itotonbosan さん プロフィール

  •  
itotonbosanさん: 北茨城 勿来周辺の生き物
ハンドル名itotonbosan さん
ブログタイトル北茨城 勿来周辺の生き物
ブログURLhttp://kitaibaraki987.blog.fc2.com/
サイト紹介文植物・昆虫・野鳥の観察から分かった多様性と生きる工夫を伝えたい。出会いから生まれた感動の記録です。
自由文ブログ同様,同名のホームヘージもご覧下さい。
http://itotonbosan.web.fc2.com/
植物図鑑には奇麗な写真が沢山あります。
蛾の図鑑には多様性に富んだ蛾が掲載されています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供359回 / 365日(平均6.9回/週) - 参加 2013/04/22 00:47

itotonbosan さんのブログ記事

  • ハヤシノウマオイ雄と雌
  • 2018年10月15日(月)ハヤシノウマオイ雄と雌  撮影日:2018/09/16,10/02 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月16日と10月2日に勿来の関で観察した昆虫です。灯火には蛾だけで無くバッタの仲間も飛来します。ハヤシノウマオイとハタケノウマオイは似ていて外見では区別がつきません。勿来の関は山の中にあるのでハヤシノウマオイとしました。①ハヤシノウマオイ雄(バッタ目キリギリス科)雄雌が分かる大きなポイン [続きを読む]
  • 10月(2018年)に見られた蛾③
  • 2018年10月14日(日)10月(2018年)に見られた蛾③  撮影日:2018/10/02 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは10月2日に勿来の関で観察した蛾です。①キマダラオオナミシャク(シャクガ科ナミシャク亜科)翅が黄や橙色なのでチョウと間違えてしまいそうです。開張が40〜55?と中形の蛾ですが,大きく見えます。触角を見ると背負っています。けれども,ツトガ科・メイガ科の仲間ではありません。赤矢印を付けた外横線が「U [続きを読む]
  • キバラヘリカメムシの成長
  • 2018年10月13日(土)キバラヘリカメムシの成長 撮影日:2018/09/17〜10/08 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月17日〜10月8日の期間に勿来の関で観察した昆虫です。①群がるキバラヘリカメムシ幼虫もう,そろそろキバラヘリカメムシの幼虫が見られる頃だと勿来の関に唯一あるニシキギに足を運びました。運良く予想が的中し幼虫が彼方此方に群がっていました。よく見ると成長のはやさに斑があり2匹は大きくなってい [続きを読む]
  • ヤママユの性別判断
  • 2018年10月12日(金)ヤママユの性別判断 撮影日:2018/09/27 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月27日に勿来の関で観察した蛾です。2日前からは掲載する蛾の数を2種類にさせていただきました。10月に入り灯火に飛来する蛾が極端に減ったからです。更に寒くなってもっと減りましたら,その時は1種類にさせていただきます。少しずつでも毎日続けることが大切だと思うからです。ヤママユ雄今まで多くのヤママユを観 [続きを読む]
  • 10月(2018年)に見られた蛾②
  • 2018年10月11日(木)10月(2018年)に見られた蛾②  撮影日:2018/10/02 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは10月2日に勿来の関で観察した蛾です。昨日からは掲載する蛾の数を2種類にさせていただきました。10月に入り灯火に飛来する蛾が極端に減ったからです。更に寒くなってもっと減りましたら,その時は1種類にさせていただきます。少しずつでも毎日続けることが大切だと思うからです。①ヒトツメカギバ(カギバ [続きを読む]
  • 10月(2018年)に見られた蛾①
  • 2018年10月10日(水)10月(2018年)に見られた蛾①  撮影日:2018/10/01 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは10月1日に勿来の関で観察した蛾です。今日からは掲載する蛾の数を2種類にさせていただきます。10月に入り灯火に飛来する蛾が極端に減ったからです。更に寒くなってもっと減りましたら,その時は1種類にさせていただきます。少しずつでも毎日続けることが大切だと思うからです。①マメノメイガ(ツトガ科ノ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾(25)
  • 2018年10月9日(火)9月(2018年)に見られた蛾(25)  撮影日:2018/09/10,18,24 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月10日〜24日に勿来の関で観察した蛾です。①アオアツバ(ヤガ科アツバ亜科)前方へ伸びた下唇鬚(かしんひげ)からアツバの仲間と分かります。これほどはっきりした紋様を持つアオアツバを観察したのは初めてです。逆V字形の外横線と翅頂から斜めに立ち上がる線の部分が薄褐色になっています。内横線は [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾(24)
  • http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aidnmaiie4bmhttp://blog.with2.net/link.php?16215542018年10月8日(月)9月(2018年)に見られた蛾(24)  撮影日:2018/09/28,29 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月28日と29日に勿来の関で観察した蛾です。①オオトビスジエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)春に出会いが多いエダシャクですが,秋には珍しいので写真を取りました。この蛾の大きな特徴は緑矢印で示した所にある [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾(23)
  • 2018年10月7日(日)9月(2018年)に見られた蛾(23)  撮影日:2018/09/26,28 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月26日と28日に勿来の関で観察した蛾です。①トビスジアツバ(ヤガ科クルマアツバ亜科)下唇鬚(かしんひげ)が後方へ反り返っているのでクルマアツバ亜科と分かります。似た蛾にヒメコブヒゲアツバ,ウスグロアツバが居るので注意が必要です。②ホシヒメホウジャク(スズメガ科ホウジャク亜科)翅の形がスズメ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾(22)
  • http://ping.blogmura.com/xmlrpc/aidnmaiie4bmhttp://blog.with2.net/link.php?16215542018年10月6日(土)9月(2018年)に見られた蛾(22)  撮影日:2018/09/25,26 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月25日と26日に勿来の関で観察した蛾です。①クロハグルマエダシャク(シャクシャクガ科(エダシャク亜科)似ている蛾にマルハグルマエダシャク,アベリアエダシャクがいて注意が必要です。赤矢印を付けた所にある濃い [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾(21)
  • 2018年10月5日(金)9月(2018年)に見られた蛾(21)  撮影日:2018/09/23 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月23日に勿来の関で観察した蛾です。①ヤマトカギバ(カギバガ科カギバガ亜科)翅頂が鉤状になっているのでカギバガ科と分かります。この蛾は止まるとき普通は,触角を翅の下に納めます。写真の蛾の触角が櫛歯状なのでこの蛾は雄です。雌のものは糸状です。シャチホコガ科の成虫は何も食べませんが,カギバガ亜科 [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑳
  • 2018年10月4日(木)9月(2018年)に見られた蛾⑳  撮影日:2018/09/22 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月22日に勿来の関で観察した蛾です。①キバラエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)色彩については大きな変異があります。この写真のような黄橙・赤茶色・白紋の組み合わせなら直ぐ目につきます。勿来の関には,幼虫の餌となるモミジイチゴ,ヤマツツジ,ミズキ,カバノキ科等が普通に分布しているので複数回観察 [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑲
  • 2018年10月3日(水)9月(2018年)に見られた蛾⑲  撮影日:2018/09/18,09/21 撮影場所:北茨城,京都,勿来の関今日,紹介するのは9月18日と21日に京都と勿来の関で観察した蛾です。①シマケンモン(ヤガ科ケンモンヤガ亜科)消防団の灯火を見上げるとまだ観察したことが無い蛾が止まっています。赤矢印を付けた剣状紋(けんじょうもん)やその外側に続く黒筋を手掛かりに調べました。黒い縁取りのある楕円形の環状紋と直ぐ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑱
  • 2018年10月2日(火)9月(2018年)に見られた蛾⑱   撮影日:2018/09/20,09/21 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月20日と21日に勿来の関で観察した蛾です。①シロオビノメイガ(ツトガ科ノメイガ亜科)この写真では,はっきりしませんが触角が翅の上に見えるようにして止まるのでツトガ科・メイガ科の蛾だと分かります。人影で直ぐ葉の裏へ隠れます。昼行性の蛾ですが,灯火にも飛来します。②スカシドクガ(ドクガ科 [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑰
  • 2018年10月1日(月)9月(2018年)に見られた蛾⑰   撮影日:2018/09/19,09/20 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月19日と20日に勿来の関で観察した蛾です。①ウスキツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)9月19日が今年の初観察でした。その後,9月下旬頃から見かける数が増えています。何しろいろいろな植物を餌としているからです。緑矢印で示した後翅外縁中央に尾状突起があります。その上側は少し黄 [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑯
  • 2018年9月30日(日)9月(2018年)に見られた蛾⑯   撮影日:2018/09/19 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月19日に勿来の関で観察した蛾です。①フドウドクガ(ドクガ科)前足を前方へ伸ばし,小型レーダーの様な触角を左右に広げていたらドクガ科です。薄褐色の地に焦茶色色の紋が内横線内側と,前縁後方にあります。幼虫がブドウ,ノブドウの葉を食べるのでフドウドクガと呼ばれるのでしょう。②クロズウスキエダシャ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑮
  • 2018年9月29日(土)9月(2018年)に見られた蛾⑮   撮影日:2018/09/17〜09/19 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月17日〜19日に勿来の関で観察した蛾です。①ギンスジエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)普通に分布していると思われるヨメナを幼虫は食べます。でも,何故かウェブに掲載されているのは約90件と少ないです。触角を前方へ伸ばして止まる習性があります。②オオベニヘリコケガ(ヒトリガ科コケガ亜 [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑭
  • 2018年9月28日(金)9月(2018年)に見られた蛾⑭   撮影日:2018/09/15,09/16 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月15日〜16日に勿来の関で観察した蛾です。①モンオビヒメヨトウ(ヤガ科ヨトウガ亜科)開張が24〜28?で小さい蛾です。焦茶色の地に白紋が並んだ並んだ地味な蛾ですが,白紋の並びが綺麗です。外横線が二重の白紋の並びで構成されているように見えます。①上から見たモンオビヒメヨトウ②カブラヤガ( [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑬
  • 2018年9月27日(木)9月(2018年)に見られた蛾⑬   撮影日:2018/09/12〜09/15 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月12日〜15日に勿来の関で観察した蛾です。①オオマエキトビエダシャク(シャクガ科 エダシャク亜科)似た蛾にマエキトビエダシャクが居て同定では迷います。でも,赤矢印の所の形が違うので簡単に見分けることが出来ます。写真のように尖っていればオオマエキトビエダシャクです。そこの所が平らにな [続きを読む]
  • オオエグリバ
  • 2018年9月26日(水)オオエグリバ  撮影日:2018/09/07 撮影場所:勿来の関今日,紹介するのは9月7日に勿来の関で観察されたオオエグリバです。オオエグリバ2011年から蛾の観察を始めましたが,初めて見た蛾です。幼虫はツヅラフジの葉を食べるということですが私は見たことが無い植物です。アオツヅラフジなら観察しています。オオエグリバ一見,アケビコノハやアカエグリバに似ていますが,頭部の様子が違います。オオ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑫
  • 2018年9月25日(火)9月(2018年)に見られた蛾⑫   撮影日:2018/09/09 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月9日に勿来の関で観察した蛾です。①キンモンガ(アゲハモドキガ科)黄色の紋を金に見立ててキンモンガと名付けたのでしょう。このキンモンガの撮影には一工夫必要です。シャッターを押したら必ず写真を見て黄色く写っているか確かめる必要があります。私は前もってシャッタースピードを速くしておきます。そう [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑪
  • 2018年9月24日(月)9月(2018年)に見られた蛾⑪   撮影日:2018/09/07〜09/09 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月7日〜9日に勿来の関で観察した蛾です。①チャハマキ(ハマキガ科ハマキガ亜科)釣り鐘型をしているのでハマキガ科と分かります。形を見ただけで雄か雌か分かります。このチャハマキは雌です。それは,胸部付近にある前縁褶が見られないからです。②マエジロアツバ(ヤガ科ムラサキアツバ亜科)幼虫は, [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑩
  • 2018年9月23日(日)9月(2018年)に見られた蛾⑩   撮影日:2018/09/07 撮影場所:勿来の関今日,紹介するものは9月7日に勿来の関で観察した蛾です。①ミヤマツバメエダシャク(シャクガ科エダシャク亜科)似た蛾にキマダラツバメエダシャクが居ます。大きな違いは後翅にある黒褐色の筋(赤矢印)をそままま前翅前縁まで伸ばしたような筋が有るか無いかです。その筋が無ければミヤマツバメエダシャクで,あればキマダラツバメエ [続きを読む]
  • 9月(2018年)に見られた蛾⑨
  • 2018年9月22日(土)9月(2018年)に見られた蛾⑨   撮影日:2018/09/07 撮影場所:北茨城市今日,紹介するものは9月7日に勿来の関で観察した蛾です。①シロモンウスチャヒメシャク(シャクガ科ヒメシャク亜科)似た蛾にクロモンウスチャヒメシャクが居ます。緑矢印の外横線がある所に小黒点が点列していればクロモンウスチャヒメシャクです。この写真のように線状ならばシロモンウスチャヒメシャクです。">②マエホシヨトウ( [続きを読む]
  • ヤママユ
  • 2018年9月21日(金)ヤママユ  撮影日:2018/09/19,09/21 撮影場所:勿来の関昨晩は一晩中小雨で明け方まで降り続いた。このような状況では開張が 115〜150?もあるヤママユは雨が当たるので雨が当たらぬ所へ飛来したと思われます。それも一晩で5匹も飛来していました。ヤママユ♀  触角が糸状に近いので♀と分かります。灯火にしがみついているもの,窓枠に止まっているもの,床に降りているものといろいろ自分の好みの格 [続きを読む]