群馬のあらかん社労士 さん プロフィール

  •  
群馬のあらかん社労士さん: 家庭菜園にて〜あらかん社労士の気になるニュース
ハンドル名群馬のあらかん社労士 さん
ブログタイトル家庭菜園にて〜あらかん社労士の気になるニュース
ブログURLhttp://personnelaffairs.blog.fc2.com/
サイト紹介文パスタの街高崎で家庭菜園に精を出すあらかん社労士が気になるニュースや日常について綴ります
自由文5年ほど前から日頃の運動不足を解消しようと碓氷川の河川敷にて家庭菜園を始めました。軽登山やハイキングは行きたいときに行けばよいのですが、畑はほったらかして置くと見事なヤブになってしまいます。区画が広くて管理が大変ですが頑張りま〜す。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供56回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2013/04/16 18:32

群馬のあらかん社労士 さんのブログ記事

  • 一人親方労災は自分自身と家族のために!
  • さやえんどう年度末を過ぎ、昨年度からの一人親方さんの変更はほとんどありませんでした。本来の一人親方さんであれば、一国一城の主であり、建設工事などを自分で請け負って仕事をしますから、ある程度自由に自分のペースで業務を行うことができます。しかし、このようなパターンは実際多くはありません。一人親方で仕事を続けていくと、仕事が忙しくなり人を雇ったり、ますます忙しくなれば会社組織にしたりすることもあります。 [続きを読む]
  • 社労士業は忍耐だ!
  • 海ほたるから現在、「働き方改革」などでは脚光を浴びていますが、開業28年目となって、つくづく社労士は忍耐力だと思います。潤沢な資金(1千万円ほど)があればともかく、現在の状況は「即独」だといいますから「怖いもの知らず」と感じています。いずれにしても、しばらくの間は生活費を気にしないで営業が行えることが重要でしょう。イタリア人でもケセラセラというわけにはいきません。個人開業のリスクがどれだけ大きいもの [続きを読む]
  • ホームページから助成金のご依頼
  • 先日ホームページからの問い合わせがありました。助成金申請についてアドバイスをもらいたいとのことでした。顧問の社労士さんはいるが助成金には対応していないという。しかし、その社労士さんには特に不満は無いようでした。助成金というものは申請のタイミングがなかなか難しく、しょっちゅう改正もあります。会社としては助成金がもらえるようにアドバイスをしてほしいという要望であり、受給できそうなものがあれば申請までお [続きを読む]
  • 大忙し!
  • 大忙しといっても畑の作業です。やはり作業をするにはまとまった時間が必要なので土曜、日曜になります。これからどんどん朝が早くなるので、朝食前の作業もする予定でいます。この前の土日には種まきの準備のため菜園を耕していました。ふきのとうやあしたば、ウド、アスパラなどは毎年芽をだし、ブルーベリーやいちごも花を咲かせています。今後の予定としては、えんどう、いんげん、えだまめ、なす、きゅうり、とまと、さつまい [続きを読む]
  • 今年は電子申請です
  • 36協定を年度ごとに区切って適用している会社が多いですね。もちろん社労士の都合でそうさせてもらっている場合もあります。そんなわけで3月中に4月1日始まりの36協定届を提出する訳ですが、今までは全部受理印をいただいていました。今年はそれもできずにすべて電子申請によっています。一度このやり方で楽をすると元に戻すのは大変だと思いますが仕方がありません。労基署も慣れてきているようで申請の翌日には通知をいた [続きを読む]
  • 年金事務所の調査でした
  • 富岡製糸場本日午後は年金事務所で顧問先の総合調査でした。1ヶ月ほど前に事業所と社労士宛に通知されていました。いろいろな期限のある仕事の合間に資料集めなので、後回しにしていてなかなか準備ができず、今日の午前中にようやく準備OKとなりました。いずれの顧問先も前回の調査を忘れてしまうほどでしたが、今後は3年に一度はやるようにしたいとのことでした。調査というのはあまり嬉しくありませんが、顧問先に調査がたま [続きを読む]
  • 開業社労士にもボーナス
  • 富岡製糸場社労士業などを個人事業で行っている場合、ご存じのように確定申告が必要です。もう皆さん終わっていると思いますが、還付申告の方も多いと思います。私もそう税率は高くないですし、経費も多いので還付申告です。開業して何年か過ぎたころでしたが、開業仲間の社労士と確定申告の話になりました。開業直後の少ない報酬から1割も源泉徴収されるのは大変でしたが、1年が過ぎて確定申告により源泉所得税の大部分が還付され [続きを読む]
  • 行政を動かすには?
  • 河津桜ある行政庁の話だが許認可事務で独自の運用をしていて困っている。近隣の自治体では横並びで納得できる運用をしているのにである。明らかに拡大解釈だと思うけれど、どうしたら申請者の利益を守れるか。要望書、意見書、審査請求、陳情書、請願書などあるけれど迷っている。解決しない案件というのは頭の中で大きくなっていくようだ。社会保険労務士 にほんブログ村 ←どうぞお情けを!○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○群 [続きを読む]
  • 働き方改革アドバイザー認定研修会に出席します
  • 「群馬県働き方改革アドバイザー」認定研修会があるので出てもらえないかと要請があった。昨年度から始まった研修会で、もうすでに100名ほどが認定されているようだ。対象とするのは社労士・診断士・その他(人事担当者や経営者他)とあって、実のところ頭数を増やしたいようだ。要は興味があればだれでもいい。(そうでもないかな?)認定者が増えるのは良いことかもしれないけど、それを活用することがもっと重要だろう。お役人 [続きを読む]
  • 経営者の何割が就業規則を理解しているか。
  • 河津桜経営者にとっても、働いている労働者にとっても身近な労働法といえば就業規則だが、お互いが都合のいいところだけを理解している傾向があると思う。経営者も就業規則をじっくり読んでいる人は少ないようだし、あまり面白いものではないから手に取ってみることもほとんどしないだろう。何か問題が起きたときにこんな場合はどうすればいいのかと社労士などに問い合わせることになる。しかし、労働者は会社に聞いて納得しなけれ [続きを読む]
  • 社労士の地域間格差
  • 浅間山遠望社労士にもいろいろな違いがある。格差といってもよい。実務能力、年間売上高、業務内容などさまざまだ。同じ試験内容であっても受験地により合格率は違ってくるが、それよりも合格後開業した地域による格差は大きくなると思う。同じ社労士でも地域によってそのレベルの違いは大きいものがある。扱う業務内容も顧問先の企業にも差異があれば社労士の業務能力も違ってくるのは当然だ。扱っている業務内容に自己の能力を合 [続きを読む]
  • 役所には優しくて気の利く人もいるんです
  • 先程ある役所から電話があった。何か不備でもあったかと恐る恐る電話を代わる。担当者「内容には特に問題無かったのですが、この箇所はこうした方が結果が良いようです・・・」私「あゝそうですね。結果を考えず、うっかり前回と同じにしてしまいました。」担当者「そうですか、差支えなければこちらで訂正させていただきますが。」私「有難うございます。そうしていただけると助かります。」担当者「それではそうさせていただきま [続きを読む]
  • 自主廃業
  • 顧問先の個人事業所が昨年末を以て廃業したまだまだ元気なうちに後継者に道を譲るとのこと3年ほど前から計画していて得意先にも社員にも迷惑をかけないよう準備万端だったこれからはのんびり楽しく過ごすというやむを得ずと言えるかどうか夜逃げ同然で消えてしまう人もいる清々しい幕引きだった社会保険労務士 にほんブログ村 ←どうかお情けを!(*´ω`)┛群馬県情報 にほんブログ村  [続きを読む]
  • 「一人親方労災」成りすまし請求
  • 氷柱と吊り橋今朝のNHKニュースで報じていたのが、一人親方労災に加入していないのに他人名義の労災保険を請求し、だまし取ったとして昨年11月逮捕されたさいたま市に住む男ら3人。当事務所でも一人親方労災を扱っているが、このような事件が起きると正直に誠実に仕事をしている皆さんに迷惑を及ぼすことになる。休業補償金を520万円だまし取ったというが、あまり大きなニュースにならなかったのか聞き逃したのか知らなかっ [続きを読む]
  • 電話相談・来訪相談ともに無し
  • ロウバイ今週の月曜日は社労士会の当番で社労士会館へ1日詰めた。群馬県の「非正規雇用労働者待遇改善支援センター」事業として周知に努めてはいるがまだまだのようだ。「同一労働同一賃金ガイドライン案」に関して相談に応じるのだが、相談者の可能性がまったくないわけではないので準備をしつつ、持ち込んだ書類の作成に集中している状態だ。(結構一人なので集中できる)平日はほとんど対応しているので使用者の方のご相談をお [続きを読む]
  • 河野先生またお世話になります
  • 祟台山より新年明けましておめでとうございます。今日から官公庁は仕事始め。今日と明日と平日があるけれどこれを休日としたので先月29日から11連休となる。メールチェックに事務所に出てきたが、仕事人間になってしまったのか年を取ったのか近頃は長い連休を持て余すようになった。同級生にはもうすでにリタイヤしている人もいるが、やはり何もしないというのは実に退屈で体も疲れる。それにいつもと同じに動いているカミさん [続きを読む]
  • シェアード会社による労働社会保険手続き
  • 今月号の「月間社労士」に同封されて、会員の皆様へとして「規制改革推進会議における動向」とのタイトルで1通の文書があったが、その中には、「社会保険に関する手続」に関する検討事項として、「グループ会社によるシェアード化の普及に伴い、シェアード会社による電子申請を認められることが考えられないか」との論点が挙げられ、議論が行われております。との文章がある。社会保険労務士法第27条で社会保険労務士又は社会保 [続きを読む]
  • センセイと 呼ばれて嬉しい うちはま〜だ
  • 榛名天狗山から江戸時代の川柳にあるというのが、「先生と呼ばれるほどの馬鹿でなし」大辞林第三版にあるというのが(大辞林は持っていないので)、「先生と言われるほどの馬鹿でなし」どちらも同じ意味で使われ、ここでその意味を書くまでもないが、士業も先生という言葉には弱いと見えて、先生と呼ばれたら大抵の人が悪い気はしない。先生と呼ばないと機嫌が悪くなる人だっているだろう。筆者も先生と呼ばれることが希にあるけれ [続きを読む]
  • 社労士会費は高い?
  • 所属する県会では開業者の場合、月額会費は8千円で年額96千円である。もっと高い都道府県もあるようだがどちらかと言えば高い方かもしれない。高いか安いかというのはその負担を重いと感じるか軽いと感じるかだけれど、以前、会費を滞納している会員と連絡がつかず、文書も宛先に届かず戻ってしまうため、会の担当委員として登録住所地に行ったことがある。事務所兼自宅のマンションはもぬけの殻で郵便物がたまっていた。2年近くも [続きを読む]
  • 70歳到達後即退社は手続きが多い
  • ある会社に長く勤務していた社員さんが70歳となり、規定によりその月の末日で退職となった。この場合、一度に行なう手続きが多くなることに気付いた。まず、70歳到達による「健康保険・厚生年金資格喪失届」と「厚生年金70歳以上被用者該当届」の提出次に、退職による「健康保険・厚生年金保険資格喪失届」と「厚生年金70歳以上被用者不該当届」の提出手続きはいっぺんにできるけれど、当事務所のソフトでは個別申請のため、添付書 [続きを読む]
  • 梅毒って現代病だったの?
  • 兜岩山最近、梅毒についてマスコミに取り上げられている。読売新聞によれば、「今年1月から11月19日までの累計で5053人となったことが、国立感染症研究所のまとめで分かった。国の伝染病統計などによると、感染者数が年間5000人を超えるのは、1973年以来44年ぶりで、特に都市部が多い。」梅毒感染の初期症状は痛みを伴わないので気付かない人が非常に多い。男性の場合は発見しやすく、女性は性器内に症状が出ると気付かない場合が [続きを読む]
  • 消防士さんピザ配達で懲戒処分
  • たまねぎの状況先日の読売新聞朝刊「ピザ店で約12年間にわたってアルバイトをし、副業の原則禁止を定めた地方公務員法に違反したとして、〇〇市等広域消防局は28日、消防司令補の男性主査(59)を停職3ヶ月の懲戒処分にした。」11月同消防局に郵送で匿名の情報提供があり、調査に対し副業を認めたという。公休日の夜に月2,3日ほど働き、収入は月に1万円以下だったらしい。定年間際で気の毒に思ったが、これほど長い間よ [続きを読む]
  • 無期転換社員にはどの就業規則を?
  • 非正規労働者が5年を超えて勤務すると正社員と同様に定年まで働けるようになる、いわゆる「無期転換ルール」は2013年4月施行の改正労働契約法に盛り込まれた。非正規労働者が同じ会社で契約更新を繰り返されて通算5年を超えた場合、本人の申し込みにより契約更新の必要がない「無期雇用」として働けるようになる。これが来年4月から本格化するわけだが知らない人が多いのも現実だ。ところで、会社に就業規則が1種類しかない場 [続きを読む]