ピアノ教室ちっぺんでーる さん プロフィール

  •  
ピアノ教室ちっぺんでーるさん: ピアノ教室チッペンデールのブログ
ハンドル名ピアノ教室ちっぺんでーる さん
ブログタイトルピアノ教室チッペンデールのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/chippendalepiano/
サイト紹介文福岡県飯塚市の生徒さんの個性を大切にしたピアノ教室です。生徒さんはみんなピアノが大好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供375回 / 365日(平均7.2回/週) - 参加 2013/04/14 01:16

ピアノ教室ちっぺんでーる さんのブログ記事

  • 5月に続いて今月もお勉強会
  • 色んなきっかけを元に仲間になった先生方と、5月に引き続き今月も集まって小さなお勉強会をやりました。前回と同じく会場は糸島の先生宅です。賑やかにお喋りする様な感じではなく、静かに語らいながら笑い、共感して、情報交換をしたり近況報告をしたりする仲間です。悩み相談会みたいになったりもします。それぞれの体験や経験を元に、ヒントになるかもしれないお話を提供したり、考えを述べたりして行きました。聞いてもらえる [続きを読む]
  • wonderワンダー 君は太陽
  • 日常からほんの少しだけ非日常へ飛び込みたくなる時、映画館へ足を運びます。見たことや経験したことのない世界観にたっぷりと浸って、エネルギーをチャージするんです。先日は巷で話題の“羊と鋼の森”を鑑賞して来ましたが、今日観たのは“wonderワンダー 君は太陽”という作品でした。トリーチャー・コリンズ症候群という先天性の疾患を持って生まれた10歳の男の子が主人公のこの映画は、娘が観てみたいと私に紹介してくれまし [続きを読む]
  • 癖を直すのは付いた年数分かかる
  • 数年前うちのお教室に移って来た時は、とにかくひたすら速弾きオンリーの生徒さんでした。速く回る指がカッコいいと思い切り信じている感がありました。縦の線が揃わないんですね。本人は速く弾けた事だけに満足しているので、縦の線がズレていることに気がつかないんです。楽譜に書かれている指番号やアーティキュレーションも無視して練習するので、気が付いた時には癖となっていて直らないんですね。強弱も音の方向性も関係ない [続きを読む]
  • 楽しいことは後からやって来る
  • 小学校低学年の生徒さんはハノンの2番が宿題です。音符読みは始めたばかりなので、プレリーディングでやっています。指番号をレッスンノートに書いて渡したのが5月、右手と左手を別々に弾いて来てねと言ってかなり経ちます。指番号の認識がちょっとだけ怪しい部分も残っていたりします。集中していればそんなことはないのですが、散漫だと適当になります。お話を聞いている途中で話しかけたりするので、最後まできちんと聞く姿勢を [続きを読む]
  • 石黒加須美先生の まいぴあのぷれ①②
  • 今日は楽しみにしていた石黒加須美先生の新刊のテキスト講座に伺って来ました。3〜4歳さん用のものなので、今の私にありがたい講座なんです。数年前に石黒先生の絶対音感の講座を受講させて頂いたお部屋でした。あれから何年経ったかなあと懐かしくなりました。かなりの数の先生方がおみえになってありました。スーツケースを引っ張って会場入りされる先生の姿もちらほらと見かけて、遠くからみえてあるんだろうなあと思いながら眺 [続きを読む]
  • 疲れてます
  • お母様が復職されて幼稚園も変わり、生活のリズムが一変して数ヶ月経った年少さんは、暑さもあってちょっとバテ気味でした。大好きなママと過ごす時間が激減しました。1歳を過ぎた弟君が歩く様になってちょこちょことイタズラをします。小さなお姉ちゃんになって1年とちょっと、まだまだ甘えたい盛りのはずですが、弟君の面倒もみようと健気な姿も見せます。そんな年少さんですが、小さな心に少しずつ積もった疲れが時々顔を出しま [続きを読む]
  • やっと本気に…
  • 先日のスケールテスト終了後にお母様方にテスト中の様子の報告をさせて頂きましたが、皆さんそれは熱心に頷いてくださいました。その中のお一人は、今年初めてコンクールにチャレンジする小学校低学年の生徒さんのお母様でした。スケールテストもまだ参加して2回目、今回どうなったかハラハラして見守ってありました。受験した項目は全て合格していました。でも、コンクール参加者としての目線で見ると、縦の線をもう少ししっかり [続きを読む]
  • 広島の先生と
  • 全面通行止めや片側通行という道路規制の情報を見ながら、娘が大学に出掛けて行きました。宗像の方も浸水している画面がテレビに映っていたので、ちょっとだけ気がかりでした。そんな娘がお魚の煮付けが食べたいと言うのでレッスン前にコトコトと煮ました。火を使っているのでレッスン室に入るわけにも行かず、リビングで情報番組を見ていたんです。あちこちの被害情報が映し出されていました。目を覆う様な映像がそこにありました [続きを読む]
  • スケールテスト実施
  • 天候はまだ不安定でしたが、今年2回目のスケールテストを実施しました。大人の生徒さんが体調を崩して欠席された以外、申し込んだ生徒さん全員参加でした。初めて参加した生徒さんもいました。今回こそはと意識して参加していた生徒さんもいました。発表会直後と違って、皆んな気持ちにも時間にもゆとりを持って参加していた様でした。それでも思わぬミスタッチが出ます。緊張からか練習していたことと違うことをやって“それは終 [続きを読む]
  • 大雨の後で
  • 昨晩は雨の音もせず、疲れのせいか爆睡でした。今朝、何事もなかったかの様に水の引いた普通の景色を目にして、昨日のことは夢だったのかな?と思えたほどでした。我が家の被害と言えば外塀の角の煉瓦が水流で少しだけ剥がれ落ちた位で、ゴボゴボと音を立てていた側溝もいつもの様子に戻っていました。娘の幼友達のママのお話によると、お仕事仲間の一人は昨晩車中泊したとのことでした。職場に泊まった方もいらしたそうです。そん [続きを読む]
  • 豪雨の1日
  • 今日1日で携帯の警報が何回鳴ったでしょうか。数日前も台風で幼稚園も小学校もお休みになったばかりなのに、今朝も早くから地元の小学校が臨時休校だという放送が響いていました。日曜日に開催予定のスケールテストのことやコンクールのことが頭をよぎって、ギリギリまで様子をみようと思いました。そのうち小降りにならないかなとかすかな期待もありました。でも降ったり止んだりしながらも降り続く雨のせいで、次第に道路が水に [続きを読む]
  • 感動しました
  • 3人兄弟の末っ子で、お兄ちゃん達のレッスンについて来ていて、自分もピアノを始めたけれど中々お話が聞けなかった◯君。じっとしていることが苦手で、手や足やどこか動いていて、椅子から降りてレッスン室中を走り回っていた◯君。諦めが早過ぎて、出来ない!弾けない!わからない!といつも口癖のように叫んでいた◯君。集中力がつくかなあ、お話が聞けるようになるかなあ、指が動くようになるかなあ等、心配と不安でいっぱいだ [続きを読む]
  • いつの間に
  • ピアノ歴数ヶ月の年少さんは、1から5までの数字が読めるようになろうね、ABCも少しずつ覚えようねからスタートして少しずつ頑張っています。最初のうちは楽しいばかりで指番号を教えても中々モノにならず、これはカメさんの歩みかも…と腹を括って構えました。幼い生徒さんはまずは“楽しいね!”が大切なので、やれることを少しずつ増やして行くことが目標です。数字なら5まで、アルファベットならGまで、少しずつ少しずつ訓練し [続きを読む]
  • 台風7号接近とレッスン
  • 台風7号が接近しそうだという騒然とした朝でした。娘の大学院も昨日のうちから夜の授業は休講になっていて、幼稚園・小学校もお休みでした。でも風はそこそこ強いけれど雨脚はそこまでなく、レッスンをどうしたものかと悩みました。コンクールを控えた生徒さんもいるので、出来ればやりたいという思いでいました。お母様方からLINEや電話が入り始めました。お母様方もお仕事を休んだりされてあるようだったので、早い時間ならやれ [続きを読む]
  • 池川先生のバスティン・オールインワン プリマーA
  • 東音企画からバスティンのオールインワンが発刊されて、どんな内容なのか知りたくてわくわくしていました。今日はK先生と2人で太宰府のカワイのショップへ足を運び、池川先生のオールインワンプリマーAの講座へ参加して来ました。最前列に池川先生のパーティーシリーズの講座でいつもご一緒している先生がいらしたのでお隣に座りました。池川先生から“いつも見ているお顔が一番前にあると安心するわね”と仰って頂いて、始まる前 [続きを読む]
  • 連弾の補講とお知り合いの先生の発表会
  • ピアノEKIDENに参加する連弾のペアの1人が補講にやって来ました。お母様からの依頼です。連弾はソロと違って相方がいる分、楽しくもあり難しくもあります。常に相手のことを考えながら曲に向き合う必要があります。レッスンで数回合わせてみて、その難しさに直面した様でした。自宅で練習したことが通用しないんですね。音の受け渡しやテンポが変わる所などの難所がヤマです。お互いがお互いの音を聴いて呼吸を合わせて演奏に臨む [続きを読む]
  • 卒業テスト
  • パーティーBの卒業テストを受けた生徒さんは、全曲弾けたら合格と思っていた様でした。もちろんそれも大切なのですが、パーティーCに繋げる為の下準備として欠かせない要素がちゃんと定着しているかを見ます。ミスったら最初に戻るということを繰り返す生徒さんでした。ミスをする自分がかっこ悪いと思う生徒さんでした。でも、それよりも大切なことがたくさんあるんだよということを卒業テストを通じて学んで欲しいと思いました。 [続きを読む]
  • 目的を持って
  • レッスンノートに宿題を書きますが、小学校高学年の生徒さんのお母様から優先順位を聞かれました。私はランダムに書きます。必要だと思ったらそこに私の言葉も書き込みます。私が次の週に見てある程度把する意味もあるので、レッスン内容そのままがそこにあります。この生徒さんはスケールテストが近いのでスケールを中心に頑張っていた様でしたが、その1ヶ月後にはコンクールの予選が控えています。譜読みは終わっていますが、弾 [続きを読む]
  • 基礎力って?
  • 基礎力って大切ですと、よく言うしよく使うし、実践もしているつもりです。でもふと考えた時、基礎力ってどこからどこまで?何を指すの?と疑問に感じることがあります。講師になりたての頃の私は、音符が読めてリズムがわかればピアノってある程度弾けると単純に思っていました。でも、間違っていないのに美しくも楽しくもないその演奏をどうすれば変えられるんだろうと考え始めた時があったんです。そこが私の本当の意味での講師 [続きを読む]
  • 羊と鋼の森
  • 娘が短大での仕事を終えて帰宅してから、レイトショーを観に行きました。公開されたら絶対に足を運ぼうと決めていた“羊と鋼の森”です。発表会の際には、毎回決まった調律師さんに前日にスタインウェイの調律をお願いしていますが、必ずミニレクチャーをしてくださいます。今春はフェルトについて詳しくお話をしてくださいましたが、今日の映画を観て納得でした。調律師さんから“必ず観てくださいね!”と念を押されていました。 [続きを読む]
  • 駐車場で
  • 久しぶりに近くのスーパーの火曜市に行きました。最近は隙間時間で買い物に行くので、◯◯市などというものに関心が薄かったんです。何でこんなに車が多いの?となって初めて気付きました。駐車場に警備員が出ているくらいの多さでした。隅っこに駐めて店内に入りました。そんなに大量に買うものがあるわけではなかったので、結構短い時間で外に出て来たと思います。駐めていた車を見て、違和感を感じました。あれ?何か変…と感じ [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティションの後で
  • 昨日はピティナ・ピアノコンペティション筑豊地区予選のスタッフとしてお仕事をこなしながら、1日中様々な演奏を聴かせて頂いた日となりました。審査会議の間は会場スタッフは本来休憩となるのですが、受付を済ませた参加者の皆さんが続々とやって来るので、誘導の私達は休憩時間と称するものはほぼありません。この日を目標にずっと頑張って来た参加者の皆さんの思いを汲めば、良い演奏ができる様にお手伝いしなければという気持 [続きを読む]
  • ピティナ・ピアノコンペティション筑豊地区予選
  • 先週に引き続き、スタッフとして今日も1日中会場であるコスモスコモンの中にいました。今日はピティナ・ピアノコンペティション筑豊地区予選の日です。4月下旬には定員に達して締め切られたと聞いています。支部長の先生にお聞きしたら、九州のあちこちから参加者が集まっているとのことでした。私は誘導と少しだけドアマン、娘はドアマンと集計、K先生は湯茶担当で、それぞれの仕事をひたすらこなした日となりました。先週のステ [続きを読む]
  • 足台にはうるさいです
  • お教室に小さな生徒さんが多いので、私のレッスン室のピアノの下は様々な足台やペダルが置いてあります。生徒さんが使わなくなった足台は下取りさせて頂いて、次の世代に貸し出しをしています。今は貸し出しできる足台が全て出払っている状態です。ピアノの椅子に座ったらその高さを確認して位置を決めて、足台の高さを決めます。“もうちょっと下げて”“あっ、下げ過ぎ!”などと生徒さん達も容赦なく口にします(笑)でも、その [続きを読む]
  • お友達が答えても嬉しいお教室
  • 自分の弾いている曲の中に出て来る楽語は責任持って調べて来てねと伝えていますが、毎回きちんと調べて来る生徒さんは中々いません。滅多に出て来ない様な楽語は置いておいて、しょっ中出て来るものや知ってて当然と思える楽語は頭の中の引き出しにしまってほしいものです。D.C.やリピートなどはわかっていないと演奏出来ません。又、fやdim.などの強弱記号も曲想をつけたければ知っておかないと厳しいものがあります。スケール筆 [続きを読む]