itotonbosan さん プロフィール

  •  
itotonbosanさん: 北茨城 勿来周辺の生き物
ハンドル名itotonbosan さん
ブログタイトル北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURLhttp://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
自由文ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。
http://itotonbosan.web.fc2.com/
植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。
蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/04/22 00:47

itotonbosan さんのブログ記事

  • 5月(2018年)に見られた蛾⑯
  • 2018年5月19日(土)5月(2018年)に見られた蛾⑯ 撮影日:2018/05/18 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月18日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①シロズアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)開張が20?程度の小さな蛾です。発達した下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。頭部が白っぽいのでシロズアツバと名前が付けられたのでしょう。②ホシオビコケガ(ヒトリガ科コケガ亜科)この蛾 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑮
  • 2018年5月18日(金)5月(2018年)に見られた蛾⑮ 撮影日:2018/05/17 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月17日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①スズキシャチホコ(シャチホコガ科)灰色の細長い蛾で中くらいの大きさです。外縁から腹端が見えませんが,後翅前縁(赤矢印)が前翅前縁から少しはみ出しています。後翅がはみ出して見えるのは,シャチホコガ科の特徴です。②アオバシャチホコ(シャチ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑭
  • 2018年5月17日(木)5月(2018年)に見られた蛾⑭ 撮影日:2018/05/17 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月17日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①横から見たネジロキノカワガ(コブガ科シンジュガ亜科)白壁に白と黒のツートンカラーの蛾が止まっています。勿来の関では,あまり見掛けない蛾です。胸部には翅の付け根があります。その付け根の部分が白いのでネジロキノカワガと呼ぶのでしょう。 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑬
  • 2018年5月16日(水)5月(2018年)に見られた蛾⑬ 撮影日:2018/05/16 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月16日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①マンレイカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)翅頂が鉤のように曲がっているので,見ただけでカギバガ科と分かります。似た蛾にオガサワラカギバが居ます。違いは赤矢印の所にある黒点の数です。マンレイカギバは1個です。オガサワラカギバは2個です [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑫
  • 2018年5月15日(火)5月(2018年)に見られた蛾⑫ 撮影日:2018/05/12〜05/14 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月12日〜14日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①シャクドウクチバ(ヤガ科シタバガ亜科)発達した下唇鬚(かしんひげ)からクチバの仲間かアツバの仲間と分かります。赤銅色を帯びているのでこの名が付いたものと思われます。前縁沿いに白紋が3つと外縁に平行して白点列が見られます。 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑪
  • 2018年5月14日(月)5月(2018年)に見られた蛾⑪ 撮影日:2018/05/12,05/13 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月12日〜13日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①モントガリバ(カギバガ科トガリバガ亜科)毎年,5月に入ると普通に見られる蛾です。それは食餌植物のモミジイチゴが沢山分布しているからです。薄桃色に染まった円い紋が奇麗な蛾です。胸部が厚く盛り上がっています。①胸部が厚いモ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた昆虫①
  • 2018年5月13日(日)5月(2018年)に見られた昆虫① 撮影日:2018/05/12,05/13 場所:勿来の関・北茨城今日,紹介するものは5月12日〜13日に勿来の関・北茨城で観察した昆虫です。 ①ホホジロアシナガゾウムシ(ゾウムシ科アナアキゾウムシ亜科)赤矢印の所が白っぽく見えるので,頬(ほほ)に見立ててホホジロアシナガゾウムシと名付けたのでしょう。ヌルデの茎を切ろうとして少しずつかじっています。その切 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた植物①
  • 2018年5月12日(土)5月(2018年)に見られた植物① 撮影日:2018/05/12 場所:勿来海岸今日,紹介するものは5月12日に勿来海岸で観察した植物です。植物の分類はAPG分類体系でなく旧い分類法を使用しています。今頃砂浜ではどんな植物が見られるか気になったので観察に出掛けました。 ①ハマナス(バラ科の落葉低木)桃色を帯びた赤い花が彼方此方で見られました。花に近付くと品の良い香が漂ってきました。 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑩
  • 2018年5月11日(金)5月(2018年)に見られた蛾⑩ 撮影日:2018/05/07,05/08,05/11 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月7日〜11日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①キマダラツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)灯火に着くまでに道端に見られる植物を見て歩きます。今日は葉裏に大物が潜んでいました。撮影しづらいので,そっと枝を裏返しにしました。羽化したばかりの様で,最後まで [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑨
  • 2018年5月10日(木)5月(2018年)に見られた蛾⑨ 撮影日:2018/05/10 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月10日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①ツマグロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)赤矢印で示した外横線が波を打っていますのでナミシャク亜科と分かります。今まで出会った中で一番筋模様がはっきりした個体の写真が撮れました。腹部背には斑の筋模様があります。②トビモンコハマ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑧
  • 2018年5月9日(水)5月(2018年)に見られた蛾⑧ 撮影日:2018/05/08 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月8日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①マエヘリモンアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)下唇鬚(かしんひげ)が見られるので,アツバ類と予想がつきます。見る角度によって翅色が大きく変わります。全体が黒く見えたり,周辺が茶色に見えたりします。②ヒメキホソバ(ヒトリガ科コケガ亜科)細 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑦
  • 2018年5月8日(火)5月(2018年)に見られた蛾⑦ 撮影日:2018/05/08 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月8日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①ナカジロナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)蛾に興味を持ち始めた頃は,この蛾がナミシャク亜科だとは信じられませんでした。しかし,前翅中央を走っている帯に波の模様があるのでナミシャク亜科だと分かります。(画像を180度回転すると)外縁に [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑥
  • 2018年5月7日(月)5月(2018年)に見られた蛾⑥ 撮影日:2018/05/07 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月7日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①シモフリヤマガタアツバ(ヤガ科アツバ亜科)下唇鬚(かしんひげ)が大きく突き出ているのでアツバ亜科と分かります。似ている蛾にヤマガタアツバが居ます。しかし,外縁にほぼ沿って白い点列が並んでいるのでシモフリヤマガタアツバとしました。②カザ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾⑤
  • 2018年5月6日(日)5月(2018年)に見られた蛾⑤ 撮影日:2018/05/06 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月6日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①コアヤシャク(シャクガ科アオシャク亜科)前翅長が16〜17?と中くらいの蛾です。しかし,後翅が前翅より幅広いので大きく見えます。アオシャク亜科といっても翅色は緑色ではなく僅かに薄緑を帯びる程度です。食草のハギ類が普通に分布しているので観 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾④
  • 2018年5月5日(土)5月(2018年)に見られた蛾④ 撮影日:2018/05/04,05/05 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月4日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①フタホシコヤガ(ヤガ科コヤガ亜科)色鮮やかな蛾で擦れた所がないので羽化したばかりのものと思われます。それで,風でぶれないようにと葉を掴んで写しても逃げません。幼虫はササ類・タケ類の葉を食べるようです。フタホシとは,翅中央にあ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾③
  • 2018年5月4日(金)5月(2018年)に見られた蛾③ 撮影日:2018/05/04 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月4日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①クロテンシャチホコ(シャチホコガ科)灯火の枠に止まっていたので,棒の先に止まらせて下に下りてもらいました。前翅前縁沿いが,特に緑を帯びた灰色になっています。腹端が外縁から覗いているのでシャチホコガ科と分かります。前翅の彼方此方に黒点 [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾②
  • 2018年5月3日(木)5月(2018年)に見られた蛾② 撮影日:2018/05/02,05/03 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月2日〜3日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①モモスズメ(スズメガ科)スズメガ独特の格好をしているので直ぐ何の仲間か分かります。ヒメクチバスズメやクチバスズメに似ています。しかし,前翅後縁が焦茶色になるのはモモスズメだけなので区別がつきます。②フタモンクロナミシャ [続きを読む]
  • 5月(2018年)に見られた蛾①
  • 2018年5月2日(水)5月(2018年)に見られた蛾① 撮影日:2018/05/02 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は5月2日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①キホソスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)黒地に黄や白の筋模様があって引き立っています。胸部を取り囲む帯状の線が3つあります。その中で2つ目と3つ目の間の線が波を打っているのでナミシャク亜科と分かります。②ハイイロリンガ(コブ [続きを読む]
  • キンイロキリガ
  • 2018年5月1日(火)キンイロキリガ 撮影日:2018/04/16,2015/04/22,04/26 場所:勿来の関ヤガ科ヨトウガ亜科のキンイロキリガを紹介します。一見,スギタニキリガと混同してしまいます。どちらも紋が焦茶色で薄茶色の縁取りだからです。 感じが似ているスギタニキリガとは3つの矢印の有無で区別できるキンイロキリガ。両者ともはっきりした筋模様と力強い紋様が目立っています。キンイロキリガには独特 [続きを読む]
  • 4月(2018年)に見られた蛾⑮
  • 2018年4月30日(月)4月(2018年)に見られた蛾⑮ 撮影日:2018/04/29,04/30 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は4月29日と30日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①フタボシヒメハマキ(ハマキガ科ヒメハマキガ亜科)灯火の近くで蛾を探していると突然焦茶色の蛾が目の前に止まりました。大変小さい蛾で前翅長7?程度しかありません。触角を背にしていますが細い釣鐘型のヒメハマキガ亜科の蛾です。前 [続きを読む]
  • 4月(2018年)に見られた蛾⑭
  • 2018年4月29日(日)4月(2018年)に見られた蛾⑭ 撮影日:2018/04/24,04/28 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は4月24日と28日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①ギンボシリンガ(コブガ科リンガ亜科)白い地に黒で縁取られた橙色の筋が鮮やかな蛾です。勿来の関には食草のミツバツツジが彼方此方に植えられているので観察できるのでしょう。しばらく取り上げないでいたら何の仲間か忘れてしまいま [続きを読む]
  • 4月(2018年)に見られた蛾⑬
  • 2018年4月28日(土)4月(2018年)に見られた蛾⑬ 撮影日:2018/04/28,04/26 場所:勿来の関  今日,紹介する蛾は4月26日と28日に勿来の関の灯火へ飛来していた蛾です。①セスジナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)黒い地に白い筋模様が印象的な蛾です。勿来の関では食餌植物のミツバアケビが彼方此方に分布しているので普通に見られます。腹部背に白い筋があるのでセスジナミシャクと名付けられたので [続きを読む]
  • アトボシエダシャク
  • 2018年4月27日(金)アトボシエダシャク 撮影日:2018/04/24 場所:勿来の関 シャクガ科エダシャク亜科のアトボシエダシャクを紹介します。今までに何回か見てきました。しかし,何時も翅を完全に開かずに止まっているので見過ごして来ました。半開きにして止まるので写しづらいアトボシエダシャク。最近になって,この状態が普通の姿なのかも知れないと思い写真を撮りました。写す面が平らで無く奥行きが [続きを読む]
  • 4月(2018年)に見られた植物⑧
  • 2018年4月26日(木)4月(2018年)に見られた植物⑧ 撮影日:2018/04/21,04/23 場所:勿来の関,北茨城今日,紹介するものは4月21日〜23日に勿来の関・北茨城で観察した植物です。植物の分類はAPG分類体系でなく旧い分類法を使用しています。 ①ライラック(別名リラ:モクセイ科落葉樹)いつも通る道路より高い所にあってなかなか写せないでいました。今年やっと近くまで寄って写すことが出来ました。開花は [続きを読む]
  • 4月(2018年)に見られた植物⑦
  • 2018年4月25日(水)4月(2018年)に見られた植物⑦ 撮影日:2018/04/17,04/18,04/23 場所:勿来の関・いわき今日,紹介するものは4月17日〜23日に勿来の関で観察した植物です。植物の分類はAPG分類体系でなく旧い分類法を使用しています。 ①ヤマツツジ(ツツジ科半落葉低木)サクラの花が散り,トウゴクミツバツツジが満開の頃,咲き始めます。蕾の頃は濃朱色で開花すると少し薄れて朱色になります。北茨 [続きを読む]