないよ
  • A. sp. パックマン / sp. D12全盛期と比べると体色が褪せてきている気がするが・・・動き自体は活発で至って元気だ・・・YO!エアコン管理と言えども、最近の寒さによる昼夜の水温変化が激しいので色々とストレスを与えているのかも・・・。こんな時のために予備でヒーターを設置しておくべきなのかもしれないが、見た目の悪さと電源コードの取り回しを考えるとやっぱりヒーター設置は無理!あと一週間くらいしたらこの寒さも落ち着 [続きを読む]
  • 美しさは罪!?
  • A. sp. D25ちょいとヒレがボロってますが、すぐにまた伸びてくるでしょう(^-^;本気では無いですが、いつも♂と♀でやり合ってるのでこれも致し方なし。相手がこんなに美人だったらやっぱり本気で手を出せないよね!・・・。美し過ぎる・・・。A. sp. D28 の♀こっちも負けてない・・・ (;゜∀゜)=3 ハフンハフン!背びれと腹びれの前方が白く縁取られているように写りましたが、これは光の加減か?その分、各ひれに厚みがあってしっかり [続きを読む]
  • バフッ & ブハッ
  • A. ヴィエジタあれからしばらく時間が経ち、ようやく状態がパリッとしてきました!少しボロッていた各ヒレも修復出来そうなので安心♪鏡を少し見せただけでこの反応(笑)やっぱりヴィエジタって、飼育者の期待を一切裏切らないなぁ〜(^O^)A. cf. パヤミノニス (A. sp. D3)♀が仔育て中なので♂だけでVIP飼育してます。そのお陰で各ヒレは順調に伸長してます。って、何処まで伸びるんだろう(笑)バフッ!バフッ!!ムムッ!バフッ!! [続きを読む]
  • 安心の・・・
  • A. ヴィエジタ / Puerto Gaitanやっぱりワイルドはええ!荒々しい外見の中に言葉では説明出来ない気品がある・・・。入手当初は♂も♀も輸送の疲れからか少しぎこちない動きをしてましたが、次の日にはキリッとして本来の動きを見せてくれるようになりました。それと同時に体色もくすんだ色から黄色味が出てきたのでもう安心です( *´艸`)初めてワイルドのヴィエジタを見たあの日が昨日の事のように思い出されますが・・・もうア [続きを読む]
  • パックマングループ
  • 水草水槽を立ち上げました。と言っても立ち上げたのはもう一ヶ月前ですが(^-^;今回は変にレイアウトはせず、初心にかえってエキノドルスメインで水草のみにしました。緑色がとても鮮やかで、水草の癒しと美しさを再認識しました。実はこの水槽、去年の9月にトニナ水槽として立ち上げたのですが、その直後に家を何度も空けなければならない用事が出来てしまい・・・。その結果管理が全く出来ず、コケが蔓延り、スターレンジが暴走し [続きを読む]
  • カラフルパンダ再び
  • 今年もよろしくお願いいたしますm(__)m今年はサッカーワールドカップの年です。日本 vs コロンビア、今から楽しみです♪今年の一発目は・・・、Pel. スボケラータス(モアンダ)のF1です。お正月らしい色合いということでこの種にしました(笑)世代が変わっても♀の背びれの輝きと独特なカラーリングは健在です。普段アピストをよく見てるので、アピストの豊かな表情と裏腹なペルヴィカの無表情さはあまり好きになれないのですが、カ [続きを読む]
  • 年間MVA発表!
  • 何かと慌ただしい年の瀬の真っ只中ですが、この発表をせずに新年は迎えられません!さぁ今年もやってきましたこの年間最優秀アピスト(Most Valuable Apistogramma) 2017の発表!(今回が初だけど・・・笑)この賞は、2017年を通して私を最も楽しませてくれたアピストに送られる名誉ある賞です。今年はコロンビアのDシリーズやクルアの怪物たちを始めとした数多くの新種と、久々に再会した種などなど、とても魅力的なアピストたちに出 [続きを読む]
  • 間違いではありません
  • A. メガプテラ ・・・ 便乗しまっす!(笑)このアピストに似た種として・・・A. ブレビス ・・・ 背びれが伸びない A. メガプテラ ・・・ 背びれ前方の4条が伸びる A. ピアロア ・・・ 背びれ全体が伸びる A. sp. ブライトビンデンが知られていますが、3. A. ピアロア と 4. A. sp. ブライトビンデンが同種というのは意外と知られていないのではないでしょうか。と言う私も以前は、コロンビアのプライトビンデンがピアロアで、ブ [続きを読む]
  • クリスマスカラー
  • A. sp. D18 / cf. アラクリナ遂に、アラクリナが高級アピストの仲間入りか!?(笑)♀の体色が真っ黄色になってます( *´艸`)この種は昨年から何匹も購入したにも関わらず結局全て♂でした。そしてようやく今回♀を入手する事が出来ました。しかしこれほどまでに高額なアピストになってしまうと雌雄をそう簡単に間違える訳にはいきませんよね?(^-^;そこで今日は、今まで散財し学習したきた事を基にこの種においての雌雄判別方法の [続きを読む]
  • NATURE AQUARIUM
  • 今日はアピストではなくて水草の方(^-^;今年も水草レイアウトコンテストに無事に出品でき、何とか二桁に留まったものの自らが目指していた成績には遠く及びませんでした。『来年こそは!』と思い現在来年の構図を考えているところです。しかし一年の締めくくりとしてケジメをつけ自分への戒めのために出品した作品を晒しておきたいと思います・・・。©Aqua Design Amano Co.,Ltd.毎回作品名はかなり時間を掛けて考えるんですけど [続きを読む]
  • すっぴん
  • A. sp. ミウア少しメタボ気味だったボディが幾分スリムになったかな・・・。それと共にレッドチークが濃くなってきた気がするぅ〜( *´艸`)人間と同じように化粧ノリが悪い時があるのだろうか・・・。自分はよく分からないが『最近化粧ノリが悪くてイライラする』と同居人が言うのをよく耳にする・・・( ゚Д゚)A. sp. D50 / sp. Alto Vaupes II / sp. ユニブラウ以前の写真を引っ張り出してみた・・・。どうも最近の彼はナチュラル [続きを読む]
  • ザ・ジッパー
  • A. sp. ジッパー・・・じゃなくて(笑)、A. sp. D18 (cf. アラクリナ)でもラテラルバンドがホントそんな感じですよね!?念のため言っておきますが・・・、1枚目の写真のジッパーは画像を加工してます。『動物虐待!』とかって何とか愛護団体に言いつけないでくださいね(笑)環境にも慣れて、以前のくすんだ体色が消えて本来の体色が出てきました!小さな時は♂も♀も全体的に黄色い体色で、♂にも♀と同じようなアナルスポットのよ [続きを読む]
  • 部屋とアピストと私
  • 前回はウチのテリーが長々と記事を書いてしまってすみませんでしたm(__)m今後は私がしっかりテリーの監督をしていきますのでどうかお許しくださいwww内容としてはどうだったのか分かりませんが『よく眠れた』との感想をいただいており、まぁある意味良かったのかな?と勝手に思っております(^-^;というわけで、前回の反省点を踏まえ今回は写真が主体となります!A. sp. パックマン / A. sp. D12, 2016年まだまだ現役バリバリっす( [続きを読む]
  • 部屋とアピストと僕
  • 初めまして!僕はバクテリアのテリーです!今日は僕たちの気持ちをいつも忖度してくれるデスモさんにこの場を使う許可を得たので僕たちバクテリアについてお話したいと思いまっす!僕たちバクテリアは微生物と呼ばれていてすっごく小さな生き物なので皆さん人間の目からは見えませんが、水槽の中はもちろん至る所に居てとても重要な働きをしてるんですよ(*≧▽≦*)だからこそ僕たちの事をアクアリストの方にもっと知ってもらいたい [続きを読む]
  • つ、つ、遂に!
  • A. sp. D18 (cf. アラクリナ)私の好きなアラクリナに"D"ナンバーが付与されて新たにやって来ました!カクエタ川上流のグアヤス川(Rio Guayas)に生息する cf. alacrina(Guayas)/A108 と同種だろうという意見もありました。確かに今年少数入荷したグアヤス産のアラクリナと似ているが、これだけブツブツの数が違うと別種と考えるのが普通だろうと思っていただけに嬉しいニュースです。しかもこの種は今まで2ペア購入したにも関わらず [続きを読む]
  • 隠し玉じゃないけど・・・
  • A. sp. D3 / cf. パヤミノニス (コロンビア)9月のコロンビア便の中に、奇跡的に1ペアだけ入荷してきた個体です。パヤミノニスと言えば、2013年調布のペスカさんに衝撃の入荷を果たし、まだアピスト初心者の頃の私が思い切って2ペア購入した思入れ深い種です。その時の興奮を今でもしっかり憶えています。そして偶然にも同じタイミングでペルーのナポ川から cf. パヤミノニスが入荷しパヤミノニスパニックが起きた事もよく憶えてい [続きを読む]