nanacheri さん プロフィール

  •  
nanacheriさん: 日本でお仕事時々フランス
ハンドル名nanacheri さん
ブログタイトル日本でお仕事時々フランス
ブログURLhttps://nanacheri.exblog.jp/
サイト紹介文訳あって日本とフランス行ったり来たり。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 109日(平均1.5回/週) - 参加 2013/04/20 06:06

nanacheri さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • DELF B2 受験
  • 前回の投稿からずいぶんと日が経ってしまいました。この間、秋の観光シーズン、外国人観光客のガイドの仕事と、あとはフランス語学習に精を出しておりまして、ブログまで手が回りませんでした。昨日、今日と、フランス国民教育省が認定した唯一の公式フランス語資格(ディプロム)DELF (Diplôme d'études en langue française)のB2という試験を受けてきました。難易... [続きを読む]
  • たんぽぽオムライス
  • ワシントンD.C.に住む、中国系アメリカ人医師夫妻の通訳ガイドをしました。奥様、30代後半、ジョンズホプキンス大学で医学を学んだ、中国人エリート。東洋医学の専門家として、漢方や鍼灸、エイキなどを使って患者さんを治療しているらしいです。日本人からしたら、中国は漢方の本場だからさぞかし中国の伝統医学を踏襲しているのだろうと思いきや、文化革命などのゴタゴタで本物の漢方薬に使... [続きを読む]
  • アッ●ル🍎のお客様
  • 先週は、三日間、iPhone などでおなじみの、りんごのマークのA社の広報イベント担当の方のガイドをした。Pさん、48歳と姪っこさん16歳だ。PさんはA社に入って3年め。ということは、45歳にして、それも女性でA社に入社。さすがに、美しくて、気品があり、優秀なPさんだからだろう。りんごの会社の前は、医療系機器の数社で広報として活躍。全く違う業界で、しかし同じように、外へ向けて会社... [続きを読む]
  • フランス語
  • 8月17日に帰国し、翌々日の19日日曜日、全国通訳案内士のフランス語試験を受けた。 この試験は、仏検一級、DALFC1 の実力がなければまず、無理。私は仏検準一級にもしかしたら、次はうかるかも…のレベルなので、無謀な挑戦ではあるが、まずは敵を知ることから。ということで、受けてみた。おまけに、前夜は時差ボケで眠れず睡眠時間2時間ほど...仏文の読解と日本語への翻訳は、外国人に対しての防... [続きを読む]
  • フランスから日本へ
  • フランスで相方くんのお母さんのお葬式が終わり、約10日ほど南仏に旅行に行ってきました。そして、日本のお盆も過ぎた8月18日、日本に帰国しました。1ヶ月ぶりの日本。猛暑、猛暑と騒いでましたが、成田空港に到着するとさわやかな風が。。陽射しは、真夏並みですが、風は涼やか〜 よかった〜南仏、コートダジュールはフランス語で言うcanicule 熱波でした。でも、日本ほど湿度が高く... [続きを読む]
  • フランスのお葬式
  • 先日亡くなった、パートナーくんのお母さんの葬儀に参列しました。日本との違いを簡単にご説明…お通夜がない葬儀のみ 14:30-15:30 教会もしくはセレモニーホールでその後墓地に行って、棺桶を埋葬 17:00 すべて終了埋葬担当の方々は公務員らしく、17時を過ぎると超過料金が発生するとのこと。さっさと17時に終わらせて、近くのバーで軽くアペロ (食前酒) レストランに移動して、親族一... [続きを読む]
  • 猛暑の日本脱出
  • オランダはアムステルダム空港にいます。ただ今フランス、ボルドー行きの乗り継ぎ便を待っています。 猛暑の中、頑張っている日本の方には申し訳ないですが、猛暑の日本を脱出。ヨーロッパは湿気がないので、日本よりずいぶんラクです。先週から日本はものすごい暑さになりました。先週の木曜金曜日12、13日と今週の月曜火曜日16、17日は日系アメリカ人とベトナム系オーストリア人をそれぞれ連れ... [続きを読む]
  • お義母さんが亡くなる フランス語でお悔やみ
  • フランスに住む、パートナーくんのお母さんが今朝亡くなりました。今年3月20日に日本で言う、脳梗塞のような脳血管障害 Accident Vasculair Cérébral (フランスでは、AVCと略して呼ばれます) で倒れ緊急手術。その後、パートナーくんはじめ、四人の兄弟で献身的な介護で意識はもどり、話もできるようになりました。左半身は麻痺していましたが、なんとか退院して日本で言... [続きを読む]
  • イタリア旅行 カプリ島 青の洞窟 2018年5月
  • 南イタリア、カプリ島と言えば青の洞窟。上の写真は洞窟内部。マリーナグランデからケーブルカーに乗って、美しいしいカプリの町を散策したあとは、青の洞窟と島一周する船に乗ります。マリーナグランデの港から1人15ユーロ払って、青の洞窟ツアー。まずは大きなボートで洞窟の近くまで行き、小船に乗換えます小船には小柄な人なら4人乗れます。そして船頭さん。船頭さんに、洞窟の入場料14ユーロ払うよ... [続きを読む]
  • オクラホマミキサー
  • 東京です。暑い日が続きます。 暑くても、お構いなく海外から観光客はやって来ます。上の写真は、先週末、九州の実家に帰る時、機内から撮影。羽田空港を離陸してすぐの東京湾。真ん中にレインボーブリッジ、お台場や豊洲、晴海などが見渡せます。昨日は炎天下の中、アメリカはテキサスからのファミリーを都内観光をしていたら、60代の奥様具合が悪くなりました。帽子も日傘もなく、炎天下を1時間ほど歩いたからか... [続きを読む]
  • イタリア旅行 カプリ島編 2018年5月
  • さあ、いよいよカプリ島、マリーナグランデ港に到着。 まずは、シーフードパスタやシーフードの盛り合わせでランチ。レモンチェロという、イタリアのレモンからできた甘いリキュールで乾杯。お世話になるのはアナカプリにある、プチホテル。そこの主人、フランコさんが迎えに来てくれています。カプリ島は美しい地中海に浮かぶ島。平地は少なく道は狭く、石灰岩の切り立った崖が特徴的。 フランコさんは70代で地元... [続きを読む]
  • イタリア旅行 ナポリからカプリ島編 (スリに遭う)
  • 上の写真はどこの山? 桜島?いえいえ、イタリアはナポリのヴェスビオ山。イタリアを代表する火山で、最も新しい噴火は 1946年3月。今は、大人しくお休みしています。紀元前から幾度と噴火を繰り返し、紀元79年の大噴火で、火砕流がポンペイの町を埋没させたのは有名な話。そのポンペイにも後日訪問しますが。私は火山大国、九州は大分県出身。阿蘇山、九重の山々、火山に囲まれて生まれ育ったので、火山にはやた... [続きを読む]
  • イタリア旅行 ローマからナポリ編
  • 前編からの続きですが…ランチのあと、雨も止み、レストランから歩いてすぐ、テベレ川を渡りサンアンジェロ城へ。日本ではあまり馴染みがないけれど、135年ローマ帝国のアドリアヌス皇帝が自らの霊廟として建設を開始。14世紀以後は歴代のローマ法皇に要塞として強化された、歴史ある城塞。お城の敷地は五角形をしています。本当に立派なお城です。中は、兵器が展示されてるそうです。私たちは外からのみ堪能。サンアン... [続きを読む]
  • イタリア旅行 ローマ編 その4
  • ローマも4日目になると、だいぶ慣れてきました。この日は雨模様。まずは地下鉄に乗ってスペイン広場へ向かいます。今日はローマ市内の主な観光地をくまなく回る予定。スペイン広場に、日本人らしき女性二人がいたので、写真撮ってもらいました。聞けば、なんと錦織選手が出場するローマオープンテニスがあっていて、彼女たちは、住んでるリバプールからはるばる応援に来たとか。残念ながら、錦織くん途中で敗けちゃったけど... [続きを読む]
  • イタリア旅行 ローマ編 その3
  • ローマ2日目は、ヴァチカン市国です。ヴァチカンと言えば、キリスト教カトリック教会の総本山、16世紀(1549年)に日本の種子島にやってきて、日本にキリスト教を広めようとした、フランシスコ=ザビエル一行はここからの使者。細かく言えば、ここの一派のイエズス会から送られてきました。ここを訪れる人たちは、世界各国からの観光客にキリスト教巡礼者。ものすごい数の人々が毎日訪れます。サン・ピエトロ大聖堂と... [続きを読む]
  • イタリア旅行 ローマ編 その1
  • 1980年代半ば、20歳代から欧州企業で働き始め、30年以上、ヨーロッパ諸国も数多く訪れてきましたがまだ、イタリア には行ったことなし。今回、初のイタリア 旅行となりました。一週間、ローマ、カプリ島、ポンペイ、ナポリと回ってきましたので、少しずつ書いていきたいと思います。現在フランス、ボルドー滞在中ゆえ、イタリアのローマへはライアンエアで2時間です。ライアンエアは、アイルランド国籍のLCC、... [続きを読む]
  • 航空便 キャンセル
  • 怒涛の外国人旅行者のガイドの仕事、繁忙期が終了しました。気がつけば、GWも終わり、5月も半ばにさしかかろうかという今日この頃。第二の祖国的なフランスに来ています。5月7日朝にKLMオランダ航空で成田を発って、同じ日の15時にアムステルダム着。約5時間のトランジット、乗り換え便待ちののち、22時半にフランス、ボルドー着。今回の渡仏には、ちょっとしたすったもんだがあり、それについて書きたいと思い... [続きを読む]
  • 労働者 スト大国 フランス
  • ご存知のかたも多いかもしれませんが、現在フランスは、日本でいう春闘真っ最中。エマニユエル マクロン大統領がフランスのシステム、特にsocialisme国家 労働者の権利が強すぎるくらい強いのでそれを変えようと頑張ってます。フランス国鉄SNCFは4月から6月まで、毎週2日~4日ずつストライキ。日本の国鉄がJRになったように、フランス政府はフランス国鉄を民営化したいのです。それに伴い、国鉄職員 ... [続きを読む]
  • 日系アメリカ人
  • 先週から今週にかけて、カリフォルニアからの日系アメリカ人三世ご夫妻のガイドをしています。お二人のおじいちゃんとおばあちゃんが1900年前半、明治時代に日本からアメリカに移住されました。日系の方々のお仕事は、一番やりやすいです。なぜなら、日本のことは、特に歴史に関して細かく説明しなくてもご存知。普通の海外からの観光客は、将軍とはなんぞや?から始まり、サムライとは?天皇と将軍の違いなどを時系列に... [続きを読む]
  • ペルーからのお客様
  • 昨日のお客様は、南米ペルーからの熟年カップル。1ヶ月かけて、日本2週間個人旅行のあと大阪からシンガポールへ飛んで、シンガポールから香港までクルーズ2週間の豪華な旅。私は英語のガイド資格を持っているので、ほとんどのお客様は英語圏ですが、ドイツ人や、メキシコ人、中南米の方も英語を話せるかたが多いので、そういう国からのお客様のために時々お仕事をします。フランス人旅行者にフランス語でのガイドもたまに... [続きを読む]
  • 過去の記事 …