パンダズキ さん プロフィール

  •  
パンダズキさん: 30代半ば女子・TGP込みの日記
ハンドル名パンダズキ さん
ブログタイトル30代半ば女子・TGP込みの日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/mikaramu627
サイト紹介文排卵障害&精子無力症でH25年5月から人工授精にチャレンジし3回目で妊娠!H26年3月出産
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供89回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2013/04/21 18:09

パンダズキ さんのブログ記事

  • いろいろ
  • 昨日、初めて、次女をベビーカーにのせながら、歩いて幼稚園まで長女を送って行った。天気が良く、寒くもなく暑くもない気候で、さらに朝の空気も気持ち良かった。お散歩みたいだし、次女も一緒で、長女は楽しそうだった。これって幸せだなあと思いながら歩いていた。わたしがあぐらをかき、その中央に、次女を座らせてテレビを見たり、おやつを食べたりごはんを食べたりすることが多い。なので、食べかすが次女の頭にこぼれること [続きを読む]
  • 気づけば間が空いていた
  • 最近ブログ書いてないなと思っていたが、3週間くらい空いていた。特になにがあったわけでもなく、波風立つことなく日々を過ごせていた。振り返ってみると、母がこちらに来てくれて、次女のお食い初めをお店でやったり。だんなさんに、長女をプリキュア のコンサートみたいなのに連れてってもらったり。実家に帰ってみたり。兄が家を建てているので、その経過を見に行ってみたり。兄が家を建てるのに伴い、母は兄の新居の近くにアパ [続きを読む]
  • 癒し系の次女
  • 次女、はやいもので3カ月になった。夜の授乳は、以前は3〜4回くらいだったが、最近は2回になり、昨日は奇跡的に夜の10時から朝6時までぶっ通しで寝てくれた。2人目ということで、長女の時ほど気負わずに、育児ができている。以前、3人お子さんがいる友達が、「3人目は孫みたいにかわいい。癒しでしかない。」と言っていたが、その言葉がよくわかる。次女の癒し効果がハンパない。ニッコリ笑うし、最近は声も出して笑うようになっ [続きを読む]
  • 長女、想像して涙
  • 今朝の話。長女がふと、「お母さんが死んだら、のうのうちゃん(仏壇のことをこう呼んでいる)にお手紙書いたやつを置いとくね」と、朝食を食べながら言ってきた。なので、軽い気持ちで、「うん、嬉しいわあ。その時はよろしくね」と返事。そうこうしてたら、数秒後から、長女、泣きそうになり、そしてついには涙。「お母さんが死んだ時のことを考えて寂しくなったの?」と聞くと「うん」とのこと。私の父が今年の3月に亡くなってか [続きを読む]
  • 先取り家事をなるべくやめてみた
  • いろんなことを先回りしてやっておきたい私。時間があれば、明日でも良いことを今のうちにやっておいて、明日の自分にアドバンテージをあげたい。朝、時間に余裕があれば、夜にやる予定だったことを済ましておきたい。そんなことを常々考えながら、せかせかと動いていた。が、せかせかしているので、常に何かに追われているような感覚があり、さらに、そんなに大して急がない用事も、早く終わらせなければと思って、で、一生懸命に [続きを読む]
  • 次女、予防接種デビューで思うこと
  • 昨日、娘2人を予防接種に連れて行った。長女は日本脳炎の追加。次女は予防接種デビューで肺炎球菌、ヒブ、ロタ。長女は2.3歳の頃から、予防接種では泣かないが、今日も泣かず。次女は当然泣いたものの、わりとすんなりおさまりデビュー戦はまずまずのデキ。そこの病院は、子育て支援センターも併設しており、予防接種は病院の棟ではなく、支援センターの棟で行う。感染予防にもなるし、おもちゃがあるので子供が待つにもとても良い [続きを読む]
  • 長女の鼻ホジホジと爪噛み
  • 長女には、鼻をホジホジしてその指を口に入れる癖と、爪噛みの癖がある。爪噛みは多分、三歳の頃からだったが、最初は特定の指二本くらいだったが、いまでは両手の指全部噛むようになった。なので、数ヶ月は手の指の爪切りをしていない。また、鼻ホジホジも多分三歳の後半くらいからだったか始まった。ホジホジしすぎて、過去4回くらい鼻血出たし。どちらに対しても、わたしが見かけたら注意しているので、本人もそれがよくないこ [続きを読む]
  • お宮参りの写真撮影に行った
  • 長期の帰省中、次女のお宮参りの写真撮影を家族でしてきた。ちょうどだんなさんも一泊二日で実家に来る予定があったので、それに合わせて。自宅の県ではなく、わざわざ実家の県で写真を撮りに行こうと思った理由は二つ。一つ目は、自分が着物を着て撮りたかったから。亡くなった祖母が、わたしに仕立ててくれた着物があり、さらには結婚祝いに母が帯を買ってくれていたのだが、全く着たことがなかった。なので、長女の七五三の写真 [続きを読む]
  • みんな頑張ってる
  • 約3週間に及ぶ帰省が終わり、こないだの日曜に自宅へ戻ってきた。帰省中は、数軒の友達のお宅へ、子供連れで遊びたいに行ってきたが、総じて思うのは、みんな(友達が)頑張ってるなということ。子供の人数はバラバラ、ワーママか専業主婦かも違うし、子供の年齢も性格も違うが、そんなのは関係なく、みんな頑張ってるわと。夏休みで子供といる時間が多いので、長女へのストレスが溜まっていたものの、みんなストレスを抱えて、苦労 [続きを読む]
  • みんなでBBQ
  • 数日前に、みんなでBBQに行ってきた。みんなとは、わたしら家族、母、兄、兄のお付き合いしている人とその子供たち3人。きっかけは長女。BBQをしたいと言うので、それならば夏休みだし、兄の家族(入籍はまだ)も含めてやれば楽しいんじゃないかということで誘ってみたところ、参加したいと言ってくれたので実現した。BBQは、やり慣れていないし、めんどくさいので、準備なしでBBQができるところ、しかも屋根付きの所を探した。で、 [続きを読む]
  • 優しい長女
  • 昨日の夜のこと。夜寝るときは、普段、子供二人を一緒に寝室に連れて行き、長女は一人で寝て、次女は授乳したり抱っこして寝かしつけている。昨日は、次女がいつもよりグズグズで、少しわたしもイラついていた。そんな状況で、長女は寝るどころか、たくさんわたしに話しかけてくるので、つい長女に対してもイラついてしまい、ややキツイ口調で返答してしまった。すると、「言い方がおかしい!」と、ツラそうな顔で長女に言われた。 [続きを読む]
  • 帰省中
  • 長女が幼稚園夏休み中のため、子供とわたしの3人で帰省している。出産前にしばらく帰省してなかったのと、産後も里帰りしなかったのとで、だんなさんに無理言って長めに帰省させてもらっている。「ゆっくりしてきて」と言ってくれてるので、ありがたい。時間があるので、スイミングの短期教室に長女を通わせている。水に顔をつけるのもできるようになり、楽しそうに通ってくれている。兄も実家にいるが、長女、兄がたくさん遊んで [続きを読む]
  • 今年の上半期のキーワードは「いのち」
  • もう八月に入って、すでに今年の上半期が終わり1カ月が経った。今年の前半を振り返っての大きな出来事は、父の死と次女の誕生。父は3月に亡くなり、先日、お墓ができたので納骨した。なんかいまだに実感がないような気もするが、一方で、父のがいないことも日常として受け止められている。父に対してしてあげられることはできたと思うので、あーあれをしてあげていればよかった、などという後悔の気持ちはない。そして次女の誕生 [続きを読む]
  • わたしに気を使う長女
  • 昨夜のこと。寝るときは、長女、次女、わたしで寝るが、寝室にはみんなで行く。だいたい次女を立って抱っこして寝かしつけている間に、長女は一人で寝るというかたちが多い。昨日もそうやっていた。すると、「(次女の名前)ちゃんが落ち着いたら、ギューってして」と長女が言った。なので、まだ次女は寝ていなかったが、泣いてはいなかったので、座って次女を布団に下ろして、長女をギュッとした。で、次女の抱っこ再開。しばらくし [続きを読む]
  • 情緒安定中のわたし
  • 最近、あまりイライラしなくなり、なおかつ「あー、幸せ〜」と思うことが多い自覚あり。きっかけは2つ。1つ目は、次女の入院。重症化しやすいというRSウィルス感染症だったが、幸い軽症ですんだ。健康でいることは本当にありがたいと思った。また、次女が入院中、私は次女に付き添い入院、長女とだんなさんは義実家滞在という感じで、家族が別々に生活せざるを得なかった。そんな時間を過ごしたことで、家族4人で一緒に暮らせる [続きを読む]
  • 次女、退院決定
  • 先の記事を書いてアップした数時間後。先生が回診に来てくれて、「落ち着いて来たからそろそろ退院しようか」と、まさかの発言。退院まであと3.4日くらいはかかると思っていたのでびっくり。さらに、明日くらいに退院かと思って、「いつ退院ですか?」と聞いたところ、「今日」と、まあ嬉しい返答。嬉しすぎて涙。先生、それを見て、「お母ちゃん、嬉しくて泣いとるわ」と次女に笑いながら言っていた。だんなさんは仕事なので、こ [続きを読む]
  • 入院4日目、長女への思い
  • 次女のRSウィルス感染による入院は昨日で4日目。症状が出てから3〜4日目にならないと、重症度がわからないと、初日に先生から言われていたが、次女の場合、熱もでず、胸の音もきれいで、咳や鼻水が悪化している様子もなし。夜も寝れているし、哺乳量も大して落ちておらず、先生もホッとしていた。「お母さん、山は越えましたよ。(受け持ち患者の中で、次女のことが)一番、心配してたから」と先生に言われ、安心してしたと共に、生 [続きを読む]
  • 生後1ヶ月次女、RSウィルス感染し、まさかの入院
  • 昨夜から生後1ヶ月の次女、入院中。生まれた病院に舞い戻って来ました。昨日の夕方、近所の小児科受診。症状は、咳と鼻水と、吐き戻し。熱は大してなかったので、受診するかどうか迷ったが、まあ行っとくかという軽い気持ちだった。元々、長女が今週初めから風邪をひいて鼻水、咳がひどく、熱も出て、小児科受診。たいしたことなさそうということで、薬もらって幼稚園は2日休んだ。ただ、夜、寝つく時になると、咳がひどく、3日 [続きを読む]
  • 最近の長女の言動と彼女への対応を反省
  • 次女が生まれる前、長女の赤ちゃん返りが心配だった。彼女が2,3才の頃、友達の赤ちゃんをわたしが抱っこすると、よく嫌がっていたし。ところが、蓋を開けてみれば、今のところその傾向はなし。むしろ次女がすごくかわいいみたいで、オムツを交換しようとすると、準備してくれたり、泣いていたら、わたしに教えてくれたり。もう4才ということもあるのかもしれないが、友達のとこは4才くらいの男の子が、赤ちゃん返りして、オッパイ [続きを読む]
  • 新生児訪問事業で助産師さんが我が家に来た
  • 市の事業の一環として、こんにちは赤ちゃん事業といって、新生児がいる家庭に助産師さんや保健師さんが行き、赤ちゃんの発達具合を見たり、お母さんからの悩みを聞いたりなどするサービスがあり、今日、助産師さんが来てくれた。まず、次女を見るなり「大きいねえ!もう(生後)2ヶ月くらいに見えるね!」と驚いていた。自分は毎日接しているし、次女しか赤ちゃんを見ないもんだから、彼女が当たり前になっているが、たくさんの赤ち [続きを読む]
  • 出産レポ④
  • 分娩室で休憩中、絶叫したせいで声が枯れていることに気づいた。そりゃあんだけ絶叫したもの。わたしが休憩してる間、だんなさんは別のとこに移動して、赤ちゃんが体重を測るのを見たり、キレイにしてもらうのを見てたり、足型をとったりなとしていたそう。長女のときには、出産して、その後の処置などを見ていて、出血なども目にしたため、気分不良になり、顔面真っ青になって、しばらく横になっていただんなさん。今回は、わたし [続きを読む]
  • 出産レポ③
  • そんなこんなで、痛みをごまかす方法を、だんなさんの助けを借りて、その場で模索しながら頑張っていた。そのうち、長女の時に辛かった、いきみ逃しをしなければならなくなるのだろうな、もうすぐかな、あーいやだな。そんなことを考え始めていた。長女の時の出産で、いきみ逃しが本当にキツく、あの感覚は二度と経験したくないと思っていた。でも、出産間近になると、やってくるので、覚悟を決めなければと、陣痛のなか、思ってい [続きを読む]
  • 出産レポ②
  • だんなさんには立ち合ってもらう予定だったので、分娩室まで一緒に移動。水分補給のために、まずはペットボトルの水に、それ用のストローをセッティングしてもらうよう指示。 元々不器用な人なので、手間取っているのが、陣痛中でも伝わってきた。点滴をされ、NSTのベルトを巻かれ、足にはなんかカバーをはめられ、下の消毒をされ、などなど、慌ただしく出産への準備がされていった。陣痛中ではあったが、助産師さんたちの手際の良 [続きを読む]