masayo さん プロフィール

  •  
masayoさん: デザイナーmasayoのひとり言
ハンドル名masayo さん
ブログタイトルデザイナーmasayoのひとり言
ブログURLhttps://ameblo.jp/studiom
サイト紹介文世界の一流ホテルを旅するホテルインテリアデザイナー。グルメ、旅行、デザイン情報をお届。
自由文中国フリークです。中国料理大好き。渡航回数は60回以上。最近書道とTOEICを始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供180回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/04/14 13:22

masayo さんのブログ記事

  • 安藤忠雄展―挑戦―
  • 建築家黒川記章設計の国立新美術館が出来て10周年。美術館としては黒川氏の遺作になりました。 以前から行きたかった美術館でしたが、すでに10年が経ってしまいました。 現在開館10周年記念として建築家安藤忠雄氏の展示が開催されています。安藤氏の現在までの軌跡を壮大な空間に繰り広げられていました。 総計200点余りの設計資料が展示される空間デザインは、安藤忠雄自身の手によるもの。老若男女、海外からも沢山の方が訪れ [続きを読む]
  • 清々館での11月のお茶会
  • 八坂神社の一角にある清々館。毎月のようにお茶会が開催されます。 今月のお茶会はお手伝いに出向きました。 花入の名は旅枕。 信楽焼きで奥田英山造。お花は花見月の照り葉と白椿。 軸は「話尽山雲海月情」高野山元管長有玄老師の筆によるもの。 香合は「結び文」 萩焼きで田原陶兵衛造。 水指。 染付 葡萄棚 平安玉堂窯。 釜は万代屋釜 常什。炉縁は輪島塗。 石目切金七宝 山田満佐博作。 お道具を見るだけでも楽しくな [続きを読む]
  • スミノエ宝塚フェア
  • に行ってきました。 毎年スミノエ(住江織物株式会社)が宝塚歌劇貸切公演を開催されており関係者を招待されています。今年は雪組公演でした。 演目はミュージカル「ひかりふる路(みち)〜革命家、マクシミリアン・ロペスピエール〜」 雪組トップスターは望海 風斗(のぞみ ふうと)さん。トップ娘役は 真彩 希帆(まあや きほ)さん。 前日が初日公演だったそうで脚本、音楽、衣装、舞台装置全てが新しい。全楽曲を手掛けたの [続きを読む]
  • 函南スプリングス
  • 静岡県函南にあるゴルフ場「函南スプリングス」にあるホテル客室改修が完工しました。 1階の奥の廊下から8室を改装しました。 ベランダ付きのリゾートホテルです。 こちらの家具はナカタケの上海工場で製作。回転するテレビを入れました。 ゴルフ場の宿泊客だけでなく海外からのお客様達も増えてきています。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から *************************◆イ [続きを読む]
  • 東麻布の中国飯店で
  • ナカタケ株式会社創立20周年のパーティが開催されました。 ナカタケはホテルの特注家具を作っていただいている上海に家具工場がある会社です。 祝辞を述べられた元福田首相。久しぶりに拝見しました。 ナカタケの社長は上海人で20年以上日本に住んでいる方です。 招待客は日本人だけでなく中国飯店オーナーの徐さんやラオックスの社長等中国人の著名人も多く参加されていました。 中国飯店の宴会場。150人ほど入っています。バル [続きを読む]
  • 準師範合格
  • しました。 長い長いトンネルが抜けました。 3回目も米ふつの行書でした。次は来年の師範試験に臨みます。 継続は力なりです。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から *************************◆インテリアデザイン会社・・・株式会社スタジオ・エム◆資格取得CAD&フラワースクール          ・・・スタジオ・エム デザインアカデミー  世界の一流ホテルを旅し、コーディネ [続きを読む]
  • 突然の訃報が
  • 入ってきました。 長年ヨットのメンバーとして共にセーリングを楽しんできたメンバーが亡くなりました。 癌でした。 今年の5月までは他のメンバーと共に元気に楽しく過ごしていたのですが、5ヶ月ほどであっという間に逝ってしまわれました。 ほんとに残念で悲しいです。ご冥福をお祈りいたします。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から *************************◆インテリアデザ [続きを読む]
  • 秋のバーベキューランチ
  • 11月の連休初日に中庭でバーベキューランチ。 今年最後のBBQ。枝豆は丹波の黒豆。神戸から運んで頂いた野菜サラダ。 まずは秋刀魚、海老など魚介から始めます。 そして秋の味覚松茸と栗。栗は湯がいてから焼き栗にしました。 メインのお肉は米沢牛のステーキとジューシーなウインナー。 トマトと豆腐のステーキ。〆は焼きそばマイスターが作る焼きそば。 マイスターが作る焼きそばは格別。良いお天気に恵まれ秋を満喫した楽しい [続きを読む]
  • 菊の季節です
  • 11月は菊アレンジ。菊のお重をイメージした花器を手作りしました。京からかみを装飾しました。 花材:菊各種、シキミア。 菊重を配置し、シノワズリーテイストのテーブルコーディネート。 和紙の行灯と中国の骨董をコーディネートしました。プレートは柿右衛門を思わせるリチャードジノリの赤にわとり。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から *************************◆インテリア [続きを読む]
  • カッシーナ・イクスシー青山本店
  • カッシーナ・イクスシー青山本店は今年20周年を迎え、3月にリニューアル・オープン。10/26−11/14期間限定で2Fラウンジスペースにカフェをオープンしています。 東京へ行った折にお邪魔してきました。 2Fラウンジスペース。いろいろなアートも紹介されています。 カフェカウンター。 このカフェでは、カッシーナの90周年を記念し発刊された、近未来のインテリアを提案する書籍『This Will Be The Place』を見ることが出来ます。 [続きを読む]
  • 東京でハロウィーンを体験
  • 台風22号が週末に来るという金曜日、新幹線から富士山が美しく浮かび上がっていました。 今回はニューオータニ東京新江戸シングルの試泊でした。26?の部屋ですが、檜風呂の入ったバスルームに壁がない分、広々と過ごせます。 タブレットでコントロール出来る55インチのテレビも迫力満点。 テーブルの上には日本酒用のお猪口が置いてあります。自由にいただけます。 お部屋のスリッパは草履タイプ。タオル地で履き心地はグッドで [続きを読む]
  • 庭の剪定
  • この時期剪定期間のようです。我が家も先日シルバーセンターに頼んで剪定と草刈をして頂きました。 3人で来られてみっちり1日かかりました。さすがにシルバーセンター、お年寄りの方々でしたが、長年やられているようで慣れたものです。 1人1万円から1.5万円。廃棄料も1万円以上かかりかなりの出費になりました。 草刈も夏から2ヶ月に1回のペースでお願いしており、雑草の生命力には閉口します。 剪定した木は一部薪ストーブ用に [続きを読む]
  • 雨漏り問題
  • 先日通り過ぎた台風21号。非難警報も出る大型台風でしたが、近年このような警報は夜中も多く夜おちおち眠れなくなってきています。 台風や大雨が来る度に悩まされているのが雨漏り。 毎回ポタポタと2階の天井から漏れてきます。しかも2ヵ所でその度に雨が落ちる所にバケツや雑巾を置いていかなければなりません。 これまでに2回屋根に上って大工さんに見てもらいましたが、原因は分からず仕舞い。毎回の水漏れで壁面の壁紙がふ [続きを読む]
  • 茶箱「花」
  • 茶箱 「花」のお手前をしました。 前回の「卯の花」のお手前と違って御仕覆(おしふく)を使用します。 御仕覆(おしふく)3種類。茶しゃく用、棗用、お茶碗用です。 お主菓子は栗きんとんと菊。末富さんのものです。 干菓子は菊と琥珀を合わせました。 拝見のセッティング。 ススキと月の書をかけました。 茶箱は4種のお手前があり、とてもややこしくなっています。 次は「雪」をする予定です。 Twiitterkyotokaraはこちら か [続きを読む]
  • 書作展始まります〜
  • 明日から始まります。 今年の作品。 タイトルは『月と挑戦』 「墨の世界」には青がかった墨、茶がかった墨、金と銀、朱の墨等様々な墨色があります。さらに墨の濃淡、滲み、墨の重ね等無限の表現手法があります。後漢の許愼による説文の書体で銀の墨で「挑戦」を書き、月を金の墨で、背景には秋の闇を裏表に何度も墨を重ね表現し、月にはススキをコーディネートしました。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から [続きを読む]
  • 福岡市美術館
  • 雨の中博多にある福岡市美術館に。 こちらは建築家前川國男氏設計の美術館です。1979年11月3日にオープンしたそうですので既に36年の歳月が経っています。 老朽化のため2016年9月よりリニューアル工事のため休館しており、リニューアルオープンは2019年3月を予定です。 美術館内部。前川國男氏らしいアールのある天井です。小石で固めた天井の色にむらがあり、あまり美しいとはいえません。 こちらにCAFEとレストランを計画してい [続きを読む]
  • 京の焼肉処 弘 
  • テレビで紹介されていました京の焼肉処 弘 祇園山名庵に行ってみました。 建物は祇園縄手通り西側に面する以前は料理旅館だった所です。奥深い廊下を通り、狭く急な階段を上って下りて個室に通されました。 最初に出てきた弘特性野菜サラダ。ドレッシングがヘルシー。 史上最強ロース。 ヘレ。ガスの火で炭火をつける方式です。 レバー。お肉はいろいろな部位があり、ネイミングも面白く、楽しめました。 〆は石焼ビビンバ。 私 [続きを読む]
  • お月見アレンジメント
  • お月見アレンジをしました。花材:糸すすき、ゆりの実、弁慶草、とうがらし、水引、リンドウ、フジバカマ、アケボノ草、山芍薬の実他 お月様の丸をテーマに丸尽くしです。 お団子の代わりに中国の月餅を飾って。 今年の11月1日は十三夜(後の月)。旧暦9月13日の、少し左側が欠けた月を鑑賞する日が十三夜です。十三夜はたいてい10月になりますが、秋晴れになることが多く、美しい月の輝きを鑑賞するのに一番良い時期となります。 [続きを読む]
  • 「禅」クラブラウンジ
  • 久しぶりにニューオータニ東京の「禅」に宿泊。クラブラウンジからの眺めは富士山は見えませんでしたが、左上にたくさんのクレーンを見ることが出来ました。 新国立陸上競技場の工事現場です。オリンピックに向けて急ピッチなのが伺えます。 禅でははずせないピエールエルメのクロワッサン。ぼろぼろ落ちるのが欠点ですが、ここでしかいただけない逸品です。 大観苑では新メニューが出来ていました。ローストビーフのあんかけ [続きを読む]
  • セラトレーディング東京
  • 乃木坂にあるセラトレーディング東京ショールームにお伺いしました。 セラトレーディングは、TOTO株式会社の子会社として、約30年前に設立した海外水まわり製品の輸入販売会社です。 欧米23カ国の製品を取り扱うほか、オリジナル商品も企画・販売しています。 バスタブのエリアです。据え置きタイプはモダンなシェイプになっています。 こちらのバスタブは埋め込み式。エッジの利いたものがトレンドになっています。日本を意識し [続きを読む]
  • 寝待月(ねまちづき)パーティー♪
  • 今年のお月見パーティーは寝待月パーティー。 十五夜からの月は次の通り。10月4日十五夜(満月)10月5日十六夜(じゅうろくや又はいざよい)10月6日十七夜(立待月 たちまちづき)10月7日十八夜(居待月 いまちづき)10月8日十九夜(寝待月 ねまちづき) 雲の中に美しい月が見えました。 お月見飾り。 お月見団子は仙太郎さんのもの。 日本庭園でバーベキュウを楽しみました。松茸、秋刀魚、栗等々秋の味覚がいっぱいです。 [続きを読む]
  • 新江戸ルーム竣工♪
  • ホテルニューオータニ東京の新江戸ルーム竣工検査に行ってきました。来週から販売です。 新江戸シングルは26?のお部屋。ワイド2000のキングベッドが入りました。 ソファー廻り。テーブルでお酒がいただけるようにお猪口と日本酒が提供されます。 洗面カウンターはオープンし、26?のお部屋を広く感じさせる事が出来ました。 和モダンな檜風呂が入りました。香りで癒されます。 日経新聞に取り上げられました。左上の写真です。 [続きを読む]
  • ソラリア西鉄ホテル京都プレミア 
  • 今年4月にオープンした「ソラリア西鉄ホテル京都プレミア 三条鴨川」に泊まってみました。 場所は「鴨川」と「高瀬川」との間の三条エリアに位置し、抜群の立地です。駐車場が無いので近くの駐車場に停めます。 客室内。巾は少し狭い感じですが、ベッドはゆったりしていました。 ソファースペース。こちらも少し狭い感じです。クッションがシワシワなのが気になりました。ソファーの右、部屋の一番奥がバスルームでユニークなレ [続きを読む]
  • 中秋の名月
  • 10月に入り、秋らしくなってきました。 今年の中秋の名月(十五夜)は、2017年10月4日です。 江戸時代、お月見の風習が盛んになったと言われています。ちなみにこの中秋の名月の夜は、完全な満月になるとは限らないようです。 「月知天下秋」秋の茶室に掛けられる軸。意味は・・・月は天下の秋を知る・・・です。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から *************************◆イ [続きを読む]
  • 志賀ヨットハーバーへ
  • 今夏セーリングは出来ずじまいでしたが、今日は「Deminsion Ⅲ」の清掃に行って来ました。 快晴。掃除日和。 長年の汚れを落すのは大変な作業。一通りは出来ましたが、きりがありません。 清掃後は琵琶湖を愛でながらのバーベキュー。 貸切でした。 地元のトマトは赤くて新鮮。 〆の焼きそばは目玉焼きをのせて。作業の後のバーベキューは格別でした。 Twiitterkyotokaraはこちら からfacebookはこちら から ********* [続きを読む]