明人(みょうじん) さん プロフィール

  •  
明人(みょうじん)さん: 差取り塾
ハンドル名明人(みょうじん) さん
ブログタイトル差取り塾
ブログURLhttp://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/
サイト紹介文自由や幸せを在るようにできる人たちが続々誕生中です。自分で立って歩くことの大切さを知ります。
自由文自然の成り立ちを知ることは人間の成り立ちを知ることです。
成り立ちが分かったのなら、社会生活において生きやすくなることは当たり前で、生きることが輝きだしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/13 22:49

明人(みょうじん) さんのブログ記事

  • 【塾生投稿】Mさん
  • 私は2人の子供のいる主婦です。これまで自分なりに一生懸命生きてきたつもりですが、家族からはよく、『お母さんは、わざわざ問題を探して悩んでいるみたいだね。』と言われていました。今思うとその通りで、問題を探すのは大の得意でした。それを頭でまとめ一度は解決した気になりスッキリするのですが、いつもどこか満たされない気持ちが残っていました。この何か満たされない思いを埋めたいという気持ちからか、自己啓発や心理 [続きを読む]
  • 【塾生投稿記事】
  • 今回は塾生の方にブログを書いていただきます。これを機に塾生の方にもブログを書いていただき塾生がどのように学んでいるのか外から見て感じていただけると良いと思います。さて、今日はYさんです。差取り塾では、みなさんが集まる第1日曜グループセッションの日に、お茶を飲み、ご飯を食べて、ともに時間を過ごしています。私は、差取り塾でいらっしゃるみなさんにお食事を提供しています。山梨には美味しいお野菜や果物が豊富に [続きを読む]
  • 焦り
  • 何もしていない時、焦りの様なものを感じることは度々あるのではないでしょうか。その時何が起こっているか分かって行動している人は少ないように思いますが、分かったなら行動が明確になり、肯定的なことに繋がっていくように思います。起こす原因はぞれぞれですが、起こる原因は同じです。起こす原因を通して、起こる原因が分かるなら成長に繋がっていきます。大切なのは焦りがなぜ起こるかという事ではなく、それを分かるための [続きを読む]
  • 私の近況
  • 今日は私に近況について書いてみたいと思います。難解な文章になるかもしれませんが、理解しようとしないで心にしみこませるように読んでみてください。私は何も知りません。知りませんが、聞かれれば答えます。深淵なるところを知れば知るほど何も知らず、すべてを知っています。これらのことは簡単にお話している事ですが、簡単に話しをすればするほど身近になるかと言えばそうでもないようです。今日はあえて簡単にすることなく [続きを読む]
  • 差取り塾の伝え方
  • 差取り塾ではどの様に導いているのか、なんで早く進むのか書いてみたいと思います。先ず、その人の意識がどの様になっているかを知ります。意識の使い方の傾向を知りながら、その時の意識状態がどの様になっているかでお話の内容が出来ていきます。意識の向け方、意識のあり方で大方表れの傾向は決まります。それを見ることで表れていなくても(言葉にしなくても・できなくても)そこの部分についてお伝えし、進んで行くことをサポ [続きを読む]
  • 外力
  • 差取り塾でお伝えするときには人が自由になっていこうとしたときに働く力を計算に入れてお伝えしています。ですから、捨てなさいとか手放しなさいという話はしません。捨てられるときにどういったことが起こっているのか、手放すことが出来るときにどんな現象が起こっているのか知ることで自然に手から放れるにはどう導けばいいかはっきりしているからです。吊り橋を高所恐怖症の人が渡る時を考えてみてください。横に張ってあるロ [続きを読む]
  • 目を開く
  • 目を開いてみればすべてわかるなのに、なぜ目を開いた後の勉強をしなければならないのか。そして、目を開くための勉強は必要なのだろうか?目を開くための勉強をしているようで、喜んでいるのはマインドにすぎない事が殆どのように思います。達成感はマインドが感じるもの。充実感もマインド閉塞感停滞感すべてマインドです。マインドを満足させることを一生懸命してはいけません。マインドが喜べば喜ぶほど、夢の世界にフォーカス [続きを読む]
  • 目を閉じている人
  • 目を閉じている人に進んだ先に段差があるといっても、それを見ることはできません。閉じている人は信じるか信じないかという判断をすることになるでしょう。いつも正しいことを言う人だから信じよう。好きな人だから信じよう。嫌いだから信じない。そんな風に考えます。今回の選挙も同じです。目を閉じた人は考えでいっぱいになります。信じるか信じないか?何を材料に信じるか。信じないか?沢山思考が働きます。思考が働いている [続きを読む]
  • 衆議院選挙ですが
  • 選挙で色々な情報が飛び交っていますが、私が思うにこの選挙で国が良くなることはあり得ません。むしろ悪くなるための選挙であるように思います。本当に国を良くしようとするなら政治に期待することを見直してみる必要があると思うのです。同じような心持ちのまま何かを改善しようとしても、同じような結果をまねくという事を知らなければなりません。いくら良い考えを主張しようがそれが実行されて行かないのはそういった事です。 [続きを読む]
  • 人を救う生き方をするのではなく、人が救われる生き方をしよう
  • 人を救うことができるのは神のみその様な宗教があるとしたら、それは正しいと言えるでしょう。人の心では人を救うことはできないからです。人が人を救おうとする時、計算が入ります。100%良心で救ってもです。※誰かが命の危険にあっている時は救ってください。そこに計算の余地はありません。そういった難しい事は置いておきましょう。大切なことは人を救う生き方ではななく、人が救われる生き方人を救おうとした時、方法によ [続きを読む]
  • 【独学で分かるには?】誰の言う言葉であっても聞いてはいけない
  • どうしたら独学で至るかというお話の続きです。独学で勉強するようになると至った(と思われる)人の話を理解しようとします。それは悪いことではないのですが、その話の通りになると思ってしまうのならそれは違います。至った人であっても、その人の観点でモノを見て話しているからです。それを理解しようとすること自体が実はばかばかしいという事なのです。至った人が言っていることは至った人が考えていることを話しているだけ [続きを読む]
  • 日曜日公開グループセッション
  • 今度の日曜日公開グループセッションの日です。差取り塾では毎月第一日曜日公開グループセッションを行っています。JR中央線新宿から1時間と少しの場所です。東京から2つ目、神奈川から1つ目の駅になります。公開グループセッションで悟りの境地を垣間見るかもしれません。そちらは動画を見ていただければわかると思います。大切なことは触れてみる事です。HPから申し込むことができます。公開グループセッションの日は特に「そこ [続きを読む]
  • 独学で勉強するためには
  • 本や動画ではなかなか分からないと普段言っていますが、それでも本や書籍で最大限効果を発揮する勉強をするとしたらどうしたらいいのか書いてみたいと思います。少しでもヒントになればと思います。すべてに通じる事ですが、色々な人が色々なことを言います。例えば、イエスキリストとお釈迦様言葉としては色々な解釈がありますが、指し示している方向は一緒です。道元と空海これも同じスポーツ理論もどんなことでも一緒です。世界 [続きを読む]
  • 知識を満たすエゴ
  • やればやるほど、知識を満たすようなことを書いてはいけないと思うようになりました。未知の事を書くなら、それに対して想像=妄想を掻き立てます。目新しいことを書いたらそういったエゴを引き寄せる結果にもなります。地に足がついている人はそういったものは好まない傾向にあるようです。ですから、益々地味になってきているようにも思うのですが、いかがでしょうか。きらびやかな感じがするところとはどのようなところでしょう [続きを読む]
  • なぜ妄想的な悟りがあるのか?
  • 自覚のためにゴルフをやっているんですが、色々なことがハッキリしてきます。練習は好きなだけ(好きなように)やればよいですね。すると、うまくなったように感じます。もちろんそれなりに上達はしているのですが・・・・しかし、実際にコースで打ってみると思うようにならない。場合によっては練習の成果が全く感じられない様な事も起きます。悟りの練習(勉強)をしている人について考えてみると、練習はできますが、本番があり [続きを読む]
  • 排他的感覚
  • このブログを読んでいて排他的に感じるという話をたまに聞きます。その様なつもりはないのですが、なぜそうなるのか書いてみたいと思います。このブログがどの様な心持ちで書かれているかというと、読んでわかるものならわかってもらいたい。という思いで何年か書いてきました。しかし、書けば書くほど、読んだだけでは伝わらない(伝わりきらない)という事がハッキリしてきたように思います。読んで多くの人が分かるのなら、差取 [続きを読む]
  • 自分で気付ける事
  • お伝えすることで最も大切にしていることは、自分で気づくことができるということです。乱暴な話をするならそれさえあれば何もいらないからです。ただひたすら自分で気づく修練をするなら、気付くことができる自分自身になっています。気付くことができる修練は必然的に意識を押し広げ、気付ける範囲が知らないうちに広がっているのです。これは思考ではできない部分の話であり、思考で理解したとしてもその理解は間違いなく違いま [続きを読む]
  • インドの聖者
  • 最近インドの聖者の本があったので少し読んでみました。その時感じたことを書いてみたいと思います。質問者は貧困や争いがあると言い、聖者はそんなものはないと言う。この会話がかみ合わない事・・・・聖者が言っていることを理解しようとしてもできません。それは山の上とふもとで景色の話をしているようなものです。それでは質問者が理解できることは無いでしょう。こういった勉強をするなら、いつまでたっても聖者の境地には近 [続きを読む]
  • すべて表れている
  • 差取り塾でお話をしていて感じる事ですが、一生懸命生きてきた人は知っているということです。表われを通して、何かを感じて取っているからです。どうしてそれが起こるかという事は差取り塾でも話していますし、グループセッションの動画でも公開しているので省略します。前回のグループセッションでは一生懸命生きてきたことをとおして、すでに勉強の材料はすべてそろっているというお話でした。だから、あらためて勉強する必要な [続きを読む]
  • 自覚は修行なのか?
  • 自覚。修行なんですか?と聞かれた時、YESともNOとも言えません。多くの人にとって修行とは苦しくては根気がいるものという観念が在るからです。ですからその観念を抱いている人にYESと答えることは間違えています。だからと言ってNOでもないのです。自覚を始める人によって違いますが、苦行とする人もいますし、障害など全く無いかのように楽しむ人もいます。それは初期のばらつきです。自覚に真摯に取り組んだ人はいずれ自覚が楽 [続きを読む]
  • なんでそうなるのか?
  • 人間はなんでそうなるのか分からないでやっていることが沢山あります。その代表的なものが、なんで生きているのか?これが分からないでも生きています。それができるのが人間の意識であり、その意識が物事を見えなくしているといえます。少し、ハードルを下げてみるなら、なんで悟るのか分からない人が悟りを語ったり指導していたりします。面白いことだとは思いませんか?なんでそうなるのかはっきりしているなら、その様に道を歩 [続きを読む]
  • ちょっとした工夫
  • 難しいこともたまには書くかもしれませんが、難しいことを分かることが大切なのではありませんから、分からなくてもよいのです。差取り塾で伝えていることは、動画やTwitterなどを含めるとかなり惜しみなく公開しているつもりです。しかし、できるようにならないのはちょっとした工夫が足りないから。それが分かればスルスルと分かるようになっていきます。分からないことにとらわれてはいけません。ブログや動画で伝わるなら差取 [続きを読む]
  • 「わからない」は解ろうとしないで向き合うだけ
  • 生きていると度々「わからない」という事か起こります。そこで思うのですが、多くの人間は「分からない」を分かっていないという事です。「わからない」を分かった気になる事で「わかった」といっている場合がどのくらいの率で起こっていると思いますか?10% ?20% ?想像してみてください。「わからない」と真摯に向き合わない限り「わかった」と「分からない」を区別できません。「解る」のは個人的な現象です。解った時 [続きを読む]
  • 同じ景色を見るという事
  • 自覚を伝えているのは、悟ってほしいとか、覚醒してほしいとかそんなことではありません。人間として生きていて、目の前に広がる景色以外の景色があるんです。その景色は目には見えません。しかし、在る無いものを在るといっているのではないのは少し勉強した人なら分かると思います。私が何かを語るとき、そこの景色を見ながら語ります。そこには記憶などの思考を使うわけではありません。確かに広がる景色。それを見ながら、それ [続きを読む]