LADIRB さん プロフィール

  •  
LADIRBさん: ウエディングプランナーのアレコレ!
ハンドル名LADIRB さん
ブログタイトルウエディングプランナーのアレコレ!
ブログURLhttps://ameblo.jp/ladirb/
サイト紹介文ウエディングプロデュース会社LADIRB(ラディーブ)のウエディングプランナーのブログです。
自由文このブログでは、ウエディングプランナーが作る結婚式プロデュース会社の先駆けであるLADIRB(ラディーブ)のウエディングプランナーが、仕事の舞台裏や日常、結婚準備のコツなどをご紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/04/10 10:39

LADIRB さんのブログ記事

  • 「良い結婚式にしたいと思うからこそ悩み・考え、準備が進まない」という方へ
  • 準備が進むと何かしら問題が起きるのが常で、特別なことではありません。今回は結婚式準備中の多くの方が悩んでいることの一つを解決策含めてご紹介します。《悩み》Q.「二人で決めたいことが沢山あるのに、時間も気力もなくなんとかしたい」類似1:二人で決めたいのに相手と合う時間が無く放置になっている類似2:自分達で調べて、考えて決めなければいけないことばかりで一生決まらない気がする《なぜそのような悩みが起きるの [続きを読む]
  • 足元だからこだわりたい ウエディング
  • ウエディングドレスを着て、ベールをまとい、アクセサリーに包まれて、全てお気に入りの一つを見つけたけれども足元は・・・・実は、日本の花嫁さんがあまり気にしないのが「靴」なんです。ドレスを着たら靴なんて見えないから・・・というのが一番の理由のようです。また、ドレスに合わせた高いヒールは今後も履かないので、レンタルのもので十分。という方もいます。どこにこだわるかは、それぞれですのでそういった理由もあっ [続きを読む]
  • ご新郎の衣装選びについて
  • 結婚式の衣装選びとなると、メインはご新婦のドレスまたは着物という印象ですが、ご新郎のご衣装にも、ぜひ注目してみましょう。よくあるケースでは、ご新婦の衣装を決めたショツプでご新郎のタキシードも決めるという流れ。これは、ご新郎分も合わせて借りると、少しお値引きが入るからという理由が多いですね。ですが、商品の点数はドレスに比べると、半分以下。結婚式は、ご新郎・ご新婦どちらかの日というわけではないのでぜ [続きを読む]
  • 結婚式用の上映映像、手作りされている皆様へ
  • 結婚式準備の中に、当日上映するための映像を手作りするという方もいらっしゃるかと思います。最近では、スマホでも写真を繋ぎ合わせて映像を作ることもでき、様々な方法があります。その中で、失敗をしてしまわないためのポイントを幾つかご紹介です。まずは、画像サイズの確認です。多くがスクリーン上映かと思いますので、そのスクリーンサイズに対して一番良い状態で再生ができるようにしましょう。そして、次が見落としがち [続きを読む]
  • 結婚式準備の真っ只中の皆様
  • 結婚式準備の真っ只中の皆様、順調に進んでいらっしゃいますでしょうか。結婚式場を1年前に決定しても、本格的な準備が始まるのは約4ヶ月前からとなり、その前はドレスや、お着物などご衣装選び期間となります。そこで、今はちょうどそのタイミングですという皆様へ、これから始まる結婚式準備の予習のご提案です。これは、よりお二人らしい結婚式にするためということでもありますが、お二人が結婚式という同じ目的を達成した [続きを読む]
  • 結婚式・披露宴のお金の話
  • 結婚(入籍)をしたカップルのうち、58.7%が結婚式&披露宴を実施しているというのが最近の調査事項ですが、約40%の方が結婚式・披露宴を挙げないという選択をしております。結婚式を上げない理由、堂々の第一位は「費用がもったいない・ない」そして次に多いのは、「準備が面倒そう」とのこと。これはいずれも、私たちウエディングに関する会社・業界が反省すべき点でもあります。始めの費用については、契約時のお見積もりか [続きを読む]
  • 結婚式の招待状に、迷い・悩み・研究をしている皆様へ
  • 結婚式の招待状は、その結婚式の印象付けにもなる初めの入り口。 節約ができるという理由から、最近は、手作り招待状がとっても増えてきています。 手作りといっても、紙を買ってきて、表紙のデザインをして、レイアウトを決めてということではなく 台紙を選んで、参考テキストからお好み文章を選び、家庭用プリンターで印刷すると出来上がりといった具合で、本当に簡単です。 また招待状が届いたところからゲストがワクワクして [続きを読む]
  • ウエディング演出 悩んでいませんか?
  • 結婚式の演出に頭を悩ませている方は多いのではないでしょうか。弊社にも、演出のアイディアが思いつかなく、どんなものがありますか?というお問い合わせをよく頂きます。最近よく見かけるようになってきた演出をご紹介致します。・ウエディングジェンガゲストにお名前を書いていただき積み重ねていってもらいます。新しい家族を築くという新婚さんには今後も縁起の良い遊べる記念の品となります。・フォトブース写真を撮る場所 [続きを読む]
  • ウエディングドレス迷子さん必見!
  • 《about Wedding Dress 》定番となっているニューヨーク ブライダル ファッションウィークにて発表された2018年春夏のトレンドのキーワードは、「デコラティブ」と「イージー」の二極化。花嫁たちの少しのわがままも反映したトレンドです。17の注目ウエディングドレスから、3つをご紹介。どれもドレス選びに参考にしたくなる要素がたっぷりです。・Simple Gestures:スーパー・シンプル https://www.pinterest.jp/ladirbweddingp [続きを読む]
  • 結婚指輪。何十年も左の薬指にはめる指輪だからこそ
  • 何十年も左の薬指にはめる指輪だからこそ、丈夫な鍛造で飽きのこないシンプルデザインの指輪が良いと話題に。 結婚指輪と一口で言っても、日本では様々です。ハイブランドが作っている指輪や、指輪専門店が作っている物。顧客のデザインで作る指輪や、自分たちで手作りをする物。そして、作り方は大きく分けて鍛造と鋳造の2つの作り方に分類されます。 鍛造(たんぞう):金属をハンマー等で叩いて圧力を加える事で、金属内部の [続きを読む]
  • 桜湯について -flavored tea with cherry blossom-
  • 日本では古来より、婚礼などの一生を決める祝いの席にて、その場だけ取り繕ってごまかす意味の「茶を濁す」ことを嫌うことから、お祝いの席でご来賓をお迎えする際にはお茶を用いず、代わりの飲み物として桜湯を提供しておりました。婚礼とは儀礼であり、いつの時代もそれが変わることはありません。古来からの風習を重んじ、さらに時代のセンスを取り入れた婚礼を目指しております。それが、ラディーブウエディングプロデュース [続きを読む]
  • ウエディングプランナーの仕事
  • 春のウエディングのために小田原まで。当日までに現場確認を数回重ね、現地の方とコミュニケーションを充分に取り、お客様も、現場も、スタッフも安心できる状態で当日を迎えます。 これも、私たちラディーブウエディングプロデュースのプランナーに課せられた大事な仕事の一つです。オフィスで資料作成だけではなく、フットワークが軽く、体力があり、献身的でなければいけません。結婚式は、路地裏に佇む小田原教会の牧師 [続きを読む]
  • 実家での和装前撮り 山形県
  • 結婚式前に、和装で前撮りを考えている方も多いかと思います。ラディーブが提案している前撮りは、実家に戻っての撮影です。昔と同じように家で花嫁自宅を整えて、仏壇にてご先祖様に結婚の報告をして、思い出の場所を巡って。。本日も、山形県寒河江町にてそんな前撮りが行われております。どんなご希望でも、ラディーブウエディングチームが最善の策で叶えていきます。 [続きを読む]
  • 月のリズムを知る
  • 結婚式の日取りや、入籍日を皆様どのようにお決めになりますか。ラディーブウエディングプロデュースでは、そのようなご質問やご相談があったとき、日本独自の六輝表ではなく、東洋哲学の考えに沿った、九星気学や風水(統計学)を基にお話しすることがあります。簡単に調べられるものから、密教の教えと複雑に組み合わさったものまで様々です。そして、最近では月の満ち欠けや動きで良き日を見つけるという方法も注目されており [続きを読む]
  • PREMIUM GIFT -五感で楽しむ-
  • ラディーブウエディングプロデュースにはアートデザイナーがおります。一般的なウエディングの会社はウエディングプランナーが中心となり、企画・提案・実行としていきますが、全てのものが洗練されたデザインがかけられているということ前提に、偏りがでないようにしているためです。 自社でデザインをし制作を行っているため、オリジナルのロゴはもちろん、ありとあらゆるウエディングアイテムをオリジナルで創ることがで [続きを読む]
  • 結婚式 -ケータリング-
  • ラディーブウエディングプロデュースでは自社で会場を運営していたり、どちらかの会場と提携をしてウエディングを行うという会社ではありません。そのため、ウエディングを行う場所にキッチンが無かったり、サービススタッフがいなかったりというのは珍しい話ではありません。そんな時でも安心してウエディングパーティを実行できるのは、信頼できる「ケータリング会社」があるからです。ケータリング会社と一口で言っても、様々 [続きを読む]
  • 浅草のレトロなスタジオ紹介
  • 浅草、雷門のすぐ近くにある昭和の面影を残すスタジオをご紹介いたします。建物は、昭和9年築の古いビルです。この建物の良いところには手をいれず、必要最低限リノベーションして、アンティークな装いに変貌を遂げております。使用用途としては、基本は撮影用のスタジオとされておりますが、建物1棟をお借りすることが出来るため、結婚式やウエディングパーティでの使用も可能です。本日は、改めてスタジオに足を運び、3階フロア [続きを読む]
  • 結婚式の撮影について
  • 結婚式の撮影について、様々なご質問を頂きます。 例えば・・・①知り合いにカメラマンがいるのですが、その人にお願いしてもいいですか。 ②撮影を安い会社に頼みたいのですが、問題ありませんか。 などなど・・・お応えとしては、「はい、特別問題はありません。当日協力し合いながら行えるといいですね。」といった回答になります。 ただし、ここでどうしてもお伝えしたいことは、 撮影(記録)は、どうやっても取り返し [続きを読む]
  • ビックバンドでのウエディング
  • 先日行われた、ビルボードライブ東京でのウエディングです。 ステージで繰り広げられた、プロも混じるご友人編成でのビックバンドは、ゲストを魅了しました。 また、快晴に恵まれパーティ後半からは六本木を代表する夜景がさらに会場を演出してくれました。私たちラディーブウエディングプロデュースでは、 「コンセプトが明確で会場も決まっている」という状態からのウエディングサポート(プランニング)も可能です。当日ま [続きを読む]
  • 赤坂の婚礼なら 料亭 
  • 先日、1月にお世話にある、「赤坂浅田」にお邪魔してきました。「浅田」は、萬治二年(1659年)加賀藩中荷物御用「浅田屋伊兵衛」創業、慶應三年(1867年)旅人宿「浅田」創業をルーツとし、料理の素材は金沢から直送しています。加賀料理の継承者として伝統を重んじつつも新しい創造を掲げ、真摯に伝統と革新の料理を作り続け約350余りの月日が経とうとしております。 玄関には昭和30年代創業、金澤・浅田屋の土蔵入口の意匠を [続きを読む]