原田正勝 さん プロフィール

  •  
原田正勝さん: 原田正勝のブログ
ハンドル名原田正勝 さん
ブログタイトル原田正勝のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/masaharada/
サイト紹介文とにかく本を読むことが好きです。読むだけではなく本を紹介、感想を書くことで読書好きの人との交流。
自由文本を読むことの大切さ、面白さを伝えたい。そして、読書を通じて本好きな人と交流したいという思いで、読んだ本の感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供83回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/04/19 05:18

原田正勝 さんのブログ記事

  • 本日で7月終わり。
  • 暑い、暑い。 今日で7月も終わり。 いよいよ暑くなる。 昨夜はあまり眠れなかった。 朝、起きて、時計の温度計の室温を見た。 30.2度、そりゃ眠れんわ。 暑すぎる、扇風機では限界。 今日から冷房を使おう。 ジムに関しても、現状はやり抜けている。 体力、感覚的に限界がでてきた、 ここから、さらに続ければ、 心と体がレベルアップするような気がするし、 また、何かがつかめるような気がする。 さあ、今日も仕事、運動と [続きを読む]
  • 木下 半太『アヒルキラー 新米刑事赤羽健吾の絶体絶命』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)レースクイーン、モデル、女優。美女ばかりを狙った連続殺人事件が発生。その顔はズタズタに切られ、死体の横には必ずアヒルのおもちゃが。世にも残酷な事件を、新米刑事赤羽健吾と、行動分析課の上司・八重樫育子が追う。二人はやがて57年前の未解決事件に行きつく。現在のアヒルキラーと過去の家鴨魔人の因縁を暴く、壮大なサイコミステリー。 久々の読了!! 過去の家鴨魔人と現在のアヒルキ [続きを読む]
  • 今日はバテました。
  • スポーツジムで、 スタジオ・プログラムを4本連続で参加。 さすがに4本目は、バテバテで体が思うように動かなかった。 正直、完全なスタミナ不足。 土曜、日曜は4本のうち1本が比較的ソフトなものがあったが、 今日はすべてがハード。 スタミナ不足だな。 ただ、疲労度はすくないが、明日、太もも、ふくらはぎの 筋肉痛は覚悟、一応、湿布は張っておこう。 体を動かすと、気持ちも楽になるし、 余計なことを考えずに、 ひたす [続きを読む]
  • 海の日だ。
  • 今日は海の日で祝日。 けど、私は、ジムで有酸素運動で汗を流します。 昨日は、 「JPOP DANCE」 「SlimeABS」 「ターゲットABS」 「ZUNBA」 4つのプログラムで汗を流した。 「ZUNBA」は失敗だった・・・ 「JPOP DANCE」は動きがハードだった。 今朝は足がちょっと重い、 そして腹筋が筋肉痛。 足は湿布をはれるが、 腹筋は、湿布はれないから、耐えるしかない。 今日も頑張ろう [続きを読む]
  • 最近、読書できない。
  • 最近、読書していない。 積読本は23冊。 平日は会社、ジムで一汗。 週末は午後からジムで有酸素運動の連続、夜は疲れと 暑さで、とても集中できない。 まだ、この生活リズムに慣れてないのが現状。 昨日はジムで、 「ステップ30」(30分) 「ピロキシング」(45分) 「ランランエアロ」(45分) 「フレッシュJ-POP」(45分) 165分の有酸素運動の連続。 足はちょっと張っているけど、 先週と比べれば、楽な状態。 [続きを読む]
  • 今日から3連休!!
  • 17日が海の日で祝日で、 今日から3連休。 ジムのスタジオプログラムでみっちりと 体力を上げていこうと思う。 ただ、気になるのが、 今日と月曜に「ピロキシング」 「ランランエアロ」が 組み込まれていること。 先週、土曜日、この2つがきつかったが・・・ 今週はどうなるかな? 火曜は筋肉痛覚悟をしておかないといけない。 今日は「ピロキシング」「ランランエアロ」 そのあともう一本こなそうと思う。 この3連休、自分の [続きを読む]
  • 本日は疲れました。
  • 本日も午後よりジムへ。 プログラムは「SlimABS」、「ターゲットABS」の2本に挑戦。 SlimABSはマットでの腹筋運動30分。 寝かして起こしての腹筋運動。 ターゲットABSは、これが目的で、 このジムに入会したので、 比較的スムーズにできた。 基本、ビリーズブートキャンプなので、 動き、効果、ツライ部分はわかっていたが、 きつかった。 土日のプログラムで痛感したのは 持久力不足と運動不足。 予想以上に体が思うように動 [続きを読む]
  • 鍛えてます。
  • 今週から通い始めたジム。 トレーニングマシンの使い方、 トレーニングの姿勢、筋肉痛と・・・ 悪戦苦闘しながらも乗り切った一週間。 今日はジムが休館日。 昨日はスタジオプログラムでヨガに挑戦!! おかげで、ぐっすり眠れ、疲れなく起床できました。 今日、出勤したら土日は休日。 徹底的に体を鍛えよう。 読書もしたい、録画しているテレビも見たい。 全部する時間はないので、 当面はジムがメインで・・・ [続きを読む]
  • 本日は帰社後、スポーツジムへ。
  • 本日は、勤務を定時(18時)に 仕事を切り上げ、スポーツジムへ。 昨日、入会したスポーツジムの初回説明と、 体成分分析を行う。 今後の運動目標の指導を受けました。 これまで、WiiFitやDVDで、独自にトレーニングしてきたが、 意外と自分では適当にやっていたのが、重要だったり、 運動の順番の重要性を教えられた。 ただ、筋トレとか、ダイエットの運動というのは 基本的に忍耐、痛い、辛いは当たり前、 それを乗り越えて・ [続きを読む]
  • 7月最初の出勤日
  • 曜日の関係で、 今日から仕事は7月スタート。 一年の後半が始まる。 前半はちょっと出遅れ気味だったが、 後半は巻き返していこうと思います。 ただ、いきなり寝坊してしまいました。 朝、起きたら午前5時(いつもは4時に起きて、 散歩している)、今日は散歩はお休み。 というか、昨日、スポーツジムに会員登録したので、 メインをジムに置くので、朝の散歩は無理しない方針です。 まず、衰えた体力回復、肉体改造を目標に 体 [続きを読む]
  • 中山七里『ヒポクラテスの誓い』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)浦和医大・法医学教室に「試用期間」として入った研修医の栂野真琴。彼女を出迎えたのは偏屈者の法医学の権威、光崎藤次郎教授と死体好きの外国人准教授・キャシーだった。凍死や事故死など、一見、事件性のない遺体を強引に解剖する光崎。「既往症のある遺体が出たら教えろ」と実は刑事に指示していたがその真意とは?死者の声なき声を聞く、迫真の法医学ミステリー! 法医学ミステリーというこ [続きを読む]
  • 購買意欲が湧いてきてます。
  • 毎朝、4時起きで、 5時から約一時間ほぼ散歩しています。 散歩の帰りにセブンイレブンで煙草を買って帰宅するのですが、 ちょっと文庫本を見ると、 安生正「ゼロの迎撃」「ゼロの激震」が 目に入ってきて、面白そう、読んでみたいって衝動が・・ 手にとっていると、本の重みを確かめていると・・・ 6時から勤務の女性店員が微笑みながら 私の横を通過していった。 とりあえず欲求を抑えて、帰宅して出勤準備です。 けど、女性店員 [続きを読む]
  • 誉田哲也『歌舞伎町ダムド』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)日本列島を震撼させた「歌舞伎町封鎖事件」から七年。伝説となった犯罪者“ジウ”に自らを重ねる新たな怪物“ダムド”が現れた。吹き荒れる殺戮の嵐、再び動き出す「新世界秩序」の陰謀、新宿署の東弘樹警部補に迫る危険…謎の男と対峙するのは、アナーキーなダークヒーロー“歌舞伎町セブン”! ジウシリーズの続編。 このシリーズ独特の迫力、残虐さは相変わらず。 そして、何よりも新世界秩序 [続きを読む]
  • 2017年6月25日本購入
  • ちょっと所要で、スポーツジムに見学に行った帰りに 書店へ寄って購入した。 知念実希人 屋上のテロリスト    ※よくコンビニで見かけた作品 早見 和真 イノセント・デイズ    ※ 新聞広告で気になっていた作品 誉田哲也 ケモノの城   ※裏切られたことのない作家さんの作品 やっぱり本屋へ行くと、買ってしまう。 待機本が多いのに・・・ 気になる本が多すぎる。 [続きを読む]
  • 相場英雄『血の轍』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)元刑事が絞殺された。警視庁捜査一課の兎沢は、国家を揺るがす大事件の真相に元刑事が辿りついていたという糸口を掴むも邪魔が入る。立ちはだかったのは公安部の志水。兎沢に捜査のイロハを叩き込んだ所轄時代の先輩だった。事件の解決を泣ぐ刑事部と隠蔽を目論む公安部の争いが激化。組織の非情な論理が二人の絆を引き裂く…。胸打つ警察小説! 轍の意味は、車の通ったあとに残る車輪の跡。 タ [続きを読む]
  • 吉川英梨『波動 新東京水上警察 』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)東京オリンピックを控え東京湾警備拡充のため水上警察署が新設された。配属された現場一筋の熱血刑事・碇拓真は無人島の第六台場で白骨死体を発見、事件に絡み暗躍する半グレ集団の尻尾を掴む。一触即発の不安の中で迎えた、都知事臨席の水上観閲式での警備艇追跡劇!痛快度満点の新警察小説。 ハラマキシリーズとは、雰囲気が全然違うシリーズになりそうな感じ。 アクションは相変わらず、 すご [続きを読む]
  • 堂場瞬一『over the edge』読了
  • 内容紹介視察のため来日したニューヨーク市警のブラウンには裏の目的があった。東京で失踪した旧友を個人的に捜すのだ。旧友は世界的IT企業の幹部で日本支社設立に動いていた。だが調査開始直後、ブラウンは何者かに襲われる。彼を助けたのは元刑事の探偵・濱崎だった。面白いから手伝うという濱崎にブラウンは反発を覚えつつも、いつのまにか手を組むことになり……二人が人種や立場の境(エッジ)を越え辿りついた真実とは? [続きを読む]
  • 今日、買った本
  • 午前中、腰痛で病院へ、レントゲン撮られて、背骨異常なし。痛み止めと、腰部固定帯装着で安静。歩けるようになって、ブックオフで買った本。池井戸潤 空飛ぶタイヤ上 下五十嵐貴久 セカンドステージ      誰でもよかった固定帯のおかげで、痛みと腰の負担は、軽減したが無理はできないので、読書しよう。 [続きを読む]
  • 沢村 鐵『クランIV - 警視庁機動分析課・上郷奈津実の執心』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)「神」の手により、次々と姿を消していく警官たち。その絶望に抗うように、機動分析課の上郷巡査部長は、執念深く「神」への手がかりを探る。警察に潜む裏切り者、「神」が起こした奇蹟の正体―。全ての謎を解き明かしたとき、刑事たちの反撃が始まる!書き下ろしシリーズ第四弾。 シリーズ4作目。 神の正体は謎。 けど、盟の神に対する反撃が始まった・・・ 神が起こ [続きを読む]
  • 安東 能明『出署せず』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)柴崎令司警部は、今回も綾瀬署を離れることができなかった。その一方で、同世代のキャリア・坂元真紀が署長に着任。現場経験に乏しいコンビが誕生してしまった。職務にまつわる署内の不祥事、保護司による長男殺しの闇。そして、女性店員失踪事案の再捜査が、幾つもの運命を揺さぶりはじめる―。ミステリ×人間ドラマの興奮。日本推理作家協会賞受賞の名手が描く、警察小説集。 刑事 [続きを読む]
  • 薬丸岳『逃走』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)死んだはずのあの男がいた。小さかった妹とふたりで懸命に生きてきた21年間はなんだったんだ?傷害致死で指名手配されたのは妹思いで正義感が強い青年。だが罪が重くなるとわかっていても彼は逃げ続ける。なんのために?誰のために?渾身の全面大改稿、ほぼ書下ろしの秀逸ノンストップ・エンタメ! 非常に重く深い作品。 最後は、胸に込み上げてくるものがある。 加害者 [続きを読む]
  • 五十嵐貴久『逸脱捜査 キャリア警部・道定聡』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)東大卒キャリアとして出世街道を歩んでいた道定聡警部は、部下の不祥事により突如、経験のない捜査現場の前線に配属された。美人だがガサツな山口ヒカルとコンビを組まされ、新宿OLの高層マンション飛び降り、新興宗教の教祖殺人など、解決不可能と思われた難解奇怪な事件の担当になる。常にやる気のないヒカルだが、時に天才的な直観を発揮して事態を収束に導いていき―。“迷”コンビの [続きを読む]
  • 今野敏『殺人ライセンス』読了
  • 内容(「BOOK」データベースより)高校生の久(キュウ)は「殺人ライセンス」というサイトに遭遇。それは、ターゲットを殺害するゲームだった。その後、ゲームの標的らしいストーカー公務員の殺人事件が発生。リストラされた素人探偵とキュウは事件の解明に乗り出す。一方、捜査本部の丸谷刑事らは、犯人を絞れない事態に焦る。高校生と捜査本部、殺人ゲームと現実の捜査の接点はどこに―? 結構、時代背景としては古く感じるけ [続きを読む]