明人(みょうじん) さん プロフィール

  •  
明人(みょうじん)さん: 差取り塾
ハンドル名明人(みょうじん) さん
ブログタイトル差取り塾
ブログURLhttp://subetetsunagaru.blog133.fc2.com/
サイト紹介文自由や幸せを在るようにできる人たちが続々誕生中です。自分で立って歩くことの大切さを知ります。
自由文自然の成り立ちを知ることは人間の成り立ちを知ることです。
成り立ちが分かったのなら、社会生活において生きやすくなることは当たり前で、生きることが輝きだしていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供155回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2013/04/13 22:49

明人(みょうじん) さんのブログ記事

  • 海の水
  • ここにいくら書き綴っても、海の水をグラスに一杯汲んで、「これが海の水です」「海はこのような水からなっています」と言っているようなものです。グラス一杯の水を見て、触って、味わって・・・・その様にいくら努力して知ろうとしても、それはグラス一杯の海水にしかすぎません。いくら思いを馳せようが、想像の域を出ないという事を知る人は、行動を起こします。沢山の海の水を汲んではここで書き続けていますが、海をそのまま [続きを読む]
  • 【塾生投稿】Eさん
  • わたしは入塾してから毎日の過ごしている時間が楽になったという実感があります。1年前に家族について書きましたが今回はこの「楽になる」についてです。 今までの私は、例えば仕事を終えて会社を出たあとも家で晩ご飯を食べながら仕事のトラブルを思い出して嫌な気分になり明日また苦手な上司と会話をしないといけない事を想像してうんざりしていました。 頭の中で過去に起こった事を再現してそれに対して不快な感情を、その都度 [続きを読む]
  • 無いとは言ってはいけない。あると言ってはいけない。
  • 何も無いから、無いと言ってはいけません。何か有るからあると言ってはいけません。今日はそんなお話です。何も無いそれは何も無いと感じているという事です。何も無いと考えているという事です。「空(くう)」と表現されるものがあります。空は悟りを得たものが知る境地と言ったらよいでしょうか。私も最初、空について何も無いけど全て在るというような認識がありました。その次に知ろうとしたことは、空とそこまで至る段階を明 [続きを読む]
  • (今)できない事はできない
  • できていない状態でできる事を想像してもできるようにはなりません。今できることをやる事が最も合理的な取り組みになります。これだけ書くと想像しか呼びません。ですから今わかることを通してお話する事が大切ですし、簡単に理解できます。ここまで、ゆっくり理解してみてください。流して読むなら大切なことが伝わりません。 [続きを読む]
  • あなたを導くもの
  • あなたを導くものはあなたの中にあります。ただ、多くの人がそこに気づかないだけです。それを見れば誰でも生きる事が活きることに変わってきます。それを見ればすべてわかります。あなたの可能性を捨てて誰かを信じないでください。巷では悟りのお話をされる方が沢山いらっしゃいます。私が思うに、私の意見になりますが、大したことは言っていません。それをありがたく聞く必要は無いように思うのです。あなたはあなた自身の中に [続きを読む]
  • あなたが祈っている神は本当にいるのだろうか。
  • 祈ったことのない人はいないのではないでしょうか。神様に祈ったり、何かに祈祷したり・・・その対象である神や何かは存在しているのでしょうか。存在しているという事実はあるのでしょうか。見たことや会ったことがあるのでしょうか。祈った先に神様がいなかったら神様に向けた祈りは無駄になるように思います。神様がいようがいまいが、その時起こっていることがあります。それが祈りの真髄です。あなたが祈っているという事実。 [続きを読む]
  • 「知っている」という事を知らない
  • 誰でも「知っている事」。これを知る事は理を知る事になります。理は誰にでも備わっていて、理にもとづいてこの世はできています。理に近い生き方をすればするほど、すべてはうまくいく傾向にあります。理を何かで勉強する事は理から離れる事です。理を知るには、理を知ろうとする行為によってでは知る事は出来ません。そこまでは多くのところで語られていることかもしれません。しかし、理を知る事は出来ます。知っている事を知る [続きを読む]
  • 【塾生投稿】至ったMさんから
  • Mさんは60代でご主人をずっと支えてこられた方です。長い間ご主人ファーストで生きてこられたMさん。そのMさんが、抑え込んでいた事から次々と自由になっていく姿は感慨深いものがあります。意を決して個人セッションを受けるために山梨のヨリアイを訪れたのはちょうど一年前の今頃でした。その頃の私は長い間何とかしたい問題とそのことでの私の主張があり、その狭間の葛藤で苦しんでいました。 本を読んだりセミナーに参加した [続きを読む]
  • 10月オープン差取り塾開催のお知らせ
  • オープン差取り塾開催(10月19日)のお知らせ差取り塾では、普段オンラインでのグループセッションを行なっています。その場に一緒に参加して雰囲気を感じてみませんか?差取り塾とはどんなところで、どんなことをしているのか、また、一人ひとりが、どのような心境に至り、どのように変化し続けているのか、日々自覚を実践している塾生から直接話を聞いてみるのはいかがでしょうか。そこに何かを感じたり、あなたが求めていた何か [続きを読む]
  • 意識の進化
  • 意識の進化というタイトルをつけましたが、個人的な意識の進化はありません。生き方の進化と書いた方が適当なように思います。今まで100人以上悟りに導いてきたと思います(正確な人数は数えていません)そうしながら感じることは、社会生活で会う人のギャップです。今行っている行動が将来自分自身を苦しめることがほぼ確実なのにその選択を頑なにやめません。自分の都合で嘘をついたり、心を閉ざしたり、主張をしたり・・・そ [続きを読む]
  • 世の中を良く変えようとしてはいけない!?
  • 世の中をよりよくしたい。よりよい社会にしたい。戦争を無くしたい。企業の不正をただしたい。政治の不正を無くしたい。すべての人が幸せに生きる事ができる社会をつくりたい。・・・・・・・など・・・・・・これらについて、葛藤を起こす方法を取ってはうまくいきませんし、そういった方法では未来永劫変わる事はありません。しかし、それが変わる事はあります。どう「なったら」変わるのかを考えることが大切で、「どうやったら [続きを読む]
  • 大切なのは理解することではなく、分からないという事と向き合う事③
  • 続き半分だけ向き合うようになっただけでも、冷静で的確な行動ができるようになっています。これ以上はないようにも感じるかもしれませんし必要も感じないかもしれません。ですから多くの人はここでとどまります。それは必要ないと考えるのですから自然な事です。ですからこの先をやろうとする人は、かなり絞られます。分からない事と完全に向き合うという時、解ろうとしない事です。そこから生まれるアイディアは直感とも呼ばれま [続きを読む]
  • 大切なのは理解することではなく、分からないという事と向き合う事②
  • 続き「分からない」という事に冷静に対処できるようになってくると、合理的な行動ができるようになっているはずです。今何が分からないのか、何を分かるべきなのか・・・・・そういった行動は合理性をおびてきます。その段階になると、何をすればいいのか(自分本位に)考えるのではなく、何をすればいいかはいつも決まっている状態になっている事に気付き始めているか、気づいています。今、何が足りていないのか。何の情報が行動 [続きを読む]
  • 大切なのは理解することではなく、分からないという事と向き合う事①
  • 理解をしないくてよいということではありません。理解に大切な事は、分からないという今があるという事を知らないといけません。分からないから理解しようとすることは当たり前のように感じるかもしれません。だから、ルーティーンのように、無意識に行動が起こるようになっています。分からない状態に心を落ち着けられることは意識がある程度大人になっていないと無理なことです。子供にとって、「分からない」とは「不安」と直結 [続きを読む]
  • 理解できない事を少しだけ科学してみる。
  • 一生懸命やっているけど、みんなと同じように理解できないという方がいらっしゃいます。特にスピリチュアルのお話でそういった話を聞く機会が多いです。理解できる人は、そのままそれをやる傾向にあります。理解できない人は離れる傾向にあります。ここまでは自然な流れで誰にでもわかるようなことです。分からなくても分かるように努力する人の話を今日は書きたいと思います。分かるという仕組みを理解していなければ、分からない [続きを読む]
  • なぜ見れば分かることを考えるのでしょう
  • この先どうなるのか考えることはよくあるのではないでしょうか。その場合の考えることは想像を巡らすことであり、妄想とあまり変わりません。今起こっているありのままを見たなら、現象の行く先は自ずとわかるようになります。そこから生まれる考えは合理的な判断になります。色々なところで感じるのですが、分からない状態でしゃべる人がかなり多いことに閉口します。理解が行き届かないまま意見を言っている人はかなりいます。あ [続きを読む]
  • 先を見通す力
  • 多くの方と接ししていて感じるのですが、その先が崖であったとしてもそのまま進み続ける人が殆どです。そのまま歩んだら明らかに落ちるのですが、どこを見て歩いているのか、、そのまま進み続けます、そのまま進み続けたら地獄をつくりだすのに、冷静にみれば分かる事であっても、選択を変えようすることはありません。色々な事が絡み合ってそうなっているわけですが、それをシンプルに言うなら「なんだそういう事か」で浅い理解に [続きを読む]
  • 難しいことを理解することが人を高めるのか
  • 私はたまに本を広げてみます。(ほとんど本は読みません)先日、白隠禅師の事を知りたくなって、そういった本を読んでみましたが、本の中身は著者の考えが95パーセント以上で、白隠禅師の事はほとんどかかれていませんでした。結局、考えの主張が書かれているところを殆ど飛ばしながら、まだ全部読んではいません。読んだところまでしか分かりませんが、白隠禅師の師匠である恵端は白隠禅師が理屈を披露していた時、厳しい表情を [続きを読む]
  • 【重要】ブログを読んでくださっている方へ
  • このブログを読んでくださっている方にお伝えしたいことがあります。ブログを読むとき、心の中で音にしてその音を感じながら読んでみてください。ちょっとした言い回しにも気を配っています。これは日本語だからこそできる事だと思います。例えばあなたの中にいればいいあなたの中にあればいいこの二つを音にして感じてみるなら、あなたの中に響いて波紋を広げるでしょう。意味を考え出すと、その波紋は広がりませんし、変化をもた [続きを読む]
  • あなたにとって至高の時とは何だろうか
  • あなたはどんな時満たされていて、それ以上何も求める必要がない状態になるのでしょうか。そもそもそんな時などないと答える人もいるかもしれません。そういった人も、この話を読んでいただきたいと思います。私が、差取り塾でお伝えしていて、こちらの方が良いから来て学んだ方がいいとは主張するつもりはありません。今十分満たされて生きているなら、それに勝ることなどないからです。今一生懸命苦しんでいる人も、それは苦しみ [続きを読む]
  • 未来予知
  • 未来予知というと超能力のように感じるかもしれません。そういった未来予知もあるかもしれませんが、いきなりそれをやりたいと考えてもそうはいきません。未来予知ができたらどれだけアドバンテージを得られるか。その様に思いをはせているだけなら未来予知は遠くなります。未来を見通す力は自然な流れを読み取る力でもあります。未来予知が当たらない事もよくあります。そして、起こる確率を表現する未来予知もあります。未来予知 [続きを読む]
  • 差取り塾は「悟り」を目的としたコミュニティーではありません。
  • 差取り塾は「悟り」について特別な何かをする事はありませんし、それを目指すことはありません。しかし、宗教的な様相が強い「悟り」ですが、紐解いていくととても合理的な生き方であることに気づきます。生きるという事を合理的に突き詰めていくと、「悟り」と言われている状態と同じになる事は確かで、そこまで至った人を差取り塾ではマスターコースにご招待しています。悟りという言葉が特別に取り扱われているうちは「悟り」と [続きを読む]
  • 議論に加わってはいけない
  • 議論が起こる時、その議論がどういった議論なのか知って議論している人はそれ程いません。議論とは、個人的、集団的な都合により行われる、利益の確保を目的とした話し合いであり、奪い合いという表現をしてもそれほど違和感はありません。自分の存在感を議論により示すそうとする人もいれば、自分の感情に折り合いをつけようとするような人もいます。話し合いの中で、議論がない話し合いも経験された方は沢山いらっしゃると思いま [続きを読む]
  • 意識が幼くても総理大臣になれる国
  • この国の政治を行っている人たちを見て感じることは、この国は今から10年くらいさらに国民を苦しめる方向に向かっていく事が確定している事ようです。政治の手腕や、政策で行っているのではありません。それらを議論して良くなるように努力する事は根本的な解決にはなりません。犯罪めいたことをしても総理大臣ならとぼけて逃れられるこの国を冷静に見ることです。それは原因から考えて当然の結果です。そしてそれを自分を犠牲に [続きを読む]
  • 差取り塾でいう至ったという事
  • 差取り塾で最初の段階に至るという事はどのような事なのかある程度年齢が高い人にわかりやすくお伝えしたいと思います。こういう事です。自分の足で立って歩くことができるようになった方。リハビリをある程度完了した方。そんな方を至ったと言います。一般的に言われる他の呼び方もありますが、そこに重ねる必要もありません。さて、やっと自分の足で立てるようになった時はこのような感じです。リハビリが完了したら、今度は自由 [続きを読む]