T.A さん プロフィール

  •  
T.Aさん: 自分のためだけの自転車の記録
ハンドル名T.A さん
ブログタイトル自分のためだけの自転車の記録
ブログURLhttp://ta1511.blog.fc2.com/
サイト紹介文サイクリングその他ロードバイクに関する事柄を中心に、自分の記録のために書くブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/04/15 20:27

T.A さんのブログ記事

  • 谷川岳登山と川沿いサイクリング
  • 8/17(金)と8/18(土)は、みなかみ町湯檜曽に宿泊。自転車無しで山歩き。17(金)は、天気が良ければ谷川岳を登るつもりだったが、雨で見送り。先日、自転車で訪れた一ノ倉沢と、その奥の幽ノ沢を歩いた。気温11度で雨天。ゴアテックスのレインウェアは非常に快適で、雨の日ウォークのいい練習になった。一ノ倉沢。幽ノ沢で沢の水が溢れてたので、ここで折り返し。この先の芝倉沢まで行きたかったけど。幽ノ沢。18(土)の山の最高気温は [続きを読む]
  • 子どものこと
  • 8/3(金)、日本海ライド当日の朝、次男が5(日)からクロスバイクを使うとのことで、ドタバタと点検やサドル交換などをした件のその後。5(日)。自分は日本海ライド復路の真っ最中。子どもは、都内から走ってきた同じ大学1年の友達と朝8時半頃に越谷市内で合流し、出発していった。同日21時過ぎ。那須塩原のスーパー銭湯に居るとの連絡があった。普段はママチャリで近所を移動する程度で、サイクリング経験はほぼ皆無。同行する友達も [続きを読む]
  • 湾イチDNSで川越武蔵野うどん with T
  • 8/12(日)は、松戸実家発着。東証隣のセブンで6時にTと待ち合わせ。イートインコーナーでコーヒーを飲みながら天気予報を見た結果、南はまずそうとのことで、やむなくDNS。北に向かうことに。葛西橋から荒川を遡上。岩淵水門の先で、休憩&天気予報チェック。結構がっつり降ってきた。かなりピンポイント降雨。幸魂大橋だったかな。雨宿り&天気予報チェック。行き先を川越の武蔵野うどんに定め、強い雨を降らせてる雨雲が東に流れ [続きを読む]
  • 日本海ライド 復路
  • 3時のアラームで目が覚めた。あ、直江津に居たんだった!身体が若干重かったが、テンション上がる!前日に買った朝ごはんを食べて、荷物をまとめる。フロントに自宅への宅急便を依頼したら、チェックアウト。4:30出発。往路とは別ルート。上越市から妙高市に入り、飯山街道でひと山越えて、長野県飯山市に向かう。ここ左折で飯山街道。緩やかな上り基調。気温は20度前後で非常に快適。少しずつ勾配は急になるものの、せいぜい6〜7% [続きを読む]
  • 日本海へ
  • 日本海の直江津まで走ることにした。前回走った時は、その日のうちに輪行帰宅したが、今回は宿を取ることに。直江津に着いてから余裕をもって過ごしたいし、異常な暑さへの対策から夜間走行を長くしたい。ということで、8/3(金)夜間に出発することにして、あらかじめ休暇を取得。ルート分析、持ち物準備等々、事前作業も早め早めに進捗。我ながら素晴らしい進行管理。と言いつつ危なかった。基本中の基本、タイヤの擦り減り具合の [続きを読む]
  • 松戸、市川を軽く
  • 7/28、29の土・日は松戸実家泊。が、天気がイマイチで走れず。まぁちょうどいいやと思い、近々に走りたいルートについて、距離や坂道の状況やコンビニの場所を確認したり、スケジュールや装備等を検討したり。日曜午後、ようやく晴れたので、軽く走りに。開通した外環沿いに南下。江戸川放水路に出て北上。利根運河にイン。東武線沿いに戻る途中、豊四季近くのスーパーでピンポイント豪雨の雨宿り。すぐ止んだし、その後は少し涼し [続きを読む]
  • 酷暑回避で軽くナイトライド
  • この三連休の天気予報は、とにかく異常な暑さ。土曜日は奥日光ウォーク。ザック、ポール、シューズ等を買ったので、それらのシェイクダウン。標高1300mまで上がると気温もだいぶ低くて、木陰メインのハイキングはかなり快適だった。日曜日は、日中サイクリングは早々にDNSを決定し、家でだらだら。酷暑を避けて夜間出走することに。ワールドカップ 決勝戦の前に走るか、決勝戦が終わってから走るかちょっと迷ったが、決勝戦前に走 [続きを読む]
  • 東浪見withT
  • 7/7(土)は松戸実家発着。天気予報を気にしつつ、Tと決めた行き先は九十九里の東浪見。前々から気になってた麺ドラゴンへ。7時半にセブンイレブン船橋京成海神店で待合わせ。R14を東進、千葉市街地、蘇我、村田川、市津湖を抜けて、秋元牧場手前で茂原街道へ。茂原市街地を抜けてR128を南下。この間、2〜3回のコンビニ休憩を経て、開店10分前の10:50頃に麺ドラゴン到着。2人とも濃厚クリーミーなあさりそば大盛をオーダー。お〜、 [続きを読む]
  • 一ノ倉沢
  • 一ノ倉沢やみなかみ町の天気予報が好転した。とは言え、当初6/30(土)は今ひとつ。7/1(日)の方が良かったので、週明けおつかれ休みの有給休暇を取得した上で、日曜日に走ることに。暑さが本格化する前に一ノ倉沢に辿り着くために1時30分出発。R17と県道を北上。熊谷辺りで東の空が白み始め、本庄の坂東大橋付近ですっかり明るくなった。坂東大橋から渋川の大正橋まで利根川CR。その後、沼田まで景色の良いK255。この道を沼田方面に [続きを読む]
  • 利根川左岸開拓と江戸川放水路0km地点
  • 6/23(土)松戸実家発着。利根川左岸、新大利根橋からR6の橋を越えて栄橋までの間は、CRの整備状況が把握できてなかったけど、実際走ってみたらほぼほぼ全線が整備されてた。ほんの一部ながら住宅地を走ったり、CRの道幅が狭かったり、グラウンドのすぐ横を通ったりして、スピードが出しにくい区間が結構あった。北側の一般道の方が速く走れそうだけど、河川敷内に林があったりして、鳥のさえずりなどを楽しみつつのんびり走れる素晴 [続きを読む]
  • 関宿solo & 手賀沼trio
  • 旧4を北上し、R4バイパスに乗り換えて更に北上。道の駅 庄和あたりで、1本東側のK42に乗り換えて更に北上。関宿橋のちょい北側で江戸川CRに乗り、2kmほどで関宿城到着。利根川右岸を下流へ。目吹大橋あたりで野田の街中方面に向かい、朝マック。その後運河でごば蔵さん、munchさんと合流。再度利根川へ。一般道、利根川左岸・右岸を走り、布佐駅を越える。目的は、リバーサイドのスペシャルメニュー。個人的には、いちごちゃんスペ [続きを読む]
  • TKG&AJS
  • 6/9(土)は松戸実家発着。朝と晩に雨予報。ロングの気力が失せて、遅めの時間にノープランで出発。裏道メインで印旛日本医大を抜けて成田へ。成田NTから成田駅周辺で迷子になりつつ新勝寺。R409で八街を周り、K22・K116で山武。ここでお昼ごはん。ひさびさTKG。おかわりも。タマゴをごはんにかけたら混ぜない派。白いごはんとタマゴがかかったごはんの境い目あたりを味わう主義。特にこの店のように美味しいタマゴなら、タマゴの攪 [続きを読む]
  • 守谷SAから利根川沿いに軽く
  • レイクタウンを抜けて、玉葉橋から江戸川、運河経由で利根川へ。緑が目にしみる。新大利根橋を茨城県側に渡り、K58を使って常磐道の守谷SAに来た。Madoneを裏手の駐輪場に止めて、裏口からSAに入場。ワイヤーロックを忘れちゃったなぁ。磯揚げのまる天で購入することに。Madoneが心配なので、購入後速やかに駐輪場へ。生姜れんこん天とぴり辛いか天。うまっ!味も食感も最高。ぜひまた食べたい。ゴミを捨てに裏口から再入場。つい [続きを読む]
  • 真夜中サイクリングで野島埼へ
  • 5/26(土)は松戸実家発着。行き先は野島埼。真夜中サイクリングにしよう。K88は初めて走るから、そこは夜明け以降がいいかな。鹿野山ふもとの秋元辺りまでは、まぁ勝手知ったるだし暗いうちに走り抜けよう。早いうちに野島埼に着けば、その後が楽だな。鹿野山までざっくり80kmグロス4時間。4時になると明るくなり始めるから0時発にしよう。野島埼まで140kmだから7時着ってところ?などと考えてた。で、金曜日は午後休取得。帰宅後実 [続きを読む]
  • 粕尾峠
  • 記憶の限り粕尾峠越えは過去に3回。峠へのアプローチは、いずれも鹿沼側からK15を25km以上走るというもの。佐野からK200を北上し、林道でひと山越えて、いつものK15に合流するルートがあり、そこを走ってみたいと思ってた。で、5/12(土)に実行。R4、渡良瀬川CR等で佐野へ。市街地を抜けた辺りで、コンビニ休憩をしたく、イートイン有りの店を探してキョロキョロ。田沼と葛生の間辺り。ローソン佐野多田店にイートインコーナーを見 [続きを読む]
  • GW後半は銚子。とご近所
  • 今年のGWは9連休。前半は、金精峠越えサイクリング。久々ロングにもかかわらず、絶え間なく食べ続けて増量。中盤は、金沢小旅行。毎日2万歩以上歩いたにもかかわらず、絶え間なく食べ続けて増量。そして後半は、松戸実家滞在。5/5は銚子へ。元々は千葉県最南端の野島崎を絡めて300キロ超を走るつもりが、前の晩の天気予報によると早朝時間帯に結構な低温予報。ウィンブレを自宅から持ってきておらず、寒い思いをしながら走りたくな [続きを読む]
  • 金精峠
  • 4/29(日祝)今年のGWは、一泊ロングをやろうと宿も確保していたが、全くの走込み不足のため早々にDNSを決定。代わりに日帰りで日光に行くことに。難しかったのはウエア。出発時点は15〜17度、明け方は10度以下、日中は25度前後という予報。結局、半袖アンダー、半袖ジャージ、アームウォーマーに短パンビブ。それにフルフィンガーグローブでスタート。いちおう今季最後?のナルーマスクも装着。明け方用ジレ、ダウンヒル用ウィン [続きを読む]
  • 二段トンネルと鯛めし・タイの寺院と筍ごはん
  • 松戸実家泊の週末。4/21(土)は房総へ。うぐいすライン、清澄養老ラインを南下。養老渓谷の二段トンネルに立寄り。初めて見た。清澄養老ラインからすぐだったのかぁ養老渓谷を過ぎて、高度を上げてからがお楽しみ。緑に癒されるわ〜で、小湊に到着。お昼ごはんは前々から来てみたかった「いいとこ」。いいとこセットとぶりかま塩焼き。わ!すべてが絶品!ここのなめろう、一番好みかも。次回以降は、鯛めしと単品なめろうがベースか [続きを読む]
  • 印旛沼と肉盛りうどん
  • 4/8(日)。玉葉橋から少しだけ江戸川左岸CRを走り、利根運河経由で利根川へ。一般道を混じえ右岸・左岸を下流に向かい、栄橋からは概ね成田線沿い。木下駅、小林駅前を抜けて、印旛沼CRにイン。印旛捷水路を南下。風車に到着すると、チューリップで大賑わい。引き返し、印旛沼や風車を見下ろすサンセットヒルズへ。一旦下って印旛捷水路山田橋に繋がる坂を登る。山田橋手前、武蔵野うどん 鈴や。オーダーは、いつもの肉盛りうどん。 [続きを読む]
  • 関宿城と境町の焼きそば
  • 4/1(日)は松戸実家発着。ひさびさに関宿城を目指して走ってみた。菜の花な江戸川CR。関宿城は、自転車乗りや桜を見に来た人たちでいつになく大賑わいだった。利根川を渡り、境町を2kmほど北上した辺り。松島屋。暖簾に「特製 焼きそば」とあるように、焼きそば専門のお店。焼きそば大盛り。あっさりした麺。飽きのこない素朴な焼きそば。丁寧な接客が印象的で、また来たくなった。美味しくいただきました。帰りは、境から初の利根 [続きを読む]
  • 春爛漫 花見サイクリング
  • 本日休暇。朝寝坊したうえに布団の中でだらだらしていたが、花見サイクリングをふと思い立つ。4/1付異動でここのところ毎日慌ただしく、桜のことなどすっかり忘れてた。そそくさと準備して9時半頃出発。まずは自宅から2kmほどの元荒川。やっぱりここの桜並木は見事。年季の入った樹皮の様相と太い幹。地表に広くがっちりと張った根。土手に覆い被さるように川に向かって伸びる枝ぶり。そこにびっしりと付いた花。一本一本の木に凄 [続きを読む]
  • 5台で佐野ラーメンライド
  • 3/25(日)。りょうたパパさんと車載で越谷を出発し、関宿橋手前のセブンイレブンで時間調整のうえ、道の駅さかいに到着。munchさん、ごば蔵さん、そして、ブログやLINEでは交流しつつも初めてお目にかかるminozouさんと合流。ここから5台で佐野に向けてスタート。渡良瀬川が利根川に合流する地点。道の駅きたかわべでの休憩を挟んで、予定どおり10時30分頃に森田屋総本店に到着。11時の開店と同時に入店。大盛チャーシュー麵をオー [続きを読む]
  • 週末土日。土曜日は湾岸、花見川から手賀沼のカフェ
  • 松戸実家発着の週末。3/17(土)は友達とアリランラーメンを食べに行く予定だったが、金曜日の雨と土曜日早朝の低温予報に怖気付いて延期となったので、8時を過ぎてからノープランで出発。空気は冷たいながら、路面は乾いてた。市川駅、浦安駅を抜けて湾岸沿いに稲毛海浜公園へ。花見川、新川沿いを走り、千葉NTを抜けて手賀沼へ。手賀沼南岸の台地上にあるEagle137へ。初来店。階段を登り切った所にテラス席が見える。自転車は階段 [続きを読む]
  • ナルーマスクといちごちゃんスペシャル
  • 花粉の気になる季節になり、NAROO MASK(ナルーマスク)を購入した。以前から気になっていたものの、ネットのレビューでサングラスが曇るなど否定的なコメントを見て躊躇してた。が、近所の自転車ショップで見つけ、比較的高機能なF5sを衝動買い。3/11(土)は、ノープランで近隣ライド。ナルーマスクを装着して初の自転車。玉葉橋からちょい江戸川を走り、利根運河へ。新大利根橋で利根川を渡り、そのまま道なりに稲豊橋で小貝川右 [続きを読む]
  • 長生き・ミハラシ・アリラン
  • 3/3(土)。房総方面を走りたかったが、花粉も気掛かりだし、越谷から千葉まで走るのが面倒になってしまったので、車載で出発。蘇我駅付近の有料パーキングに駐車して、サイクリングスタート。村田川から谷津地形の低地部分を南下していく。谷津のどんつきで坂を上り、姿は見えないが市津湖のすぐ東側を抜けて、茂原街道との交差点を直進すると、秋元牧場に到着。牧場の中を突っ切って、ながら長生庵を横目に見ながら、長生き展望台 [続きを読む]