パンダズキ さん プロフィール

  •  
パンダズキさん: 30代半ば女子・TGP込みの日記
ハンドル名パンダズキ さん
ブログタイトル30代半ば女子・TGP込みの日記
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mikaramu627
サイト紹介文排卵障害&精子無力症でH25年5月から人工授精にチャレンジし3回目で妊娠!H26年3月出産
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供81回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2013/04/21 18:09

パンダズキ さんのブログ記事

  • 転院先の病院、初受診
  • 今日、転院先の総合病院に初めて行ってきた。ここは、娘が甲状腺機能低下症の時にお世話になった病院。今年の3月で、娘の経過観察も終わったので、この病院にくるのは久々。まさか自分がこの病院の産婦人科を受診するなんて、全く思ってもいなかった。総合病院なので、いきなり受診ではなく、紹介状を持って、しかも予約もあらかじめ取ってもらえてた上での受診だったので、思ってたよりはスムーズだった。ただ、やはり総合病院な [続きを読む]
  • 自分の中で一山越えた日
  • 今日、二週間ぶりの妊婦健診。この日が来るのを結構、緊張して待っていた。今、11週なのだが、前回、妊娠した際、11週で胎児浮腫が見つかり、結果、中絶することになったので。ひょっとしたら、また赤ちゃんに浮腫が見つかるかもしれない。何度もそんなことを思い、さらに、当時の辛かったことなども色々思い出し、不安な日々を過ごしていた。で、今日、やっと健診。偶然にも今日は、先月なくなった祖母の誕生日、さらには前に中絶 [続きを読む]
  • 連日の娘のギャン泣きは、わたしのせい
  • ここ数日、娘がなかなか言うことを聞かずに困っている。だいたい自分の思い通りに行かずに、ギャン泣きするというパターン。わたしも最初は我慢しているのだが、妊娠中のせいか、沸点が下がっており、すぐカーッとなってしまい、大声で怒鳴る、壁を蹴る。昨日もお風呂に入る前にギャン泣きされ、ぶち切れて、洗面器を壁に叩きつけて壊してしまった。ギャン泣きした数日は、夜に娘との接触を避け、娘の遊び相手やお世話はだんなさん [続きを読む]
  • 看護師さんから「おめでとう」と言ってもらえた
  • 4日前くらいに健診へいってきた。この日で8週半ばくらい。ありがたいことに、赤ちゃんは順調とのこと。で、先生から、予定日を教えてもらった。来年の6月6日。そして、母子手帳をもらってきてくださいと言われた。 本音を言うと、母子手帳をもらうのはもう少し後にしたいなと。というのも、前回妊娠して、母子手帳をもらって、初めてそれを持って健診へ行った時に、赤ちゃんに異常が見つかったので。異常が見つかった後に、「これ [続きを読む]
  • 娘は赤ちゃんのことを知っているのかと思った出来事
  • 娘にはまだ妊娠していることは伝えていない。というのも、義両親には安定期頃まで言いたくなくて、うっかり娘に話すと、娘から義両親に伝わる可能性あるため。そんな娘、昨日、ふいに折り紙を始めた。そして完成。見て見て、とそれを持ってきた。「ほら、これおひなさまよ。あかちゃんにあげるの〜」と言うではないか。びっくりして、娘に質問。「赤ちゃんはいつ生まれるの?」すると「ごがつ」と言う。なんと、順調にいけば、予定 [続きを読む]
  • 院長体調不良のため転院予定
  • 昨日、産婦人科へ行ってきた。いつも診てもらっている院長の出番の日だが、先週に引き続き、今回も院長は休み。で、待合の掲示板に、お知らせが貼ってあったので読んだところ衝撃。院長が体調不良のため、しばらく診察できないとのこと。さらに、もう一人の常勤の女性の先生も、年末で休職予定とのことで、今後、妊婦健診や分娩は受け入れ停止せざるを得ないと書いてあった。院長は、見た目からして50〜60代。自分の外来の出番じゃ [続きを読む]
  • 心拍確認できた
  • 昨日、病院へ行ってきた。昨日は、いつもみてくれている院長の出番の日だったが、たまたまやすみ。なので、この曜日のみの出勤の先生に診てもらった。今日は心拍確認できるかなと思って、ドキドキしつつ診察。すると、エコーのモニターに、胎嚢の中に胎芽が見えた。先生は、エコーをしながら、「これが赤ちゃんで、ここのチカチカ動いているのが心臓です。順調ですね」と言ってくれた。胎嚢の大きさからして、昨日の段階で6w5d。 [続きを読む]
  • 母に報告
  • 今日から娘と二人で帰省。母と二人でキッチンにいるときに、妊娠の報告。すると「良かったなあ。あんまり(娘を)抱っこせんように気をつけなよ」と言ってくれた。前回に妊娠した際に、報告した時には、わりとあっさりした反応だったが、今回は明らかに喜んでくれた。きっと、前回の妊娠の時にわたしがつらい思いをしたことを踏まえての今回の反応だったと思う。母には治療の内容までは細かく報告していないが、不妊治療をしているこ [続きを読む]
  • 胎嚢確認できた
  • 先ほど病院へ行ってきた。ほんとに妊娠してるんだろうか、実感はない。念のため、今朝、基礎体温測ると、やはり高いので多分大丈夫。1番に診察室へ呼ばれた。そしてすぐにエコー。腹巻をいつもしていて、腹巻にポッケが付いていて、その中にお守りを入れているのだが、エコーのあいだ、お守りをぎゅーっと握りしめていた。エコーの時には、先生はいつも何も言わない。後で説明してくれる。今日も多分、胎嚢をすぐに見つけ出し、サ [続きを読む]
  • BT12判定日 病院にて
  • 判定日当日の朝、検査薬で陽性。午前中に病院へ。今回は病院に行くのも良い気分で行けた。で、まずは採血。で、結果が出るまで待っていたら、呼ばれた。いつもみてくれている院長が、採血の結果の紙を見ながら、「妊娠ホルモン(HCGのこと)出てますね」と言ってくれた。そして内診。もちろんまだ超初期なので胎嚢は見えず。また来週初めに受診して胎嚢確認しましょうとのこと。院長はいつもそうだが、特に感情を入れることなく淡々 [続きを読む]
  • BT12 判定日当日 検査薬で陽性
  • 長かった。移植から判定日まで。今回は、妊娠検査薬は、判定日当日の朝までガマンしようと決めていた。そして、無事にガマンでき、今朝、いよいよお試し。昨晩、たまたま体温を測ってみると、37度超え。風邪ではないが、体があつい。もしや、妊娠してるんじゃないかと思った。 そして、念のため、今朝、ひっさしぶりに基礎体温測ると、やはり37度超え。今まで、なんども期待しては裏切られてきたので、期待しつつも、陰性だった時 [続きを読む]
  • 2回目の移植
  • さっき移植を終え、今はカフェで休憩中。術前に採血をするのだが、今回は看護師さん苦労してた。元々血管が出にくいので、いつも採血の時には「わかりにくいなあ」と言われるが、なんとか一発でとってもらえる。が、今回はダメだった。まず1人目がチャレンジするも断念し、バトンタッチ。そして2人目も失敗。苦肉の策で、手首から採血した。看護師はすごい申し訳なさそうだったが(手首の方が痛いから)別に大したことない。自分も医 [続きを読む]
  • 義兄の結婚に反対する義両親
  • 44歳で独身の義兄。数年前から婚活を頑張っている。去年、一度付き合っている人を義両親に紹介し、結婚を認めてもらったようだが、その直後に破局。そしてまた婚活でお相手を見つけ、先月、義両親に紹介したらしい。香川県在住の義兄。関西の婚活パーティーまで遠征し、滋賀在住の38才の方とそこで知り合い、結婚を前提としたお付き合いを始めたそう。この話を聞いた時、だんなさんも私も「その情報を聞く限り、義父は反対するだろ [続きを読む]
  • 2回目の移植日決定
  • 先週は週4で病院へ。前回の移植は、ホルモン補充療法だったので、飲み薬と膣座薬を移植のだいぶ前からやっていたのだが、今回は自分の排卵に合わせての移植ということで、薬がほぼなく、その点ではラク。でも、今回の方が通院が多かったので、その点ではマイナス。でも、娘の幼稚園も始まったし、仕事も週2しかしてないから、全然楽勝。フルタイムで働きながら体外受精されてる方、ほんとにすごい。で、なんだか今週期はスムーズ。 [続きを読む]
  • 娘がかわいい理由
  • 3歳過ぎてから、ギャン泣きすることもめっきり減り、かわいい発言、しぐさをしょっちゅう披露してくれる娘。かわいさがあふれでている。なので、しょっちゅう「かわいいね」と言っている。で、「なんで、そんなにかわいいの?」と聞いたところ「おかあさんのことがだいすきだから」と、これまたかわいい発言。イライラもするけど、毎日かわいいのでなんとかなっている。 [続きを読む]
  • 院長の発言に笑う
  • 数日前、D3のとき病院へ。前の判定日の時、院長不在でかわりの先生だったので、院長の出番の時に受診して、今後の相談をするために、この日は病院に来た。で、名前が呼ばれて診察室へ。入るとカルテを見ながら院長が、「〇〇さん、(こないだの移植の結果が)こけてしまったんですね〜」と、苦笑いしながら言った。ダメだったことをコケたと表現した院長が、なんだかおかしくて、自分もそこで、軽い感じで「そーなんですよー!」と返 [続きを読む]
  • すっごい解放感
  • 陰性だったのだが、落ち着いて会計を済ませ、病院から外へ。すごい青空で、とても暑かったが、なんかめちゃくちゃ解放された気分で晴れやか、すがすがしい。帰りにスーパー寄って買い物。治療期間中はやめていた、コーヒーを買い、体に悪そうなラーメン買ったり、チョコ買ったりした。で、車内でコーヒー飲みながら、チョコ食べながら帰ったが、まあおいしいこと!そして、何度も「解放感!あー、すっごい解放感!」と口にしていた [続きを読む]
  • BT12判定日 陰性
  • そして判定日の朝。予定通り、検査薬にトライ。が、やはり陰性。でも、なぜか前回のフライングほどはへこまず。仕方ないよねと、まだ初めてだし。そんなわたしとは対照的に、娘はいつも通りでいてくれるので、とても救われた。で、通院前に娘を幼稚園の預かり保育へ。久々の預かり保育だったのだが、娘を見ると、先生が3人くらい「〇〇ちゃーん!」とちやほやしてくれた。そして、1人の先生が「アイドルみたい」と言ってくれた。そ [続きを読む]
  • 判定日以前のこと
  • BT6にフライングし、陰性。もともと、ギリギリまでフライングはしないつもりだった。が、やはり気になり、胚盤胞移植した人ってBT何日目から妊娠検査薬で陽性になるんだろうと調べてしまい、陽性になる人はB5〜6日目から反応出てることが判明。その時、自分はBT5。よし、これならひよっとして明日なら検査薬でわかるかもと思い、翌日、期待しつつ検査してみるも、まあ真っ白。期待していたので、結構へこんだ。そしてその後、検索 [続きを読む]
  • 初移植終了
  • 昨日、無事に初めての移植が終わった。朝9時に病院へ行き、採血やホルモンの注射をし、検温、血圧測定も。その後は11時までベッドで待機。あまり緊張もせず、むしろなんか眠くて寝てた。暇つぶし用の雑誌も持って行っていたがほとんど読まず。おしっこを貯めておくように言われ、頻尿な自分は、尿意との戦いもしていたが、日頃からパンパンになってからも、ある程度我慢できるタイプなんで、本領発揮。で、時間になり、呼ばれて行 [続きを読む]
  • 短期の水泳教室へ行ってみた
  • 夏休みも中盤。夏休み前は、一体どうやって過ごせばいいんだ、と頭を悩ませていた。何か予定を入れなければと、あれこれ考え、スイミングスクールの夏休み短期教室へ行くことにした。短期といっても連続3日間の超短期。それが今週あった。初日はだんなさんが休みだったので、連れてってもらい、その間、私はスーパーと、服を買いに行けたので、とても嬉しかった。初日が終わり、だんなさんに、娘の様子を聞いてみると、とても楽し [続きを読む]
  • 移植できる〜!
  • つい数分前に診察。採血の結果、ギリギリラインだが、なんとかホルモン数値も基準値に達したとのことで、来週金曜に移植できることになった。こないだの診察では、卵胞ホルモンの数値が低かったので、場合によっては移植できないかもと言われていたが、できそうなので、一安心。数日前に鍼灸整体院へ行き、そこの先生に言われた。結婚した時よりも、今の方がぐっと近づいているから、と。(妊娠出産に)また、不妊治療をしたことによ [続きを読む]
  • ホルモン値低く、移植延期
  • 先ほど受診。黄体ホルモンの数値が低く、薬をあと2日追加で飲んでみて、数値が上がっていれば、その数日後に移植とのこと。当初の予定では来週火曜が移植だったが、金曜に延期になった。ただ、また次は土曜に受診なのだが、その時にもホルモン値がひくければ、今回は移植中止っぽい。こればっかりは仕方ないので、まあ延期になってもいいやというくらいの大らかな気持ちで日々過ごしたいと思う。 [続きを読む]
  • 続 母親の影響について
  • また母親の影響について。義姉は、両親などからの教育やしつけにより、今の義姉が形成されたとおもうが、もちろんそれだけじゃないとおもう。自分に置き換えてみる。もちろん、いろいろ厳しく言われたこともあるが、母親や父などの普段の生活っぷりを見ていて、それが自分を作る基盤になってもいる。要は、直接言葉で言われたことだけじゃなくて、両親の姿を見て学んだという感じ。うちの両親は二人ともよく働いていた。私が大学を [続きを読む]